人気

新着

乃木坂46自撮り動画に「国宝級のかわいさ!」絶賛続々 『乃木撮』ツイッターが公開

乃木坂46自撮り動画に「国宝級のかわいさ!」絶賛続々 『乃木撮』ツイッターが公開

 人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバー同士で撮影したオフショット写真集『乃木撮<のぎさつ>VOL.02』(12月17日発売/講談社)の公式ツイッター【@nogisatsu】が投稿した動画が、話題を呼んでいる。【先行カット】生田絵梨花が白石麻衣にチューを迫る…! 動画は乃木坂46メンバーの白石麻衣、生田絵梨花、与田祐希、遠藤さくらの4人がそれぞれ交代で自撮りしたもの。「ビジュアル偏差値No.1グループ」とも呼ばれる乃木坂46メンバーたちの、美しく楽しげな様子が収められた。 各動画にはファンから「待ってました!」「わちゃわちゃ感がたまらない!」「国宝級のかわいさ」「美しさがあふれ出している…!」と絶賛の声が続々と寄せられている。 公式アカウントのフォロワーはすでに30万人を突破し、坂道シリーズ写真集の公式SNSとしては最多フォロワー数を記録。過去にはメンバー同士の「あごのせ動画」企画などで話題を呼んだ同アカウントだけに、ファンから新企画へ期待が寄せられている。 本作はオリコン「写真集ジャンル累積売上記録」歴代1位に輝いた、昨年6月発売の『乃木撮』の第2弾。2017年2月から写真週刊誌『FRIDAY』でスタートした連載をまとめた写真集で、メンバー同士でじゃれあう様子など、普段のグラビアでは見られない一面が満載で好評を集めている。

ORICON NEWS
ソニン、芸能活動19周年ライブでEE JUMP曲久々披露「紆余曲折ありました」

ソニン、芸能活動19周年ライブでEE JUMP曲久々披露「紆余曲折ありました」

 女優・ソニン(36)が18日、東京・丸の内のCOTTON CLUBで芸能活動19周年/20年目突入記念ライブ『SONIM’s 20th ANNIVERSARY COUNTDOWN Luxury moments LIVE』を開催し、2002年に事実上の解散となったEE JUMPの楽曲を含む全12曲を披露。ミュージカルで鳴らすパワフルかつ表現力豊かな歌唱力で観客を魅了した。【ライブ写真】圧巻の歌唱力、ギター演奏も披露したソニン ソニンは2000年10月18日、つんく♂プロデュースのユニット・EE JUMPのメインボーカルとして「LOVE IS ENERGY!」でCDデビュー。02年4月に事実上の解散となり、同年8月に“裸エプロン”のジャケット写真で話題を呼んだ「カレーライスの女」でソロ活動を開始した。女優活動を始めたのは03年1月期ドラマ『高校教師』から。07年にミュージカル初出演し、12年12月から1年半の米ニューヨーク演劇留学を経て14年9月に舞台復帰すると、3年先までミュージカルのスケジュールで埋まる超売れっ子に。波乱万丈の芸能活動19周年を迎え、20年目に突入した。 2回公演のチケットはともに全席完売。バンド生演奏をバックに、芸能界を目指すきっかけとなったというSPEEDの曲「ALIVE」、自身もギターを爪弾きながら持ち歌の「あすなろ銀河」など思い入れの深い楽曲を披露。「いつかライブで歌いたいと思っていた」というレディー・ガガ初主演映画『アリー/スター誕生』の「I'll never love again」は、より歌詞が伝わるようにとソニン本人が和訳を手がけ、ピアノ演奏にも初挑戦した。 1回目公演のアンコールでは「私の持ち歌の中から懐かしの1曲、元気になる1曲をお届けします」と前フリすると、EE JUMPの2ndシングル「Hello!新しい私」(01年1月発売)を披露。「久しぶりに歌いました。アハハ」と楽しそうに笑い、「デビュー19周年の日にファンの皆さんの前で歌えること、本当に本当に感慨深いです」と喜びをかみしめた。 芸能活動19年を振り返り「本当にいろいろ紆余曲折ありました」としみじみ。「でも、すべてが、何一つ欠けても多分、今ここにいる私が成立しないピースだったと思います。すべてのことが、私を唯一無二の存在だと信じさせてくれた道のりでした。支えてくださるファンの皆様がいること、いつも感謝しています。皆さんの存在が私を向くべき道に導いてくださるように感じています」と感謝の想いを伝え、「いつまでもチャレンジを忘れず、昨日の自分をいつも飛び越え、皆さんの期待を上回っていきたいと思います。唯一無二の存在になれるよう、精進してまいります」と宣言し、割れんばかりの拍手喝采を浴びていた。■『SONIM’s 20th ANNIVERSARY COUNTDOWN Luxury moments LIVE』1回目公演01. This Is Me/映画『The Greatest Showman』(英語歌唱)02. ALIVE/SPEED03. あすなろ銀河/ソニン04. ゴッド・ヘルプ/映画『ノートルダムの鐘』(日本語歌唱)05. Speechless/映画『アラジン』(英語歌唱)06. もう許さない/ミュージカル『マリー・アントワネット』(韓国語歌唱)07. 自由か死か/ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』(日本語歌唱)08. I'll never love again/映画『アリー/スター誕生』(日本語歌唱/ソニン和訳)09. If I Ain't Got You/アリシア・キーズ(英語歌唱)10. サザンカ/SEKAI NO OWARI【アンコール】11. Hello!新しい私/EE JUMP12. What I Did for Love/ミュージカル『コーラスライン』(英・日本語混合歌唱)※左から曲名/オリジナルアーティスト・作品名

