人気

新着

指原莉乃プロデュース=LOVE、1stアルバム『全部、内緒。』が1位【オリコンランキング】

指原莉乃プロデュース=LOVE、1stアルバム『全部、内緒。』が1位【オリコンランキング】

 指原莉乃プロデュースのアイドルグループ =LOVE(イコールラブ)の1stアルバム『全部、内緒。』が、初週4.4万枚を売り上げ、5月18日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得した。【写真】海に入って美脚を披露…=LOVEアーティスト写真 自身初のアルバムとなる本作には、「オリコン週間シングルランキング」初登場1位を獲得した「ズルいよ ズルいね」は(2019/11/11付)、「青春“サブリミナル”」(2020/12/7付)など、シングル表題曲8曲を含む全16曲を収録。 5月8日に茨城・結城市民文化センターアクロス・大ホールで初日を迎えた、本作発売を記念した全国ツアー『=LOVE 全国ツアー2021 「全部、内緒。」』では、アルバムリード曲の「桜の咲く音がした」をはじめ、アルバムに収録されるすべての新曲を初披露した。 本ツアーは全国9会場計全11公演を予定。メンバー全員の出身地を回り、齊藤なぎさと瀧脇笙古の出身地・神奈川の横浜アリーナで7月7日にファイナルを迎える。<オリコン調べ(5/24付:集計期間:5月10日~5月16日)>

ORICON NEWS
元乃木坂46の真洋、ゼストと所属契約&国内活動再開「海外で学んだ経験も活かし」

元乃木坂46の真洋、ゼストと所属契約&国内活動再開「海外で学んだ経験も活かし」

 元乃木坂46のメンバーで、卒業後には多国籍ガールズグループ「Z-Girls」として韓国でデビューした真洋(mahiro)こと川村真洋(25)が、新たに「ゼスト」と所属契約を締結し、日本での活動を再開することが明らかになった。【動画】国内活動再開をファンに報告する真洋(mahiro) 大阪出身の真洋は2011年8月、乃木坂46の1期生として加入。2018年3月末にグループから卒業後、2019年に多国籍ガールズグループ「Z-Girls」として韓国でデビューし、アジアを中心に活動してきたが、今年から活動拠点を日本に戻すことになった。所属事務所ゼストは「今後は真洋(mahiro)として、アーティスト、モデル、タレント等、マルチな活動を精力的に行ってまいります」としている。 真洋は「乃木坂46卒業後、アジアを中心に活動していましたが、この度、ゼストに所属して、日本での活動を再開することになりました。ファンの皆様に会えない期間もあり、とっても寂しい気持ちもありましたが、海外で学んだ経験も活かし、皆様と一緒に一歩一歩、歩んでいきたいと思います。まだまだ未熟な私ではありますが、これからも応援よろしくお願いします」とのコメントを寄せた。 5月18日午後8時にはオフィシャルファンクラブ「mahiro-studio」が開設される。

ORICON NEWS
有村架純『るろ剣』撮影は「あっという間」 佐藤健も共感「同じ夢の中にいたのかも」

有村架純『るろ剣』撮影は「あっという間」 佐藤健も共感「同じ夢の中にいたのかも」

 俳優の佐藤健、有村架純が17日、都内で行なわれた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(6月4日公開)10thアニバーサリーイベントに出席した。【写真】カメラのレンズにサインを書く佐藤健 “剣心”佐藤との共演について聞かれた“巴”有村は「夢の中みたいな感覚でしたね。あっという間に終わったんだけど、とっても不思議な1ヶ月間でした」と振り返り、佐藤も「僕もそうなんですけど、我々は同じ夢の中にいたのかもしれませんね。ふわふわした不思議な感覚だったんですよ」と共感した。 作品への思いについて、佐藤は「今でもどう演じたか覚えていないですが、(剣心が)本当に生きていたんじゃないかと思うくらい自分の中に剣心という人が降りてきた。役とここまで一体化できたことは今までなかったかもしれない」と『るろ剣』シリーズの中でも、特別な状態で役に入り込めたことを振り返った。 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』(公開中)、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。 イベントにはそのほか、江口洋介、大友啓史監督も出席した。

