人気

新着

指原P「≠ME」冨田菜々風、初ソロ曲MV公開「心臓が飛び出るんじゃないかと…」

指原P「≠ME」冨田菜々風、初ソロ曲MV公開「心臓が飛び出るんじゃないかと…」

 タレントの指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「≠ME」(ノットイコールミー、通称ノイミー)で3作連続センターを務める冨田菜々風(とみた・ななか、19)のソロ曲「空白の花」のミュージックビデオが26日、YouTubeの公式チャンネルで公開された。【動画】甘酸っぱいストーリー…≠ME冨田菜々風、初ソロ曲MV ノイミー初となるソロ曲は、ピアノとストリングスを中心としたアレンジに乗せ、冨田の優しくもダイナミックな歌声が印象的なバラード。作詞は今作もプロデューサーの指原が担当した。 事前に公開されたティザー映像の中で指原は、冨田にソロ曲を書き下ろした理由について「ボイトレもめちゃめちゃやっている中じゃなくて、ステージにもそんなに回数立ってない、“今”の声で書きたい曲だったから。純粋に私が書きたい内容と菜々風の声がマッチしたから」と説明する。 ソロ曲を打診された冨田は「心臓が飛び出るんじゃないかと思うほど驚きました」と打ち明け、「素直に嬉しい気持ちと、それと同じくらい、期待に応えられるかという不安な気持ちも大きかったです。でも、指原さんの言葉を受けて、今の私にできる精一杯を出しきってみようという気持ちに変わりました。この曲は私を1つステップアップさせてくれる経験になると確信して、たくさんの事と向き合い、自分に気合いをいれました」と腹をくくった。 1月に撮影されたMVは、映画監督の山戸結希氏が手がけた。単独では初のMV撮影となった冨田は「監督と事前に打ち合わせも兼ねて、1対1でお話しをさせていただき撮影に挑みました。自然な演技をすることがとても難しかったので、イメージを何度もふくらませて、飾らず主人公の気持ちに寄り添って演じました」とのコメントを寄せた。■≠ME冨田菜々風コメントこの曲は、歌詞がとてもストレートで、悲しくて、すごく切なくて、思い通りにならないもどかしさに、胸がキュッとなります。たくさんの方に共感していただける、そんな1曲になっていると思います。私がソロのお話を聞いた時、心臓が飛び出るんじゃないかと思うほど驚きました。素直に嬉しい気持ちと、それと同じくらい、期待に応えられるかという不安な気持ちも大きかったです。でも、指原さんの言葉を受けて、今の私にできる精一杯を出しきってみようという気持ちに変わりました。この曲は私を1つステップアップさせてくれる経験になると確信して、たくさんの事と向き合い、自分に気合いをいれました。MVは、監督と事前に打ち合わせも兼ねて、1対1でお話しをさせていただき撮影に挑みました。自然な演技をすることがとても難しかったので、イメージを何度もふくらませて、飾らず主人公の気持ちに寄り添って演じました。初めてのソロ曲は、初めてのことがいっぱいで、すごく良い経験を沢山させて頂きました。いつもだと、12人1チームで、失敗しても助けてくれる仲間がいて、お互い支え合い、足りないところを補い合うことができましたが、今回は自分を信じて頑張るしかなく、改めてメンバーの大切さに気づくことも出来ましたし、自分もメンバーの力になれる存在でありたいと強く思いました。この経験と気持ちが、“空白の花”をより良いものにしてくれたと思います。少しでも多くの方に届きますように。

ORICON NEWS
三代目JSB山下健二郎、体調不良で冠ラジオ出演見合わせ 3日前に発熱「大事をとって」

三代目JSB山下健二郎、体調不良で冠ラジオ出演見合わせ 3日前に発熱「大事をとって」

 三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎が体調不良のため、29日放送のニッポン放送『三代目 J SOUL BROTHERS山下健二郎のZERO BASE』(毎週金曜 深0:00~1:00)の出演を見合わせることが26日、グループの公式サイトなどで発表された。【画像】三代目JSB、仲睦まじいプライベートショットを公開 公式サイトでは「23日に平熱を上回る発熱が認められ、現在は平熱に戻って体調も安定しておりますが、番組とも協議を重ねた結果、大事をとって欠席させていただくこととなりました」と報告。今後の活動については「LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チームの指導のもと、万全の態勢で対応を継続して行ってまいります」としている。 なお、29日放送回は代役を立て、内容を一部変更して放送する。

