人気

二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

 木村拓哉(45)と嵐・二宮和也(35)が20日、都内で開催された映画『検察側の罪人』(24日公開)の「夏の納涼試写会」に出席し、上映前に見どころなどを語った。映画やドラマで共演するのは、本作が初めてだった木村と二宮。2人とも検事役で、お互い“信頼”し合っていたが、やがて対決することになるストーリーだが、二宮は木村との共演を「楽しさしかなかった」と、振り返った。【写真】浴衣姿の観客と笑顔の木村拓哉&二宮和也 昨年の夏、猛暑の中で撮影していたという本作。二宮が「殺人事件の現場検証のシーンは、ブルーシートで覆われてためメチャクチャ暑かったです」と、思い出すだけでも暑そうな顔になると、木村も大きくうなずいて、「見ていただく前に言うのも何なんですが、あまりにも暑かったので、無理だなと思って、僕は速攻でジャケットを脱ぎます。現場慣れしているベテラン検察官ならそれもアリなんじゃないかな、と思って。本番でやってみたら監督からもOKが出て。その後、ニノが『ズッリ~』とずっと言ってたんですよ」と、笑い話に。二宮は「だって、その後のシーンはずっと、ジャケットなしで撮影できたんですよ」と、口を尖らせていた。 そんな機転の効く木村の芝居に、終始、刺激を受けていたという二宮。そもそもメガホンをとった原田眞人監督は、俳優たちに「何かやってくれる?」と丸投げすることがよくあるそう。同映画のテレビCMや予告編でも印象的に使われている、被疑者の松倉(酒向芳)が取り調べ中に口を「パッ」と鳴らすクセも監督からの無茶振り。この日、サプライズゲストとして登壇した酒向本人が明かしていた。 「(被疑者・弓岡役の)大倉孝二さんも、『撮影の2日前に50メートルくらいあるエスカレーターに乗っているシーンをワンカットで撮るから、頼むね』と言われたらしくて、頭を抱えていました」と、木村。二宮は「木村くんも、監督からここもうちょっと、何か動きがほしいんだけど、何かある?って言われて、やっていました。そういうシーンがけっこうあります。信頼しているからこそ、そういう(無茶振りも)言えるんだと思います」と、話していた。 さらに二宮は木村との共演を「初めて聞いたときは、衝撃でした。僕の知っている木村拓哉ですか?と聞き返したくらい。その次に原田監督が撮ってくれるという衝撃があって、喜びはその後だった」と振り返り、「プロ野球選手に一緒に混じってプレーしている感じだった」と例えた。「自分もちょっとうまくなった気になるというか。どんな珠を投げてもどこに打っても拾ってくれるし取ってくれるので、何をやってもうまくできちゃうんです。楽しさしかないでしょう」と話していた。

ORICON NEWS
AAA、『a-nation』大阪初日で圧巻大トリ 新曲「DEJAVU」披露で会場熱狂

AAA、『a-nation』大阪初日で圧巻大トリ 新曲「DEJAVU」披露で会場熱狂

 ダンス&ボーカルグループAAAが18日、ヤンマースタジアム長居で開催された音楽フェス『a-nation 2018』の大阪公演に出演。昨年に続き、2度目のヘッドライナーを努めた。【ライブ写真】圧巻のパフォーマンスを見せたAAA AAAの出番を待ち望んでいた会場は、メンバー紹介の映像が流れると沸き上がり大歓声。そんな中、ステージから炎が上がり、AAAが登場。せりあがる舞台に並んだ姿は会場の熱を一気に高め、新曲「DEJAVU」を披露。続いて「No Way Back」では、メンバーのアクション一つひとつに歓声が上がる盛り上がりを見せた。 「NEW」ではステージを所狭しと駆け巡り、「LIFE」、「GAME OVER?」では、トロッコに乗ったメンバーが左右に分かれてスタジアム全体を巡り、オーディエンスは熱狂。浦田直也の「騒げ大阪!」の声に会場はさらに沸き立つ。 パフォーマンスと同様、おなじみのMCでも盛り上がった。自身のライブでは、いつも暴走気味!?のメンバートークも、この日は生配信のためセーブしていた模様。それでも会場のオーディエンスからは、大きな笑いが起こっていた。 最後は「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」を披露。会場一体となってタオルを振り回し、花火とともにステージを締めくくった。 AAAは、29日にアルバム『COLOR A LIFE』をリリース。9月1日からは同アルバムを引っさげた2年連続の4大ドームツアー『AAA DOME TOUR 2018 COLOR A LIFE』をスタートさせる。

