人気

新着

柏木由紀、BiSHら“新人”SPY、AKB48劇場で歌って踊る セントチヒロ・チッチ“聖地”に大感激

柏木由紀、BiSHら“新人”SPY、AKB48劇場で歌って踊る セントチヒロ・チッチ“聖地”に大感激

 AKB48の柏木由紀が、BiSH、GANG PARADEのメンバー7人と結成した8人組アイドルグループ「SPY」(エスピーワイ)のデビューシングル「あなたを狙い撃ち▽」(▽=ハート/6月1日発売)収録曲、「大声ダイヤモンド<SPY ver.>」のパフォーマンス動画が29日、YouTubeで公開された。BiSH兼SPYメンバーのセントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコらが東京・秋葉原のAKB48劇場で収録した。【写真】AKB48劇場で撮影したBiSHセントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコら 柏木がプロデュースするSPYは、BiSHらが所属する音楽事務所WACKと柏木ソロプロジェクト企画第3弾として結成した8人組。プロデューサー兼メンバーの柏木をはじめ、WACK所属の総勢34人を対象にした“総選挙”イベント『VOTE!! WACK SELECT 7』上位7人のユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、テラシマユウカ、ハシヤスメ・アツコ、ヤママチミキ、ユメノユア、セントチヒロ・チッチで構成されている。 今回、AKB48がブレイクするきっかけとなった楽曲「大声ダイヤモンド」(2008年)をカバーすることになったきっかけは、昨年11月に7作同時リリースした柏木由紀×WACK所属7グループとのコラボシングル「柏木由紀なりのWACK」で、新曲に加えてWACK7グループの代表曲をカバーしたこと。 柏木は「各グループの楽曲をカバーで歌わせていただいたことが、メンバーの一員になれた気がして本当にうれしかったので、今回私がプロデュースするSPYでは、ぜひみなさんにAKB48の楽曲を歌ってもらえたら」と提案。AKB48ファンだったことで知られるセントチヒロ・チッチ(BiSH)が「『大声ダイヤモンド』でAKB48を知ってファンになり、劇場公演もよく観に行っていました」と明かしていたことから、「大声ダイヤモンド」をカバーすることになった。 レコーディング後スタッフが「楽曲としての仕上がりがすばらしく、映像がないのはもったいない」と映像制作を提案。制作する意味のある映像にしたいとして、約10年前にセントチヒロ・チッチが通っていた“聖地”AKB48劇場の全面協力を得て、今月上旬、今回の企画が決定した。 今月19日、劇場の通常営業終了後、SPYメンバーがステージに立った。動画冒頭は「昔、AKBを大好きだった私が、向こう側で観ていた景色、こっち側で初めて観る景色が今ここにあって、すごくとても幸せに思います。めいっぱい愛を込めてやらせていただきます。聴いてください、『大声ダイヤモンド』」というセントチヒロ・チッチの語りから始まる。 “新人”アイドルグループ・SPYが、WACKサウンドに生まれ変わった「大声ダイヤモンド」を熱量あるキレキレダンスで披露する。

ORICON NEWS
佐野岳&島崎遥香の“結婚生活”にABEMAで密着 指輪見せる幸せ2ショットで報告

佐野岳&島崎遥香の“結婚生活”にABEMAで密着 指輪見せる幸せ2ショットで報告

 俳優の佐野岳と島崎遥香が、6月3日スタートのABEMAオリジナル恋愛番組『私たち結婚しました 3』(毎週金曜 後11:00)に出演することが29日、同番組の公式インスタグラムで発表された。【前シリーズ】カメラを忘れて…ガチキスを連発する浅香航大&トリンドル玲奈 同番組は、「もしも、あの芸能人たちが結婚したら…!?」をテーマに、韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された国民的大ヒット番組を日本版にリメイクした「ABEMA」オリジナルの恋愛モキュメンタリー。有名芸能人同士の期間限定の結婚生活に密着し、結婚式や新居の準備、寝室での様子など普段見ることができない、夫婦のリアルな様子を放送する。 この日にインスタグラムにアップされたのは、タキシードとウエディングドレスに身を包みカメラに向かって指輪を見せる幸せそうなツーショット。さらに2人の連名で「突然のご報告となり恐縮ですが、『私たち結婚しました』来る6月3日より、私たちの結婚生活の様子を、ABEMAで放映することが決定致しました」と報告した文章もアップされた。 「未熟な2人ではございますが、私たちらしく結婚生活を楽しんでいけたらと思っております。ぜひ温かい目で見守っていただけますと幸いです。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます」と、本当の結婚報告のように2人の思いがつづられた。

