人気

大矢真那「SKEはガツガツ」 乃木坂46中村麗乃とグループ色の違い語る

大矢真那「SKEはガツガツ」 乃木坂46中村麗乃とグループ色の違い語る

 乃木坂46の中村麗乃(17)、元SKE48の大矢真那(28)が16日、東京・シアター1010で行われた舞台『逆転裁判 -逆転のGOLD MEDAL-』の公演前囲み取材に登場。大矢はSKE48と乃木坂46のグループの色の違いを語り、「SKEには乃木坂の謙虚さを見習ってほしい」と笑わせた。【写真】顔が小さいくて可愛い!お団子ヘアが似合う中村麗乃 同舞台はゲーム『逆転裁判』の完全新作舞台で、弁護士として無実の罪を着せられた依頼人を助けるために法廷で戦う法廷アドベンチャーゲームが題材。実写映画化、テレビアニメ化もされ、今回の舞台では「国際司法オリンピック」で、成歩堂龍一、綾里真宵、御剣怜侍などお馴染みのキャラクターに加え、舞台オリジナルキャラや人気キャラのゴドーが登場する。 綾里役の中村は「今、緊張していて『うー』と不安があるのですが、それでも楽しい舞台にしていきたいので頑張っていきます!」と意気込み。けいこの思い出については「けいこ場は、当たり前ですがいつも一緒に過ごしていたメンバーがいない状況で、初めてお会いする方と毎日過ごすのは緊張しました」と振り返った。 元SKEのメンバーである大矢はアイドルの後輩にあたる中村と一緒に食事に行ったそうで「それぞれのグループの違いを話しました」と告白。「乃木坂はおとなしくて控えめなグループ。SKEはすごくガツガツしていて、同じ女の子で全然違うなと。SKEには乃木坂の謙虚さを見習ってほしい。グループの違いが面白かったです」と笑わせた。 この日は俳優の加藤将、小波津亜廉、友常勇気、小南光司も出席。成歩堂役の加藤は「初座長なのですが、頼れる先輩方に頼りっきりなので、本番で引っ張っていって恩返しをしたい。キャスト全員キャラになりきっているので全力で頑張っています!」、御剣役の小波津は「ライバルとして堅いイメージがあるキャラクターですが、舞台ではコミカルな一面を盛り込んでいる。作品のスパイスとして支えられたらなと思います」と意気込んだ。 舞台は東京・シアター1010で16日から21日まで上演される。

ORICON NEWS

新着

ベルばら作者描き下ろし 『雪の華』登坂広臣×中条あやみのオリジナルビジュアル公開

ベルばら作者描き下ろし 『雪の華』登坂広臣×中条あやみのオリジナルビジュアル公開

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣とモデルで女優の中条あやみがW主演を務める映画『雪の華』(2月1日公開)の主演2人を、漫画『ベルサイユのばら』で知られる池田理代子氏が描いたオリジナルビジュアルが18日、解禁になった。【写真】フィンランド・ヘルシンキで撮影を行った登坂広臣&中条あやみ 同映画は、中島美嘉が歌う冬の定番ラブソング「雪の華」を映像化したもの。登坂は、ガラス工芸家を目指す青年・綿引悠輔を演じる。中条は余命1年の宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドでオーロラを見ることを夢見る平井美雪を演じ、悠輔と出会い「100万円で私の恋人になってください。1ヶ月だけ」と持ちかけ、人生最初で最後の恋をするという役どころ。 『ベルばら』は、フランス革命の時代、男装の騎士・オスカルを愛し守り続けたアンドレの永遠の愛と革命のドラマが描かれている。描き下ろしビジュアルは、フィンランドのオーロラと、雪景色の中で、切ない涙を流す美雪に寄り添う悠輔。肩を寄せあいながら手をつなぎ、後ろを振り向く姿からは、期間限定の恋の切なさが感じられる。 池田氏は「恋の始まる美しい瞬間が、現代における清涼剤のよう。王道の恋物語、登坂さん、中条さんがぴったりとはまりました。ヒロインの命はいつまで続くのか、手をつないで見返りながら去っていく姿に、私なりの解答を寄せました」とコメントしている。

ORICON NEWS
乃木坂46・高山一実の初小説『トラペジウム』6週ぶりTOP10返り咲き

乃木坂46・高山一実の初小説『トラペジウム』6週ぶりTOP10返り咲き

 乃木坂46・高山一実の初小説作品『トラぺジウム』が、1月18日発表の最新オリコン週間BOOKランキング(集計期間:1月7日〜1月13日)で、週間売上1.4万部で7位を獲得。2018/12/10付に続き、6週ぶり通算2度目のBOOKランキングTOP10入りとなった。【写真】ミニライブで応援ソングを初披露した乃木坂46 本作は、「絶対にアイドルになる」ために4箇条を課して高校生活を送る主人公・東ゆうの、夢のためにすべてをかけた10年間を描いた青春小説。雑誌『ダ・ヴィンチ』で2016年5月号から2018年9月号の2年以上にわたり連載され、乃木坂46から初の小説家デビューとして話題となった。