ORICON NEWS
嵐・相葉雅紀、鼻の頭に泡が…キュートな新CM完成「めちゃくちゃイイ匂いでした!」

嵐・相葉雅紀、鼻の頭に泡が…キュートな新CM完成「めちゃくちゃイイ匂いでした!」

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が、21日より放送される『ソフティモ ナチュサボン セレクト』新CM『緑の丘の泡工房』篇に出演。新CMでは丸ぶちメガネにサスペンダーと、まるで植物の研究者のような相葉の、鼻の頭にちょこんと泡の粒をつけた茶目っ気ある優しい表情がみどころとなる。【写真】白衣姿の相葉とビションフリーゼ・三毛猫の3ショット 鼻歌を口ずさみながら小花やハーブを一つひとつ丁寧に摘み取る相葉が、ボタニカルの恵みが詰まった真っ白な泡を「できました!」と満足げに作り上げる。撮影後には「“やさしさ”とか“愛情”とか、使ってくれる人が“しっとりするように”とか、いろんなものを詰め込みました!」と感想を語った。 泡を作るシーンの撮影では、大きな木べらを使ってゆっくりと泡をかき混ぜる役目を担った相葉。カメラチェックのためにスタッフが何度かチャレンジするものの、なかなか撮影映えする形にはならず、少々不安を残すなかでも本番。レクチャーを受けた相葉はスイーツのような泡を慣れた手付きで完成させ、監督からは「泡職人!」と感心する声がかかった。 最後の鼻の頭に泡を乗せたカットが印象的な同CMだが、相葉は「鼻(のてっぺん)に泡がついてたら気付くでしょ」と言っていたものの、泡に顔を近づけて香りを楽しむシーンでは鼻に泡の粒が…。惜しくもこのシーンはNGになってしまったものの相葉は「めちゃくちゃイイ匂いでした!」と楽しそうに明かしていた。

ORICON NEWS
AAA、『non-no』創刊47年で史上初の男女グループ表紙に

AAA、『non-no』創刊47年で史上初の男女グループ表紙に

 ダンス&ボーカルグループAAAが、20日発売の女性ファッション誌『non-no』10月号(集英社)の表紙に初登場。男女グループによる同誌の表紙は1971年の創刊以来、47年の歴史で初めてとなる。【誌面カット】AAAのクールなビジュアル 表紙のほか誌面でも12ページの特集が掲載され、この秋のトレンドアイテムをまとったメンバー全員のクールなビジュアルや、ファッションから恋愛まで合計186ものQ&Aなど読み応えたっぷり。さらに、通常版と増刊では写真が異なるスペシャル仕様となっている。 撮影を終えた西島隆弘は「アルバムの『COLOR A LIFE』(29日発売)にちなんだスタイリングや演出をしていただいて、とても楽しく撮影することができました」、日高光啓も「こういうのを撮ろうというのがはっきりしていたので、とてもやりやすかったです」と手応え十分。 同誌公式サイト【https://nonno.hpplus.jp/】では、クールな表情あり、メンバー同士の仲睦まじいシーンあり撮影の舞台裏の模様を収めた動画を公開。10月号のメインテーマ「今から永遠愛せる秋服」にちなんで、「永遠に愛せるもの」を聞かれた宇野実彩子は「今は…ソイラテが永遠愛せます(笑)!」、浦田直也は「帽子とサングラス! これがないと外に出られません!」と答えている。 同号では新川優愛・新木優子・鈴木友菜・西野七瀬(乃木坂46)・馬場ふみか・渡邉理佐(欅坂46)らノンノモデル陣による最新ファッション&トレンド紹介のほか、俳優の吉沢亮などが登場する。

