人気

新着

広瀬すず、バースデー記念 映画『いのちの停車場』から女優として次のステップへ

広瀬すず、バースデー記念 映画『いのちの停車場』から女優として次のステップへ

 本日6月19日は、女優・広瀬すず(23)の誕生日。彼女が出演している映画『いのちの停車場』(公開中)より、クランクアップ写真&新場面写真が解禁された。【メイキング映像】松坂桃李“ガチガチ”の子役に思わず 吉永小百合、松坂桃李、広瀬、そして西田敏行らが出演する本作は、「在宅医療」に携わる医者・患者、家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”家族たちの願いを丁寧に描いた、感動のヒューマン医療ドラマ。 広瀬は、亡くなった姉の子・翼を母親代わりに育てながら「まほろば診療所」の訪問看護師として働く麻世役で出演。院長の仙川(西田)と二人三脚で在宅医療に携わってきた頼もしい存在だが、その一方で、過去に大きなトラウマを抱えていて、“家族”に対して特別な思いを持っている、という役どころ。 物語の中で、「まほろば」の家族として新たに診療所メンバーに加わった咲和子(吉永)の、仙川とは異なる患者への向き合い方をする姿に困惑しつつも、次第に咲和子の姿勢に背中を押され、過去のトラウマに向き合い、自身の進む未来へ歩みはじめていく麻世の“成長”を、広瀬が好演している。 麻世の役作りにあたって「看護師として、患者とどう向き合うべきか悩みましたが、監督からのアドバイスもあり、重くなりすぎないよう常にフラットな気持ちでいるように意識しました」と語っていた広瀬。本作で初共演を果たした吉永や、再共演となった西田らベテラン勢との現場を「大先輩方との撮影は、居心地がよく、体験したことがないような不思議な時間でした。吉永さん、西田さんからのアイデアでこんなにも変わるのか、というような経験があったり、一日一日が濃厚で新鮮でした」と、回想していた。 奇しくも同じ14歳で役者デビューした広瀬をかねてより「注目している女優」と挙げていた吉永は、「すずちゃんは涼やか」と印象を語り、「お互いに合わせようとしなくても自然と(芝居が)やれた」と初共演を振り返っている。 また、西田は「すずちゃんとは孫の役で共演しました。僕はすずちゃんのおじいちゃんの役でその時まだすずちゃんは15〜17歳。別の場所から来たんかい!っていうぐらいのかわいさ、その時からずっと虜(とりこ)ですね(笑)」と再共演を喜んでいた。 「看護師役を演じられたからですが、人のために働くことがこんな感じなんだと知ることができましたし、家族の大切さをあらためて実感できました」と語った広瀬。本作でまた新たな魅力を発揮している女優・広瀬すずの姿をぜひ劇場で見届けてほしい。

ORICON NEWS
『泣くな研修医』白濱亜嵐と恒松祐里、突然のキス 暗がりの研修医室で

『泣くな研修医』白濱亜嵐と恒松祐里、突然のキス 暗がりの研修医室で

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・白濱亜嵐主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(毎週土曜 後11:00~11:30)の第9話が、きょう19日に放送される。【写真】野村周平、奥山かずさに白衣姿で完璧壁ドン うっとおしいほどの熱い情熱を持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、研修医として第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日。押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、涙を流しながらも医師という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く、青春群像劇。 隆治ら研修医たちに、いよいよ進路希望を出す時期が迫ってくる。外科医一直線に目指す隆治の一方で、川村(野村周平)、滝谷(柄本時生)、くるみ(恒松祐里)は真剣に将来を考え始め、進路に悩む。中でもくるみは、自身が子宮内膜症を患って入院したことをきっかけに、この先仕事をすることに不安を感じる。一度は美容外科の道を歩むことを決めたが、それも揺らぎ始める。 そんな悩みを、くるみが担当していた患者で同じく入院中の北村あすか(トリンドル玲奈)に聞いてもらっていたところ、突然北村がくるみに「恋してる?」と聞いてきて、くるみは否定しつつも激しく動揺してしまう。そして、ひと足先に公開されたのが、隆治とくるみの衝撃のキスシーン。暗がりの研修医室で、隆治とパジャマ姿のくるみが交わすキス。くるみが恋したのは隆治? さらに研修医仲間だったはずの2人がまさかの急接近? 2人の間に一体何が起きたのか? さらに第9話では、第二外科のバーベキュー&キャンプ大会が開催され、そこで川村が川に溺れて心肺停止状態に。佐藤(木南晴夏)や隆治、そして看護師たちが懸命に処置する中、滝谷は立ち尽くしてしまう。