ORICON NEWS
乃木坂46・北野日奈子1st写真集、3週連続写真集ジャンル1位

乃木坂46・北野日奈子1st写真集、3週連続写真集ジャンル1位

『乃木坂46 北野日奈子 1st写真集 『空気の色』』が、1月18日発表のオリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」で、1/7付、1/14付に続き3週連続の1位を獲得(週間売上0.3万部)。同ジャンルでの3週連続1位は昨年7/9付、16付、23付で『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』が獲得して以来となる。 本作は、北野が北国での撮影を希望したことで、北欧・スウェーデンでのロケが決定。首都ストックホルムと国内最北端のキルナで撮影が行われ、サンタクロースやトナカイとのショットや犬ぞり体験、氷で出来たアイスホテルでの撮影といった北国ならではのショットのほか、自身初のランジェリー姿にも挑戦している。【写真】お気に入りショットはこれ!!笑顔で報道陣に写真を見せる北野日奈子 なお今週付の写真集ジャンルでは、上記の北野日奈子を始め、乃木坂46メンバー5作品と、今週付で累積売上部数が写真集ジャンル歴代1位となった『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』の計6作がTOP10入りとなった。

ORICON NEWS
乃木坂46生田絵梨花、女性誌初ソロ表紙 『anan』で美しい腹筋を披露

乃木坂46生田絵梨花、女性誌初ソロ表紙 『anan』で美しい腹筋を披露

 人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花(21)が、30日発売のグラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス)の表紙にソロ初登場。ピラティスをはじめとした筋トレでつくりあげた美しい腹筋を披露している。【写真集カット】人生初の衝撃に挑戦した生田絵梨花 写真集の発売でますます注目を集める生田。今回『anan』のみならず、女性誌の表紙をソロで飾るのは初で、生田にとっても記念すべき号となる。グラビアでは「のびやかな体」をテーマに撮影。女性らしいS字ラインが美しいヌーディな色合いのニットワンピ、ヘルシーな腹筋を披露したタンクトップスタイル、小悪魔テイストな黒のミニワンピなど、ほかでは、なかなか見られない生田のちょっと背伸びした姿を収録している。 そのほかにも、独自のダイエット法と、ますます活躍が広がっているミュージカルに対するアツい思いや夢を語ったインタビューも掲載。生田は「これまで着たことがない、大人っぽいスタイリングで新鮮でした! 私にとってダイエットは完璧主義にならないことがポイントです」とコメントを寄せている。

