人気

新着

amazarashi、『NieR』主題歌「アンチノミー」MVを2・3公開へ 先行トレーラー解禁

amazarashi、『NieR』主題歌「アンチノミー」MVを2・3公開へ 先行トレーラー解禁

 青森発のロックバンド・amazarashiのニューシングル『アンチノミー』のミュージックビデオ(MV)が、2月3日に公開されることが27日、発表された。公開に先駆け、トレーラー映像が本日より公開されている。【写真】『NieR:Automata Ver1.1a』の2Bとamazarashiが共演!「アンチノミー」初回盤ジャケット写真 同作は、現在放送中のアニメ『NieR:Automata Ver1.1a』のエンディング曲として書き下ろされた楽曲。そして今回公開されるMV「仮説人形劇アンチノミー」は、『NieR』シリーズのディレクターであるヨコオタロウ氏が企画制作した、『NieR』の物語のスピンオフとなる15分にわたる“人形劇”になっている。amazarashiとヨコオ氏のコラボレーションは、2017年『NieR:Automata』発売時にリリースされたシングル「命にふさわしい」に続いて2回目。 MVの物語の主人公は、異星人に作られた兵器である機械生命体たち。「お父さん」と「お母さん」に言われるがまま、戦い、倒れ、そしてまた新たに作られ、終わらない戦争に身を投じていく。 脚本のモチーフは、同バンドとも縁が深い宮沢賢治の『オツベルと象』。この童話と楽曲「アンチノミー」にインスパイアされたヨコオ氏が、MVのために人形劇の脚本を書き下ろしたという。 登場する「お父さん」と「お母さん」は、ヨコオ氏による人形劇オリジナルのキャラクターとなる。舞台の背景には巨大ディスプレイが設置され、『NieR』らしいデジタルUIと人形の操演を連動させる斬新な演出が実現。ゲーム、舞台、アニメ、小説、マンガなど、広がり続ける『NieR』の世界に新たな表現が誕生した。MVは総尺15分という長編で、楽曲が流れるまでに10分以上の人形劇が上映されるという規格外の仕上がりとなった。 きょう27日より公開された『アンチノミー』の特設サイトには、amazarashi作品のアートワークを手掛けるYKBXにより書き下ろされた、『NieR:Automata Ver1.1a』のイラストを使用したジャケ写が公開されたほか、2月22日に発売される同作の収録内容なども明かされている。■ヨコオタロウ氏コメント「僕は『アンチノミー』は希望の歌だと思っています。『NieR:Automata』は、味方であるアンドロイド側も、敵である機械生命体側も、どちらも彼らを生み出した存在が■■■■■■■■■■■■■■■■■で戦いを続けている物語です。ある種、親がいない世界の喪失感を描いています。その不安感にどうやって向き合えばいいのか、ということが今回の人形劇のテーマとして描かれてるんですけど、そこから秋田さんの希望の光につなげる。人形劇の後に楽曲が続くことで初めて成立するというコンテンツを目指しました」■amazarashi・秋田ひろむ(Vo)コメント「脚本を読み、ゲームのクエストに出てきそうなストーリーでうれしくなりました。機械生命体たちの人形劇ですが、徐々に不穏な空気をまといながら『アンチノミー』へとつながります。糸操り人形がかわいらしくもどこか滑稽で、でも葛藤や恐怖を感じさせる微細な動きと、舞台装置、CGが組み合わさって『NieR:Automata』の世界が再現されています。依頼心と抑圧の狭間で揺れ動く機械生命体がどこまでも人間らしく、これぞ『NieR』だという示唆に富んだストーリーでした。現代を生きる僕たちには身につまされるものがあります。やはり最後のシーンがとても好きです。あまり詳しく言えないですが、『NieR』好きな人は見てほしいです。僕らの曲は飛ばしてでも」■amazarashi『アンチノミー』収録曲01. アンチノミー02. 心層廃棄物03. 海洋生命■ヨコオタロウ氏プロフィール株式会社ブッコロ代表取締役 兼 ゲームディレクター。『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズや『NieR』シリーズのディレクションを担当。同氏が生み出す愛と悲しみと死に彩られた狂気の世界観は、日本にとどまらず世界中のプレーヤーを虜にしている。近年ではスマートフォン向けアプリ『シノアリス』『ニーア リィンカーネーション』や、漫画『君死ニタマフ事ナカレ』や舞台の原作などでも幅広く活躍している。■amazarashiプロフィール青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られ、タイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