ORICON NEWS
“2代目磯山さやか”で話題 元AKB48大和田南那の写真集が重版「うれしい」

“2代目磯山さやか”で話題 元AKB48大和田南那の写真集が重版「うれしい」

 AKB48卒業後、バラエティー番組やグラビアなどで活躍中の大和田南那(20)の1st写真集『りすたあと』(ワニブックス)が、9月15日の発売から約1ヶ月で重版が決定。これを記念し、写真集に収録されており、メディア初公開となる写真3点を公開した。【新カット】“ゆるふわボディ”大和田南那の美尻3連発 発売前からネット書店を中心に話題を集め、当初の想定を大きく超える予約が殺到。そのため、初版部数も当初の見込みより1.5倍の部数を設定し対応するも、発売3日目で初版部数の約50%を売り上げるという異例の売り上げを記録。その勢いはとどまることなく、 発売から1ヶ月で重版となった。 大和田は「私のファースト 写真集『りすたあと』が重版になったということで! いつも応援してくれている皆さん、本当にありがとうございます! 写真集を発売すること自体、1つの目標だったので重版がかかると聞いてすごくうれしかったです」と大喜び。  「10代の最後に初めてのハワイで撮って思い出が詰まった、私にとっても大切な1冊なのでこれを機にまた沢山の方に手にとって頂けるとうれしいです!」とメッセージを寄せ「そして、いつかセカンド写真集を出せるように日々頑張りますのでこれからもよろしくお願い致します」とコメントしている。 次世代エースとして期待されていた大和田は、2017年3月にグループを卒業後、女優やモデルとして活躍。AbemaTVの恋愛リアリティーショー『真冬のオオカミくんには騙されない』に参加するなど、幅広いジャンルに挑戦している。 6月に放送されたテレビ朝日系バラエティー『ロンドンハーツ』の「元AKB48だらけの運動会」に出演した際は、現役時代から「7キロ太った」というそのムチムチボディから、有吉弘行に“二代目磯山さやか”と命名され、話題となった。

