人気

新着

藤田ニコル“プロデューサー”『恋んトス』新作初の試みに興奮「ムラムラしてきた」

藤田ニコル“プロデューサー”『恋んトス』新作初の試みに興奮「ムラムラしてきた」

 タレントの藤田ニコルが、28日からTBS系で2週にわたって放送される恋愛リアリティショー『恋んトスseason10』のスペシャルエディション『恋んトス10 藤田ニコルプロデューサー就任SP』(深11:56)に出演。『season10』に特別プロデューサーとして参加する藤田が、恋愛トークや解説を追加した地上波特別編を送る。【写真】デコ出しキャミ姿にキュンっ! 「生きてるだけで幸せかもね」な藤田ニコル 同番組は、一枚のコインによって運命が左右される恋愛リアリティショー。運命の出会いを求めて集まった見知らぬ男女が期間限定の共同生活を送る中で、オモテかウラ、出た面の指令は絶対の“コイントス”に翻弄されながら予測不能の恋愛を繰り広げる。2014年7月に放送がスタートし、2018年の「season8」からはParaviで配信されている。 最新作『season10』(※Paraviで最新話を毎週金曜 正午から配信中)で6回目のMCとなる藤田は特別プロデューサーとして参加。出演する男女のオーディションに自ら参加し、選考に加わった。そこで選ばれた「本気で恋がしたい男女7人」が冬の北海道旭川市を舞台に、リゾートでアルバイトをしながら恋愛模様を繰り広げる。 藤田がイチオシするバリスタの“マキジェイ”とはどのような人物なのか。また今回の共同生活ではなんと男女が相部屋に。番組史上初の試みに藤田も思わず「ムラムラしてきた」と発言。男女が同じ部屋で過ごすことによってどんなことが起きるのか。 なお、恋の行方を見守る番組MCは、高橋茂雄(サバンナ)、藤田ニコル、りゅうちぇる、小関裕太、神部美咲が務めている。

ORICON NEWS
乃木坂46、卒業生初参加曲が大反響 配信シングル化&収益を全額寄付へ

乃木坂46、卒業生初参加曲が大反響 配信シングル化&収益を全額寄付へ

 アイドルグループ・乃木坂46が、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかけるためにYouTubeで25日に公開した卒業生初参加の新曲「世界中の隣人よ」が、20時間で100万再生を突破する反響を受け、医療関係者支援を目的として配信シングル化を決定。その収益を全額寄付することが27日、公式サイトで発表された。【動画】西野七瀬、生駒里奈、市來&斎藤アナも参加「世界中の隣人よ」MV 同サイトでは「先日、公式YouTubeにて公開いたしました『世界中の隣人よ』ですが、非常に多くの皆さまから反響をいただき、CD化や配信シングル等のご要望も数多くいただきました」と明かし、「協議させていただいた結果、新型コロナウイルス対策の活動支援を目的として、『世界中の隣人よ』を配信シングルとしてリリースし、その収益を全額寄付することに致しました」と報告した。 同曲のミュージックビデオには、乃木坂46の1期生~4期生まで、卒業を控えている白石麻衣を含めて現役メンバー全員が歌唱。さらに、卒業生11人も参加し、西野七瀬、生駒里奈、初代キャプテンの桜井玲香、卒業後はアナウンサーとして活躍する市來玲奈(日本テレビ)、斎藤ちはる(テレビ朝日)をはじめ、伊藤かりん、衛藤美彩、斉藤優里、相楽伊織、能條愛未、若月佑美もリモートで歌唱している。27日午前10時現在で再生数は170万回を突破している。 配信日、配信サービスなどの詳細は、決まりしだい発表。「乃木坂46の活動を通して、少しでも医療関係者の方々のお役に立てればと思っています。皆さまの温かいご支援を何卒宜しくお願い申し上げます」と呼びかけている。

