人気

新着

吉永小百合・松坂桃李・広瀬すず・西田敏行、“まほろば診療所”キャラポスター

吉永小百合・松坂桃李・広瀬すず・西田敏行、“まほろば診療所”キャラポスター

 映画『いのちの停車場』(5月21日公開)の中心となる“まほろば診療所”メンバーのキャラクターポスターが解禁された。吉永小百合をはじめ、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行らが雨の中で優しい表情を見せている。【写真】個別のキャラクターポスター 本作は――長年、東京の救命救急の現場で働いていたが、とある事件をきっかけに、在宅医療専門医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始めることとなった白石咲和子(吉永)。それまでの“いのちを救う”現場との違いに戸惑いながらも、患者たちそれぞれの願いや、支える家族の思い、患者の心に向き合うことの大切さに気づいていく。咲和子を慕って東京からやって来た医大卒業生の野呂聖二(松坂)、看護師の星野麻世(広瀬)、「まほろば診療所」の院長の仙川徹(西田)たちに支えられながら、いつしか咲和子自身も「いのちの在り方」「生きるという意味」について考えていくストーリー。 解禁されたキャラクターポスターの“降り続く雨”は劇中に登場する患者やその家族たちに訪れる悩みをイメージしており、まほろば診療所が彼らにとって雨空の中で現れた” 晴天”のような、希望に満ちたあたたかい場所であることを表現している。 ポスターにはそれぞれのキャラクターを表したキャッチコピーも添えられており、少し物憂げな表情をした咲和子は「降り続ける雨にも、輝く瞬間がある。」との言葉通り、患者たちの”いのちのかがやき”を最期の瞬間まで見届けようと奔走する彼女の性格が表したもの。 また、「雨のち、希望。」、「雨上がりに、勇気。」の言葉と共に、それぞれ微笑みながら空を見上げる野呂と麻世の表情からは、ふたりがまほろばを通して成長していく様子がうかがえる。お互い悩みを抱えながらも、一生懸命に自分自身や患者たちと向き合おうとする野呂と麻世は、まさに本作の希望を象徴するキャラクターだ。 そして、咲和子、野呂、麻世や個性豊かな患者とその家族たちを、あたたかく大きな心で包み込んできた仙川は、「一緒に、雨宿りしませんか。」といった、今にもその優しい眼差しとともに言葉が聞こえてきそうな、仙川の人となりがにじみ出たコピーとなっている。

ORICON NEWS
広瀬すず、ストレート派?パーマ派? 作品ごとに違った表情見せるショートカットに視線集まる「かわいさの破壊力半端ない」

広瀬すず、ストレート派?パーマ派? 作品ごとに違った表情見せるショートカットに視線集まる「かわいさの破壊力半端ない」

 11日にスタートしたドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)で、櫻井翔とのW主演を務める広瀬すず。初回視聴率11.4%と2桁スタートを切った同作で存在感を見せた広瀬だが、そんな彼女のまた違った表情が見られるのが、現在出演中である3本のCM。全く雰囲気が異なる髪型にも注目したい。【動画】広瀬すず、プライベート感あふれる“初体験”の動画公開に「最高」 地味スウェットでも隠せない美少女感に反響も■広瀬と鈴木福の共演に再生回数300万超え 「最後のキュンが可愛すぎる」 現在公開中の、リクナビNEXTの3本の新CM。その中でも広瀬と鈴木福が共演している「オファーをくれた篇」は、公式YouTubeチャンネルで現在再生回数300万回を超えている。 転職サイトを見ているだけの広瀬に、ある企業(鈴木)から「あなたに興味がある会社です」とオファーが申し込まれる。「私に?」と戸惑う広瀬に対し、「まず、僕を知ってほしくて!」と言いながら恥ずかしがり、逃げてしまう鈴木に「キュン」とする様子が描かれている。 同CMの広瀬はストレートボブで出演。SNSでは、「髪型めっちゃ似合ってる」、「こんな新入社員が来て欲しい」、「最後のキュンが可愛すぎる」などの声が寄せられた。■スウェット姿で餃子をほおばり幸せそうな笑顔に「神可愛い」の声 『ネメシス』の役柄と同様、パーマをかけたボブ姿で撮影されたのが、味の素「ギョーザ」の新CM「いいんじゃない篇」。15日より全国で放送を開始する。先駆けてWEBで公開されると、「可愛すぎる!一緒に食べたい」「パーマかわいさの破壊力半端ない」、「昭和のアイドルに一瞬見えた笑」など、見慣れない髪型に関する声も多かった。 おうちのキッチンで真剣に餃子を焼く広瀬と、母親役の堀内敬子。焼き上がった餃子を家族で食べていると、弟があまりのおいしさに「うちのギョーザ、日本一じゃね…?」と思わずつぶやく。広瀬も一口でパクリと頬張り、たまらないおいしさに「いいんじゃない!」と喜びを隠せず、幸せな表情を見せている。WEB動画では、「ギョーザ」を焼くのが初体験という広瀬の貴重な料理姿も見られる。 撮影後のインタビューでは、「これに関しては私が日本一だ!」と自慢できることを聞かれると、「最近、ドラマの撮影もあって、ベッドに入った瞬間から記憶がほぼ毎日なくて…。『いつベッドに入ったっけ?!』となっていて、『横になった瞬間から寝るまでのスピード』に関しては尋常じゃなく、自分でもびっくりするくらい早いので、ここ数週間は私が日本一なんじゃないかなって思ってます」と、多忙な広瀬ならではのエピソードを語ってくれた。■ゆらゆらしてるだけでキュートな広瀬に反響「可愛くて毎朝の癒し」 12日から第2弾が公開されているのは、AGCの新CM「展開編」。1本撮りで撮影された本作は、リズムに合わせてノリノリで揺れながら、表情がコロコロ変化する広瀬の可愛らしい姿が印象的。ここでの髪型は毛先のみ巻き、また違った印象だ。 若々しくエネルギッシュで、次世代を担っていくイメージから、起用されたという広瀬。この作品については、「コミカルな中でもシュールでクスっと笑ってしまうような、リズムに乗りたくなるような、そんなCMになっていると思いますので、ぜひテレビで見かけたら一緒にやって頂けたらうれしいです」とコメントした。 放映が開始されると、SNSで多くのコメントが見られ、「可愛くて毎朝の癒し」、「テレビでこれだけ流してほしい」「ゆらゆらしてるの可愛すぎるんよ」という声のほか、ヘアスタイルのせいか、「出演してる女の子調べるまで広瀬すずなの気づかなかった」という声もあり、印象の違いが楽しめるCMとなっている。 