ORICON NEWS
『劇場版 仮面ライダーリバイス』特報解禁 元太&幸実の飛行機がハイジャック 五十嵐3兄妹が禁断の地へ

『劇場版 仮面ライダーリバイス』特報解禁 元太&幸実の飛行機がハイジャック 五十嵐3兄妹が禁断の地へ

 2年ぶりに制作される2大ヒーローの2本立て映画『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』シリーズ最新作『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』(仮・7月22日公開)のWEB特報が解禁となった。【動画】『劇場版 仮面ライダーリバイス』特報 元太&幸実の飛行機がハイジャック 毎週日曜午前9時からテレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーリバイス』は、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイス(声:木村昴)と契約を結ぶことで、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身。人間と悪魔がバディを組んだ“一人で二人”最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描く仮面ライダーの生誕50周年記念作品。 映画では、突如ハイジャック事件が発生。謎の組織によって囚われてしまう乗客。その中には、五十嵐元太と幸実の姿も。謎の組織の目的とは一体。そして、五十嵐一輝、五十嵐大二、五十嵐さくらの五十嵐3きょうだいは、囚われた乗客を奪還するため禁断の地・エリア666(エリアトリプルシックス)へ究極のスカイ・ミッションに挑む。 ハイジャック事件に関するニュースを見ている五十嵐3きょうだいは、言葉を失い驚きと焦りを隠せない表情に。両親、そして乗客が囚われた場所が、かつて人の手によって閉鎖された禁断の地「エリア666」。悪魔の数字「666」を冠するこの場所では何が待ち受けているのか。さらに、ジョージ・狩崎がつぶやいた「やれやれ、困った悪魔だ…」という言葉と共に現れたバイスやカゲロウ、ラブコフではない新たな悪魔の存在も目を引く。テレビシリーズもクライマックスに向けて盛り上がりを見せる夏に、劇場版で描かれる物語には不吉な予感が漂っている。 『暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』では、ドンブラザーズがまさかまさかの“映画に出演”することに。映画の中で、制作される映画は“王道少女漫画”の実写化。「嘘とせりふは違う!」と言うものの、嘘をつくことができない桃井タロウは果たして本当にせりふを言えるのか? そして、人気漫画家を目指していたはずの鬼頭はるかが、いきなり新人女優賞を受賞? 猿原真一や犬塚翼、雉野つよしらほかのお供たちも入り乱れ、映画撮影はどうなる。 6月1日からオンラインで、豪華なアイテムが付いてくるプレミアセットの予約が開始。アイテムは、両作品の変身アイテムと連動した映画限定アイテムで、「仮面ライダーリバイス」ver.と「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ver.の2種から選べる。「仮面ライダーリバイス」ver.は、DXクロコダイルバイスタンプが付き、価格は3150円(発送費などは別)、「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ver.はアバタロウギア 仮面ライダー2022ムービーセットが付き、価格は2300円(発送費などは別)となる。

ORICON NEWS
NMB48新澤菜央、オーディション勝ち抜き『Ray』専属モデルに就任 憧れの吉田朱里を目指す

NMB48新澤菜央、オーディション勝ち抜き『Ray』専属モデルに就任 憧れの吉田朱里を目指す

 NMB48・TeamNのメンバー・新澤菜央が、女性ファッション誌『Ray』(主婦の友社)の専属モデルを務めることが28日、発表された。『48グループ×Ray専属モデルオーディション』で熱き戦いの結果、ポジションを勝ちとった。【写真】NMB48新澤菜央の憧れの先輩… ピンクドレスを着こなす吉田朱里 今回のオーディションは『Ray』誌面との連動企画で、48グループから全23名が参加。予選を前後半に分けて、前半にはSKE48(5名)とSTU48(5名)が参加し、後半にはNMB48から13名が参加した。 『Ray』に封入されているハガキによる投票に加え、ライブ配信&動画アプリ「ミクチャ」で配信審査が行われ、決勝へは9名が選出。その後9名のうち4名が編集部との最終面談に進み、新澤が選出された。 これまでNMB48からは吉田朱里をはじめ卒業生が専属モデルに選ばれ、現在でも女性から絶大な人気を得て活躍している。自信のインスタグラムでも“あざとカワイイ”姿が話題となっている新澤の今後の活躍に注目だ。■新澤菜央コメント(全文)この度Ray専属モデルに就任しました!!! #Ray専属モデルオーディションを最後まで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!! 初めはファンの皆さんのお力を借りることを申し訳 なく思っていたのですが、皆さんが背中を押してくださり本気でオーディションに挑もうと決意することができました!なので応援してくださった皆さんにいいご報告ができ、本当にうれしいです!!私はNMB48に加入する前からファッションが大好きでファッションのこだわりだけはずっと曲げたくないと思っていました。そしてNMB48に加入してから写真を撮られることやファッションで自分を表現することの楽しさを知り、ファッション誌の専属モデルになりたいと強く思うようになりました 。私は吉田朱里さんのアイドルとモデルを両立している姿に憧れてNMB48に入ったので、特にRayモデルへの憧れは人一倍強かったです 。「あざとかわいさ」を武器にどんな人でもファッションを楽しめるということを伝えられる親近感のあるモデルさんになりたいです 。スケジュールの都合で、今回札幌コレクションに出ることができず大変残念ですが、またいつか自信をもってランウェイにも立たせていただけるように自分を磨いていきます 。皆さんに認めていただけるモデルになれるよう精一杯がんばりますので、これからよろしくお願いします。