ORICON NEWS
King & Prince平野紫耀、新CMで持ち前の身体能力発揮「体力で解決していく方が好き」

King & Prince平野紫耀、新CMで持ち前の身体能力発揮「体力で解決していく方が好き」

 人気グループ・King & Princeの平野紫耀が出演するビタミン炭酸『マッチ』の新テレビCM『KAWAKI 午前』篇が、29日から放送される。同CMは国語、数学、日本史などの“難問”に、男子高校生役の平野が持ち前の身体能力を生かしながら“体を張って”立ち向かっていく、という内容。撮影後、平野は「すごく楽しかったけど、難しかったですね。でも僕は、問題を解くのは頭脳を使うより、こういう風に体力で解決していく方が好きです!」とコメントした。【写真】独創的?! 平野紫耀のかわいらしい手作りお弁当 2017年より4年連続でCMキャラクターを務める平野が出演する今回のCMは『渇く理由が、ありすぎる。』がキャッチコピー。テスト用紙が配られ、クラスメイトたちが回答にいそしむなか、なかなかペンが進まない平野はやがて目もうつろになっていき、想いは教室を飛び出して校庭に…。想像もしない全く違う形でテストの問題に立ち向かっていく、というストーリーが描かれる。 巨大化した鉛筆にぶら下がり、体を前後に大きく揺さぶって前進したり、“数学”では線分の成す角度を求める問題となっている巨大な円盤にしがみつき、回転しながら坂道を転げ落ちるという超難関に「マジヤバイ!」と思わず叫んでしまう平野。クラスメイトの声援を受けながら奮闘する。 なんとか挑戦を続け、最後の種目“日本史”では織田信長、豊臣秀吉の肖像画が描かれた重さ数十キロの壁を持ち上げて、次々とくぐり抜けていく。不意にその先に十数枚続く壁に気付いた平野は、「徳川ばっかりじゃん」とたじろぐ。数々の難局に立ち向かう男子高校生をコミカルに表現している。 撮影で、指導員から手ほどきを受けた平野は、本番ではなんと1回でクリア。7メートル先のゴールに立った平野に、周りからは大歓声があがり、平野は右手を高々と上げて応えた。監督からも「一発成功!」と感嘆の声があがるも、平野は「大変だよこれ…」とこぼしつつ多種多様な種目に立ち向かっていった。

ORICON NEWS
指原P「≠ME」冨田菜々風、初ソロ曲MV公開「心臓が飛び出るんじゃないかと…」

指原P「≠ME」冨田菜々風、初ソロ曲MV公開「心臓が飛び出るんじゃないかと…」

 タレントの指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「≠ME」(ノットイコールミー、通称ノイミー)で3作連続センターを務める冨田菜々風(とみた・ななか、19)のソロ曲「空白の花」のミュージックビデオが26日、YouTubeの公式チャンネルで公開された。【動画】甘酸っぱいストーリー…≠ME冨田菜々風、初ソロ曲MV ノイミー初となるソロ曲は、ピアノとストリングスを中心としたアレンジに乗せ、冨田の優しくもダイナミックな歌声が印象的なバラード。作詞は今作もプロデューサーの指原が担当した。 事前に公開されたティザー映像の中で指原は、冨田にソロ曲を書き下ろした理由について「ボイトレもめちゃめちゃやっている中じゃなくて、ステージにもそんなに回数立ってない、“今”の声で書きたい曲だったから。純粋に私が書きたい内容と菜々風の声がマッチしたから」と説明する。 ソロ曲を打診された冨田は「心臓が飛び出るんじゃないかと思うほど驚きました」と打ち明け、「素直に嬉しい気持ちと、それと同じくらい、期待に応えられるかという不安な気持ちも大きかったです。でも、指原さんの言葉を受けて、今の私にできる精一杯を出しきってみようという気持ちに変わりました。この曲は私を1つステップアップさせてくれる経験になると確信して、たくさんの事と向き合い、自分に気合いをいれました」と腹をくくった。 1月に撮影されたMVは、映画監督の山戸結希氏が手がけた。単独では初のMV撮影となった冨田は「監督と事前に打ち合わせも兼ねて、1対1でお話しをさせていただき撮影に挑みました。自然な演技をすることがとても難しかったので、イメージを何度もふくらませて、飾らず主人公の気持ちに寄り添って演じました」とのコメントを寄せた。■≠ME冨田菜々風コメントこの曲は、歌詞がとてもストレートで、悲しくて、すごく切なくて、思い通りにならないもどかしさに、胸がキュッとなります。たくさんの方に共感していただける、そんな1曲になっていると思います。私がソロのお話を聞いた時、心臓が飛び出るんじゃないかと思うほど驚きました。素直に嬉しい気持ちと、それと同じくらい、期待に応えられるかという不安な気持ちも大きかったです。でも、指原さんの言葉を受けて、今の私にできる精一杯を出しきってみようという気持ちに変わりました。この曲は私を1つステップアップさせてくれる経験になると確信して、たくさんの事と向き合い、自分に気合いをいれました。MVは、監督と事前に打ち合わせも兼ねて、1対1でお話しをさせていただき撮影に挑みました。自然な演技をすることがとても難しかったので、イメージを何度もふくらませて、飾らず主人公の気持ちに寄り添って演じました。初めてのソロ曲は、初めてのことがいっぱいで、すごく良い経験を沢山させて頂きました。いつもだと、12人1チームで、失敗しても助けてくれる仲間がいて、お互い支え合い、足りないところを補い合うことができましたが、今回は自分を信じて頑張るしかなく、改めてメンバーの大切さに気づくことも出来ましたし、自分もメンバーの力になれる存在でありたいと強く思いました。この経験と気持ちが、“空白の花”をより良いものにしてくれたと思います。少しでも多くの方に届きますように。

