広瀬すず主演『ちはやふる』続編 新キャストに優希美青、佐野勇斗ら

広瀬すず主演『ちはやふる』続編 新キャストに優希美青、佐野勇斗ら

 女優の広瀬すず主演で末次由紀氏の人気漫画を実写化した映画『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』の続編のタイトルが『ちはやふる –結び-』(2018年公開)に決定。新たに優希美青、5人組ボーカルダンスユニット・M!LKの佐野勇斗、清原果耶、賀来賢人の出演が発表された。続編はどうなる? 映画『ちはやふる –結び-』相関図 原作は、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を、瑞々しくも熱い青春模様として描き、累計発行部数2000万部(既刊34巻)を超える人気漫画。2016年に2部作で実写映画化し、合わせて興行収入28.5億円を記録した。 続編の舞台は、前作から2年後。高校3年生になった主人公・綾瀬千早(広瀬)をはじめとする、瑞沢高校・競技かるた部員やクイーンらの成長を描き、主要キャラクターを演じた野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優らが再集結する。 今回より登場するのは、太一(野村)に一目惚れをして競技かるた部に入部した、恋愛体質の新入生・花野菫役の優希、同じく競技かるた部に入部した新入生・筑波秋博役の佐野、映画オリジナルキャラクターであり、千早のライバルで現役準クイーン・我妻伊織役の清原。原作において重要キャラクターである史上最強の名人・周防久志役を賀来が演じる。 優希は「続編から参加させていただくということで不安もありますが、早くキャストやスタッフの皆さんの輪の中に入り込めるよう菫ちゃんらしく元気いっぱい作品に挑みます!」と意気込み。初めて競技かるたを体験する佐野は「僕が想像していたより遥かに奥が深く、集中力、体力が必要なものなのだなと、とても驚きました。先生方のご指導のもと、とても楽しく練習させていただいています!」と話している。  清原も「キャストの皆さんの誰よりも、早く美しくかるたをとれるようにけいこに励みたいです」と語り、“名人”役の賀来は「続編からの参加とはなりますが、座組に良い風を吹かせられればと思います」とコメントを寄せた。 前作に続きメガホンをとる小泉徳宏監督は「『青春恋愛スポ根映画、ここに極まる』と言われるよう、俳優・スタッフ一同、青春全部懸けます。どんな歌が詠まれのるか、ご期待下さい」と呼びかけ、原作者の末次氏は「メンバーの強くなっていく姿をまた見守れると思うと、楽しみでたまりません」と期待。 昨年、続編をサプライズ発表された際に涙を流した広瀬は「今回、新たなキャストの皆さんの大きな力と共に、より成長した千早を生きていきたいと思います。すでに監督からも大きな課題をいただきました。大事に大事に。監督、スタッフの皆さん、キャストの方々の思いを結んだとき、真っ赤なちはやふるになるはず」と続編への思いを明かした。