ORICON NEWS
三代目JSB今市隆二、あざと男子フォローも田中&弘中から集中砲火 南キャン山里「ダンサブルに地雷踏みに…」

三代目JSB今市隆二、あざと男子フォローも田中&弘中から集中砲火 南キャン山里「ダンサブルに地雷踏みに…」

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、フリーアナウンサーの田中みな実、テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香がMCを務めるテレビ朝日系『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55※一部地域除く)。きょう19日放送回に、三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二が出演する。【写真】ダンサブルに地雷を踏み抜いた今市隆二 この日は番組初となる「あざといミニドラマ出演オーディション」を開催。自身もし烈なボーカルオーディションを勝ち抜いた今市と共に、MC陣がオーディションに出場した10~20代の次世代女優&アイドルたちのあざと対応力を見極めていくことに。出場者は、「さくら学院」の元メンバーで女優・タレントとして活動する森萌々穂、「アンジュルム」でグループNo.1のあざとさを持つといわれる伊勢鈴蘭、ファンからもあざとキャラと認知されている「SUPER☆GiRLS」の阿部夢梨、ABEMAの恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』に出演し、人気急上昇中のPopteen専属モデル・長谷川美月の4人。今回はオーディション控室の模様を定点カメラで撮影し、番組ADに対してどんなあざと対応をとるのかを観察していく。 「ADがペンケースをぶちまけたら?」「ADが電話で怒られて落ち込んでいるのを見かけたら?」という2つの仕掛けを用意し、参加者たちの言動をうかがっていくスタジオの4人。すると、あざとい界のニ大巨頭・田中&弘中も「え~~っ」「優しい~!」と食いつく、あざと対応が続出。さらに、ある出場者はスタジオメンバーもそろってビックリの神がかった対応を見せる。スタジオの4人にもっとも強いインパクトを残し、後日制作されるあざといミニドラマへの出演権を獲得できるのは誰なのか。 さらにスタジオでは手に汗握る「今市VS田中&弘中」の論争も発生。それも今回、MC陣と今井は再現VTR「最新人気スポットで普段マイペースな男が突然あざといギャップを見せつける」を見ることに。VTRの舞台は都心から車で2時間、手つかずの自然を満喫できる今話題のグランピング施設。そこで、同じフットサルサークルに所属する大学生4人の仲良しグループの、恋の予感もふんわり漂う物語が展開されるが…。 このVTRの主人公で、『恋とオオカミには騙されない』で話題の9頭身若手俳優モデル・樋口晃平が演じる“あざとギャップ・マイペース男子”の言動が、田中&弘中の導火線に火を点けてしまった。ねんざした女子に、いきなりカッコいい姿を見せても、田中には「専門家以外に言われたくない!」とバッサリ一刀両断される。さらに、女子への思わせぶりな一言を受け、弘中も「大っ嫌い!」と一喝。今市が男性目線でフォローを入れ、戦いの姿勢を見せるも、ヒートアップする2人に気圧され、「マジで言ってます?」と思わず聞き返す展開に。最後に今市は、山里に「ダンサブルに地雷踏みに行きましたね」と言われる発言もしてしまう…。はたして今市は、どうなってしまうのか。

