人気

新着

野村周平、米国留学から帰国後初のドラマ出演 福士蒼汰のライバル役「初心に戻った感覚」

野村周平、米国留学から帰国後初のドラマ出演 福士蒼汰のライバル役「初心に戻った感覚」

 俳優の野村周平(26)が、9月22日スタートのカンテレ・フジテレビ系5週連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(毎週火曜 後9:00)に出演することが、わかった。主演・福士蒼汰演じる主人公とともに危険な潜入捜査に挑むライバル・佐根村将(さねむら・しょう)を演じる。【動画】ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』特報映像 昨年5月から今年4月まで、米・ニューヨークに語学留学をしていた野村は、帰国後初の連続ドラマ出演。「久しぶりにせりふを覚えたり、現場の空気を感じたりして、初心に戻った感覚になりました。僕のことを覚えていてくれて、今回お声がけいただいたということがすごくありがたいですし、その期待に応えるべく頑張らないと、と気が引き締まる思いです」と心境を明かしている。  今作は、コミック雑誌『グランドジャンプ』(集英社刊)で連載されていた人気漫画『DIVERに-組対潜入班-』を実写化。福士が演じる主人公の黒沢兵悟(くろさわ・ひょうご)は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、極秘で結成された『潜入捜査チーム(通称D班)』の一員となる。その仕事は、悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。 野村演じる佐根村は黒沢とともにD班に所属し、黒沢とぶつかっていくライバル的存在。海上自衛官で優秀な成績をおさめたエリートだが、ある真相を確かめるべく自衛隊を辞めD班の一員となる。この役を演じるにあたり野村は「礼儀正しく、硬派。元自衛官なので、体つきも意識してトレーニングや格闘技を習ったりしています」と体作りにも挑戦。なた、撮影の主な舞台となっているのは、野村の出身地でもある神戸の街ということもあり、「学生の頃、友達とよく遊んでいた場所やなじみのある風景が撮影現場になっているのがうれしいですね」と昔を振り返りながら話した。 一方、今回野村と3度目の共演となる福士は「お互い少し大人になった今、また共演できるのがうれしいです。軸の部分は変わらず、安心感や安定感も味わっています。野村くんとは、今までは同級生の役での共演でしたが、『DIVER』では、野村くんが年下の役で僕に敬語を使うのが新鮮で、楽しみながら演じています」と今回の関係性を満喫しているよう。 また、このほか、潜入捜査班のリーダー・伊達直哉(だて・なおや)役に安藤政信(45)が決定。兵庫県警組織犯罪対策課で事件現場の指揮をとりながら、裏では黒沢や佐根村ら個性的なメンバーを束ね、潜入捜査に挑む。緊急事態宣言による活動自粛が明けてすぐのドラマの撮影がこの作品だったこともあり「表現をすること、監督や役者たちと作品を創っていくことが好きなんだな、と改めて感じました。現場にいるありがたみが今までより強くなりました」と強い実感を口にした。 そして潜入捜査班を統括する女性キャリア警察幹部・阿久津洋子(あくつ・ようこ)にはりょう(47)が起用。りょうは「使える武器はすべて使うしたたかさがあって、冷徹な人。男社会の中で押しつぶされたりもしながら、内部にはびこる悪をみて、本当の正義とは何かを追及している強い女性だという感じがしています」と役の印象について話す。「自分の武器をすべて使う、という意味で、女性であることも武器にしていると感じ、衣装さんとも相談して柔らかい素材だったり、レースを入れてみたり、フェミニンな要素も入れてみました」と役づくりへのこだわりを見せる。 今回、追加キャストの発表に加え、ドラマ公式サイトでは15秒の特報映像も公開。悪の組織に潜入し、どんな手段を使ってでも闇の根源を駆逐するという凶悪性を持つ福士演じる黒沢の表情や、アクションサスペンスとして疾走感満載の映像に。福士は「兵悟の中にある“闇”をどう表現するか考えながら撮影に臨んでいます。潜入捜査官なので、いろんなキャラクターを演じる感覚でお芝居をしています」と充実感をにじませている。