ORICON NEWS
『おそ松さん』藤田監督、第2期決定も「相変わらずくだらないものを」

『おそ松さん』藤田監督、第2期決定も「相変わらずくだらないものを」

 人気アニメ『おそ松さん』の劇場オリジナル編集版『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』の第2期放送決定記念舞台あいさつが9日、都内で行われた。6つ子の着ぐるみと一緒に登壇した藤田陽一監督は、第2期について「相変わらず、くだらないなって思うものを作りたい」と路線の継続を宣言した。 「おそ松は気負うことなく自分たちが楽しいことをして受け入れられた」と放送を懐かしんだ藤田監督。赤塚不二夫の生誕80周年を記念した作品で「赤塚不二夫という名前が広がるのは自分にとっても本望」と笑顔を見せた。 1期は社会現象と呼べるほどの大ブレークとなったが、「可能な限り好き勝手やった。みなさん、よくついて来ていただけた。深夜に楽しんでもらえればのスタンスだった。予定外というか、予想外」と回想。「童貞、ニートが、こんなに受け入れられる世の中とは。意外に悪くない日本だなと」と苦笑いで語り、2期についても「深夜に帰って、相変わらずくだらないなって楽しんで見られる思うものを作りたい」と1期からのスタンス継続を誓っていた。 6つ子とイヤミの着ぐるみはフリップを使い「今日は来てくれてありがとう!!」と感謝し、最後もフリップで「2期も応援よろしく」とアピール。藤田監督は自由気ままに動く6つ子に「こいつら言うこと聞いてくれない」とあきれていた。 第1期は赤塚不二夫生誕80周年を記念し、2015年10月から16年3月まで放送。長男・おそ松役に、櫻井孝宏、次男・カラ松役に中村悠一、三男・チョロ松役に神谷浩史、四男・一松役に福山潤、五男・十四松役に小野大輔、末っ子・トド松役に入野自由といった人気声優を配役し、原作から10年後の大人になった六つ子たちの姿を描きながら、他の人気アニメのパロディーと下ネタが満載の内容に賛否両論を巻き起こし、ぶっ飛んだ内容で大きな話題に。『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』は完全新作のオリジナルショートエピソードを加えたオリジナル編集版となっている。

ORICON NEWS
渡部建、15歳差の佐々木希へのプロポーズは「必ず長生きしますので」

渡部建、15歳差の佐々木希へのプロポーズは「必ず長生きしますので」

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)が9日、日本テレビ系バラエティー『行列のできる法律相談所SP』に生出演し、女優・佐々木希(29)と結婚することを発表した。プロポーズの言葉を聞かれた渡部は、佐々木との15歳の年齢差を意識した誠意のある言葉を伝えたことを明かした。【画像】2月には…交際質問に笑顔を見せていた佐々木希 結婚を発表しスタジオが祝福ムードに包まれる中、佐々木も電話で出演。りゅうちぇるから「プロポーズの言葉は?」と聞かれると、渡部は「かなり年が離れているので、『必ず長生きしますので、結婚してください』と言いました」と告白した。 放送後、双方が所属事務所を通じて連名のFAXでコメントを発表。「些細なことでも笑い合えたり、悩んだときは励まし合うという日々の中で、この先も共に歩んで行きたいという想いが募り、この様な運びとなりました。まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせて、幸せな笑いの溢れる家庭を築いて行きたいと思います」とつづった。 渡部は1972年9月23日生まれ、東京出身。1993年に高校の同級生の児嶋一哉とアンジャッシュを結成。細かく練り上げられた設定のコントで人気を博し、巧みなトーク術でMCとしても活躍。また、グルメや高校野球にも精通し、著書も多数出版している。 佐々木は1988年2月8日生まれ、秋田出身。2006年に『週刊ヤングジャンプ』の「ギャルコンJAPAN」グランプリを獲得。『PINKY』でモデルデビューし、女優としてドラマ、映画にも出演。代表作は映画『天使の恋』『アフロ田中』、ドラマ『THE LAST COP』など。

ORICON NEWS

人気

「カーズ3」のアクションレースゲームがPS4とSwitchで今夏リリース!

「カーズ3」のアクションレースゲームがPS4とSwitchで今夏リリース!

ワーナー・エンターテイメント・ジャパンから、ゲーム「カーズ3勝利への道」がPlaystation4とNintendo Switch向けにリリースされることが発表された。本作は7月15日に公開予定のアニメ映画「カーズ/クロスロード」を基にしたストーリーのアクション/ゲームだ。分割画面で、最大4人のオフラインマルチプレイにも対応している。ゲームを進めていくことで、「カーズ2」に登場した東京のサーキットなども遊べるようになるようで、「カーズ/クロスロード」だけでなくこれまでの「カーズ」シリーズの要素にも期待できそうだ。本作は映画の上映直後の、2017年7月20日(木)に発売予定となっている。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});カーズ3勝利への道公式サイト:https://warnerbros.co.jp/game/cars3/『Bartender ~バーテンダー~』お酒のお共として見たいアニメNo.1(あにぶ編集部/ネジムラ)

