人気

櫻井翔、北島三郎・松田聖子と嵐の楽曲「ふるさと」合唱に感動

櫻井翔、北島三郎・松田聖子と嵐の楽曲「ふるさと」合唱に感動

 人気グループ・嵐の櫻井翔が17日、東京・渋谷のNHKで『総決算! 平成紅白歌合戦』(総合テレビで29日放送)の収録にあわせ、第1部(後7:30~8:55)に出演する北島三郎、松田聖子とともに取材に応じた。【全身ショット】ビシッと!黒のスーツで決めた櫻井翔 平成の30年間を、毎年大みそかに放送される『NHK紅白歌合戦』の名歌唱名場面を振り返る番組。2部構成で、第1部「感動!30年間の名歌唱名場面決定版」では、嵐、北島、松田が集い、感動の思い出や今だから話せるエピソードを語り合う。櫻井は小野文惠アナウンサーとともに司会を務める。 番組では、2010年の『第61回NHK紅白歌合戦』のために制作された嵐の楽曲「ふるさと」を嵐・北島・松田の3組で歌唱することが明らかになり、櫻井は「嵐が初めて司会をやらせていただいた時にできた楽曲。出場歌手の皆さんと一緒に歌わせていただいたこともありましたけど、平成を締めくくる紅白の番組で、北島さんと聖子さんと歌う曲に育つとは…、夢にも思っていませんでした。すごく感動しました」と、この日一番の笑顔を見せた。 北島も「難しい(曲)ですけど、一生懸命ついて歌いました。楽しかった」、松田も「楽しかったです」とニッコリすると、櫻井は「恐れ多いです。でもうれしかったです」と、かみ締めていた。 司会という立場上、収録前にひと通り番組で取り上げるVTRに目を通したという櫻井は「平成のはじまりの頃は開会宣言をしていたり、最近、定番になったものもあったり、30年間に紅白もいろいろ変わってきたんだな、と思った反面、北島さんの『まつり』や聖子さんの『あなたに逢いたくて』など、いつ聴いてもすばらしい歌もある。変わりゆくからこそ、変わらない歌もあるんだと思いました」と、番組の見どころを語っていた。 北島は「私は昭和11年生まれで、紅白に初登場したのは昭和38年。白黒からはじまりました」と感慨もひとしお。一年の無事に感謝し、新しい年に希望を抱く「なくてはならない番組」と、『紅白歌合戦』が令和の時代にも続くことを願っていた。松田も「私も昭和の時代にデビューしましたが、平成になっても、紅白の舞台に立てる喜び、感謝の気持ちは変わらなかった。きっと新しい時代も変わらないと思います」と話していた。 同番組の第2部(後10:00~11:30)は「涙!感動!ハプニング!全部まとめて平成紅白伝説」と題し、内村光良の司会、バナナマンほかの出演で生放送される。

ORICON NEWS

新着

嵐・二宮、Travis Japan&オースティン・マホーンの“つかみネタ”に爆笑

嵐・二宮、Travis Japan&オースティン・マホーンの“つかみネタ”に爆笑

 人気グループ・嵐の二宮和也がMCを務める26日放送の日本テレビ系バラエティー『ニノさん』(毎週日曜 後0:45)に、世界的アーティスト オースティン・マホーンと、ハイレベルなダンスを得意とするジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanが初登場。今秋、オースティンの日本公演で共演する彼らが、日本人にウケるパフォーマンスを募集する。【一覧】史上最大規模! 脅威のドーム50公演、嵐のツアー日程 オースティンの登場に、スタジオは騒然とするなかTravis Japanの中村海人は、二宮の印象を聞かれ「優しくて、優しくてですね…懐が広くて…良い人ですね…」とさっそく、決死のアピールで、二宮もまんざらでもない様子。  今回、『あなたの求人きっと見つかる!マッチング~!』と題した企画では、二宮に加えアドバイザーの陣内智則、若槻千夏がマッチングコンサルタントとなって、依頼者の希望に沿った人たちを提案、番組内でのマッチングを目指すという内容のもと『日本人のハートを射止める、つかみのパフォーマンス』に芸人たちが立候補。  「我がネタを是非!」とばかりに気合十分でやってきたのは、「ゲッツ!」で流行語大賞を受賞、現在も活躍を続けるダンディ坂野、昨年大ブレイクし海外でも話題になったひょっこりはん、ブルゾンちえみ with Bのバックダンサーとしてオースティンの『ダーティ・ワーク』で踊っているブリリアンの3組。今回の依頼のために考えてきたとっておきのネタを、本人たちの前で提案する。 そしてスタジオでは、オースティンとTravis Japanが、選んだパフォーマンスを即興披露。世界的アーティストと注目の若手グループが8人全員で繰り広げる“つかみネタ”に、二宮はじめ、全員大爆笑となる。

