人気

新着

【京都国際映画祭】桐谷健太『三船敏郎賞』受賞「すごくすごくうれしい」 無茶ぶりでアカペラ「海の声」

【京都国際映画祭】桐谷健太『三船敏郎賞』受賞「すごくすごくうれしい」 無茶ぶりでアカペラ「海の声」

 京都市内の各所で開催されている『京都国際映画祭2021』(17日まで)。『牧野省三賞・三船敏郎賞授賞式』が17日、京都・祇園花月で開催され、俳優の桐谷健太(41)が『三船敏郎賞』を受賞した。【写真】『牧野省三賞・三船敏郎賞授賞式』に出席した倉科カナ 世界的に活躍した名優・三船敏郎さんの名前を冠する同賞は、国際的な活躍を期待される俳優を表彰。2014年から同映画祭で授賞式が行われ、これまで役所広司、仲代達矢、阿部寛、浅野忠信、佐藤浩市、中井貴一、小林稔侍に続き、今年は桐谷が選ばれた。 同映画祭のアンバサダーを務める倉科カナからトロフィーを受け取ると笑顔で「ありがとうございます」と一言。その後、司会の木村祐一から「それでは受賞された桐谷様。まずは一曲」とむちゃぶりが。「一曲?」と驚く桐谷だったが、すぐに「海の声」をアドリブ&アカペラで披露し、会場から大きな拍手を受けていた。 今年は、黒澤明さんと三船敏郎さんの2人が初めてタッグを組み、1948年に公開された映画『醉いどれ天使』の舞台で、三船さんが演じた役に挑戦した。同舞台で見せた演技が受賞の理由になった。 桐谷は「本当に、すごくすごくうれしいです」と喜びを語る。5歳のころから役者という仕事に憧れを持ったが、なり方もわからず「強い思いだけが拡大して、体の表面を越えて表情に出たんでしょう。たくさんの人から『目がギラギラしている』『すごい眼力』と言われ、何人かの人に『お前の眼光は往年の三船敏郎みたいやな』と10代のころに言われた」と明かす。そんな経緯もあり「強いつながりを一方的に感じていた。この賞をいただいたことで、これから日本でも世界でも活躍して人の心を震わせる役者に、俺はなる!」と力を込めていた。 “日本映画の父”牧野省三氏の名前を冠する映画賞『牧野省三賞』は、映画監督の武正晴氏が受賞。武監督は「映画の発症の地の京都で、こういう賞をいただけるとは想像もしていなかった」と感慨を語ると「映画というものにこだわって、作っていきたい」と力を込めた。ただ、Netflixで配信中の武氏が監督を務めた『全裸監督2』に出演している木村祐一が司会を務めており、「Netflixでは…」と話しかけられると武監督は「『全裸監督』では、ありがとうございます。なんで(映画賞で)その話を…」と苦笑いを浮かべる一幕もあった。 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で8回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。

ORICON NEWS
米津玄師「アイネクライネ」MV 3億回再生を突破 7年199日で快挙達成

米津玄師「アイネクライネ」MV 3億回再生を突破 7年199日で快挙達成

 シンガーソングライター・米津玄師の「アイネクライネ」ミュージックビデオのYouTube再生回数が、10月17日17時54分に3億回再生を突破した。公開より7年と199日での達成となった。【動画】3億回再生を突破!米津玄師「アイネクライネ」MV 「アイネクライネ」MVは、監督、編集、イラストのすべてを米津自身がおこなったアニメーションビデオ。2ndアルバム『YANKEE』のリード曲として、初期の大ヒットとなった作品。2014年に公開されてから2018年3月に1億回再生、2019年6月に2億回再生と積み重ね、ついに3億回再生を突破。代表曲の1つとなっている。

ORICON NEWS
テレ朝・玉川徹氏『ダレハナ』ゲストに 乃木坂46・山崎怜奈と生対談

テレ朝・玉川徹氏『ダレハナ』ゲストに 乃木坂46・山崎怜奈と生対談

 人気アイドルグループ・乃木坂46の山崎怜奈がパーソナリティーを務めるTOKYO FMの昼の帯番組『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)』(月~木 後1:00)の18日のゲストに、テレビ朝日報道局の局員で、『モーニングショー』のレギュラーコメンテーター玉川徹氏が出演することが決定した。【動画】初書籍の魅力をアピールする山崎怜奈 玉川氏は24日放送の同局『NISSAN あ、安部礼司 ~ BEYOND THE AVERAGE ~』 (毎週日曜 後5:00)に本人役で登場。『ダレハナ』では山崎怜奈との生対談で、収録の裏話やテレビマンからみえるラジオの話などを語っていく。 なお、今週の『ダレハナ』はそのほかにも豪華ゲストが続々登場。19日は同局の『Dream HEARTで』パーソナリティーを務める脳科学者の茂木健一郎。20日は同番組と深夜1時から放送中の『TOKYO SPEAKEASY』の企画監修を務め、10月からの新番組『いいこと、聴いた』ではパーソナリティーを務める作詞家・プロデューサーの秋元康氏。 そして、21日のゲストは乃木坂46でセンターを務め2018年に卒業後は女優として活躍し、10月スタートの日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』に出演中の生駒里奈。