ORICON NEWS
柳楽優弥・有村架純・三浦春馬の青春群像劇『映画 太陽の子』8・6公開

柳楽優弥・有村架純・三浦春馬の青春群像劇『映画 太陽の子』8・6公開

 柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で、”日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの等身大の姿を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』が8月6日(金)に全国公開されることが決定。特報映像とティーザービジュアルが解禁された。【動画】『映画 太陽の子』特報映像 『太陽の子』は、そのパイロット版と言うべきテレビドラマが2020年にNHKで放送され、大きな反響を呼んだ。太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基に作られたフィクション作品。 極秘任務に携わる科学者・修を、今年『ターコイズの空の下で』、『HOKUSAI』などで主演を務めた柳楽、修とその弟がほのかな想いを寄せる幼なじみの世津を、『花束みたいな恋をした』などの有村、修の弟で戦地で心に傷を負った軍人・裕之を、『天外者』、『ブレイブ -群青戦記-』に出演した三浦が演じる。ドラマ版とは異なる視点と結末が加わり、物語は完結する。 出演は、柳楽、有村、三浦のほかに、田中裕子、國村隼、イッセー尾形、山本晋也らが脇を固める。監督・脚本は、連続テレビ小説『ひよっこ』、放送中の大河ドラマ『青天を衝け』を担当している黒崎博。音楽はアカデミー賞5部門ノミネートの『愛を読むひと』(2009年)のニコ・ミューリー、サウンドデザインに同賞8部門ノミネート、主題歌賞を受賞した『アリー/スター誕生』(18年)のマット・ヴォウレスと、ハリウッド最高峰のステージで活躍するスタッフが参加。 さらに、『アルマゲドン』(1998年)、『ジョン・ウィック チャプター2』(17年)で知られる名バイプレーヤーのピーター・ストーメアがアインシュタインの声で出演。10年以上の年月をかけ構想し、日米のスタッフ、キャストによって実現した日米合作。 このたび解禁された特報映像では、修、世津、裕之、それぞれの表情からキャラクターがのぞくシーンが切り取られている。単純に“未知の世界”へのあくなき探求心で研究者として純粋に実験に没頭しながらも、国の運命を左右する極秘任務に向き合い苦悩の表情を浮かべる修、兄弟2人を包み込むような笑顔を見せる一方、「戦争が終わったら仕事する、二人は考えないの?」と力強く話し、誰よりも未来を考えている世津、「俺だけ死なんわけにはいかん」と兵士であることへの葛藤に涙を見せる裕之。三者三様の思いを抱えながらも、「いっぱい未来の話、しよう」と、固く手をつなぎあうとき、彼らが見つめている先にあるものとは…。 併せて解禁されたティーザービジュアルは、青空・海・白い砂浜の3拍子が揃い、未来を見据えて歩みを進める姿が、まさに“青春グラフィティ”を描き出すひとコマ。夏の海で3人が未来を信じ、どのように過ごしたのか、想像が膨らむ1枚だ。

