人気

新着

ViViモデル・miu、卒業ラストは藤田ニコルと2ショ表紙 相思相愛で息ぴったりのポーズ披露

ViViモデル・miu、卒業ラストは藤田ニコルと2ショ表紙 相思相愛で息ぴったりのポーズ披露

 ファッション誌『ViVi』(講談社)の専属モデル・miuが、23日発売の10月号で卒業し、同じく専属モデルの藤田ニコルとの2ショットで同号通常版のカバーを飾る。【写真】10月号で『ViVi』を卒業!自然体な表情で魅力あふれるmiu ポージングバリエもダントツ多く、集団撮影の時はキーモデルとして活躍し、ViViモデルの中でも独自の雰囲気を醸し出し、スタッフからも熱い信頼を受けて愛されてきたmiu。ラストは、系統は違うもファッション好きの藤田と秋のファッショントークで共演した。 全く違う系統のファッション担当だった2人の組み撮影が多くなったのは、最近のこと。ある撮影をきっかけに、組んだときのバランスがよくし、お互いポージングがしやすいことがわかり急接近し、「にこちゃん」「みゆちゃん」と呼び合う仲にまで発展した。 すでに卒業が決まっていたmiuが藤田とラストカバーを飾ると面白いかも、ということで、今回の表紙を実現。お互いに「もうちょっと一緒に組み企画やりたかったね」とおしゃべりしながらの、miuにとってViVi最後の撮影となった。 最後の撮影も2人は息ピッタリ。「みゆちゃん、ほんとにViViおつかれさまでした! 最後のほうになってバタバタと一緒に撮影させてもらうことが多くなって、みゆちゃんが喋りかけてくれるのがいつもうれしかった! 『ニコルちゃんと一番話しやすいってmiuが言ってたよ』ってViViのスタッフさんから聞いて『え!』って! もっと一緒に撮影したかったなぁって。でもLINEも交換したから、ご飯でもいきましょ」と藤田が伝えると、「ほんと喋りやすかったの。撮影もしやすかったし、ね。美味しいご飯行こう!」とmiu。その場でご飯の約束する2人は、中ページではファッショントークも繰り広げた。 同時発売の特別版の表紙を飾るのは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEから川村壱馬・吉野北人・RIKUのボーカル3人。

ORICON NEWS
乃木坂46与田祐希主演『量産型リコ』Blu-ray&DVD発売 与田“初めてのプラモデル作り”収録

乃木坂46与田祐希主演『量産型リコ』Blu-ray&DVD発売 与田“初めてのプラモデル作り”収録

 アイドルグループ・乃木坂46の与田祐希が主演を務める、テレビ東京ドラマ『量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-』のBlu-ray BOXとDVD BOXが、12月2日に発売される。【場面写真】「ライブライブ!」南ことりのプラモデルに挑戦する与田祐希 今作は、ちまたにいるごく普通の女子で、イベント企画会社に勤める主人公・小向璃子(与田)が、仕事にプライベートに自問自答しながら「プラモデル」という趣味との出会いを通じて大人へと組み立っていく成長記。これまでにない“ホビー・ヒューマンドラマ”を描く。 各話、「BANDAI SPIRITS」制作協力のもと、実在するさまざまなプラモデルが登場する。「量産型ザク」「ミニ四駆シリーズ」「Figure rise LABO 南ことり」などが璃子を魅了する。 特典には、撮影現場に潜入した『量産型リコ』スペシャルメイキング映像を収録。オープニング・エンディングの撮影風景やプラモデル制作シーンの裏側、感動のクランクアップや、クランクイン前に行った与田初めてのプラモデル作りの様子まで貴重な映像をたっぷり届ける。「チームリコ」がワンチームで和やかに楽しく撮影に挑む様子も見どころとなっている。 封入特典として、12ページにわたるブックレットも付属する。

ORICON NEWS
TikTokerあかせあかり、デビュー曲「恋ノ行方」MVが7ヶ月で1000万再生達成「とてもうれしい」

TikTokerあかせあかり、デビュー曲「恋ノ行方」MVが7ヶ月で1000万再生達成「とてもうれしい」

 フォロワー数130万人を超す人気TikToker/コスプレイヤー・あかせあかりのメジャーデビュー曲「恋ノ行方」(2月発売)のミュージックビデオ(MV)が、YouTubeで1月9日に公開してから約7ヶ月で1000万再生を突破した。【写真】再現度の高さでコスプレ人気も高いあかせあかり 「恋ノ行方」は、1月期にTOKYO MXほかで放送されたテレビアニメ『その着せ替え人形は恋をする』エンディングテーマ。あかせは「MV1000万回再生ありがとうございます!アニメ放送が終わってからも楽曲、MVともども愛していただけているのだなと改めて感じられて、とてもうれしい気持ちでいっぱいです」と喜んだ。 改めてMVの見どころについても「『着せ恋』を最近観たよって方でもコスプレしている最中や素の“海夢っぽさ”が伝わるような仕草や表情をたくさん組み込んであるのでもしかして…!ってわくわくしながらキュンキュンするピュアッピュアな歌詞にも注目して観てもらえたらうれしいです」とコメントしている。 9月17日には、東京・J:COMホール八王子で行われるイベント『TVアニメ「その着せ替え人形は恋をする」~マ!?みんなに会えてヤバヤバのヤバなんだけどっ!~』出演が決定している。■あかせあかりコメントMV1000万回再生ありがとうございます!『着せ恋』を最近観たよって方でもコスプレしている最中や素の“海夢っぽさ”が伝わるような仕草や表情をたくさん組み込んであるのでもしかして…!ってわくわくしながらキュンキュンするピュアッピュアな歌詞にも注目して観てもらえたらうれしいです。今後は『着せ恋』のイベントにて3度目のステージでの歌唱があります。1度目にもっとこうしたい!って自分の中でビジョンができたので、今度は皆さまに、よりすてきなステージをお届けできたらと思います。

