人気

新着

城田優『カムカム』語りが好評で「一安心」 ミュージカル主演&演出“2刀流”にエブリデイ励む

城田優『カムカム』語りが好評で「一安心」 ミュージカル主演&演出“2刀流”にエブリデイ励む

 俳優・城田優(35)が7日、大阪市内で行われた主演ミュージカル『カーテンズ』の取材会に出席した。【写真】”演出家”への思いを語った城田優 放送中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』での英語を交えた語り(ナレーション)が好評なことを聞かれ、城田は「放送が始まってそんなに時間も経ってないので、(新たに)大きなナレーション(の仕事)が来ましたということではないです」と苦笑い。その上で「たくさんの方に喜んでいただき、友人・知人にもいいねと言っていただけた。不安もあったけど一安心」と胸をなでおろした。 『カーテンズ』は、2007年にブロードウェイで発表され、トニー賞で主要8部門にノミネートされたミステリータッチのミュージカル・コメディー。城田が主演と演出の2刀流を兼ねる。 1959年のボストン・コロニアル劇場で、新作ミュージカル『ロビン・フッド』に向けてトライアウト公演の最中、主演女優のジェシカが舞台上で殺害される事件が発生し、ミュージカルオタクの警部補フランク・チョーフィー(城田)が捜査に当たりながら、舞台の内容に首を突っ込み始める…というストーリー。 櫻坂46のキャプテン・菅井友香、三浦翔平、オーディションで選ばれた中嶋紗希がミュージカルに初挑戦するほか、瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩が共演する。。 台本打ち合わせが終わり、これからキャスト陣が合流。城田は「けいこ場でも役者なのか演出なのか分からない日がエブリデイ続く」と英語を交えて笑いながら、「とにかくたくさんエンターテインメント要素詰まった作品なので、感じて、笑って、豊かな時間を劇場で過ごしてもらえるよう、演出、主演としてこのカンパニーを引っ張っていきたい」と意気込んだ。 来年2月に東京国際フォーラムC、3月に大坂・新歌舞伎座、愛知芸術劇場大ホールでも公演を行う。

ORICON NEWS
演出家・城田優、親友・三浦翔平のミュージカル挑戦に太鼓判「さらに大きな波に乗ってもらえれば」

演出家・城田優、親友・三浦翔平のミュージカル挑戦に太鼓判「さらに大きな波に乗ってもらえれば」

 俳優・城田優(35)が7日、大阪市内で行われた主演ミュージカル『カーテンズ』の取材会に出席した。【写真】”演出家”への思いを語った城田優 人気ブロードウェイミュージカルの日本版で、城田が主演と演出を兼ねる同作。櫻坂46のキャプテン・菅井友香、三浦翔平、オーディションで選ばれた中嶋紗希がミュージカルに初挑戦する。キャスティングにも携わった城田は「チャレンジの一環として、ミュージカルに挑戦したいと熱望していただいた皆さんに参加いただいた」と説明した。 親友・三浦について、城田は「友人の中ではトップクラスに(舞台を)観にきてくれるし、鋭い意見をくれたり、いつかミュージカルに挑戦したいと常々話していたから、きっかけがあればチャンスをあげたいなと思っていた」と明かし、今作のタイミングで「彼がやるにはすてきな役なんじゃないかと提案したところ、本人を含め満場一致で良いねとなった」と振り返った。 三浦からは「俺はミュージカルに関しては何もわからないから、とにかくお前の言うことを聞く」と言われたそうだが、城田は「何日もつかわからない」とにっこり。一方で、三浦が歌やダンスのレッスンに励んでいると明かし、「センスはすごく良いものを持っている。歌声も磨けば光るものがある。この『カーテンズ』の舞台、僕の演出でさらに磨いて、さらに大きな波に乗ってもらえらば」と期待を寄せた。 2007年3月にブロードウェイで開幕し、同年のトニー賞でデビッド・ハイド・ピアーズが主演男優賞を受賞したほか、主要8部門でノミネートされたミステリーテイストのミュージカル・コメディー。1959年のボストン・コロニアル劇場で、新作ミュージカル『ロビン・フッド』に向けてトライアウト公演の最中、主演女優のジェシカが舞台上で殺害される事件が発生し、ミュージカルオタクの警部補フランク・チョーフィー(城田)が捜査に当たりながら、舞台の内容に首を突っ込み始める…。 三浦は看板俳優のボビー役、菅井は新人女優のニキ役で出演。中嶋はバンビ役をオーディションで勝ちとった。ほかに、瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩らが共演する。来年2月に東京国際フォーラムC、3月に大坂・新歌舞伎座、愛知芸術劇場大ホールでも公演を行う。