ORICON NEWS
堀未央奈は「変化する」 秋元康氏の写真集帯コメント&4種類の裏表紙カット公開

堀未央奈は「変化する」 秋元康氏の写真集帯コメント&4種類の裏表紙カット公開

 人気アイドルグループ・乃木坂46から卒業した堀未央奈(24)の卒業記念フォトブック『いつのまにか』(20日発売・主婦と生活社)から、プロデューサーの秋元康氏が帯に寄せたコメントと、全4種類の裏表紙カットが公開された。【写真】捲くりあげたニットから美肌がチラリ…色気あふれる堀未央奈 秋元氏は「堀未央奈は変化する。目の前の彼女が、イメージの中の彼女を容易く、追い越して行く。そして、誰もその“いつのまにか”のマジックから目が離せなくなる」と堀のマジックのような魅力を伝えた。なお、帯カラーは堀が一番好きな色の「くすみブルー」が採用された。 裏表紙は、通常版、紀伊国屋書店版、セブンネット版、楽天ブックス版の4パターンが一挙公開。どの写真も表紙とは異なる魅力が表現されている。 本作は堀が約4年半レギュラーモデルを務める女性誌『ar』チームとのタッグで、今の堀の持つ表現力や感性を余すところなく発揮。衣装やヘアメイク、小道具にまでこだわりぬいた撮りおろし写真パートに加え、実の姉との対談など濃密な読み物ページにいたるまで、これを読めば今の堀未央奈のすべてが分かる内容となる。 詳しい内容について、本作公式ツイッターとインスタグラムともに【@miona_photobook】にて随時発信していく。

ORICON NEWS
成田凌主演『くれなずめ』×ウルフルズ「ゾウはネズミ色」、コラボMV

成田凌主演『くれなずめ』×ウルフルズ「ゾウはネズミ色」、コラボMV

 ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が成田凌を主演に描く映画『くれなずめ』(29日公開)。このたび、本作の主題歌であるウルフルズ「ゾウはネズミ色」とコラボレーションしたミュージックビデオ(MV)が完成。そのMVのサビ部分で構成されたティザーバージョンがWEBで公開された。【動画】ウルフルズ「ゾウはネズミ色」MUSIC VIDEO -short version- 松居監督が、ウルフルズのことが大好きだった友だちとの実体験をもとに描いた作品。友だちへの手紙のような作品だからこそ、松居からのたってのリクエストをウルフルズが快諾して主題歌「ゾウはネズミ色」が書き下ろされた。劇中で6人が赤フン姿でダンスを披露するウルフルズの名曲「それが答えだ!」のアンサーソングを意識して作られた楽曲。 なお、楽曲は配信シングルとして映画公開に先駆けて今月28日に各配信サイトで配信を開始する。映画を観終えた後にMVを観ると、もう一度泣けてしまうような何度でもかみ締められる味わい深い仕上がりとなっている。 本作の物語は――高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、5年ぶりに友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をやるべく集まった。めちゃくちゃ恥ずかしいダンスをやりきった披露宴と、二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」そう、僕たちは認めなかった。ある日突然、友人が死んだことを。 成田のほか、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾などが出演する。

ORICON NEWS
指原莉乃プロデュースの≠ME、デビューアルバム『超特急 ≠ME行き』1位【オリコンランキング】

指原莉乃プロデュースの≠ME、デビューアルバム『超特急 ≠ME行き』1位【オリコンランキング】

 指原莉乃プロデュースの=LOVE(イコールラブ)の姉妹グループ・≠ME(ノットイコールミー)のデビューアルバム『超特急 ≠ME行き』が、初週2.8万枚を売り上げ、4月13日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得した。【動画】アルバムリード曲…キラキラまばゆい王道アイドルソング「秘密インシデント」MV 本作は、リード曲「秘密インシデント」をはじめ、≠MEがこれまで披露してきた楽曲や、配信限定リリースとなっていた「≠ME」「空白の花」など全9曲を収録している。 同グループリーダーの蟹沢萌子は、メジャーデビュー時のORICON NEWSの取材で「今はまだまだ未熟なひよっこかもしれないけれど、数年後、自分たちの目指す場所にファンのみなさんを連れて行けるように、それまでに≠MEの輪をどんどん大きくして、たくさんの愛であふれたグループにしていけるように頑張ります!」と意気込みを語っている。<オリコン調べ(4/19付:集計期間:4月5日~4月11日)>

ORICON NEWS
カテゴリ