ORICON NEWS
堀内健、若かりし頃の“お宝写真”に反響続々「昔はジャニーズ系で草」「イケメンやんけ」

堀内健、若かりし頃の“お宝写真”に反響続々「昔はジャニーズ系で草」「イケメンやんけ」

 お笑いトリオ・ネプチューンの堀内健が16日までに、ワタナベエンターテインメントが投稿した『TikTok』の動画に登場。動画内では、堀内の若かりし頃の秘蔵写真が披露されている。【動画あり】「昔はジャニーズ系で草」堀内健の若かりし頃の“お宝写真”に反響続々 動画では、いつも通り“エンジン全開”でネタを披露する堀内の現在の姿を紹介。「こんなことやってるけど昔は…」というテロップが表示された後、若かりし頃のフレッシュな写真を複数枚掲載。中には昭和アイドル風のキメ顔ショットも登場している。 この動画を見た人からは「昔はジャニーズ系で草」「イケメンやんけ」「昔からずっとこんな事してて草」「まさかのお宝写真見れてうれしいです」などとコメントが寄せられた。

ORICON NEWS
SKE48・杉山愛佳、年内での卒業発表「次の道に進みたい」 コレオグラファーとして活動へ【コメント全文】

SKE48・杉山愛佳、年内での卒業発表「次の道に進みたい」 コレオグラファーとして活動へ【コメント全文】

 アイドルグループ・SKE48の杉山愛佳(19)が15日、名古屋・SKE48劇場でのチームS『重ねた足跡』公演にて、12月末でグループを卒業すると発表した。卒業後はコレオグラファーとして活動していくという。【別カット】SKE48チームS『重ねた足跡』公演で卒業を発表した杉山愛佳 この日の公演終演後「ご報告があります」と切り出し、12月末でグループを卒業すると発表。卒業後は、コレオグラファーとしてゼストと契約し、SKE48の振付、レッスンや、ゼストミュージックスクールの講師も務める予定という。杉山は「今年まだもう少しあるので、たくさん楽しい思い出をつくれたらいいなと思っています。悲しいおしらせではなく、私は前向きなので、この道を皆さんに応援していただけたらなと思っています。これからも杉山愛佳をよろしくお願いします」と笑顔で報告した。 杉山は、2015年3月にSKE48第7期オーディションに合格し、同年11月にチームSへ昇格。特技のダンスを生かし、テレビのダンスバトル番組に出演するなど、グループのダンス・メンバーとして活動してきた。■杉山愛佳コメント本日卒業発表をさせていただきました杉山愛佳です。SKE48に加入して約7年たくさんの経験をさせて頂いて、7年という月日は本当にあっという間の時間でした。私は来春で20歳になります。20歳という人生の節目の中で、私は次の道に進みたいと思い卒業を決意しました。卒業後はコレオグラファーとしてゼストをはじめ、さまざまな場所で活動をさせて頂く予定です。小さい頃から踊る環境にいて、私の人生の中では切り離すことの出来ない大切な武器です。そして自分自身を1番表現してくれるのはダンスであると私は思っています。残りの期間も、応援してくださるファンの皆さまにたくさんの感謝の気持ちを込めて精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します。

ORICON NEWS
櫻井翔、柳楽優弥と“名店”カレーライスレシピに完全再現 加藤シゲアキも見守る

櫻井翔、柳楽優弥と“名店”カレーライスレシピに完全再現 加藤シゲアキも見守る

 人気グループ・嵐の櫻井翔がMCを務める日本テレビ系バラエティー『1億3000万人のSHOWチャンネル』(毎週土曜 後9:00)の16日放送では、同日午後10時からスタートする連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』から、柳楽優弥、NEWSの加藤シゲアキが登場。“櫻井シェフ”が人々に愛され続ける名店レシピの完全再現に挑む『名店レシピ』のコーナーに2人を迎える。【動画】最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽優弥)が始動 芸能界きっての料理男子という柳楽と、櫻井シェフがレシピ完コピに挑むのは、カレー激戦区の神保町で名を誇る、北京亭の中華風・絶品カレーライス。ニンジンのひし形切りや、初めての軽量スプーンなど、櫻井の驚きの間違いが発覚する一幕も。いざ完成したカレーライスの得点。今回は名店の味にどこまで迫れたのか。今回の『名店レシピ』後につぶやいた櫻井シェフの教訓に爆笑する場面も。  そのほかにも『人生チャート』のコーナーでは杏が登場し、意外すぎる趣味や、今一番会いたい人は“アノ人”など素顔をのぞかせ、櫻井局長と、伝説のゲームで対決する。 さらに日本全国へ、その道を極めた“神様”直撃するという『神様シリーズ』では前回の、「日本一焼肉を焼くのがうまい」という「焼肉の神様」に続いて、今回は「さんまの神様」にHey! Say! JUMPの山田涼介が突撃。夏の終わりには「いつからさんまの塩焼きが出るか?」と問い合わせが殺到するという神様の神業に注目だ。

ORICON NEWS
カテゴリ