あにぶ
松本潤と有村架純がお風呂場で衝撃のキス 映画『ナラタージュ』特報&ビジュアルが解禁

松本潤と有村架純がお風呂場で衝撃のキス 映画『ナラタージュ』特報&ビジュアルが解禁

 人気グループ・嵐の松本潤が主演し、人気作家・島本理生氏の恋愛小説を実写化した映画『ナラタージュ』(10月7日公開)の特報映像とビジュアルが27日、解禁された。松本演じる高校教師の葉山と、有村架純演じるヒロイン・工藤泉の“禁断の恋”が描かれる同作のティザービジュアルでは『一生に一度の恋。わたしには、あなたでした。』のコピーと共に、メガネをかけた葉山とその背中に切なげな表情で寄り添う泉、そして本編からの場面写真として風呂場でびしょ濡れになりながら抱き合う葉山と泉の姿が映し出されている。メガネ姿の松本潤&有村架純が共演 『ナラタージュ』特報 25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本氏が20歳の若さで執筆した狂おしいほど純粋に、許されざる恋に落ちる2人を描いた原作を発売から12年を経て、行定勲監督が映画化。高校時代、学校に馴じめずにいた自分を救ってくれた教師・葉山へと密かな想いを寄せていた泉は彼との再会によってその恋心を蘇らせる。しかし2人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる…。 このほど公開された特報映像では、卒業式の日の誰にも言えない切ない思い出、泉を見つめる葉山の切なげな表情など、互いに芽生えた恋心と複雑な感情が繰り返される切なくも美しい場面、そしてティザービジュアルでも切り出されている、風呂場で泉が葉山の顔を引き寄せ唇を重ねる衝撃のシーンも組み入れられており、一筋縄ではいかない究極の純愛を予感させる仕上がりとなっている。 松本、有村のほかには坂口健太郎、そして瀬戸康史、市川実日子、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地らが出演することも発表され、物語に彩りを加える。

ORICON NEWS
【オリコン】嵐、月9主題歌で40作連続シングル首位 通算47作目で歴代1位に王手

【オリコン】嵐、月9主題歌で40作連続シングル首位 通算47作目で歴代1位に王手

 人気グループ・嵐の51枚目のシングル「I’ll be there」(4月19日発売)が初週39.4万枚を売り上げ、5/1付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。嵐のプロフィール シングル1位獲得作品数は、歴代2位の通算47作目。B’zが保持している歴代1位記録の48作にあと1作まで迫った。また、連続獲得作品数は「PIKA★★NCHI DOUBLE」(2004年2月発売)から40作連続。こちらもB’zの48作連続に次ぎ、歴代2位をキープしている。 今作は、メンバーの相葉雅紀が主演するフジテレビ系ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)の主題歌。ダイナミックかつ華やかな曲調で30周年を迎えた“月9”を盛り上げている。