ORICON NEWS
藤田ニコル、“超ミニ”スカートで美脚を大胆披露「スタイル神すぎ」「まじで痩せたね」

藤田ニコル、“超ミニ”スカートで美脚を大胆披露「スタイル神すぎ」「まじで痩せたね」

 タレントの藤田ニコル(24)が26日、自身のインスタグラムを更新。“超ミニ”スカートから大胆に生足をのぞかせた“美脚ショット”をアップした。【写真あり】「まじで痩せたね」生足がのぞく“超ミニ”美脚ショット この日、藤田は東京・中央区の「ポケモンセンタートウキョーDX & ポケモンカフェ」に足を運んだようで、ピカチュウなどのキャラクターが描かれた壁をバックにポーズ。ニット系のセットアップ&ブーツ姿で、超ミニのスカートからは見事な脚線美。抜群のスタイルを披露している。 この投稿に、ファンからは「にこるんまじで痩せたね綺麗」「ん?脚細くなった?」「スタイル神すぎ」「オヘソが見えそうなニコルン セクシー」「めちゃくちゃ可愛いです」「にこるんポケモン大好きだもんね~」「次のポケモンの主人公決定」など、さまざまなコメントが寄せられている。

ORICON NEWS
唇の乾燥が気になってる人は要チェック。AAAの宇野ちゃんコスメ「U/CHOO」から、プランパーが登場したよ

唇の乾燥が気になってる人は要チェック。AAAの宇野ちゃんコスメ「U/CHOO」から、プランパーが登場したよ

「AAA(トリプル・エー)」の宇野実彩子さんがプロデュースする、コスメブランド「U/CHOO(ユーチュー)」から、塗った瞬間ぷっくり唇が目指せるプランパーが登場。プランパーユーザーさんはもちろんのこと、唇のカサつきが気になっている方も、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。落ちづらいと話題の「U/CHOO」からプランパーが登場したよ「発色が良くて本当に落ちにくい」「捨て色がなくて使いやすい」と好評を博している、「U/CHOO」のコスメ。現在、アイシャドウやリップティント、目元に使えるグリッターなど、ポイントメイクを中心としたアイテムが展開されています。そんな同ブランドよりこのたびお目見えしたのは、唇をふっくらとした印象に仕上げてくれる、リップ美容液の「PLUMP PLUMPER」(税込1430円)。リップの下地や保湿として使うもよし、グロスとして重ね塗りするもよしのマルチアイテムです。縦ジワもこれでおさらば!? これはまさに冬場の救世主かも高保湿なアボカドオイルが配合されているため、唇を乾燥から守ってしっとりなめらかな状態をキープしてくれるという「PLUMP PLUMPER」。実際にisuta編集部が使用したところ、唇にピタっと密着して1枚膜をおおったような感覚が長時間続きました。これなら、「この時期は暖房やマスクのWパンチで、口元の乾燥が気になる…」という方でも、カサつきや縦ジワを気にせずリップメイクを楽しめそう。また、リッププランパーの使用が初めての方や、刺激が苦手な方でも使いやすいよう、カプサイシン由来成分ではなく、植物由来のプランプ成分が使用されているといいます。ヒリヒリ感はなく、メントールのスーッとする付け心地がとっても気持ちよく感じましたよ。こだわりたっぷりのプランパーは要チェック!宇野ちゃんのこだわりが詰まったプランパーは、これから注目度が高くなりそうな予感。ぜひ試してみてはいかが?U/CHOO「PLUMP PLUMPER」販売ページhttps://uchoobeauty.com/

ISUTA
長友佑都、平愛梨と夫婦で挑戦続けた“愛の物語” 驚異のメンタル術も「批判はガソリン」

長友佑都、平愛梨と夫婦で挑戦続けた“愛の物語” 驚異のメンタル術も「批判はガソリン」

 27日放送のTBS系バラエティー『中居正広の金スマスペシャル』(後8:00)では、サッカー日本代表・長友佑都が登場する。日本史上最年長36歳&最多となる4度のW杯出場という偉業を果たした長友だが、その裏側には年齢の壁があり、とんでもない逆境続きの4年間があった。【番組カット】長友佑都が『金スマ』で語る“愛の物語” 今回は、妻・平愛梨に2時間を超える特別ロングインタビューを敢行。平が『金スマ』だけに初めて語った、夫・長友とのW杯までの過酷な道のり、その裏側には「夫の夢は私の夢」「愛梨がいなければW杯に行けなかった」夫婦で夢に向かい挑戦し続けた愛の物語があった。さらに、明かされる“実は涙していた夜”。長友も知らない、陰で夫を支え続けた妻の物語も語られる。 先日、現役続行を決めた長友だが・・・実はどこよりも早く『金スマ』のカメラに現役続行を語っていた。その決断に至るまでにあった夫婦のドラマを平が明かす。さらに、「常識で考えない」「批判はガソリン」挑戦し続ける男・長友が驚異のメンタル術を披露する。