ORICON NEWS

新着

橘ケンチ、北方謙三氏から小説執筆の勧め「EXILEの暴露本でも出そうかな?」

橘ケンチ、北方謙三氏から小説執筆の勧め「EXILEの暴露本でも出そうかな?」

 作家・北方謙三氏とEXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが20日、都内で行われた、歴史大河小説『チンギス紀』刊行記念トークライブ「文学と音楽の地平線」に出席。橘は、北方氏から小説執筆を勧められたり、本の魅力を観客約300人にアピールした。【写真】北方謙三氏から小説執筆を勧められる橘ケンチ この日は、5月に刊行されたモンゴル帝国の礎を築いたチンギス・カンの生涯を描いた物語『チンギス紀』と、累計発行部数1100万部を突破した『大水滸伝』シリーズの制作秘話などを、読書家の橘が北方氏に色々と質問する形でトークが展開された。 橘の父親が北方氏の大ファンだそうで、それを聞いた北方氏は「そういう方々のおかげで、私の生活が成り立つ」と感謝した。 和やかな雰囲気の中、突然、橘は思い出したかのように「ひとつだけ先生に謝ることがありまして…」と話し切り出し「イベント前に先生の作品紹介の映像が流れていたのですが、その後にEXILEのミュージックビデオが流れて。それがフル尺で4分半くらい流れて申し訳ない」と、北方氏の映像より目立ってしまったことを申し訳なさそうに言うと、北方は観客の多くが女性であることから「観客が自分の映像と橘さんの映像を観る時の眼差しの熱さ、温度差」と自虐ネタでフォローした。 アーティスト活動のほかブログ「たちばな書店」で自身が読んだ本について定期的に紹介している橘は「本に救われたところがあって、本の持つ力を伝えて行きたいなと思って始めた」ときっかけを明かし「言ったらもうやめられない。『一生、本と付き合っていくんだ』という自分への挑戦でもあるんです」と告白。 それを聞いて北方氏は「85歳まで書店の店主で居てもらって、そこから小説を書く!」と提案すると、橘は「内容は何にしようかな~? EXILEの暴露本でも出そうかな」と、笑わせた。

ORICON NEWS
二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

二宮和也が思わず「ズルい」と声を上げた木村拓哉のアドリブ力

 木村拓哉(45)と嵐・二宮和也(35)が20日、都内で開催された映画『検察側の罪人』(24日公開)の「夏の納涼試写会」に出席し、上映前に見どころなどを語った。映画やドラマで共演するのは、本作が初めてだった木村と二宮。2人とも検事役で、お互い“信頼”し合っていたが、やがて対決することになるストーリーだが、二宮は木村との共演を「楽しさしかなかった」と、振り返った。【写真】浴衣姿の観客と笑顔の木村拓哉&二宮和也 昨年の夏、猛暑の中で撮影していたという本作。二宮が「殺人事件の現場検証のシーンは、ブルーシートで覆われてためメチャクチャ暑かったです」と、思い出すだけでも暑そうな顔になると、木村も大きくうなずいて、「見ていただく前に言うのも何なんですが、あまりにも暑かったので、無理だなと思って、僕は速攻でジャケットを脱ぎます。現場慣れしているベテラン検察官ならそれもアリなんじゃないかな、と思って。本番でやってみたら監督からもOKが出て。その後、ニノが『ズッリ~』とずっと言ってたんですよ」と、笑い話に。二宮は「だって、その後のシーンはずっと、ジャケットなしで撮影できたんですよ」と、口を尖らせていた。 そんな機転の効く木村の芝居に、終始、刺激を受けていたという二宮。そもそもメガホンをとった原田眞人監督は、俳優たちに「何かやってくれる?」と丸投げすることがよくあるそう。同映画のテレビCMや予告編でも印象的に使われている、被疑者の松倉(酒向芳)が取り調べ中に口を「パッ」と鳴らすクセも監督からの無茶振り。この日、サプライズゲストとして登壇した酒向本人が明かしていた。 「(被疑者・弓岡役の)大倉孝二さんも、『撮影の2日前に50メートルくらいあるエスカレーターに乗っているシーンをワンカットで撮るから、頼むね』と言われたらしくて、頭を抱えていました」と、木村。二宮は「木村くんも、監督からここもうちょっと、何か動きがほしいんだけど、何かある?って言われて、やっていました。そういうシーンがけっこうあります。信頼しているからこそ、そういう(無茶振りも)言えるんだと思います」と、話していた。 さらに二宮は木村との共演を「初めて聞いたときは、衝撃でした。僕の知っている木村拓哉ですか?と聞き返したくらい。その次に原田監督が撮ってくれるという衝撃があって、喜びはその後だった」と振り返り、「プロ野球選手に一緒に混じってプレーしている感じだった」と例えた。「自分もちょっとうまくなった気になるというか。どんな珠を投げてもどこに打っても拾ってくれるし取ってくれるので、何をやってもうまくできちゃうんです。楽しさしかないでしょう」と話していた。