ORICON NEWS
『おそ松さん』藤田監督、第2期決定も「相変わらずくだらないものを」

『おそ松さん』藤田監督、第2期決定も「相変わらずくだらないものを」

 人気アニメ『おそ松さん』の劇場オリジナル編集版『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』の第2期放送決定記念舞台あいさつが9日、都内で行われた。6つ子の着ぐるみと一緒に登壇した藤田陽一監督は、第2期について「相変わらず、くだらないなって思うものを作りたい」と路線の継続を宣言した。 「おそ松は気負うことなく自分たちが楽しいことをして受け入れられた」と放送を懐かしんだ藤田監督。赤塚不二夫の生誕80周年を記念した作品で「赤塚不二夫という名前が広がるのは自分にとっても本望」と笑顔を見せた。 1期は社会現象と呼べるほどの大ブレークとなったが、「可能な限り好き勝手やった。みなさん、よくついて来ていただけた。深夜に楽しんでもらえればのスタンスだった。予定外というか、予想外」と回想。「童貞、ニートが、こんなに受け入れられる世の中とは。意外に悪くない日本だなと」と苦笑いで語り、2期についても「深夜に帰って、相変わらずくだらないなって楽しんで見られる思うものを作りたい」と1期からのスタンス継続を誓っていた。 6つ子とイヤミの着ぐるみはフリップを使い「今日は来てくれてありがとう!!」と感謝し、最後もフリップで「2期も応援よろしく」とアピール。藤田監督は自由気ままに動く6つ子に「こいつら言うこと聞いてくれない」とあきれていた。 第1期は赤塚不二夫生誕80周年を記念し、2015年10月から16年3月まで放送。長男・おそ松役に、櫻井孝宏、次男・カラ松役に中村悠一、三男・チョロ松役に神谷浩史、四男・一松役に福山潤、五男・十四松役に小野大輔、末っ子・トド松役に入野自由といった人気声優を配役し、原作から10年後の大人になった六つ子たちの姿を描きながら、他の人気アニメのパロディーと下ネタが満載の内容に賛否両論を巻き起こし、ぶっ飛んだ内容で大きな話題に。『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』は完全新作のオリジナルショートエピソードを加えたオリジナル編集版となっている。

ORICON NEWS
広瀬すず主演『ちはやふる』続編 新キャストに優希美青、佐野勇斗ら

広瀬すず主演『ちはやふる』続編 新キャストに優希美青、佐野勇斗ら

 女優の広瀬すず主演で末次由紀氏の人気漫画を実写化した映画『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』の続編のタイトルが『ちはやふる –結び-』(2018年公開)に決定。新たに優希美青、5人組ボーカルダンスユニット・M!LKの佐野勇斗、清原果耶、賀来賢人の出演が発表された。続編はどうなる? 映画『ちはやふる –結び-』相関図 原作は、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を、瑞々しくも熱い青春模様として描き、累計発行部数2000万部(既刊34巻)を超える人気漫画。2016年に2部作で実写映画化し、合わせて興行収入28.5億円を記録した。 続編の舞台は、前作から2年後。高校3年生になった主人公・綾瀬千早(広瀬)をはじめとする、瑞沢高校・競技かるた部員やクイーンらの成長を描き、主要キャラクターを演じた野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優らが再集結する。 今回より登場するのは、太一(野村)に一目惚れをして競技かるた部に入部した、恋愛体質の新入生・花野菫役の優希、同じく競技かるた部に入部した新入生・筑波秋博役の佐野、映画オリジナルキャラクターであり、千早のライバルで現役準クイーン・我妻伊織役の清原。原作において重要キャラクターである史上最強の名人・周防久志役を賀来が演じる。 優希は「続編から参加させていただくということで不安もありますが、早くキャストやスタッフの皆さんの輪の中に入り込めるよう菫ちゃんらしく元気いっぱい作品に挑みます!」と意気込み。初めて競技かるたを体験する佐野は「僕が想像していたより遥かに奥が深く、集中力、体力が必要なものなのだなと、とても驚きました。先生方のご指導のもと、とても楽しく練習させていただいています!」と話している。  清原も「キャストの皆さんの誰よりも、早く美しくかるたをとれるようにけいこに励みたいです」と語り、“名人”役の賀来は「続編からの参加とはなりますが、座組に良い風を吹かせられればと思います」とコメントを寄せた。 前作に続きメガホンをとる小泉徳宏監督は「『青春恋愛スポ根映画、ここに極まる』と言われるよう、俳優・スタッフ一同、青春全部懸けます。どんな歌が詠まれのるか、ご期待下さい」と呼びかけ、原作者の末次氏は「メンバーの強くなっていく姿をまた見守れると思うと、楽しみでたまりません」と期待。 昨年、続編をサプライズ発表された際に涙を流した広瀬は「今回、新たなキャストの皆さんの大きな力と共に、より成長した千早を生きていきたいと思います。すでに監督からも大きな課題をいただきました。大事に大事に。監督、スタッフの皆さん、キャストの方々の思いを結んだとき、真っ赤なちはやふるになるはず」と続編への思いを明かした。