ORICON NEWS
『AKB48 ネ申テレビ』ナレーション、小林清志さんから大塚明夫にバトンタッチ

『AKB48 ネ申テレビ』ナレーション、小林清志さんから大塚明夫にバトンタッチ

 専門チャンネル「ファミリー劇場」で放送、「ファミリー劇場CLUB」で配信されている、アイドルグループ・AKB48の冠バラエティー番組『AKB48 ネ申テレビ』で、2008年のシーズン1からナレーションを務めてきた小林清志さんの後任に、声優の大塚明夫が決定。本日(18日)放送の最新話「シーズン39 Vol.3 実際どうなの?17期研究生イメージ調査! 前編」より大塚が担当する。【写真】小林清志さん 小林さんは先月30日、肺炎のため死去。89歳だった。先月上旬に行った同番組の収録が最後の仕事となった。人気アニメ『ルパン三世』では次元大介役を50年演じ続けたが、昨年10月に放送された「PART6」より大塚にバトンタッチしていた。 本日の放送では、加入からわずか3ヶ月、番組史上最短で17期研究生が同番組に初出演。今回はそんな彼女たちにイメージ調査&街角調査を敢行。それぞれのテーマごとに実践を行って真実を全て明らかにする。前編では「力が強そう」「足が速そう」など、どれも身近な、それゆえ気になるものばかり…。果たして彼女たちはお互いをどう思っているのか? 街の人々はどんなイメージを抱いているのか? そして実際は「どう」なのか!? 出演は、太田有紀、小濱心音、佐藤綺星、橋本恵理子、長谷川新奈、畠山希美、平田侑希、布袋百椛、正鋳真優、水島美結、山崎空(※崎=たつさき)、イジリー岡田。

ORICON NEWS
乃木坂46、LUX初のトリートメントアンバサダーに就任 “乃木髪”のつくり方を伝授

乃木坂46、LUX初のトリートメントアンバサダーに就任 “乃木髪”のつくり方を伝授

 アイドルグループ・乃木坂46が、トータルビューティーケアブランド「LUX」初のトリートメントアンバサダーに就任した。【写真】ツヤ髪を披露する乃木坂46・齋藤飛鳥ら ソロショットも LUXがトリートメントシリーズをトータルリニューアルし、9月12日に全国で発売することを記念し、ファッション誌でモデルとしても活躍中のメンバーが多数在籍する乃木坂46が、LUXのトリートメントアンバサダーに初就任。9月12日より特設サイトがオープンする。 同サイトでは、メンバーの齋藤飛鳥、梅澤美波、久保史緒里、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香が、髪の悩みに対するヘアケアのコツや、悩みに合わせた製品の使い方などを伝授してくれるオリジナルコンテンツ「#乃木髪のつくり方」を公開予定。さらに発売開始とあわせて、乃木坂46のライブチケットやメッセージカードが当たる店頭キャンペーンも行われる。

ORICON NEWS
映画『もっと超越した所へ。』原作者・根本宗子の推しは前田敦子「人生で一番課金した相手」

映画『もっと超越した所へ。』原作者・根本宗子の推しは前田敦子「人生で一番課金した相手」

 俳優の前田敦子が主演する映画『もっと超越した所へ。』(10月14日公開)より、前田演じる恋愛間違えがちなデザイナー・真知子をひも解く場面写真が解禁となった。【画像】アトリエ兼自宅の真知子 劇作家・根本宗子の原作・脚本を、山岸聖太監督が映画化した本作は、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地とパワーが引き起こすミラクルを痛快に描く。 真知子(前田)が大きなカラー(付け襟)が印象的な服を着ている場面は、久しぶりに再会した同級生のストリーマー・怜人(菊池風磨)が初めて部屋を訪れた日のもの。はにかむ笑顔は、新しい恋愛の始まり? もう後悔しないよね?といった、戸惑いと期待が入り混じっているようだ。カラフルでやわらかなテキスタイルのカーテンやクッション、愛くるしいぬいぐるみたちに囲まれている彼女の部屋から、数々の個性的な衣装を作り出すデザイナーとしてのこだわりも感じられる。 また、もう1枚はアトリエ兼自宅の様子が垣間見える写真。さまざまな生地や糸、ボタンやリボンが壁に整然と配列され、自分の世界観を作り出す真知子の真面目で丁寧な仕事ぶりをうかがわせる。この部屋に転がり込んできた怜人のペースに 巻き込まれながらも、つい受け入れてしまう恋愛間違えがちな真知子は、果たして 自分だけのハッピーエンドをつかめるのか? 前田が演じる真知子役は、舞台では原作・脚本の根本自身が演じていた。根本はアイドル時代の前田を初期の頃から応援しており、秋葉原のAKB48劇場に通い、握手会に参加したこともあるなど、「わかりやすく言うと、人生で一番課金した相手です(笑)」と打ち明け、「自分がやっていた役を前田さんに演じてもらえて本当に幸せです」と喜びもひとしおだ。

ORICON NEWS
カテゴリ