ORICON NEWS
山田涼介、『もみ冬』SPクランクイン「いじめられまくっていきたい」

山田涼介、『もみ冬』SPクランクイン「いじめられまくっていきたい」

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する6月29日放送の日本テレビ系スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~』(後9:00)のクランクインを迎えた。エリートな兄と姉に振り回されまくる主人公を体当たりで演じる山田は「約1ヶ月の撮影ですが、チームワーク抜群の和気あいあいとした現場なので、気難しく考えずに皆と楽しい撮影をしながらも、(役柄として)いじめられまくっていきたいです」と意気込み(?)を語っている。【写真】長女で弁護士を演じる波瑠 同ドラマは2018年の1月に山田主演で放送された連ドラ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』がスペシャルドラマとして復活。この日の撮影では山田演じる主人公の北沢秀作が、とあるケーキ屋でパティシエの面接を受けるシーンからスタート。前作で執行猶予付きの有罪判決を受け、エリート警察官の職を失した東大卒・元エリート男の、再起に向けた悲壮感あふれる演技を披露した。 通常1日2シーン程度を撮影することが多いという初日からいきなり5シーンを撮り終えた山田は「久々にこの北沢家に戻ってきたり、あのお馴染みの音楽(火曜サスペンス劇場のBGM)がかかる、重要なシーンの撮影もあったりして、一気に秀作モードになりますね」と実感。 「小さいころからお世話になっているスタッフの方々も多いので、1年前より成長した姿を見せつつも、変わらない北沢秀作を皆様に見せられたらなと思います」とやる気をのぞかせ、「今回、『もみ冬』史上、最高の台本が出来たと思います。秀作のいじめられている姿にはまった方々もいると思いますが、今回もとにかくいじめられているので是非、期待してください!」と自信を込めている。 また、日テレ公式YouTube上に開設された『もみ冬ちゃんねる』では、スペシャルドラマの放送当日まで毎週土曜日正午に、ドラマに関連する出演者たちの動画を配信。25日には山田のクランクイン初日の模様や、北沢家の3兄弟を演じる山田、波瑠、小澤征悦の3人が登場し、連ドラ撮影時の裏話に花を咲かせる『北沢家の裏トーク』の第2弾などの配信がスタートした。

ORICON NEWS
乃木坂46・梅澤美波が初表紙『blt graph.vol.43』、写真集ランキング1位

乃木坂46・梅澤美波が初表紙『blt graph.vol.43』、写真集ランキング1位

 乃木坂46・梅澤美波が初登場にして初表紙に抜擢された『blt graph.vol.43』が、5/27付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:5月13日~19日)ジャンル別「写真集」で初登場1位を獲得した。本作は、東京ニュース通信社によるグラビア&インタビューマガジン最新号。梅澤のほか、乃木坂46・寺田蘭世、日向坂46・金村美玖らが登場している。【写真】初夏らしい透け感のあるドレスをまとう梅澤美波の表紙カット 女性ファッション誌の専属モデルも務める梅澤は、本作ではキャミソールワンピースに身を包み、可憐ながらも落ち着いた華やかさとオーラある姿で、今年20歳を迎えた大人の女性らしい魅力的な表情を披露。インタビューでは「プライドを捨てたい。捨てたいけれど、弱さを見せたくはない」とアイドル活動への真剣な思いを語っている。 そのほか、ゼクシィ12代目CMガールに選ばれ、『絶対正義』(フジテレビ系)では『第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞した白石聖、μ’sメンバーでもある声優の久保ユリカ、連続テレビ小説『なつぞら』への出演が決定した伊原六花、デビュー以来センターを務める=LOVEの高松瞳らが登場。さらに、『B.L.T.6月号』より、乃木坂46・白石麻衣、斉藤優里、伊藤かりん、久保史緒里、与田祐希、NGT48・加藤美南の未公開カットも掲載する。 1人を深く掘り下げるアイドル単体の写真集とは異なり、シーンで活躍する旬のアイドルや女優たちを幅広く数多く掲載していく本作だが、コアファンになる前のライト層を入り口としてその需要に応えている。