ORICON NEWS
乃木坂46の“キレイなお姉さん”衛藤美彩、オトナの美を大胆披露

乃木坂46の“キレイなお姉さん”衛藤美彩、オトナの美を大胆披露

 人気アイドルグループ・乃木坂46の衛藤美彩(24)が、20日発売の『月刊ヤングマガジン』5号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。オーストラリア・シドニーの太陽のもと、グループ随一の大人っぽい美しさを大胆に披露した。【別カット】大人の色気…バスローブ姿も公開した衛藤美彩 落ち着いた雰囲気と整った美形のルックス、そして度胸のある面倒見の良さで、グループの中でも“先輩”キャラで慕われる衛藤。今月25日に待望のソロ写真集『話を聞こうか。』の発売を目前に控える。 初めて同誌の表紙を飾った今回のグラビアは、写真集の魅力をひと足先に味わえるもので、セクシーなビキニカットも含めてさまざまなシチュエーションでオトナの美しさを存分に発揮。写真集について等身大の言葉で語ったインタビューコメントも掲載されている。 衛藤は写真集について「他のどのメンバーの撮影より楽しかった自信があります(笑)」と撮影を振り返り、「期待されてそうなセクシーさだけでなく、自然体で健康的なところまで、いろんな私を見てもらえたらと思います」と自信を込めている。 また、同号の巻末グラビアにはグラビアアイドル・モデルの筧美和子(22)が登場。グアムを舞台に、身長164・バスト89・ウエスト60・ヒップ85センチの日本最高レベルのダイナマイトボディを惜しげもなく見せつけた。 巻頭カラー漫画は、芹沢直樹氏の『サイコバンク』。

ORICON NEWS

新着

SKE48、あいち広報大使続投 大村県知事にキャッチフレーズ作りを提案

SKE48、あいち広報大使続投 大村県知事にキャッチフレーズ作りを提案

 名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が27日、愛知県庁を訪れ、大村秀章知事を表敬訪問した。SKE48キャプテン・斉藤真木子から「SKE48の曲で好きな曲はありますか?」と聞かれた大村県知事は「『アイシテラブル!』がノリがよくて好きだね」と答えてサビを鼻歌で歌うなど、終始笑顔の絶えない会談となった。【写真】大村秀章県知事と会談するSKE48 SKE48は2011年から務めている「LOVE あいちサポーターズ あいち広報大使」を今年度も引き続き担当することが決定。メンバーを代表して斉藤、須田亜香里、木本花音、江籠裕奈、北川綾巴、熊崎晴香、小畑優奈、後藤楽々の8人が県庁を訪れた。 大村県知事は「今年も“LOVE あいちサポーターズ あいち広報大使”として、SKE48の皆さんにいろんな場面でサポートしていただくことになると思いますので、笑顔で大いに盛り上げていただければと思います。今年も“LOVE あいちスペシャルコラボ”でいろんなことをやりますので、またよろしくお願いします」と期待を寄せた。 昨年11月に愛知県芸術劇場で開催された『みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート ~未来のセンターは誰だ?~』にゲスト出演したことを振り返った大村知事は「あれは思い出深かった。楽しかった」とニッコリ。須田が「今年は私たちが劇場公演で自己紹介の時にやるようなキャッチフレーズを、大村県知事も作ってみませんか?」と提案すると、「それはぜひ研究してみよう。また何かある時にはね(笑)」とユーモアたっぷりに応じた。 斉藤は「愛知県の魅力をもっと伝えられるように頑張っていきたいと思います」と意気込み、生まれも育ちも愛知という須田は「地元の方には改めて愛知県っていいところだなって思ってもらいたいですし、他の地域の皆さんにも行きたいなと思ってもらえるような場所だということを伝えていきたい」と言葉に力を込めた。

