人気

新着

『JOJO』展、最新キービジュアル2点公開 日本画『燕子花図屏風』モチーフに描き下ろし

『JOJO』展、最新キービジュアル2点公開 日本画『燕子花図屏風』モチーフに描き下ろし

 昨年8月に東京・国立新美術館で開幕し、全国を巡回する展覧会『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の最新キービジュアルが19日、公開された。荒木氏の描き下ろしとなっている。【画像】金沢会場の『JOJO展』新キービジュアル 同展は荒木氏原作の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズが、2017年に誕生30周年を迎えたのを記念して行われるもの。初公開を含む豊富な肉筆原画や関係資料、同展のみ公開の荒木氏が描き下ろした高さ2メートルの大型新作原画12枚が展示され、過去に開催してきた展覧会の集大成の祭典となる。 今回公開された最新キービジュアルは、来年1月25日から3月29日まで長崎県美術館、同年4月25日から5月23日まで石川・金沢21世紀美術館で開催されることを記念して、荒木氏が描き下ろし。燕子花図屏風をモチーフにしている。 荒木氏は「共に深い歴史文化と特別な地域環境を持つ2つの都市、そしてどちらも傑作建築物である美術館の素晴らしいスペースの中に、JOJOの原画が参上できるという事は本当に光栄で最上の喜びです」と感謝。 「12枚の大型原画に続き、この度B1サイズの新作キービジュアルを長崎と金沢それぞれに2点描き下ろし致しました。そのモチーフは、日本画の『燕子花図屏風』(尾形光琳筆)です。皆様の良き体験と想い出になれますように来年からJOJOのキャラクターたちが参りますので、どうぞよろしくお願い致します」と呼びかけている。 長崎会場のチケットは23日午前10時より販売がスタートし、前売り券一般1400円、当日券は1600円。

ORICON NEWS
『Fukushima 50』米軍が日本映画初の撮影協力 「トモダチ作戦」描くために横田基地で実施

『Fukushima 50』米軍が日本映画初の撮影協力 「トモダチ作戦」描くために横田基地で実施

 俳優・佐藤浩市が主演を務め渡辺謙が共演し、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画『Fukushima 50』(2020年3月6日公開)で、日本映画として初めて米軍が撮影協力していることが、わかった。震災発生当時、被災地を支援した米軍の「トモダチ作戦=“Operation Tomodachi”」が本作でも描かれ、在日米軍横田基地で初めて撮影が行われた。【場面カット】将校役で出演しているダニエル・カール 東日本大震災により発生した原発事故の現場に残った名もなき作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた。世界中が見守っていた現場で何が起きていたのか。東日本全体へ危機が迫る中、死を覚悟して残った職員たちの知られざる“真実”を描かれる同作。佐藤は原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺は福島第一原発所長だった吉田昌郎さんを演じる。 横田基地では、作戦会議のシーンを撮るために施設内にある実際の作戦会議室が貸し出されたほか、米軍所有のヘリ、UH-1を実際に飛ばし、東北支援に向けて発進するシーンを撮影。日本映画では実績も交渉ルートもない米国国防省への撮影申請だったが、多くの米兵が関わった「トモダチ作戦」の再現のために米国大使館関係者の協力と粘り強い交渉の結果、撮影が実現。在日米軍横田基地第374空輸航空団の将校・ジョニーは、山形弁研究家でタレントのダニエル・カールが演じる上、基地内で募集されたエキストラとして本物の米兵も出演している。 さらに、当時の総理大臣が自衛隊の要人輸送ヘリで福島第一原発を緊急訪問したシーンの再現のために、通常は皇室や総理大臣など国内外要人の移動に使用される輸送ヘリES-225LP“スーパーピューマ”も登場。総理大臣役の佐野史郎がヘリに乗り、空から建屋への放水を行った場面も撮影され、同シーンでは当時の作戦に従事した隊員が協力している。アメリカ空軍は「1日の撮影で、米国政府に費用負担をかけることなく、品位、自己奉仕、優秀さ、という空軍が掲げる本質的価値を損なうことなく、空軍隊員をしっかりと描写していただきました」とスタッフらに感謝のコメントを寄せた。 ダニエルは「東北に強い絆を持つアメリカ人の1人として『トモダチ作戦』の発令を行った司令官役を演じさせていただけたことを本当に誇りに思います。米軍のみなさんの適切な支援、援助には誰もが本当に感謝し、これからもずっと語り継いでいくものと思います」と話している。