ORICON NEWS
AKB48岡部麟、涙・涙のソロコン「AKB48人生の中で一番大変だった」

AKB48岡部麟、涙・涙のソロコン「AKB48人生の中で一番大変だった」

 アイドルグループ・AKB48の岡部麟(チーム8兼チームA)が17日、都内のTOKYO DOME CITY HALLで初のソロコンサート『もしも~し!りんりん推しでしょ!?』を開催した。チーム8のメンバーが応援に駆けつけたほか、アンコールでは憧れていた卒業生・小嶋陽菜が本人にもサプライズで登場し、「エーン…」と顔をくしゃくしゃにして涙をこぼした。【写真】ベッドに寝そべりながら熱唱…ファンを魅了した岡部麟 AKB48グループは12日から8日間連続で全15公演を同所で行っているが、岡部は自身がキャプテンを務めるチームA単独(12日昼)、チーム8単独2公演(14日朝、夜公演)に続き、6日間で4公演目。しかも初のソロコンサートとあり、重圧を胸に秘め、プッチモニの「BABY!恋にKNOCK OUT!」からスタート。アリーナへ降りていくと、トロッコを使わずに通路を歩きながら観客とハイタッチし、愛称の“りんりん”にちなんで黒電話の受話器を手に「恋のダイヤル6700」も披露した。 昨年2月に解散したお笑いコンビ・トップリードの和賀勇介と「2人はデキテル」をデュエットすると、「今の私があるのは和賀さんだけでなくトップリードのお二人のおかげ」とキャラを引き出してくれたことに感謝。さらに、加入当初から「声がそっくり」と言われてきた前田敦子のソロデビュー曲で、チーム8のオーディションでも歌った「Flower」を特徴のある甘い歌声で歌い、ファンを魅了した。 「絶対に歌いたかった曲」として、バンド生演奏をバックに自身が初めて選抜メンバーに選ばれたAKB48のシングル「11月のアンクレット」をアコースティックバージョンで披露。「『#超上手かった』でツイートしておいて」と茶目っ気たっぷりに呼びかけると、「最近、私が選抜に入ると『聖域』って言われちゃうのが悔しくて。これからは『絶対に岡部は選抜に入るだろう』って思われるくらい、いろんな人を認めさせたい。悔しいんですよ!」と本音をぶっちゃけた。 昨年2月に舞台『3歩進んで2歩シャガール』で共演したコントユニット・大人カフェの飯野智司、加賀成一、伊達さんとコントを披露したり、ベッドの上で「innocence」「抱きしめられたら」などセクシーなパフォーマンスを披露したりと、バリエーション豊かなステージを展開。さらには、チーム8のメンバー10人がバックダンサーを務め、キレキレのパフォーマンスでも魅せた。 岡部はチーム8のメンバーに何度も感謝の思いを伝えると、「今までのAKB48人生の中で今回が一番大変だった。兼任先(チームA)ではキャプテンだから、前向きな背中を見せてチームを引っ張ろうと、めっちゃ強がっているのね。でも、チーム8で踊っていると、カッコつけずにありのままの自分でいられる。みんな来てくれと本当にありがとう」と涙ながらに感謝した。 アンコールでトロッコに乗って「ハート型ウイルス」を歌唱中には、本人にもサプライズで小嶋陽菜がステージに“乱入”。小嶋が岡部の頭をぽんぽんして「おめでとう!」とソロコンサート開催を祝福すると、岡部は大粒の涙をこぼして感激した。 憧れの先輩からねぎらわれ、チーム8のメンバーの応援でソロコンサートを成功させた岡部は「AKB48が一番に輝けるように、AKB48のために貢献していきたい。頑張ります!」と2000人の観客に力強く誓っていた。■『AKB48岡部麟ソロコンサート ~もしも~し!りんりん推しでしょ!?~』セットリスト01. BABY!恋にKNOCK OUT!02. チューしようぜ!03. 口移しのチョコレート04. 恋のダイヤル670005. 2人はデキテル(岡部/和賀勇介)06. Flower(岡部/和賀勇介)07. Bye Bye Bye08. 枯れ葉のステーション09. 11月のアンクレット10. 大人列車11. Innocence12. 抱きしめられたら13. 涙に沈む太陽14. 黒い天使(岡部/横山、下尾)15. 点滅フェロモン(岡部/吉川、小田、佐藤栞、行天)16. 盗まれた唇(岡部/佐藤七、山田、中野、人見)17. LOVE修行18. 愛の存在【アンコール】19. てっぺんとったんで!20. ハート型ウイルス(岡部/小嶋陽菜)21. 一生の間に何人と出逢えるのだろう(岡部/横山、谷川、吉川、小田、佐藤、山田、中野、人見、下尾、行天)22. 夢へのルート【ゲスト出演】チーム8:横山結衣、谷川聖、吉川七瀬、小田えりな、佐藤栞、山田菜々美、中野郁海、人見古都音、下尾みう、行天優莉奈和賀勇介/大人のカフェ/小嶋陽菜

ORICON NEWS
AKB48岡部麟、こじはる“乱入”に号泣「夢がかなった」

AKB48岡部麟、こじはる“乱入”に号泣「夢がかなった」

 アイドルグループ・AKB48の岡部麟(22)が17日、都内のTOKYO DOME CITY HALLで初のソロコンサート『もしも~し!りんりん推しでしょ!?』を開催した。アンコールで「ハート型ウイルス」を歌唱中、本人にもサプライズのゲストで憧れの小嶋陽菜が登場し、岡部は顔をクシャクシャにして号泣した。【写真】ベッドに寝そべりながら熱唱…ファンを魅了した岡部麟 トロッコに乗ってアリーナを回り、間奏のせりふの部分でステージ上にこじはるが“乱入”すると、どよめきと大歓声が上がった。「りんちゃーん! ソロコンサートおめでとう! 私も麟ちゃんのことが好きみたい」とせりふで呼びかけられた岡部は、トロッコの上で目をまんまるにして驚いた。小嶋から「一緒に歌おう」と手招きされ、一緒に歌うと顔をクシャクシャに。頭をぽんぽんされ、「麟ちゃん久しぶり! おめでとう」と改めて祝福されると、感激して涙をこぼした。 岡部が「なんでいるんですか?」と泣きながら聞くと、小嶋は「すごく頑張ってるって聞いたから。お手紙を頼まれたんだけど、来たほうが早いかなと思って」と“ゆるゆる”なこじはる節で観客は爆笑。AKB48グループは12日から8日間連続で全15公演を同所で行うが、岡部は自身がキャプテンを務めるチームA単独(12日昼)、チーム8単独2公演(14日朝、夜公演)に続き、4公演目の出演に。かなり重圧を感じていたようで、こじはるから「いっぱいコンサートあって大変だったんだよね。お疲れさま」と労われると、「なんで1週間に4公演あるんですかぁ…」と弱音を漏らし、さらに涙した。 岡部はこれまでに4度、シングル選抜歴があるが、「唯一悔しかったのが、小嶋さんと一緒に選抜メンバーとして歌うことができなかった。本当に悔しくて。でも、こうして自分のソロコンサートで同じステージに立てて、夢がかなって本当にうれしいです。ありがとうございます」と感謝しきり。こじはるが楽屋にプレゼントを置いたことを言い残し、「頑張ってね」とステージを後にすると、「バクバクしてる。びっくりした~」と興奮さめやらぬ様子だった。

ORICON NEWS
カテゴリ