ORICON NEWS
乃木坂46・若月佑美、凛々しさと人懐っこさのギャップを披露

乃木坂46・若月佑美、凛々しさと人懐っこさのギャップを披露

 人気アイドルグループ・乃木坂46の若月佑美(22)が、27日発売の『週刊ヤングジャンプ』22・23合併号(集英社)のセンターグラビアに登場。初の同誌ソログラビアで、凛々しさと人懐っこさのギャップのある表情や、スラリと伸びたまぶしい美脚を披露した。【別カット】じっとカメラを見つめる乃木坂46・若月佑美 同号は若月のほか、表紙&巻頭グラビアに西野七瀬(22)、巻末グラビアに与田祐希(16)、そして8ページの特別ミニフォトブックに齋藤飛鳥(18)と、総勢25ページのグラビアすべてに乃木坂46のメンバーが登場。至高の美少女カルテットが、誌面を華やかに彩った。 若月は、赤い花柄のドレスで可憐な乙女の一面や、カメラをじっと見つめる優しい表情、Tシャツの裾をまくり上げてウエストをチラリとのぞかせたドキッとするカットなど、さまざまの魅力を表現。美脚を大胆に見せたショートパンツ姿や、花を顔に近づけて少女らしい顔など、22歳の等身大の美しさが凝縮されている。 同号の巻頭カラー漫画は、石田スイ氏の『東京喰種:re』。原泰久氏の『キングダム』、ふなつかずき氏の『妖怪少女 -モンスガ-』、大竹利朋氏の『もぐささんは食欲と闘う』の3作品にはカラー扉ページ付き。

ORICON NEWS
乃木坂・高山一実、FUJIWARA原西伝授のギャグ全力披露「シカク、サンカク、リンカク~♪」

乃木坂・高山一実、FUJIWARA原西伝授のギャグ全力披露「シカク、サンカク、リンカク~♪」

 アイドルグループ・乃木坂46の高山一実、中田花奈、樋口日奈が27日、都内で行われた映画『ローグワン・/スター・ウォーズ・ストーリー』のMovieNEX発売記念イベントに出席。お笑いコンビ・FUJIWARAも駆けつけ、メンバーにギャグを伝授した。【全身ショット】乃木坂46中田花奈&樋口日奈も登場したイベント 原西孝幸から直接レクチャーを受けた高山は「シカク、サンカク、リンカク~♪」と全力でポーズもしっかり決めて笑いを誘う。原西から「教えてもやってくれない人が多い。証拠としてライブでやってほしい」と呼びかけられると、「もう少し修行してから!」と笑顔で約束した。 また、乃木坂メンバーが今後、バラエティーでも活躍するコツを聞かれた藤本敏史は「収録終盤でも笑顔で周りを癒やす。おっさんは若い子が笑ってるだけでテンションがあがるからね。テレビに映らなくてもスタッフさんは見てくれてるから」と、現場の立ち回り方をアドバイスしていた。

ORICON NEWS
白石麻衣、大ヒット写真集が1位返り咲き 驚異的なロングセールスに

白石麻衣、大ヒット写真集が1位返り咲き 驚異的なロングセールスに

 人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(24)の写真集『パスポート』(2月7日発売・講談社)が、週間5252部を売り上げ、5/1付オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得。累積売り上げで18.7万部に達した。【写真集カット】白石麻衣、“裸にオーバーオール”の衝撃ショット解禁 同作は発売から約2ヶ月半が経過し、その間に多数の写真集が発売されている状況において、1位に返り咲くという驚異的なロングセラーを記録。今月17日の日本テレビ系『深イイ話』で密着VTRが放送され、28日発売の『anan』の「美脚・美尻」特集号の表紙を飾るなど、白石の幅広い活躍によって息の長いセールスとなっている。 講談社の販売担当者も「タレント写真集のセールスは大体最初の1ヶ月で落ちつくのですが、白石さんの写真集は発売から約3ヶ月経っても勢いが止まりません。若い女性を中心に、一般支持層を獲得しているのがロングセラーにつながっている理由だと思います」と異例のロングヒットの秘密を探っている。 初週で10.4万部を売り上げ、2008年のオリコン週間“本”ランキングの集計開始以来、女性ソロ写真集(※)では歴代最高の週間売上を記録する爆発的なロケットスタートを記録(※フォトブック、フォトエッセイを含む)。現在までに累計発行部数は20万部を突破し、さらなるヒットも期待される。