ORICON NEWS
NMB48太田夢莉 10代&アイドル最後のきらめき…11・29フォトエッセイ『青』

NMB48太田夢莉 10代&アイドル最後のきらめき…11・29フォトエッセイ『青』

 アイドルグループ・NMB48の太田夢莉(19)がグループからの卒業を記念し、アイドルとして最初で最後のフォトエッセイ『青』(幻冬舎)を11月29日に発売することが決定した。【写真】NMBきっての美少女“ゆーり” 10代最後のきらめきが凝縮 小学6年生でNMB48の3期生として加入し、“ゆーり”の愛称で親しまれた太田は、12月1日に20歳の誕生日を迎える。7年半、10代のほとんどをアイドル活動に捧げてきた太田が、自身の幼少期、家族、NMB48として活動するなかでの葛藤や喜び、そして、9月4日に東京・NHKホール公演で卒業を発表した前後の心境などを吐露する。 撮影は千葉・房総で行われ、写真家の前康輔氏が担当。10代最後のきらめきを詰め込んだメモリアルな1冊となる。太田は11月17日に東京国際フォーラム ホールCで自身初のソロコンサートを、11月25日に兵庫・神戸 ワールド記念ホールで卒業コンサートを行うことが決定している。

ORICON NEWS
今市隆二、ポーズ指示連発の取材陣に苦笑い 気遣い忘れず“風船”配る「恥ずかしいと思いますが…」

今市隆二、ポーズ指示連発の取材陣に苦笑い 気遣い忘れず“風船”配る「恥ずかしいと思いますが…」

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの今市隆二が18日、POP UP「2019 RILY POP UP」取材会に登場。全身黒の衣装でライダースジャケットを着こなす姿に男女問わず報道陣から「かっこいいー!」と声があがり、写真撮影の際、ガッツポーズやハットを被る仕草などポージング指示とともに「それもちょうだい!」「まだまだ、もう少し。笑顔で」などの声が飛び交い苦笑いを浮かべていた。【動画】今市隆二、写真リクエストに笑顔で対応 多忙な日々の心境も語る「納期が…」 この日は、30日にリリースされる第5弾シングルにして初シングルCD「RILY」の連動企画として、新曲のミュージックビデオの世界観を表現した内装などが楽しめるポップアップストアが、19日から22日の期間限定で展開されることを記念して実施されたもの。MVの完成度の高さと本人の姿に囲み取材の冒頭から男性記者から「かっこいいですね…」と言われると「ありがとうございます」と照れ。 18年1月にソロデビューし、グループと両立しながら活動するという多忙な日々を過ごしている今市。休みは「最近はまったくないですね~。どこかで(休みが)できたら旅行に行きたいです」と告白。 今年も残りわずかで、年内にやりたいことを聞かれると「仕事上で? 結構、納期に縛られているので、どうクリアするのかはあります。色んな締め切りがあるじゃないですか。それをいかに、納期中にできるか、ちょっと伸ばすか」と多忙な日々に少し嘆くと「売れっ子の漫画家ですね」と例えられて笑っていた。 写真撮影を含めて取材中は報道陣と和気あいあいと過ごした今市。終わりが近づくと「あの~、いつもお世話になっているので、お荷物になるとは思いますがささやかなプレゼントがあるので、ぜひ受け取ってください!」と報告。「ロゴが入った風船なのですが、ぜひ。ちょっと、(会場から)出る時恥ずかしいと思いますが…」と笑わせながら最後まで報道陣を気遣った。