ORICON NEWS
少女時代からアイマスまで“ノリ”と“語感の良さ”が絶妙な中村彼方の作詞力

少女時代からアイマスまで“ノリ”と“語感の良さ”が絶妙な中村彼方の作詞力

 ブラウザゲーム『アイドルマスターシャイニーカラーズ』に登場するアイドルユニット・イルミネーションスターズのキャラクターソング「THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 02(We can go now!)」。5/20付オリコン週間シングルランキングで2位を記録した同曲の作詞を担当しているのが、中村彼方氏。“メンバー3人で支え合いながら、いちばん輝くアイドルを目指す”というイルミネーションスターズの設定とリンクさせながら、ゲームのユーザーはもちろん、幅広い層のリスナーが楽しめる前向きなイメージの歌詞に仕上げている。【写真】『アイマス』キャラの美人コスプレイヤー 中学生の頃に音楽に興味を持ち、J-POPのランキングに入った曲の歌詞を研究していたという中村氏は、映画『ビートロック☆ラブ』(2009 年)の劇中歌「心のままに」で作詞家としてデビュー。さらに同年放送のTVアニメ『けいおん!』のキャラクターソングを手がけ、アニソンのフィールドで評価を高めた。 活動の幅が広がるきっかけになったのは、少女時代の「GENIE」と「Gee」の日本語バージョンの歌詞。洗練されたダンストラック、抑制の効いたメロディーが生み出すクールな雰囲気を汲み取りつつ、心地よいグルーヴとどこか挑発的なイメージを共存させた「GENIE」、弾むようなビートと語感の良さと覚えやすいキャッチーなフレーズを組み合わせた「Gee」の歌詞は、少女時代の大ブレイクの大きな要因だったと言っていいだろう。 その後、タッキー&翼の「Billions of You」(2011年)、ももいろクローバーZの「天手力男」(2011年)、ベッキー♪♯「ぎゅ。」(2013年)、吉澤嘉代子の「綺麗」(2015年)、GIRLFRIENDの「キセキラッシュ」(2017年)など、J-POP、K-POP、アイドル、アニソンなど幅広いジャンルで活躍している中村氏。リズミカルな“ノリ”と訴求力のある“意味”を併せ持った彼女の歌詞の世界は、いまも広がり続けている。

ORICON NEWS
滝沢カレン、元彼が『嵐にしやがれ』出演 爆笑&天然エピソードが続々

滝沢カレン、元彼が『嵐にしやがれ』出演 爆笑&天然エピソードが続々

 モデルの滝沢カレンが、きょう25日放送の日本テレビ系『嵐にしやがれ』(後9:00)に出演。滝沢が小学3年生の頃から好きだったという元彼がスタジオに登場する。【写真】青空の下美尻をチラ見せする滝沢カレン 元彼の男ボス・かんたとは、中学2年でやっと付き合うことになったそうだが、番組ではその結末も告白。「小学校時代のあだ名」「中2で初めて彼氏ができるが…」「周囲にウザがられるほどの〇〇」といった爆笑&天然エピソードが次々と飛び出し、最後には怖い話を披露するも、なぜか嵐メンバーが大爆笑となる。 番組にはそのほか、渡辺直美も出演する。