ORICON NEWS
BE:FIRST、新曲「Boom Boom Back」が2・13配信リリース 新ビジュアル&MVティザー解禁

BE:FIRST、新曲「Boom Boom Back」が2・13配信リリース 新ビジュアル&MVティザー解禁

 7人組ダンス&ボーカルグループBE:FIRSTの新曲「Boom Boom Back」(ブンブンバック)が、2月13日に配信リリースされることが決定した。1月27日にTikTok/インスタグラム先行配信も決まり、楽曲の世界観を象徴する新アーティスト写真も解禁となった。【動画】BE:FIRST新曲「Boom Boom Back」MVティザー 26日に東京・国立代々木競技場第一体育館公演でサプライズ披露された2023年第1弾配信シングル「Boom Boom Back」は、数々の栄誉を手にしてなお、どん欲に、そして誠実にさらなる高みを目指していく決意を歌う。90’sフレイヴァーと、2000年代のティーンズビート、現行のセンスがミックスされたハイブリッドなHIP HOPダンスナンバーとなっている。YouTubeではミュージックビデオのティザーが公開された。 制作は、アメリカを中心にDJ/トラックメイカーとして活躍するGrant Boutin、Luke Shipstadや、韓国/アジアの大型アーティストたちへ活発に楽曲提供しているソングライター・Will Jay、3onawavなどグローバルなチームが手がけた。 音源・振り付けの一部は、今作のコレオグラファーであるKAITA、KAZ the FIREがすでに「#BBBチャレンジ」「#BBBChallenge」と題してTikTok、Instagramに投稿。ダンサー界を中心に「振り付けがかっこいい」との反応が徐々に広がり、「この歌声はもしかしてBE:FIRSTの新曲!?」との声もあがっていた。 BE:FIRSTの公式TikTokでは、早くもSOTA&RYOKIによる「Boom Boom Back」ダンス動画を公開。今後のメンバーの投稿にも注目だ。

ORICON NEWS
ジャングルポケット斉藤、愛馬オマタセちゃん初勝利に号泣「娘だからねぇ」 レース裏側動画に祝福の嵐

ジャングルポケット斉藤、愛馬オマタセちゃん初勝利に号泣「娘だからねぇ」 レース裏側動画に祝福の嵐

 お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二が26日、自身所有の競走馬「オマタセシマシタ」が同日の笠松競馬第3レースで初勝利を挙げたことを受け、公式YouTubeチャンネルで喜びを語った。【動画】ジャンポケ斉藤が号泣… オマタセシマシタ初勝利の裏側全部見せますSP! 動画では、斉藤がモニター越しに、オマタセシマシタをパドックから見守った。レースではスタート直後にややよれたものの、冷静に中団につけ、直線入り口で先頭に並びかけると、半馬身差で競り勝った。デビュー10戦目で初勝利。レース実況も「お待たせしすぎたのかもしれません!」と名調子で盛り上げた。 激しい追い比べを制した愛馬を見届け、斉藤は「やった!勝った、勝った、勝ったー!」と絶叫して号泣。「いやー、すげぇー!」「ありがとう、ありがとう。本当に皆さんありがとう」「涙がとまんねぇ」と喜びにひたった。 「いろんな人がこの馬に携わってくれて…。渡邊竜也騎手も完璧な騎乗をしてくれた」と感謝いっぱいで、「娘(牝馬)だからねぇ」と思いひとしお。笹野博司調教師とは電話をつなぎ、「本当にありがとうございます!ごあいさつしに行かせていただきます」と、次走の現地観戦を誓った。レース後の歩様なども問題ないと聞き、安堵の笑みを浮かべた。 斉藤は、2021年10月に自身のYouTubeチャンネルで競走馬購入を発表。競馬好きで、トリオの名前が名馬「ジャングルポケット」に由来、自身も競馬番組に出演することなどから、ジャングルポケット産駒、母ハロウィーンの2020を購入し、その後「オマタセシマシタ」と命名。昨年6月に門別でデビュー。金沢への移籍を経て、今年1月に笠松に転入した。 地方競馬に貢献できていることにも実感を得ている様子。「恵まれた環境に感謝」としみじみ語り、「単勝、応援馬券を買ってくださった方にやっと貢献できたかな」と感慨にひたった。 ツイッターでは「オマタセシマシタ、ついに待望の初勝利です!門別の田中先生&服部騎手、金沢の加藤先生&吉原騎手、笠松の笹野先生&渡邉騎手…そして、関わってくださった全ての皆様に感謝しています。ゴールの瞬間に湧き上がった拍手は一生の思い出です。これからも応援宜しくお願いします」とつづった。 動画やツイッターには、祝福コメントが続々と寄せられている。

ORICON NEWS
カテゴリ