ORICON NEWS
三代目JSB、美女と絡み合う「TONIGHT」MV解禁 山下健二郎が4日間限定で金髪に

三代目JSB、美女と絡み合う「TONIGHT」MV解禁 山下健二郎が4日間限定で金髪に

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが18日、両A面シングル「100 SEASONS/TONIGHT」(16日発売)のうち、「TONIGHT」のミュージックビデオ(MV)を公開した。【写真】山下健二郎の金髪イメチェンショット「#4日間だけ金髪」 メンバーのELLYが三代目 J SOUL BROTHERSの楽曲を初プロデュースした「TONIGHT」は、恋愛感情をロマンチックに描いたスイートなサマーチューン。大ヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」のMVを彷彿させるような、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出したMVとなっている。 女性を“水”や“秘密”に例え、愛の深さに魅了されていくさまを表現。男女の愛の感情の移り変わりを、メンバー7人と美女7人がそれぞれのシチュエーションで演じ、大人の色気があふれ出した映像となっている。 ELLYの提案で、黒髪の印象が強い山下健二郎が4日間限定で金髪となり、イメージチェンジしたシーンにも注目だ。

ORICON NEWS
変態紳士クラブ「Eureka (feat. kojikoji)」MV公開 「SHIBUYA SKY」舞台にワンカットで撮影

変態紳士クラブ「Eureka (feat. kojikoji)」MV公開 「SHIBUYA SKY」舞台にワンカットで撮影

 3人組ユニット・変態紳士クラブの楽曲「Eureka (feat. kojikoji)」のミュージックビデオ(MV)が18日、公開された。【動画】公開された変態紳士クラブ「Eureka (feat. kojikoji)」MV 今秋全国公開の映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』主題歌に決定していることから、作品のファンからも支持を集める楽曲になっている。 同楽曲は、先月開催された『YouTubeで再生回数が一番多い楽曲のMVを制作します!1st Album『ZURUMUKE』楽曲総選挙!!!』で1位を獲得。ファンにとって待望のMV公開となる。MVは、柿本ケンサク氏が監督を務め、渋谷スクランブルスクエアの展望施設「SHIBUYA SKY」を舞台にワンカットで撮影された。 併せて、1stアルバム『ZURUMUKE』のレコード盤が、7月30日に「Manhattan Records」限定で発売されることが決定した。

ORICON NEWS
山崎賢人、初主演映画から10年 「大人になった」と成長実感

山崎賢人、初主演映画から10年 「大人になった」と成長実感

 俳優の山崎賢人(※崎=たつさき)が18日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』公開直前イベントに登壇した。【写真】映画への思いを語る山崎賢人 30年の冷凍睡眠をする研究者・宗一郎を演じた山崎。リモートでつないだファンから「実際に冷凍保存を体験してみたいか」と聞かれると「経験してみたいけど、今すぐにと言われるといろんな遅れが出て置いていかれそうなので(笑)。いまはやりたくないですね(笑)」と素直に答えた。 また、「もう1度味わいたい感動した思い出」を聞かれた山崎は「感動した思い出はいっぱいありますが、過ごした時間があるからこそ感動できると思っています。全部の作品に対して全力なので、これからの作品でみんなと『終わったね』という感動をしたいです。過去は振り返らない! いまを最高だと思って生きたいと思います」と前を向いて前進することを誓った。 本作では、自身初の主演映画『管制塔』(2011年)以来、三木孝浩監督と10年ぶりにタッグを組んだ山崎は「あのときは右も左も分からないわからない状態で、三木さんの優しい人柄と、北海道の寒さとおいしかったご飯、という感じでした」と当時を振り返った。 そして「10年たって、(三木監督と)ご一緒させていただいて、そのときには気づけなかった三木さんのこだわりや諦めないで撮り続ける姿勢を感じて、自分もそういうのが見えるくらいと大人になったんだな」と自身の成長を実感していた。 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原が演じる。公開は25日。 この日は、主題歌「サプライズ」を担当するLiSAも登壇した。

ORICON NEWS
カテゴリ