ORICON NEWS
AAA、『a-nation』大阪初日で圧巻大トリ 新曲「DEJAVU」披露で会場熱狂

AAA、『a-nation』大阪初日で圧巻大トリ 新曲「DEJAVU」披露で会場熱狂

 ダンス&ボーカルグループAAAが18日、ヤンマースタジアム長居で開催された音楽フェス『a-nation 2018』の大阪公演に出演。昨年に続き、2度目のヘッドライナーを努めた。【ライブ写真】圧巻のパフォーマンスを見せたAAA AAAの出番を待ち望んでいた会場は、メンバー紹介の映像が流れると沸き上がり大歓声。そんな中、ステージから炎が上がり、AAAが登場。せりあがる舞台に並んだ姿は会場の熱を一気に高め、新曲「DEJAVU」を披露。続いて「No Way Back」では、メンバーのアクション一つひとつに歓声が上がる盛り上がりを見せた。 「NEW」ではステージを所狭しと駆け巡り、「LIFE」、「GAME OVER?」では、トロッコに乗ったメンバーが左右に分かれてスタジアム全体を巡り、オーディエンスは熱狂。浦田直也の「騒げ大阪!」の声に会場はさらに沸き立つ。 パフォーマンスと同様、おなじみのMCでも盛り上がった。自身のライブでは、いつも暴走気味!?のメンバートークも、この日は生配信のためセーブしていた模様。それでも会場のオーディエンスからは、大きな笑いが起こっていた。 最後は「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」を披露。会場一体となってタオルを振り回し、花火とともにステージを締めくくった。 AAAは、29日にアルバム『COLOR A LIFE』をリリース。9月1日からは同アルバムを引っさげた2年連続の4大ドームツアー『AAA DOME TOUR 2018 COLOR A LIFE』をスタートさせる。

ORICON NEWS
新人・岡田健史、有村架純の相手役でデビュー「あたたかく見守って」

新人・岡田健史、有村架純の相手役でデビュー「あたたかく見守って」

 女優の有村架純が主演する10月スタートのTBS系連続ドラマ『中学聖日記』(毎週火曜 後10:00)で、有村演じる中学校教師の末永聖の相手役に演技経験なし、今回が芸能界デビューとなる俳優・岡田健史(おかだ・けんし)が抜てきされたことがわかった。九州の道端で5年間スカウトされ続けたという期待の新星は、1年がかりのオーディションを勝ち抜き、見事に大役をつかんだ。【全身ショット】有村架純の恋人役を演じる町田啓太 同ドラマは、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の漫画家・かわかみじゅんこ氏による原作漫画をもとに、片田舎の中学校で自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田)に心惹かれていく聖の“禁断の恋”を、はかなくも美しく描くヒューマンラブストーリー。 岡田演じる中学3年生の晶は、担任教師である聖に初めての恋をし、婚約者がいることを知りながらも自分の気持ちをストレートにぶつけていく、ピュアで世間知らずな不思議な魅力を持った少年。オーディションを経て、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなかない魅力があった」という理由で岡田が選出された。 新井順子プロデューサーは「演技は未経験ではありますが、みんなで彼を晶にしていこう、彼にかけてみようと思い、今回選ばせていただきました。撮影はすでに始まっていますが、岡田くんの存在感は独特に光るものがあり、魅力的な晶くんがお届けできると確信しています」と自信を込める。 演技未経験の岡田は晶役が決まった翌日から毎日のようにレッスンをしており、演出・塚原あゆ子氏からもマンツーマンで演技指導を受ける日々。全力投球の初演技が、ドラマを通して役とともに成長していく姿もみどころとなりそうだ。 岡田は「クランクインして1ヶ月が経ちましたが、毎日初めてのことがたくさんあります。監督にも細かく丁寧に演技について教えていただき、楽しくやりがいのある日々です。演技をするのが初めてで自分の中に引き出しがまったくなく、自分が今まで経験したことがないことを演技で表現するのが難しいなと感じているので、これから克服していけたらと思います」と意気込む。 そして、「今回の役に僕を選んでくださった方々へ感謝の気持ちを持って、その期待に少しでも応えられるように、どんなことにも取り組んで誠心誠意この作品と向き合っていきたいと思います。今までの生活とは全く違う世界で、「ここってどうしたらいいんだろう」と考える時間も増えてきた中で、自分なりに一生懸命取り組んでいますので、あたたかく見守っていただけたらと思います!」と呼びかけている。 共演シーンの多い有村は岡田について「初めてお会いした時に目がすごくすてきで、私のことを真っ直ぐ見てくださったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのがにじみ出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」と好印象を抱く。 岡田も「主演の有村さんは、僕が演技で悩んでいるときに一緒に考えてくださったり、いつも安心させてくださるとてもすてきな方だと思います」と信頼を寄せている。