ORICON NEWS
ジャニーズWEST藤井流星&神山智洋、万全のコロナ対策で舞台「誰ひとり欠けることなく完走したい」

ジャニーズWEST藤井流星&神山智洋、万全のコロナ対策で舞台「誰ひとり欠けることなく完走したい」

 人気グループ・ジャニーズWESTの藤井流星、神山智洋が9日、東京グローブ座で行われた舞台『正しいロックバンドの作り方 夏』の公開ゲネプロ後の取材会に出席。新型コロナウイルスの感染拡大が伝えられる中での公演となることを受け、キャスト・スタッフ全員が事前に検査を受けて、陰性だったことを報告した。【写真】ソーシャルディスタンスを保って…出演者がポーズ その上で、藤井は「みなさん気をつけて来てくださる人ばかりなので、この公演内では、お客さんも含めて、誰ひとり(感染者が)出ないように完走したい」と意気込み、神山も「感染拡大防止にしっかり努めながら(9月の)大阪公演まで誰ひとり欠けることなくできたら…」と思いを語った。 同作は、今年4月から6月まで日本テレビの深夜ドラマ『シンドラ』で放送されたものを、シンドラ×東京グローブ座のコラボ第2弾として舞台化。藤井演じるバンドを愛する心配性のリーダー・シズマ、神山演じる夢も目標も特にない今どき大学生のテツが、ドラマそのままに舞台にも登場する。 けいこ中もコロナ対策のために、マスクをつけた状態で行っていたようで、藤井は「ホンマにけいこ中もずっとマスクだったので、きょう(のゲネプロで)全員の表情がこんな感じやったんやって見えて、すごく新鮮でした」としみじみ。神山も「2段階で楽しめた感じですね」と合いの手を入れながら「こういう状況の中で舞台をやるということで、エンタメが見てくれる人たちに届けられるものって、すごい力になるかなと感じています」と言葉に力を込めた。 ドラマから引き続く形での舞台化について、神山は「ドラマがクランクアップする時もこれで終わりじゃないっていうのがあって『じゃあ、また』っていう感じでした。舞台で新しく出演してくださる方もいて、よりパワーアップしています」とアピール。藤井は、ストーリーとの共通点について「僕らもデビューまでに時間かかりましたし。はじめから売れていたわけではなかったので、ちょっと重ねちゃうというか…」と語りながら「この物語の続きを考えるなら、最終的にハッピーエンドになってほしいな」と呼びかけた。 8月22日・23日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ43』内で放送される、スペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』のドラマパートでは、同じグループの重岡大毅が主演。藤井は「グループで一斉に『おめでとう』って送りました。出られるみなさんが豪華な方々ばかりで、その中で(選ばれて)よかったなーって…」と声を弾ませると、神山も「メンバーが頑張っている姿が好きなので、うれしかったですね」と続いた。 今回は、公演映像の配信も決定(詳細は、後日公式サイトで発表)。神山は「こういう状況で(劇場に)見に来られなかったという方もたくさんいらっしゃると思います。こういう機会なので、配信という形でお届けできるっていうのはうれしいです」と話すと、藤井が「リスクもありますが、しっかりと対策をして完走したいです。笑いが多い舞台なので、みなさんで笑いまくっていただきたいです」と見どころを明かしていた。 ゲネプロにはそのほか、栗原類、吉田健悟、中村梅雀、西田征史氏も出席。同作の東京公演は、9日から30日まで行われ、9月2日から8日までは梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで大阪公演が上演される。