ORICON NEWS
NEWS手越祐也、芸能活動休止 ジャニーズ事務所が発表 緊急事態宣言中の外出で

NEWS手越祐也、芸能活動休止 ジャニーズ事務所が発表 緊急事態宣言中の外出で

 人気グループ・NEWSの手越祐也(32)が、活動を自粛することが26日、所属するジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。手越祐也の過去出演作品一覧 手越は先日、一部週刊誌に緊急事態宣言の発令中の4月下旬、手越は都内の飲食店への外出や、女性を集めた飲み会を開催していたと報じられた。今月15日に事務所は公式サイトで、手越は「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実」と認めたため、ジャニーズ事務所のタレント全76人参加による期間限定ユニット『Twenty★Twenty』への参加を見合わせることを発表した。 その後も手越の外出が報じられたことから、事務所として手越に事実関係を確認したところ「一部、事実関係に相違があるとのことでしたが、報道にありましたような酒席に参加していたことを認めました」と報告。「世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりましたことを弊社といたしましては重く受け止めております」と伝えた。 度重なる説明や要請にも関わらず、緊急事態宣言期間中の酒席への参加が確認された状況を踏まえ、「すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と決定。「日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」と説明した。 事務所としても、手越に行動に気をつけるように繰り返し伝えてきたが「今日に至るまで本人に理解させることができず、ファンの皆様や関係者の皆様には大変申し訳なく、責任を感じております」と謝罪。 今後に向けて「本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります。また、今回のことを生かして、弊社の所属タレントに対しましては、ジャニーズJr.として弊社に所属した段階から仕事を通じて社会人として成長できるよう、保護者と連携しながら適切な指導・マネージメントに努めてまいります」と改めて決意を表明。 そして「本業であるエンターテイメントによる活動とSmile Up! Projectとして行っております支援活動にジャニーズグループー丸となって取り組む姿勢をご覧いただくことで皆様に信頼していただけますよう、精進してまいります」と締めくくった。 手越は1987年11月11日生まれ、神奈川県出身。2003年にNEWSのメンバーに選出。06年にはメンバーの増田貴久とユニット「テゴマス」結成。日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』にレギュラー出演中。俳優としてドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』『デカワンコ』、映画『疾走』などに出演。