ORICON NEWS
嵐・相葉雅紀、鼻の頭に泡が…キュートな新CM完成「めちゃくちゃイイ匂いでした!」

嵐・相葉雅紀、鼻の頭に泡が…キュートな新CM完成「めちゃくちゃイイ匂いでした!」

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が、21日より放送される『ソフティモ ナチュサボン セレクト』新CM『緑の丘の泡工房』篇に出演。新CMでは丸ぶちメガネにサスペンダーと、まるで植物の研究者のような相葉の、鼻の頭にちょこんと泡の粒をつけた茶目っ気ある優しい表情がみどころとなる。【写真】白衣姿の相葉とビションフリーゼ・三毛猫の3ショット 鼻歌を口ずさみながら小花やハーブを一つひとつ丁寧に摘み取る相葉が、ボタニカルの恵みが詰まった真っ白な泡を「できました!」と満足げに作り上げる。撮影後には「“やさしさ”とか“愛情”とか、使ってくれる人が“しっとりするように”とか、いろんなものを詰め込みました!」と感想を語った。 泡を作るシーンの撮影では、大きな木べらを使ってゆっくりと泡をかき混ぜる役目を担った相葉。カメラチェックのためにスタッフが何度かチャレンジするものの、なかなか撮影映えする形にはならず、少々不安を残すなかでも本番。レクチャーを受けた相葉はスイーツのような泡を慣れた手付きで完成させ、監督からは「泡職人!」と感心する声がかかった。 最後の鼻の頭に泡を乗せたカットが印象的な同CMだが、相葉は「鼻(のてっぺん)に泡がついてたら気付くでしょ」と言っていたものの、泡に顔を近づけて香りを楽しむシーンでは鼻に泡の粒が…。惜しくもこのシーンはNGになってしまったものの相葉は「めちゃくちゃイイ匂いでした!」と楽しそうに明かしていた。

ORICON NEWS
THE RAMPAGE、初ホールツアーで47都道府県制覇「EXILEさんの魂を継承したい」

THE RAMPAGE、初ホールツアーで47都道府県制覇「EXILEさんの魂を継承したい」

 16人組ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが17日、大阪・グランキューブ大阪で自身初となる47都道府県ホールツアー『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”』のファイナルを迎えた。昨年12月から約9ヶ月かけて全国制覇を達成し、全58公演で12万人を熱狂させた。【ライブ写真】全58公演で12万人を動員したTHE RAMPAGE 千秋楽は13人のパフォーマーによるダンスパフォーマンスで幕開け。デビュー曲「Lightning」でボーカル3人が登場すると会場はさらにヒートアップし、さまざまなフォーメーションで2700人の観客を魅了した。 中盤ではCOLORの名曲「Lost Moments ~置き忘れた時間~」をボーカル3人でカバー。普段は荒々しいフリが特徴のクランプダンスを得意とするパフォーマー・武知海青が、しなやかなジャズダンスで、ボーカルをサポートした。 ボーカルのRIKUは「先ほど、EXILE ATSUSHIさん作詞作曲の「Lost Moments~」を歌わせていただきました。今回初のツアーを回るにあたり、ボーカル3人だけでも何か表現したいと思い、カバーさせていただきました。海青のジャズダンスと合わせて、THE RAMPAGEの新しい一面を見ていただけたかと思います」と語った。 クライマックスは「Fandango」「Dirty Disco」「HARD HIT」といったシングル曲を披露。「Dirty Disco」のフリのレクチャーや、タオルを回す演出などでファンも一体となって盛り上がった。 アンコールでは9月12日発売の1stアルバム『THE RAMPAGE』のリード楽曲「LA FIESTA」を初披露し、イントロが流れた瞬間、大歓声が響き渡った。リーダーのLIKIYAが振り付けした、手を銃の形にして振り上げる“ガンフィンガー”や、これまでのRAMPAGEにはなかったセクシーなパフォーマンスで魅せた。 ボーカルの川村壱馬は「本編でパフォーマンスした『New Jack Swing』はEXILEさんのカバーでして、このツアーを通しEXILEさんの魂を継承したいというグループ一同の想いを込めて、初日から今日までこの58公演、パフォーマンスしてきました。本当にここまで駆け抜けてこれたのも、EXILEさんをはじめとした先輩方やスタッフさんにサポートしていただいたことや、何より今回ツアーにお越しいただいた12万人の皆さん、来れなかった皆さんも含め、全員のお力添えがあって今日まで駆け抜けてこれたのだと思います。ありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。 ラストナンバーは、今ツアーのキックオフシングルとして昨年11月に発売した「100degrees」。タイトルの持つ意味のとおり「100度」の熱量で最後の最後まで会場を盛り上げ、47都道府県を駆け抜けた初のツアーに幕を下ろした。 ライブ終了後には、初アルバムの収録内容、特典画像が全て公開となり、ライブでも披露した「LA FIESTA」やEXILEのカバー「New Jack Swing」、2曲の新曲を含む全20曲が収められる。

ORICON NEWS
カテゴリ