ORICON NEWS
キンプリ岸、ジャニーズの限界超えに意欲「もっともっとやらせてください!」 高橋海人も感心

キンプリ岸、ジャニーズの限界超えに意欲「もっともっとやらせてください!」 高橋海人も感心

 人気グループ・King & Princeの岸優太がレギュラーを務める11月8日放送の『でんじろうのTHE実験』(毎週金曜 後8:00)に、同じくキンプリからゲストとして高橋海人が登場する。【写真】わたあめ人間にされていくオードリー春日 “雪に変わる魔法の粉”を使った実験では、「人を埋めてみたい」というでんじろう先生の願望をかなえるために準備万端の岸。ミニプールに座る岸に、全員で“粉”をかけて埋めていく。どんどん姿が見えなくなっていく岸に、オードリー・若林正恭が「ジャニーズにこんなことしていいの?!」と驚くなか収録後、岸は「僕はむしろNGの境界線を越えて、もっともっとやらせてください!という気持ちです!」と意気込み、高橋を「おーいいね!」と感心させた。 そんな岸の勇姿(?)に、高橋は「今まで本当にありがとう…」と心配そうな様子。オードリーの春日俊彰やチョコレートプラネットらが「岸くん大丈夫?」と声をかけるが、でんじろう先生だけは「大丈夫ですよ! もう少し姿勢を低くできますか?」とためらいなく“粉”で岸を埋めていく。果たして、岸はでんじろう先生の願望を実現できることができるのか…。 このほかにも今回はネイルリムーバーなどに入っている“アセトン”やオレンジオイルなどに入っている“リモネン”の身近なアイテムを使用した実験に挑戦。『人間わたあめ実験』ではスポンジと発泡スチロールを用いて、でんじろう先生、岸、高橋がオードリーの春日俊彰を“わたあめ人間”にしたり、“アセトン”や“リモネン”のどちらかを風船に塗ると爆発する『ドキドキ時限破裂風船実験』にも挑む。 同番組初収録となる高橋は「めちゃくちゃ楽しかったです! 岸くんが出演させていただいている番組なので、以前からよく見ていました。体を張っている分、めちゃくちゃ爆発力のある面白い番組だなという印象でした。今回は自分が出演させていただけることになり、きのうの夜からずっとワクワクしていました。どんな実験があるのかなと思っていたけど、まさか岸くんがあんなことになるとは!」とその奮闘ぶりに感嘆の声を漏らす。  岸はみどころを「僕の埋もれ具合です(笑)」と紹介し「周りが見えているときは不安ですけど、だんだん視界が真っ白に変わって周りの声も全然聞こえなくなっていくと異空間にいるような…お母さんのおなかの中にいるような気分でした(笑)」と報告。高橋は笑いながらも「リーダーが埋まっていくのを見ている時は、何と表現していいかわからない感情でした(笑)。“埋もれていくなぁ”と思いながら見ていました。かける側はかける側で、ずっと申し訳ない気持ちでいっぱいでした」としつつも“代わってあげたいとは?”との問いには「それは一切思わなかったです!」ときっぱり。岸から「思えよ! 少しは思えよ!(笑)」とツッコまれた。 また、今後のロケへの参加について高橋は「ロケに出ている岸くんを見ているとすごく楽しそうだなと思います。僕たちは小さい頃から理科の時間が本当に好きで、科学反応がおきているのを見ているだけでワクワクしていました。それを今回はスタジオで間近で経験させてもらったので、ロケだともっと大規模な実験も経験できるのかなと思うと岸くんがうらやましいな、僕もやってみたいなと思いました」とやる気をみせる場面も。 今回、高橋は前時間帯の『坂上どうぶつ王国』(毎週金曜 後7:00)から立て続けでの出演となるが「僕たちが出演させていただいている番組を連続で見ていただけることはとてもありがたいです。僕たちはファンの方たち以外の方にも、もっと親しんでもらいたいと思っています。動物の番組と科学の番組は幅広い年代の方が楽しめる番組だと思うので、出演させていただいているひとつひとつの収録を頑張っていきつつ、みなさんにたくさん見てもらえたらいいなと思います。そこに自分たちが力になれたらうれしいなと思います」とコメント。 岸は「僕も一度、海人のロケに参加させていただきました。保護犬をテーマにしたロケで、命の大切さを学びました。本当に素敵な番組なので、僕もまた出たいです。僕も動物が好きなので、その魅力をもっともっと知りたいです」と『坂上~』への出演にも意欲を示していた。

ORICON NEWS
カテゴリ