ORICON NEWS
『CDTVライブ』登坂広臣が新曲フル初披露へ Jr.EXILE4組はダンス企画に挑戦

『CDTVライブ』登坂広臣が新曲フル初披露へ Jr.EXILE4組はダンス企画に挑戦

 TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』(毎週月曜 後9:00)の24日放送回出演アーティストが発表され、OMI(O=正式表記はストローク付き)こと登坂広臣(三代目 J SOUL BROTHERS)やJr.EXILE4組が出演することが明らかになった。【集合ショット】EXILE HIROや片寄涼太らイケメンが集結! OMIはEP作品で話題の新曲をフルサイズでテレビ初披露。こだわりの演出が光るステージで熱いパフォーマンスをみせる。Jr.EXILE世代の4グループも集結し、GENERATIONSは「LIBERATION」、THE RAMPAGEは「CALL OF JUSTICE」、FANTASTICSは「PERFECT MAGIC」、BALLISTIK BOYZは「VIVA LA EVOLUCION」をそれぞれ披露する。 4月に放送された3時間スペシャルで好評だった「ダンス企画」の第2弾にもJr.EXILEが参戦。YouTubeで大流行中の「踊ってみた動画」に挑戦するもので、GENERATIONSは Adoの「ギラギラ」、THE RAMPAGEはYOASOBIの「怪物」を全力で踊る。FANTASTICSは人気アニメ『呪術廻戦』第1クールのオープニングテーマだったEveの「廻廻奇譚」、BALLISTIK BOYZはyamaの「春を告げる」に挑戦する。 全国ツアー中のflumpoolは、今年第1弾シングル「ディスタンス」をフルサイズでテレビ初披露。次世代アーティストとして注目を集めるMomは番組に初登場し、シリアスなサウンドと印象的なリリックで話題となった「あかるいみらい」をテレビ初披露する。■24日放送『CDTVライブ!ライブ!』出演アーティスト・歌唱曲OMI(登坂広臣)THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「CALL OF JUSTICE」GENERATIONS from EXILE TRIBE「LIBERATION」BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「VIVA LA EVOLUCION」FANTASTICS from EXILE TRIBE「PERFECT MAGIC」flumpool「ディスタンス」Mom「あかるいみらい」※50音順

ORICON NEWS
BUMP OF CHICKEN、朝ドラ主題歌「なないろ」18日配信リリース&MVプレミア公開

BUMP OF CHICKEN、朝ドラ主題歌「なないろ」18日配信リリース&MVプレミア公開

 BUMP OF CHICKENの新曲で、きょう17日からスタートした清原果耶主演のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の主題歌「なないろ」が、18日に配信リリースされることが決定した。あわせて同日午前0時にミュージックビデオ(MV)もYouTubeプレミア公開される。【動画】18日午前0時プレミア公開 朝ドラ主題歌「なないろ」MV 朝ドラ『おかえりモネ』のオープニングでテレビサイズが公開された「なないろ」は、その後メンバーがゲスト出演したNHKラジオ第1放送『らじるラボ』でフルサイズを初オンエア。リリースを待ち望む声が多数寄せられるなか、早くも配信リリースが決定した。配信シングルのジャケットには、長年BUMP OF CHICKENとタッグを組んできたカメラマン・太田好治氏が撮影した「彩雲」の写真が使用されている。 配信リリースにあわせて公開となるMVのディレクターは『おかえりモネ』のオープニング映像を手がけた林響太朗氏が担当。レーベルによると「楽曲の世界観から人生という時間を重力に置き換え、2人の女の子が空を飛ぶ時空間の中で哲学的に表現」し、美しい映像に仕上がっている。空を飛ぶ女の子は、吉村栞乙、吉村眞乙の双子の姉妹が演じた。 ドラマ『おかえりモネ』は「海の町」宮城・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原果耶)が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく希望の物語。

ORICON NEWS
佐藤健、有村架純は“ミステリアス”「何を考えているのかわからない」

佐藤健、有村架純は“ミステリアス”「何を考えているのかわからない」

 俳優の佐藤健、有村架純、江口洋介、大友啓史監督が17日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(6月4日公開)10thアニバーサリーイベントに出席した。【写真】有村架純を優しくエスコートする佐藤健 佐藤と有村は、剣心と雪代巴役として本作でほとんど同じシーンの撮影を行っており、お互いの印象を聞かれると、佐藤は「有村さんは巴くらいミステリアスなんですよ。心の底で何を考えているのかわからないし、なにか隠し持っているんじゃないか(笑)。もっと知りたいと思わせるような人ですね」と不思議な感覚になるという。 対する有村は「現場で過ごす中で、すごく身を委ねられるというか…」と切り出すと、佐藤は「身を委ねてたの?」とツッコミ。それに有村は「剣心さんに気持ちを寄せて(撮影の)1ヶ月を過ごしたんですけど伝わっていないですか?」と2人の認識の違いに会場も笑いに包まれた。 続けて佐藤は「(有村は)せりふを間違えたことがない。全シーンといっていいくらいほとんど一緒にいたんですけど、長いせりふも最初から間違えない。委ねてたと言ってましたけど、めちゃくちゃ自立してました」と有村の仕事に対する姿勢を絶賛した。 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』(公開中)、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

ORICON NEWS
カテゴリ