ORICON NEWS
ジャニーズWEST藤井&神山、おうちでの過ごし方は?『正しいロックバンドの作り方』キャストコメント到着

ジャニーズWEST藤井&神山、おうちでの過ごし方は?『正しいロックバンドの作り方』キャストコメント到着

 人気グループ・ジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋主演する日本テレビのシンドラ『正しいロックバンドの作り方』(毎週月曜 深夜0:59)第7話が6月1日放送される。第7話では2人が演じる兄弟らロックバンド“悲しみの向こう側”の面々が家にこもって歌詞を書き上げるストーリーにちなみに、現在のおうちの過ごし方についてキャスト・スタッフからコメントが到着した。ジャニーズWESTの作品一覧 同ドラマは熱血とクールの相反する兄弟でもある主人公シズマ(藤井)とテツ(神山)、そしてオギノ(栗原類)、コバ(吉田健悟)の4人組ロックバンド“悲しみの向こう側”が日本最大級の音楽フェス『電撃ロックFes』出場を目指して奮闘する物語。シズマにドッキリを仕掛けた動画をバズらせ、無事に一次審査通過を果たした4人が第7話では、二次審査の課題『朝焼け』をテーマにオギノのお家に4人がこもって歌詞を書き上げる…? おうちでの時間について藤井は「家では基本的には、テレビを見たり、ネットで動画を見たりしてます!後は最近アボガドにレモン絞ってオリーブオイルとブラックペッパーかけて、それをツマミにしています。笑」。神山は「ゲームをしたり、ギター弾いたり、ペットのワンちゃんと猫ちゃんと遊んだり、家の模様替えをしたり、普段掃除しないところを掃除したりと結構充実しています」と日々を報告した。 また、栗原は「今流行りのオンラインで人狼ゲームを友人たちとよくやっています。普段人狼ゲームをするときは人が周りにいるので、声のトーンは変わらないのですが、オンラインとなったら画面越しに人がいるからなのか、相手が嘘をついているときや自分が人間だと主張するときは声を大きめに出してしまいます(笑)気がついたら4~5時間くらいやったりすることもあります」とすっかりハマっているそう。 吉田は「朝日と共に起き、ヨガをしてスムージーを作って、、、というロハスな(?)生活に憧れてましたが、現実はラーメンの動画観て、ラーメン最高!!と思う日々」と理想とはちょっと反した庶民的な過ごし方を明かし「皆様は何味が好きですか?」と問いかけ。それぞれが充実したおうち時間を満喫しているようだ。 いよいよ物語も終盤へ。神山は「2次審査のお題として自作曲を4人で作る為にオギノの家に集まって作詞担当のリーダーのシズマを中心に歌詞を考えるのですが、中々いい歌詞が思い浮かばず苦悩しながらもあの手この手でシズマに歌詞の神様を降臨せる為に奮闘するというお話しになっています。最終回に向けてのラストスパートにも入っていきます」と紹介。藤井は「とにかく笑えるシーンが沢山ありますからこのおうち時間の中でストレスもあると思いますが、少しでも見て頂いた方に元気を与えられたらと思います!是非、悲しみの向こう側の馬鹿げたおうち時間を楽しんでください」とアピールしている。■キャスト・スタッフコメント藤井流星(ジャニーズWEST)「家では基本的には、テレビを見たり、ネットで動画を見たりしてます!後は最近アボガドにレモン絞ってオリーブオイルとブラックペッパーかけて、それをツマミにしています。笑第7話は電撃ロックフェスの課題でシズマが歌詞を1日で完成させないといけないという状況で歌詞の神様が降りて来る様にバンドメンバーに協力をしてもらいながら悪戦苦闘するのですが、果たして歌詞の神様はシズマに降りるのか!その中でテツ、オギノ、コバが振り回されまくります!笑笑とにかく笑えるシーンが沢山ありますからこのおうち時間の中でストレスもあると思いますが、少しでも見て頂いた方に元気を与えられたらと思います!是非、悲しみの向こう側の馬鹿げたおうち時間を楽しんでください」神山 智洋(ジャニーズWEST)「お家時間はゲームをしたり、ギター弾いたり、ペットのワンちゃんと猫ちゃんと遊んだり、家の模様替えをしたり、普段掃除しないところを掃除したりと結構充実しています。1話~6話まではバンドの関係性やメンバーそれぞれにスポットを当ててキャラクターにフィーチャーしたお話でしたが、7話は2次審査のお題として自作曲を4人で作る為にオギノの家に集まって作詞担当のリーダーのシズマを中心に歌詞を考えるのですが、中々いい歌詞が思い浮かばず苦悩しながらもあの手この手でシズマに歌詞の神様を降臨せる為に奮闘するというお話しになっています。最終回に向けてのラストスパートにも入っていきます。気張らずに見れてクスッと笑えホロっと泣けるドラマですので、まだ見れてないという方は見逃し配信もあるので見てください。1話30分なのでまだ全然間に合います。悲しみの向こう側は目標のフェスに出ることは出来るのか?皆さん最終回まで是非お見逃しなく!」栗原類「僕は今流行りのオンラインで人狼ゲームを友人たちとよくやっています。 普段人狼ゲームをするときは人が周りにいるので、声のトーンは変わらないのですが、オンラインとなったら画面越しに人がいるからなのか、相手が嘘をついているときや自分が人間だと主張するときは声を大きめに出してしまいます(笑)気がついたら4~5時間くらいやったりすることもあります。リアルタイムで放送を見ながらSNSを見ると、たくさんの方々が楽しんでくれていて嬉しいです。これからも今まで通り楽しんでいただきたいのですが、ただひとつ楽しみかたを追加するとしたら、1話から見直して神山智洋さん演じるテツの言葉遣いを聞き直しながら、見直してみてください。5話辺りから、ちょっとした変化があります!」吉田健悟「「朝日と共に起き、ヨガをしてスムージーを作って、、、というロハスな(?)生活に憧れてましたが、現実はラーメンの動画観て、ラーメン最高!!と思う日々。皆様は何味が好きですか? そして最高といえば!『正しいロックバンドの作り方』最高のドラマなので、是非見てください!」企画・脚本監修 西田征史 「こんにちは。元々、部屋に籠もって執筆する生活だったので、私の「おうち生活」はそこまで以前と変化ありませんが、それでも「してはいけない」「できない」ことが増えると気持ちが苦しくなっていきますね。そんな時に私はよく料理を作ります。深夜のスーパーに車を走らせ、誰とも会わずに食材を調達。それをじっくりコトコト煮込んだりしています。ちょっとした変化が息抜きになっているかなと。「悲しみの向こう側」の4人はどんな料理を作るんでしょうかね? 得意料理は? そもそも料理をするのかな? そんな風に彼らの生活の裏側まで想像してご覧いただけるとより楽しんでいただけるかと存じます。今回は歌詞作り。シズマのこだわりにご注目ください!」演出 山岸聖太「家に居ること自体がとても好きなので、そもそも家に居るだけで楽しい日々なのですが、先日深夜に思いつきで模様替えをしまして、その時に、いままで開けてなかった窓に気がつきました。棚で覆われて隠れていたのです。「そうか。こんな所に窓が」と見つけた瞬間は不思議な感覚でしたが、躊躇なく思いきりガラリと開けてみた所、特になんて事のない風景が見えるだけでした。しかし、そのなんて事のない風景の新鮮さたるや…。しばらく見入ってしまいました。これは誰とも共有できない喜びなのかもしれません。それからちょくちょく模様替えをしています。そんな楽しみを覚える日々です。悲しみの向こう側の4人は今回家にこもって歌詞を書きます。彼らの制作風景をどうぞお楽しみください」