ORICON NEWS
指原プロデュース≠ME、センター冨田菜々風が夢語る「東京ドームに12人全員で立つ」

指原プロデュース≠ME、センター冨田菜々風が夢語る「東京ドームに12人全員で立つ」

 タレントの指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ第2弾「≠ME」(ノットイコールミー)が17日、東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージでミニライブを開催した。【動画】≠ME「君の音だったんだ」ミュージックビデオ 集まった1500人の観客を前に、先輩グループ「=LOVE」(イコールラブ)が初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得した6thシングル「ズルいよ ズルいね」(10月発売)のカップリング曲として収録されている≠MEの新曲「君の音だったんだ」や、自身初のオリジナル曲「≠ME」、さらには=LOVEのカバー4曲を含む全6曲をパフォーマンスした。 センターの冨田菜々風(とみた・ななか)は「私たちノットイコールミーの夢は、今、目の前にある東京ドームに12人全員で立つことです。簡単な道のりではないけど、このステージからひとつずつ前に進んでいって、いつか必ずここにいる皆さんを東京ドームに連れていきます!」と大きな夢を語り、ファンと約束しました。 イベント中にはサプライズとして、プロデューサーの指原から手紙をカメラマンから手渡された。メンバーの蟹沢萌子が驚きながらも読み上げると、≠MEの定期公演を開催すること、その初回を12月30日に東京・天王洲 銀河劇場で行うことが発表され、ファンを沸かせた。指原は手紙を通じて「みんなが初お披露目の時にイコラブに立たせてもらった劇場だね。私もスタッフもとっても楽しみにしています。みんなの成長と向上心が日々の活力です」とエールを送った。■プロデューサー指原莉乃からの手紙全文みなさん、こんにちは指原莉乃です。ノイミーのみんな、初めての全握おめでとうございます!今まで自分たちが誰かアイドルやアーティストを応援していたのと同じように、今みんなのことを応援している人たちが目の前にいます。期待を裏切らないよう努力し、そして感謝を忘れず、何か辛いことがあったらいま目の前に広がる景色を思い出してください。シングルデビューもまだしていないみんなのことを待ってる人がいます。これってすごいことだよね。ファンの皆さんも集まっていただきありがとうございます。まだまだ未熟なグループ、プロデューサーですが、みなさんに楽しんでいただけるよう、より一層努力します。さあ、今日お手紙を書いているのは…メンバーのみんな、ファンの皆さんにお知らせがあります!ノイミー第一回定期公演が2019年12月30日に決定しました!定期公演と言えばいつもイコラブも代アニライブステーションで行なっている公演です。が!今回はノイミー初めての定期公演ということで…会場は、銀河劇場です!!みんなが初お披露目の時にイコラブに立たせてもらった劇場だね。私もスタッフもとっても楽しみにしています。みんなの成長と向上心が日々の活力です。それではこの後の握手でも感謝の気持ちをファンの皆さんにお届けしてね。指原莉乃■東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージ セットリスト1. スタート!2. 届いてLOVE YOU▽(▽=ハート)3. 「部活中に目が合うなって思ってたんだ」4. 探せ ダイヤモンドリリー5. 「君の音だったんだ」6. ≠ME

ORICON NEWS
柳沢慎吾、1回のリハでジャック・ニコルソンを完コピ 笠井信輔アナ「ラスベガスで大ウケする」

柳沢慎吾、1回のリハでジャック・ニコルソンを完コピ 笠井信輔アナ「ラスベガスで大ウケする」

 俳優の柳沢慎吾(57)が18日、都内で行われた映画『ドクター・スリープ』(29日公開)の特別試写会イベントに登場。持ち前のひとり芸を見せて、会場の笑いを誘った。【写真】会場を笑いに包む…持ち前の”ひとり芸”を披露した柳沢慎吾 1980年に公開された映画『シャイニング』の惨劇から40年後の物語を描いている本作。芸能生活40周年の柳沢は、同じ「40」の縁から“ひとりシャイニング”を披露。『シャイニング』で主演を務めたジャック・ニコルソンの走り方を1回のリハで完コピし、MCを担当した笠井信輔アナウンサーからは「ラスベガスでやったら大ウケすると思う」と絶賛し、会場からも拍手がわきおこった。 芸能生活40年を「色々ありましたね」と振り返った柳沢は同作について「1980年代の当時としてはホラー映画の最先端だったと思う。当時は何回も何回も撮影したと思うので、役者さんもスタッフさんもきつかったと思いますよ」と映画を見た感想を話していた。『ドクター・スリープ』については「効果音とか映像とかはもちろんきれいになっているんですけど、当時の雰囲気が絶妙に出ていましたね」と話していた。 この日は、有村昆(43)、双子のりんか&あんな(8)も登壇した。 『ドクター・スリープ』は、『シャイニング』で生き残ったダニ―の周りで不可解な自動連続喪失事件が発生。心に傷を抱えた孤独な大人となったダニ―は、特別な力を少女と出会い事件の謎を追っていく中で、40年前の惨劇が起きたホテルに到着する。