ORICON NEWS
三代目JSB山下健二郎、体調不良で冠ラジオ出演見合わせ 3日前に発熱「大事をとって」

三代目JSB山下健二郎、体調不良で冠ラジオ出演見合わせ 3日前に発熱「大事をとって」

 三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎が体調不良のため、29日放送のニッポン放送『三代目 J SOUL BROTHERS山下健二郎のZERO BASE』(毎週金曜 深0:00~1:00)の出演を見合わせることが26日、グループの公式サイトなどで発表された。【画像】三代目JSB、仲睦まじいプライベートショットを公開 公式サイトでは「23日に平熱を上回る発熱が認められ、現在は平熱に戻って体調も安定しておりますが、番組とも協議を重ねた結果、大事をとって欠席させていただくこととなりました」と報告。今後の活動については「LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チームの指導のもと、万全の態勢で対応を継続して行ってまいります」としている。 なお、29日放送回は代役を立て、内容を一部変更して放送する。

ORICON NEWS
NEWS手越祐也、芸能活動休止 ジャニーズ事務所が発表 緊急事態宣言中の外出で

NEWS手越祐也、芸能活動休止 ジャニーズ事務所が発表 緊急事態宣言中の外出で

 人気グループ・NEWSの手越祐也(32)が、活動を自粛することが26日、所属するジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。手越祐也の過去出演作品一覧 手越は先日、一部週刊誌に緊急事態宣言の発令中の4月下旬、手越は都内の飲食店への外出や、女性を集めた飲み会を開催していたと報じられた。今月15日に事務所は公式サイトで、手越は「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実」と認めたため、ジャニーズ事務所のタレント全76人参加による期間限定ユニット『Twenty★Twenty』への参加を見合わせることを発表した。 その後も手越の外出が報じられたことから、事務所として手越に事実関係を確認したところ「一部、事実関係に相違があるとのことでしたが、報道にありましたような酒席に参加していたことを認めました」と報告。「世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりましたことを弊社といたしましては重く受け止めております」と伝えた。 度重なる説明や要請にも関わらず、緊急事態宣言期間中の酒席への参加が確認された状況を踏まえ、「すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と決定。「日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」と説明した。 事務所としても、手越に行動に気をつけるように繰り返し伝えてきたが「今日に至るまで本人に理解させることができず、ファンの皆様や関係者の皆様には大変申し訳なく、責任を感じております」と謝罪。 今後に向けて「本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります。また、今回のことを生かして、弊社の所属タレントに対しましては、ジャニーズJr.として弊社に所属した段階から仕事を通じて社会人として成長できるよう、保護者と連携しながら適切な指導・マネージメントに努めてまいります」と改めて決意を表明。 そして「本業であるエンターテイメントによる活動とSmile Up! Projectとして行っております支援活動にジャニーズグループー丸となって取り組む姿勢をご覧いただくことで皆様に信頼していただけますよう、精進してまいります」と締めくくった。 手越は1987年11月11日生まれ、神奈川県出身。2003年にNEWSのメンバーに選出。06年にはメンバーの増田貴久とユニット「テゴマス」結成。日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』にレギュラー出演中。俳優としてドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』『デカワンコ』、映画『疾走』などに出演。

ORICON NEWS
カテゴリ