ORICON NEWS
ジャニーズのインテリ軍団「ジャニーズクイズ部」TV初登場 初陣は『Qさま!!』

ジャニーズのインテリ軍団「ジャニーズクイズ部」TV初登場 初陣は『Qさま!!』

 Snow Manの阿部亮平を筆頭に、Travis Japanの川島如恵留、美 少年の那須雄登、浮所飛貴、7 MEN 侍の本高克樹(高=はしご高)、Aぇ!groupの福本大晴ら、ジャニーズ屈指の高学歴メンバーによって結成されたインテリ軍団「ジャニーズクイズ部」が、テレビに初登場。10日にテレビ朝日系で放送される『Qさま!! ついに実現!高学歴ジャニーズ軍団vsQさま!!軍団 マスドリルで激突スペシャル』(後8:30~9:48)に、“高学歴ジャニーズ軍団”として、カズレーザー率いる「Qさま!!」軍団とガチンコ対決を繰り広げる。【写真】MCのさま~ずと高山一実 もともと、ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV」内でクイズ企画をスタートさせ、それがきっかけで結成されたという「ジャニーズクイズ部」。今をときめくアイドルで、歌って踊れて、勉強もできる――さらにスゴいことに、気象予報士や宅地建物取引士など難関資格を持っていたり、早稲田理系、慶応ボーイ、国公立大、そして法学部に在籍しながら弁護士志を目指していたりと、それぞれがカラフルでそうそうたる肩書を持っている。 そんな、天が「二物も三物も与えた」インテリ男子たちが、カズレーザー、石原良純、伊集院光、宇治原史規、弘中綾香アナウンサー、乃木坂46の山崎怜奈という『Qさま!!』最強の布陣に挑む。 「ジャニーズクイズ部」のテレビデビュー、そして『Qさま!!』への初出演に、メンバーたちは一様に緊張の面持ち。これまではそれぞれが単独で『Qさま!!』に登場したことはあっても、ジャニーズの仲間たちと一緒に、というのは初だったこともあり、阿部は「仲間がいてくれて心強かった」と明かす。 クイズ部結成後、メンバー全員で会うのは、この収録が初だったそうで、「今回の『Qさま!!』で結束力が強くなった」(川島)、「クイズを解くたびに仲が深まった気がする」(那須)、「みんなで出ることができて本当にうれしい」(浮所)、「これがスタート地点で今後もっと活躍していきたい」(本高)、「グループを越えた交流はなかなかない機会」(福本)と、口々にチームワークの良さを強調したクイズ部の面々。全員がそろうことはレア、とのことなので、あすの『Qさま!!』は貴重な時間となること間違いなしだ。 対戦クイズの内容は、人気の漢字ケシマスや英語ケシマス、ドボンマスなどに加え、新形式の「うそつき3択」という楽しいクイズも登場。カズレーザーや宇治原を擁する超強力な「Qさま!!」軍団と、熱いチームバトルを繰り広げる。その展開は予想外に激しく、MCのさまぁ~ず、そしてクイズ大好きを公言する乃木坂46・高山一実も、手に汗を握りっぱなしだった。 インテリイケメン「ジャニーズクイズ部」は強敵「Qさま!!」軍団を倒し、番組の歴史に名を刻むことはできたのか!? さらに、彼らを応援すべく、ジャニーズ事務所の先輩である風間俊介が今回特別に、問題解説ナレーションを担当。後輩を応援しながら、ナレーションを務める姿にも注目だ。