ORICON NEWS
Hey! Say! JUMP&Foorin、“日本代表”として意気込み アジア太平洋地域の歌の祭典開催

Hey! Say! JUMP&Foorin、“日本代表”として意気込み アジア太平洋地域の歌の祭典開催

 アジア太平洋地域の歌の祭典『ABUテレビ ソング フェスティバル in TOKYO』があす19日、日本で初めて開催されるのを前に、会場である東京・渋谷のNHKホールで18日、司会の村上信五(関ジャニ∞)、杉浦友紀(NHKアナウンサー)、出演アーティストのDimash Kudaibergen(カザフスタン)、Hey! Say! JUMP(日本)、米津玄師プロデュースの子どもユニットFoorin&Foorin team E(特別出演)が会見を行った。【写真】スーツ姿で意気込みを語ったHey! Say! JUMP 日本代表アーティストとして出演するHey! Say! JUMPの山田涼介は「ジャニーズの良さ、Hey! Say! JUMPの良さを出して行かなきゃ。(本番ステージでは)バックでジャニーズJr.も登場するので、未来への希望を届けていきたい」と意気込みを語った。 同イベントは、アジア太平洋の国と地域からトップアーティストが参加し、国際色豊かな楽曲を披露し合う。視聴可能人口は20億人超。2012年の韓国・ソウル、13年のベトナム・ハノイ、14年の中国・マカオ、15 年トルコ・イスタンブール、16年インドネシア・バリ島、17年中国・四川省成都、18年トルクメニスタン・アシガバートでの開催に続き、8回目の今年は日本で初めて開催され、11の国と地域が参加する。 村上は「このような大きなフェスの司会をやらせていただいて光栄です。アジア太平洋地域のアーティストが一堂に会する貴重な時間を、感動とともにたくさんの方に届けられるように頑張らせていただきます。アジア太平洋地域の音楽を通して、その国や地域の文化を学べるいい機会。楽しみにしています」とコメント。 日本代表として出演するHey! Say! JUMPは「日本代表として呼んでいただいて感謝していますし、出演できて光栄ですし、緊張とプレッシャーもあるのですが、先輩の村上くんの力をお借りしながら、全力でパフォーマンスできたら」(山田)と、ステージプランを少し明かした。 「僕たちのオリジナル曲のほかに、坂本九さんの『上を向いて歩こう』をカバーします。サビのところで日本語の手話を取り入れているんでが、今回は国際手話に挑戦させていただき、歌詞の意味も届けられるような演出にしました」(薮宏太)。 記者から「先輩の村上さんからどんな力を借りたいのか」という質問が出ると、村上が「やかましいわ」とツッコミ、会場が笑いに包まれる一幕も。山田は「村上くんのトーク力。なんでも拾ってくれて、なんでも面白くしてくれる安心感がある。それでいて、全く緊張しない先輩。会見ではスーツを着てビシッとキメていますが、10分前までクマさんみたいなもこもこの服を着ていて、ホッとする。緊張を与えない人なので、安心してパフォーマンスできると思う」と答えていた。 今回、特別企画として、作曲家の久石譲、東京フィルハーモニーと並んで出演するFoorinと「パプリカ」の英語版を歌うFoorin team Eも、堂々と会見でコメントした。 住田萌乃は「私たちがいままで歌ってきた『パプリカ』が、もっと世界に広まってほしい、歌ってほしい、という思いで、英語版をたくさん練習してきました。team Eのみんなと力を合わせて世界中の人に元気を届けようと思います。一生懸命頑張りますよろしくお願いします」と元気よくあいさつ。Foorin team Eのジャスミンも「一生懸命がんばって楽しみましょう」と意気込んでいた。 あすの本番の模様は、総合テレビ、BSプレミアム、BS8Kで放送されるほか、NHKワールドJAPANで世界に向けて発信される。

ORICON NEWS
May'nが日本人初の快挙 『2019 ASIAN MUSIC FESTIVAL』で“年度最具突破女歌手賞”受賞

May'nが日本人初の快挙 『2019 ASIAN MUSIC FESTIVAL』で“年度最具突破女歌手賞”受賞

 ワールドツアーを多数開催するなど海外でも根強い人気を誇るアーティスト・May'nが17日、中国・深センのアミューズメントパーク「世界之窓」にて開催された、本年度アジアで注目されたアーティストを選出し、賞を送るアワード『2019 ASIAN MUSIC FESTIVAL』に日本人として初の受賞を果たし、受賞式に参加した。【全身ショット】鮮やかなロングドレスで授賞式に参加したMay'n 当日は中国全土から数百のメディアが集まり、中国のJike Junyi、Wang Ziyi、そして韓国のSEVENTEENなど世界的に活躍する名だたるアーティストに並びMay'nもレッドカーペット、受賞式に参加。“年度最具突破女歌手賞”を受賞し、ペータル・ストヤノフ 元ブルガリア大統領より授与された。 受賞者によるライブステージでは、May'nが中国のゲームが原作で現在日本で大人気放送中のTVアニメ"アズールレーン"のオープニング主題歌「graphite/diamond」を歌唱。圧巻の歌唱とステージングに会場もひときわ大きな盛り上がりを見せていた。 May'nは受賞を受け「海外ツアーをやるようになってから10年、コツコツやってきたプロセスが実り今回の受賞になりました。日本人初の受賞という事で大変光栄に思っています。この受賞に恥じないように今後も日本は勿論海外での活動も広げていきたいと思っています」と、その想いを語った。 11月28日には中国のWeiboがその年活躍した著名人を選出し賞を送るアワード、Weibo Account Festival in Japanに2年連続で選出され、受賞式に参加する。

ORICON NEWS
カテゴリ