人気

新着

福士蒼汰、明治版シャーロック・ホームズに 『明治開化 安吾捕物帖』ドラマ化

福士蒼汰、明治版シャーロック・ホームズに 『明治開化 安吾捕物帖』ドラマ化

 俳優の福士蒼汰主演で、坂口安吾の小説『明治開化 安吾捕物帖』が、人間の愛憎に迫る新型サスペンス時代劇『明治開花 新十郎探偵帖』として連続ドラマ化されることが発表された。NHK・BSプレミアム「BS時代劇」枠(毎週金曜 後8:00~8:43、全8回)で5月15日スタート。【写真】8年前『フォーゼ』だった頃の福士蒼汰 明治初期。世が文明開化に色めきたつ頃、時代が大きく変貌を遂げ、人の価値観も大きく変わり、時代の風に乗れたものと、取り残されたものがハッキリと目に見えた時代の東京で奇妙な事件が多発する。 そこに現れるのは、警視庁からの信望厚い洋行帰りの特命探偵・結城新十郎(ゆうき・しんじゅうろう)。事件の真相をズバズバ指摘する。勝海舟の元剣術の教え子で、難事件を推理することが大好きな泉山虎之介(いずみやま・とらのすけ)はいつも小バカにされ、師匠と慕う海舟の大頭脳と心眼を当てにして泣きついてくる。 そんな2人&勝海舟の周りには、芸者出身で肝っ玉おっ母の勝海舟の妻・民や、新十郎に惚れ込む大政商(せいしょう)の娘・梨江、戯作者の花迺屋因果(はなのや・いんが)、新十郎を煙たがる警視庁大警視・速水星玄(はやみ・せいげん)など個性的な人々が集まってくる。彼らに助けられながら、謎解きが進むにつれて立ち現れる、新しい明治の時代に人々が抱える不安や愛憎。そして新十郎、梨江、虎之介たちは、事件を通じて西郷隆盛、大久保利通など多くの時代の要人たちと渡り合い成長していく。 明治のシャーロック・ホームズともいえる探偵・新十郎を演じる福士は「明治維新以後、時代ががらりと変わり、同時に変化を余儀なくされた、そこに暮らす人々の生き様や葛藤、原作者・坂口安吾が描く世界観を少しでも表現することができればと思います。まずは探偵モノとしてのエンターテインメント性を楽しんでいただきつつ、事件を解決する中、浮き上がってくる人間の本質をより感じていただきたいです。素敵なスタッフ・キャストの皆さんと共に、丹念に作り上げて参ります!」と意気込んでいる。 ほかに、内田理央、矢本悠馬、中村靖日、勝村政信、鶴見辰吾、稲森いずみ、高橋克典などが出演する。

ORICON NEWS
板野友美、ショーパンで輝く太もも公開「10代みたい!」「珍しいね!貴重」と反響

板野友美、ショーパンで輝く太もも公開「10代みたい!」「珍しいね!貴重」と反響

 歌手の板野友美(28)が29日、自身のインスタグラムを更新。ショートパンツ姿で輝く太ももを公開した。【写真】「10代みたい!」「珍しいね!」ショーパン姿で太ももを披露した板野友美 板野は「フリーペーパー『KISS,TOKYO PAPER』Vol.5の表紙を鈴木えみさんと両表紙で飾らせてもらいました」と報告。真っ赤なリップが印象的な笑顔で、デニムのショートパンツ姿で、太ももを大胆に披露している。 この投稿に「ショートパンツ珍しいね!貴重な写真」「めっちゃかわいい」「デニムのショーパン似合ってるよ」「10代みたい!眩しい~!(笑)」「ともちんボーイッシュなコーデめっちゃ似合います」など、絶賛コメントが相次いでいる。

ORICON NEWS
川口春奈、誕生日プレゼント理解できず驚き ネイル一生分に「どういうこと?」

川口春奈、誕生日プレゼント理解できず驚き ネイル一生分に「どういうこと?」

 女優の川口春奈(24)が29日、都内で行われたネイリストに直接予約できるアプリ『ネイリー』の新CM発表会に登場。2月10日に25歳の誕生日を迎えるということで『ネイル一生分』をプレゼントされたが「どういうこと?」と理解できず驚いていた。【動画】突然のサプライズにテンションが上がる川口春奈 ネイリーは、ネイリストが投稿したネイル画像からデザインを探したり、気に入ったネイリストに直接予約などができるアプリ。川口は新CM「ネイル失敗しちゃった」篇で、CMキャラクターを演じている。 現在、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で帰蝶(濃姫)役を演じるなど活躍中の川口に関係者は「ますます輝いていただけるようにと…、ネイル一生分をプレゼントさせていただきます」とプレゼントの理由を説明し贈呈。これを聞いて川口は「毎日、行ってもいいんですか?」と確認を取ると、関係者は「毎日、はい! …毎日は多分できないと思うのですが…」と川口の圧に苦笑いしていた。 ネイル好きだという川口は「これはたまらないですね! 今、めちゃくちゃテンションが上がっています」と満面の笑みを見せ「今までもらったプレゼントの中で、一番うれしいです!」とにっこり。 大河ドラマに出演していることもあり、役柄や仕事上なかなかネイルができない場合もあるそうで「お仕事柄、できないんですよね~。なので、お休みの期間や作品が終わって次の作品までの間のタイミングでネイルがやりたくなりますね」とネイルに飢えている中で“ネイル一生分”のプレゼントに大声を出して喜んでいた。