ORICON NEWS
福士蒼汰“リモート撮影”で新たな魅力 写真家・荒木勇人氏とコラボ

福士蒼汰“リモート撮影”で新たな魅力 写真家・荒木勇人氏とコラボ

 俳優の福士蒼汰が25日、自身のインスタグラムを更新。投稿された動画は、写真家・荒木勇人氏が画面越しに一眼レフを構え、オンライン会議ソフト「Zoom」画面上の福士とやりとりをしながら“リモート”で撮影したという。【写真】福士蒼汰と写真家・荒木勇人氏が行ったオンライン撮影の模様 荒木氏は、これまで福士をはじめ、数々の人気俳優の写真集やカレンダーなどを担当。今回の撮影に至ったきっかけは「従来の撮影方法とリモート撮影をうまく融合できないか」という荒木からの提案で、福士が意気投合したことで実現。新しい撮影方法の可能性を探り、パソコン自体をカメラで撮影するという方法に挑むこととなった。 実際の撮影では、お互いにアングルの調整などを細かく行い、リアルな撮影よりも何倍ものコミュニケーションを取ったという。投稿された動画は、観葉植物の間から福士が顔を覗かせているようなカットや、画面に反射させた光を利用したり、逆光のような世界観を作り出した演出など、福士の新たな魅力を引き出す仕上がりとなっている。

ORICON NEWS
三代目JSB、『ZIP!』とSP企画実現 10周年を秘蔵映像で振り返る「心からこのメンバーで良かった」

三代目JSB、『ZIP!』とSP企画実現 10周年を秘蔵映像で振り返る「心からこのメンバーで良かった」

 今年デビュー10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERSと番組開始10年目の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!(毎週月~金曜 前5:50)10周年のスペシャルコラボ企画が26日に番組内で放送されることが決定。自宅からメンバー全員をリモートでつなぎ、総合司会の桝太一アナととともに、『ZIP!アーカイブ』に眠る10年分の秘蔵映像を振り返っていく。【写真】三代目JSB・岩田剛典、バッキバキに割れた腹筋公開 岩田剛典が「今となっては笑い話ですよね(笑)」と話す、デビュー当時の“恥ずかしい決めポーズ”をメンバー全員が披露。メンバーも忘れていた小林直己の誕生日サプライズに起きた悲劇とは…。また桝アナウンサーと6年前に『ZIP!春フェス』でダンスコラボしたメンバーが印象に残っている懐かしのエピソードを明らかに。 さらに、あのメンバーの意外な事実が発覚したり『実は、サラサラヘアーだった!?』『部屋はマリリン・モンローだらけ!?』『NAOTOと岩田の意外な共通点とは!?』など自宅ならではのプライベート感も満載で送る。 リモート収録を終えた火曜パーソナリティーを務めるメンバーの山下健二郎は「リラックスしながら過去の映像を見て楽しくリモート収録出来ました! 収録日の夜、7人だけで初めてリモート飲みしました!」と収録後にメンバーとも絆がさらに深めたそう。 過去の秘蔵映像は「ただただ、恥ずかしかったです」と照れ笑いしつつ「若手の頃は手段を選ばず盛り上げたり爪痕を残さないといけないと思ってたので、当時はあれで良かったんだと思います。過去映像を見ながら10周年振り返ると色んな事がありましたが、心からこのメンバーで良かったと思いました! 過去映像を見るのは恥ずかしいですが、三代目JSBを深く知っていただけるエピソードがたくさんありますので是非見てください!!」と強くオススメしている。

ORICON NEWS
カテゴリ