ORICON NEWS
峯岸みなみ、アラサー役を実感「私もそういう年に…」 AKB48卒業から1年の節目に主演舞台あいさつ

峯岸みなみ、アラサー役を実感「私もそういう年に…」 AKB48卒業から1年の節目に主演舞台あいさつ

 元AKB48で俳優・タレントの峯岸みなみ(29)が28日、都内で行われた主演映画『終わりが始まり』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。【全身ショット】オリエンタルなロングスカート姿で登場した峯岸みなみ 一流企業への就職を夢見て上京してきた柏木大輝(根本正勝)はその夢と裏腹に、夜の世界にどっぷり浸かってしまい、何を夢見ていたかも忘れる日々を送っていた。柏木がスカウトしていたお店で働いていた吉田マイコ(峯岸)は、夜の世界から足を洗い、事務員として働いていた。彼氏ができたとうれしそうにするマイコに、複雑な心境の柏木。夜の世界から抜け出そうとする柏木に近づいてくる視線を送る人物。それは、過去に起こした柏木の落とし前を制裁するものであった。柏木への視線、美人局、過去 それらが次第につながっていく。 撮影は3年前に行われた。当時を振り返った峯岸は「お話をいただいた当時は、あまり忙しくないというか、お仕事がない時期だった…。なんで私に声を掛けてくださったんだろうという驚きとW主演という重みを感じながらうれしかったのを覚えている」と明かす。役どころについては「台本を読んでみたらアラサー女性のゆらぎみたいなものが描かれていた。私も、そういう年になったんだな、しみじみしました」と述懐。 夜の街で働いていた女性役だっただけに「現役アイドル時代の撮影。AKBファンの方は、どう思うんだろうという気持ちにもなったんですけど、公開時期が遅れて卒業後に。逆にいいタイミングで観てもらえるじゃないか」と呼びかけていた。 また、最後のあいさつで峯岸は「個人的なことで言うと、去年の5月28日にAKB48を卒業した。ちょうど1年の、この日にこんなステキな場所に立たせていただいて、スゴくうれしく思っています」と笑顔で節目の日を迎えたことを喜んでいた。 舞台あいさつには、俳優の根本正勝、高崎翔太、中前勇児監督も参加した。

ORICON NEWS
登坂淳一、舞台あいさつで第2子誕生を祝われ感謝「ありがとうございます!」 50歳で2児のパパ

登坂淳一、舞台あいさつで第2子誕生を祝われ感謝「ありがとうございます!」 50歳で2児のパパ

 フリーアナウンサーの登坂淳一(50)が28日、都内で行われた映画『劇場版 おいしい給食 卒業』(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。【集合ショット】市原隼人・土村芳・佐藤大志ら13人集結の豪華舞台あいさつ 登坂は、24日に所属事務所を通じて第2子となる女児が誕生したことを発表。誕生したのは23日で、ブログでは「第二子が、元気に生まれました」とし、愛娘との2ショットをアップ。「女の子です。去年の長女の時と同様、無事出産させてくださったドクターと助産師さん、そして妻に、感謝の気持ちでいっぱいです。年子の姉妹の子育てを楽しく、ポジティブに頑張ります」と決意を新たにしていた。 『おいしい給食』では、給食センターの四方田役を演じている。舞台あいさつでMCから第2子誕生を祝福された登坂は「ありがとうございます! 無事に」とにっこり。まさかの展開に「すみません。恐縮です」と照れ笑いを浮かべていた。 大ヒット御礼舞台あいさつには、市原隼人、土村芳、佐藤大志、勇翔、田村侑久、直江喜一、綾部真弥監督のほか、サプライズで生徒役の山崎玲奈(※崎はたつさき)、細野涼聖、望月咲空、上坂悠斗、芳賀凪冴も参加した 同作は、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と生徒・神野ゴウ(佐藤)が、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを日々繰り広げる、学園グルメコメディー。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子どもたち、大人たちのさまざまな人生模様が、食欲をそそる給食バトルとともに紡がれていくほか、劇中では鯨(クジラ)の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が登場し、ノスタルジックな雰囲気も魅力の一つとなっている。

ORICON NEWS
カテゴリ