ORICON NEWS
AKB48向井地美音「髪染めちゃった」 大胆イメチェンに反響「まさかの金髪」「大正解でしかない」

AKB48向井地美音「髪染めちゃった」 大胆イメチェンに反響「まさかの金髪」「大正解でしかない」

 アイドルグループ・AKB48の向井地美音(22)が29日、自身のツイッターを更新。人生で初めて髪を染めたことを報告した。【写真】「まるで別人」明るい髪色に大胆イメチェンした向井地美音 同日、誕生日を迎えた向井地は「22歳になりました!!!」と報告。「総監督としてAKB48のために頑張るのはもちろん、今年は自分のやりたいことやわくわくする気持ちも大切に、みんなと一緒に楽しいばかりの1年を過ごせますように!」と力強く決意表明した。 続けて「そして今から嘘みたいなほんとの話するんですけど…人生で初めて髪染めちゃった」と告白。トレードマークだった黒髪から、明るい髪色にイメチェンした姿を披露した。 雰囲気をガラリと変えた姿に、ファンからは「まるで別人」「衝撃!」「まさかの金髪…!!!チャレンジャー!!!」と驚く声や「超似合う 結構挑戦した色だね かわいい!」「髪色かわいいい!!!すき!!!」と絶賛の声が殺到。ほかにも、NMB48・吉田朱里から「おめでとう 髪明るいの本当にかわいい。大正解でしかない」と寄せられるなど、大きな反響を呼んでいる。

ORICON NEWS
桐谷健太、東出昌大とW主演ドラマ現場「全身全霊で全力でやっています」

桐谷健太、東出昌大とW主演ドラマ現場「全身全霊で全力でやっています」

 俳優の桐谷健太(39)が29日、都内で行われた『キリン のどごし<生> うまさをお届け!のどごし<生>新春まつり』イベントに登場。テレビ朝日系木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で、女優・唐田えりかとの不倫騒動の渦中にある俳優・東出昌大とダブル主演を務めているが、恵方のイベント内容にちなみ福を届けるという意味も込めて「のどごし<生>を届けたい方はどなたですか?」と聞かれると桐谷は「今、ドラマをやっているので、日夜、頑張っているスタッフさんに撮影終わりに飲んでもらえたらうれしいです!」と、騒動の中で頑張るドラマ現場をねぎらった。【動画】東出昌大との共演ドラマについて語った桐谷健太 2月4日で40歳の誕生日を迎えるが、40歳に向けて「ドラマをやりきるというか、(今は)全身全霊でやりきることしか考えていない。頑張ったら未来が変わっていると思っています!」と意気込んだ。 また、退場時に東出の近況について質問されると「僕が今、言えることはキャストとスタッフさんと全身全霊で全力でやっています。嫌悪感を抱いている方もいるかもしれませんが…」と世間の厳しい意見を理解しつつ「面白い作品が出来ていると思いますので、ぜひ、みていただけたら! 僕の連ドラ初主演ドラマですので…」と苦笑いしながら呼びかけた。 同イベントは、「のどごし<生>」がキリンビール新ジャンル内において一番売れているブランドになったことを記念して開催されたもの。CMに出演中の小島瑠璃子とともに、駆け付けたファンと今年の恵方である「西南西」に向かって“恵方乾杯”を行い2020年の福を祈願した。 壇上の上からファンへ同商品を手渡しした光景に2人は「成田山みたい」とにっこり。“恵方巻”を食べるのではなく“乾杯”という行為について桐谷は「いいですね! 流行るのではないでしょうか?」と流行を期待していた。 桐谷が出演しているドラマは、昔ながらの気質(!?)で走り出したら止まらない“元体育教師の異色な刑事”仲井戸豪太(桐谷)と、頭脳明晰すぎて逆にズレている(!?)“東大卒の頭でっかちな超エリート検事”真島修平(東出)――学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う2人が、仲良く(!?)衝突しながら事件に挑むバディ・ドラマ。

ORICON NEWS
“国宝級イケメン”平野紫耀カバー『ViVi』完売店続出で異例の重版&特大ボード掲出

“国宝級イケメン”平野紫耀カバー『ViVi』完売店続出で異例の重版&特大ボード掲出

 人気グループ・King & Princeの平野紫耀が表紙を飾った女性ファッション誌『ViVi』3月号(講談社)が、23日の発売直後から完売店が続出したことから、月刊誌とは異例の緊急重版が決定した。【写真】原宿駅に掲出される平野紫耀の巨大ボード 平野の表紙画像が解禁された直後から大きな話題となり、ネット書店ではは発売日前に予約完売。発売日直後は「数軒回ったが見つからない!」「取り置き分で完売と言われた……」など、書店でも異例の現象が起こっていた。 重版分の予約はネット書店で受付開始。また、重版を記念して2月1日から14日までJR原宿駅の表参道口改札横に、表紙の巨大ボードが出現する。大きさはなんと高さ2.7×幅2.25メートル。「表紙だけでもクラクラする」と話題のビジュアルが、驚きの迫力で堪能できる貴重なスポットとなる。 同誌における男性ソロ表紙のみの号は、事務所の先輩であるTOKIO・長瀬智也以来、22年ぶりとなる(※特別版など1号に複数の表紙がある場合を除き、通常版1パターンのみの表紙において)。特集では“やんちゃセクシー”をテーマに撮り下ろし、見開きで使用した特大サイズ写真、ワンちゃんとの仲良しショット、本人もドキドキだったヘアバンドスタイル、そして好評だったヒョウ柄ジャケット&サングラスのコーディネートなど、見どころが満載。 また、SNSでも話題の“読んだだけでクラクラする”Q&Aや撮影舞台裏秘話など、記事内容にも注目が集まっている。

ORICON NEWS
カテゴリ