ORICON NEWS
松本潤と有村架純がお風呂場で衝撃のキス 映画『ナラタージュ』特報&ビジュアルが解禁

松本潤と有村架純がお風呂場で衝撃のキス 映画『ナラタージュ』特報&ビジュアルが解禁

 人気グループ・嵐の松本潤が主演し、人気作家・島本理生氏の恋愛小説を実写化した映画『ナラタージュ』(10月7日公開)の特報映像とビジュアルが27日、解禁された。松本演じる高校教師の葉山と、有村架純演じるヒロイン・工藤泉の“禁断の恋”が描かれる同作のティザービジュアルでは『一生に一度の恋。わたしには、あなたでした。』のコピーと共に、メガネをかけた葉山とその背中に切なげな表情で寄り添う泉、そして本編からの場面写真として風呂場でびしょ濡れになりながら抱き合う葉山と泉の姿が映し出されている。メガネ姿の松本潤&有村架純が共演 『ナラタージュ』特報 25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本氏が20歳の若さで執筆した狂おしいほど純粋に、許されざる恋に落ちる2人を描いた原作を発売から12年を経て、行定勲監督が映画化。高校時代、学校に馴じめずにいた自分を救ってくれた教師・葉山へと密かな想いを寄せていた泉は彼との再会によってその恋心を蘇らせる。しかし2人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる…。 このほど公開された特報映像では、卒業式の日の誰にも言えない切ない思い出、泉を見つめる葉山の切なげな表情など、互いに芽生えた恋心と複雑な感情が繰り返される切なくも美しい場面、そしてティザービジュアルでも切り出されている、風呂場で泉が葉山の顔を引き寄せ唇を重ねる衝撃のシーンも組み入れられており、一筋縄ではいかない究極の純愛を予感させる仕上がりとなっている。 松本、有村のほかには坂口健太郎、そして瀬戸康史、市川実日子、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地らが出演することも発表され、物語に彩りを加える。

ORICON NEWS
乃木坂46・西野七瀬、メモリアルグラビアは原点回帰 白ワンピから輝く美脚

乃木坂46・西野七瀬、メモリアルグラビアは原点回帰 白ワンピから輝く美脚

 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬(22)が、27日発売の『週刊ヤングジャンプ』22・23合併号の表紙に登場。同誌グラビア登場が10回目となったことにちなみ、初心に帰ってシンプルな撮影に挑み、ピュアでクリーンな等身大の魅力を表現した。【別カット】白ワンピで可憐な西野七瀬 過去の掲載写真も 同号は表紙の西野のほか、センターグラビアに若月佑美(22)、巻末グラビアに与田祐希(16)、そして8ページの特別ミニフォトブックに齋藤飛鳥(18)と、総勢25ページのグラビアすべてに乃木坂46のメンバーが登場。至高の美少女カルテットが、誌面を華やかに彩った。 表紙&巻頭グラビアの西野は、白いノースリーブのワンピースを着こなした爽やかなコーディネイトや、ショートパンツから美脚をのぞかせた部屋着風リラックスコーデを披露。これまでのグラビア写真も大量に用意し、懐かしいカットとともに西野の成長ぶりを見ることもできる。 同号の巻頭カラー漫画は、石田スイ氏の『東京喰種:re』。原泰久氏の『キングダム』、ふなつかずき氏の『妖怪少女 -モンスガ-』、大竹利朋氏の『もぐささんは食欲と闘う』の3作品にはカラー扉ページ付き。

ORICON NEWS
カテゴリ