ORICON NEWS
乃木坂46“アンダラ”過去最多1万5000人動員 表題曲なしも「神セトリ」

乃木坂46“アンダラ”過去最多1万5000人動員 表題曲なしも「神セトリ」

 アイドルグループ・乃木坂46のアンダーメンバーが24日、横浜アリーナで29日発売の23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブ3daysの初日公演を行った。選抜メンバーはいなくとも、チケットは即完売でバックステージまでぎっしり満員。アンダーライブ史上最多の1公演で1万5000人を動員した。【ライブ写真】寺田蘭世が“座長”を務めたアンダーライブ 乃木坂46はシングルごとに選抜メンバーを決め、選抜されなかったメンバーは「アンダーメンバー」として独自の活動を展開する。今作は、選抜メンバーが過去最多22人に対し、アンダーは過去最少の10人。アンダーライブ(通称アンダラ)のオープニングはニューシングル収録のアンダー曲「滑走路」からスタートし、センターは寺田蘭世が務めた。 今回の横浜アリーナ3days公演はアンダーが先陣を切り、2日目は昨年11月に加入した4期生11人、最終日は選抜メンバーによる内容の異なるライブを3夜連続で展開する。乃木坂46が同所でライブを行うのは2014年2月のデビュー2周年記念ライブ以来5年ぶりとなり、1期生の中田花奈が「覚えてる?」とメンバーに投げかけると、2期生の寺田は「まだ研究生でした」としみじみ。3期生の向井葉月は「私は(観客として)2周年ライブに来ていました。そのとき本当に大好きだった乃木坂46になれてライブをしているので、憧れられるようなすてきなライブにしたい」と目を輝かせた。 5曲目を終えたところで、グループからの卒業を発表している1期生の斉藤優里と2期生の伊藤かりんが合流。ユニット曲パートでは斉藤が自身のセンター曲「13日の金曜日」を歌いながら大粒の涙をこぼし、伊藤かりんも同期の伊藤純奈と歌った「釣り堀」で冒頭から涙。純奈は「ハモ(ハモリ)だったからちゃんと支えてあげようと思ったんだけど、ちゃんと歌えなくて」とこちらも涙が止まらず、メンバーから「気持ちは伝わったよ」と声をかけられると、割れんばかりの拍手が送られた。 アンコールでは卒業を控える2人があいさつした。23枚目シングルに参加していないものの、26日の選抜ライブにも出演することが決まっている斉藤はファンに感謝しつつ、「アンダーライブってやっぱ最高!と思ったのが、アンコール1曲目の『生まれたままで』の(寺田)蘭世のあおりが、初めて聞いたんですけど『プチョヘンザ(Put your hands up=手をあげて)』ですよ!」といじり、寺田は「これが私です」と返して観客は爆笑。「蘭世の言葉を借りるなら、みんなのことが大切だし、乃木坂46のことをめちゃくちゃ誇りに思います」と涙ながらに語ったが、「ちょっと長いかな」と自らツッコミを入れて笑いを誘った。 この日のライブをもって卒業する伊藤かりんは、アンコール4曲目の楽曲を選曲。「次の曲は乃木坂46に入る前から私が大好きだったメンバーのセンター曲で、サビの歌詞もすごいすてきだし、これを絶対、最後に歌いたいと決めていました」といい、加入前からの“推しメン”高山一実の初センター曲「泣いたっていいじゃないか?」を歌唱。伊藤もメンバーも泣き笑いしながら歌い、ファンの感動を誘った。 「言い残しがないように」と手紙を広げた伊藤は、両親、スタッフ、メンバーに感謝を伝えていき、最後にファンに向けてメッセージ。「私は結局選抜には一度も選ばれませんでした。選抜だけにこだわらないという姿勢でやってきたけど、確かに選抜に入ることができていたら世界が広がって、まだ知らないすてきな未来があったかもしれません。それでもやっぱり、私がアンダーにこだわるのはアンダーライブが大好きだったから。アンダーライブに出たかったから。だから私は自分が通ってきた道に何の悔いもないし、自分がかわいそうだとも思いません。自分のアイドル人生を誇りに思っています」とアンダーライブを支えてきた一人として胸を張った。 横浜出身の伊藤は「そんな大好きなアンダーライブを地元で開催し、そのステージでアイドル人生を終えられること、本当に恵まれているし、これ以上の幸せはありません」と感慨深げ。今後の進路については明言しなかったが、「今日のこの景色、皆さんの笑顔を心に焼き付けて、次のステージでも頑張ろうと思います。約6年間応援してくださりありがとうございます。そしてこれからは一緒に乃木坂46を応援しましょう!」と呼びかけた。客席からは「ありがとう!」の声といつまでも鳴り止まない拍手が送られ、中田は声を上げて号泣した。■シングル表題曲を1曲も歌わずも、ファンは絶賛 アンコールは定番の「乃木坂の詩」の大合唱で終わり、終演のアナウンスが流れたが、鳴り止まぬ「乃木坂」「フォーティーシックス」コールを受けてWアンコールに突入し「僕だけの光」で締めくくった。約2時間半にわたり、29曲を披露。ついにシングル表題曲は1曲も歌わなかったが、ファンは「セトリ神すぎる」「セトリ鳥肌モン」「歴史に残るくらい最高のセトリ」と攻めたセットリストを絶賛した。■『乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念アンダーライブ』セットリストOverture01. 滑走路02. その女03. ブランコ04. シークレットグラフィティー05. 春のメロディー06. 自惚れビーチ07. 13日の金曜日08. Against(和田・山崎・中村)09. 釣り堀(伊藤かりん・伊藤純奈)10. 心のモノローグ(中田・寺田・吉田)11. 2度目のキスから(斉藤・樋口・佐々木・向井)12. アンダー13. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた14. ここにいる理由15. 嫉妬の権利16. 日常17. 狼に口笛を18. 転がった鐘を鳴らせ!19. ハウス!20. 扇風機21. ダンケシェーン22. 涙がまだ悲しみだった頃23. 誰よりそばにいたい【アンコール】24. 生まれたままで25. ロマンスのスタート26. 左胸の勇気27. 泣いたっていいじゃないか?28. 乃木坂の詩【Wアンコール】29. 僕だけの光■出演者:23rdシングルアンダーメンバー(伊藤純奈、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや)、斉藤優里、伊藤かりん

ORICON NEWS
カテゴリ