ORICON NEWS
乃木坂46卒業の生田絵梨花へ7人からメッセージ 山崎育三郎、松尾スズキ、オリラジ藤森、白石麻衣ら

乃木坂46卒業の生田絵梨花へ7人からメッセージ 山崎育三郎、松尾スズキ、オリラジ藤森、白石麻衣ら

 今年いっぱいで乃木坂46を卒業する生田絵梨花(24)の卒業記念メモリアルブック『カノン』(12月14日発売・講談社)に、生田と縁のある7人の関係者がコメントを寄せていることがわかった。【写真】美肌を大胆に…ベッドによこたわる生田絵梨花 生田へのコメントを寄せたのは、山崎育三郎、はいだしょうこ、小池修一郎、松尾スズキ、武部聡志、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、そして乃木坂46卒業生の白石麻衣の7人。舞台関係者・音楽関係者・番組共演者・元メンバーなど、それぞれの視点から生田絵梨花の魅力について語っている。 2011年から同じ乃木坂46の1期生として9年間ともに活動してきた白石麻衣は「いつか、いくちゃんとお仕事で共演したい。というか、普通に会いたいです、ファンなので(ハート)」とラブコールを送っている。 同書では“卒業旅行”と“旅立ちのとき”をテーマに撮り下ろしグラビアや、10年間の活動を振り返るロングインタビュー、過去の秘蔵写真、齋藤飛鳥や秋元真夏らメンバーとの対談、関係者からのメッセージなど、生田の花道を飾る企画が多数掲載される。 乃木坂46の1期生として2011年の結成当初からグループの中心的な役割を果たしてきた生田絵梨花。アイドルとしてだけでなく、ミュージカル女優としての道も開拓してきた彼女の、10年間の活動の軌跡をまとめた集大成的な一冊となっている。 生田は「このメモリアルブックで、乃木坂46で過ごした10年間を一緒に振り返ってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せている。封入特典のポストカードの絵柄は全部で6種類あり、そのうち1枚がランダムで封入される。 なお、通常版カバーに加えてセブンネット限定カバー、楽天ブックス限定カバー、TSUTAYA限定カバーの全4種類が販売。詳細は本書公式ツイッター【@erika_memorial】などで公開中。

ORICON NEWS
城田優、ミュージカル演出家への「挑戦」 俳優経験から日本作品に指摘「お芝居が足りない」

城田優、ミュージカル演出家への「挑戦」 俳優経験から日本作品に指摘「お芝居が足りない」

 俳優・城田優(35)が7日、大阪市内で行われた主演ミュージカル『カーテンズ』の取材会に出席した。【写真】”演出家”への思いを語った城田優 2007年にブロードウェイで発表され、トニー賞で主要8部門にノミネートされたミステリータッチのミュージカル・コメディー。城田が「観たことのないストーリーでおもしろいと思った」と世界観にほれ込み、主人公の警部補フランク・チョーフィー役を演じるほか、自ら演出も手がける。シナリオを本国の許可を得て見直し、衣装や美術、照明など「お客さんの目にうつるものはすべて僕がディレクションしていると思っていただいて結構です」と意気込んだ。 また、城田は「独立して1本目の演出作品となる」と言い、「挑戦」という言葉で今作への思いを伝えた。その上で、日本のミュージカルは「お芝居が足りない」指摘し、海外作品などは「言葉の壁があったとしても、歌、ダンス、お芝居がつながって見えるけれど、日本の作品は歌った瞬間に人格が変わったり、踊りだすとショーアップされて見えてしまう。誰が悪いんじゃなくて、シンプルにお芝居に一番の重きを置いている作り手が少ないんじゃないか」と、経験を踏まえて分析した。 逆に自身の強みを「俳優をやっているということ。やっていた、やっていないとも違う。役者さんの気持ちを第一に考えられると思っています」と表現。演出家としても「何よりもお芝居の部分に時間をかける」と言い、「歌、ダンス、お芝居が分かれないよう、城田は一番注視して見ている。そこら辺が他の演出家さんと違うところかなと思います」と力をこめた。 一方で、「演出としてはまだまだ若輩者なんです」と謙虚な姿勢を崩さず、「自分なりに一生懸命、お客さまが信じられるような演出をしたい」と意気込みをアピール。「派手なナンバーをお見せしますということではなくて、歌、芝居、ダンスの3つの点を線にしていければ」と張り切った。 1959年のボストン・コロニアル劇場で、新作ミュージカル『ロビン・フッド』に向けてトライアウト公演の最中、主演女優のジェシカが舞台上で殺害される事件が発生し、ミュージカルオタクの警部補フランク・チョーフィーが捜査に当たりながら、舞台の内容に首を突っ込み始める…というストーリー。 櫻坂46のキャプテン・菅井友香、三浦翔平、オーディションで選ばれた中嶋紗希がミュージカルに初挑戦するほか、瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩が共演する。来年2月に東京国際フォーラムC、3月に大阪・新歌舞伎座、愛知芸術劇場大ホールで公演を行う。

ORICON NEWS
西野七瀬、女優として初MV出演 Aimer『あな番』主題歌で「すごく光栄」

西野七瀬、女優として初MV出演 Aimer『あな番』主題歌で「すごく光栄」

 女優の西野七瀬が、人気ドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』(12月10日公開)の主題歌、Aimer(エメ)による「ONE AND LAST」のミュージックビデオに出演していることが明らかになった。乃木坂46を卒業以来、女優としてほかのアーティストのミュージックビデオに出演するのは今回が初。「ミュージックビデオの撮影自体が久しぶりだったので、こんな感じだったなと思いながら、懐かしい気持ちになりました」と話している。【動画】公開された「ONE AND LAST」MVのティザー映像 ドラマ版でも主題歌を担当したAimer。今回、映画のために書き下ろした「ONE AND LAST」は、ドラマのオープニング曲「STAND ALONE」の合わせ鏡のような楽曲で、ドラマと“もしもの世界”が描かれた映画の関係性が秘められており、再び“あな番ワールド”へ強い力で引きずり込むような楽曲となっている。 楽曲はすでに公開されている『あなたの番です 劇場版』予告編にも使用されており、本作ピッタリの世界観に「ドラマと同じくAimerでうれしい!」「主題歌めちゃくちゃかっこいい…!」「あな番にAimerは外せない!」と喜ぶファンの声も。 一方、西野は、日本中に考察ブームを巻き起こしたドラマ版の最終回で、連続殺人事件の黒幕だったことが判明した“黒島ちゃん”こと黒島沙和を熱演。あの“交換殺人ゲーム”が始まらなかったら?というもしもの世界を描く劇場版にも同役で出演する。 主題歌について西野は「ドラマと劇場版の2曲がリンクされている所があり、個人的におぉーっとなったポイントです」とコメントしており、今回のMV出演にも、「記念すべき、初めて出るミュージックビデオがAimerさんの曲で、すごく光栄です」と答えている。 Aimerが「ONE AND LAST」と「STAND ALONE」は“合わせ鏡”のような楽曲と説明していたとおり、MVには鏡がモチーフとして登場。また、西野と対の存在となるような同じ白いワンピースを着た少女も現れ、数式が書かれた紙が埋め尽くす部屋など、西野の演じた黒島の深層心理に足を踏み入れたような映像となっている。終盤には、西野が華麗なダンスも披露する場面も。映画への期待感を高めるとともに、別世界の物語としても楽しめるMVとなっている。 現在は、そのティザー映像が公開中。フル解禁は、12月10日に日本テレビ系列金曜ロードショー枠『劇場版公開記念!「あなたの番です」金曜ロードショー完全新撮スペシャル!!』放送終了後の午後11時に、AimerのOfficial YouTubeチャンネルにてプレミア公開される。■西野七瀬のコメント(全文) ミュージックビデオの撮影自体が久しぶりだったので、こんな感じだったなと思いながら、懐かしい気持ちになりました。(他のアーティストの)ミュージックビデオに密かに出たいなと思っていましたので、念願が叶ってうれしいです。記念すべき、初めて出るミュージックビデオがAimerさんの曲ですごく光栄です。 『あな番』の時の黒島ちゃんという役が数式などが得意だったので、そういう要素を今回のミュージックビデオにも詰め込んでいただいています。ドラマに続いて劇場版もAimerさんが引き続き主題歌を歌ってくださるのはすごく光栄だし、この2曲がリンクしている所が、個人的に“おぉー”って思ったポイントです。皆さんも是非、そこを感じてもらえればうれしいなと思います。

ORICON NEWS
EXILE TAKAHIRO、バースデーサプライズに感激「願いが叶いました」

EXILE TAKAHIRO、バースデーサプライズに感激「願いが叶いました」

 14人組グループ・EXILEのボーカルを務めるEXILE TAKAHIRO(36)が6日、都内で行われた『ジョー マローン ロンドン クリスマスツリーお披露目会』に登場した。【動画】サプライズに驚き!笑顔で喜ぶEXILE TAKAHIRO 今月8日にTAKAHIROが誕生日を迎えるため『ジョー マローン ロンドン』からサプライズでバースデープレゼントが用意された。突然のお祝いに「大好きで愛用させていただいているので、めちゃくちゃうれしいです」と笑顔を浮かべ「しかも欲しかったやつ入ってる! 願いが叶いました」と喜びを噛みしめていた。 また、同イベントでは、星くずのように散りばめられた華やかな香りのギフトを表現したクリスマスツリーがお披露目され、点灯式も行われた。 感想を聞かれたTAKAHIROは「こういう点灯式に参加させていただくのは初めてだったのですごく貴重な経験になった」と目を輝かせていた。

ORICON NEWS
カテゴリ