ORICON NEWS
『THE MUSIC DAY』9・12放送決定 総合司会は8年連続で櫻井翔

『THE MUSIC DAY』9・12放送決定 総合司会は8年連続で櫻井翔

 日本テレビ系の大型音楽特番『THE MUSIC DAY』が9月12日に放送されることが決定した。8年目の今年は、8時間の生放送(後2:55~10:54)。総合司会は8年連続で嵐の櫻井翔に決まった。【写真】司会の水卜麻美アナは『スッキリ』であいみょんに直撃 毎年7月恒例の番組だったが、今年は新型コロナウイルスの影響で「秋以降に放送を検討」とされていた。9月12日に放送されることが決まり、今年も総合司会を務めることになった櫻井は「今年に関しては『お届けできることになってよかった』という安堵感が大きいです」と本音を吐露。「生活を支えることはできないかもしれないけど、心を豊かにしてくれるのが音楽なのかなと、今、改めて感じています」と胸中を明かした。 8年目のテーマは「人はなぜ歌うのか?」。豪華アーティストがそれぞれの想いを歌で届ける。メドレー企画は今回も豊富なラインナップをそろえられているといい、ジャニーズグループが大シャッフルし、人気楽曲をメドレーで歌う「ジャニーズシャッフルメドレー」など詳細は今後随時発表される。 司会は羽鳥慎一、水卜麻美両アナウンサー。アーティストを迎えるNEXTゲートのMCは、同局のレギュラー音楽番組『バズリズム02』(毎週金曜 深0:59)のバカリズムと滝菜月アナウンサーのコンビが担当する。■総合司会・櫻井翔コメント今年に関しては「お届けできることになってよかった」という安堵感が大きいです。日々緊張感のある報道が多い中、音楽番組を見るとすごくホッとする瞬間というのが自分自身ありました。ずっと家にいるなど、鬱々と日々を過ごす中で、音楽をかけて気持ちが前向きになったり、靄が少し晴れるような気持になったり。生活を支えることはできないかもしれないけど、心を豊かにしてくれるのが音楽なのかなと、今、改めて感じています。音楽は時として、“言葉”をメロディに乗せることで、より人に届いたり、より人に記憶されたり、温度感も含めて届けられるものだと思います。嵐の活動の中でも、メッセージをファンの人たちの心により届けられるのが音楽で、音楽とはそういうものだと信じて歌を届け続けています。『THE MUSIC DAY』の8時間の生放送を通じて、今まさにそれぞれのアーティストのみなさんがテレビの向こうにメッセージを送っているという、生の熱量を感じてもらいたいです。そしてMCとして、アーティストの思いをお届けする媒介になれたら…と願っています。

ORICON NEWS
柳楽優弥・有村架純、三浦春馬さんを追悼「春馬さんの分までメッセージを届けられたら」

柳楽優弥・有村架純、三浦春馬さんを追悼「春馬さんの分までメッセージを届けられたら」

 NHK総合で8日に生放送された『土曜スタジオパーク』で特集ドラマ『太陽の子』の特集が組まれ、俳優の柳楽優弥、有村架純がゲスト出演。同ドラマで共演し、先月18日に急逝した三浦春馬さん(享年30)への思いを語った。【写真】特集ドラマ『太陽の子』劇中カット 柳楽は「とても信じがたいニュースで、言葉を選ぶのがとても難しいんですが、みんなを笑顔にする方でしたから、ゆっくり休んで、っていう気持ちと、この作品をしっかり多くの方にお届けできるように頑張るよ、って伝えたですね。そのためにも今回、しっかり(番組に)出ないとなと思って出させてもらいました」。 有村は「柳楽さんともお話して、ご連絡をくださったんですけど、今、自分たちにできることはしっかりこの作品を皆さんに見ていただくことなので、今回、出演を決めて春馬さんの分まで2人でメッセージを届けられたら、と思います」と、話した。 2人の発言の前には、番組MCの近藤春菜から「『土曜スタジオパーク』では、柳楽さん、有村さんと相談を重ねまして、お二人の気持ちを尊重して、予定どおり、このドラマ(『太陽の子』)をご紹介させていただくことになりました」との説明があった。 同ドラマは、史実をもとに描く、若者たちの戦争の悲劇の物語。第二次世界大戦末期、京都帝国大学の物理学研究室に海軍から下された密命は、核分裂のエネルギーを使った新型爆弾を作ること。日本を救うため研究を進める一方で、科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。そして、広島に原子爆弾が落とされたと いう知らせが届く。研究者たちは広島に向かい、そこで焼け野原になった広島の姿を目撃するのだった…。 京都帝国大学の物理学研究室で原子の核分裂について研究する石村修役を柳楽。修の弟で、学徒出陣で戦地に赴いたが、肺の療養のため一時帰宅する石村裕之役を三浦さん。2人が思いを寄せる幼なじみ、朝倉世津役を有村が演じる。 NHK総合テレビ・BS8K・BS4Kで15日(後7:30~8:50)に放送。

ORICON NEWS
キンプリ平野紫耀、自宅で黙々と「一人ブーメラン」 『Mフェア』でマイブーム紹介

キンプリ平野紫耀、自宅で黙々と「一人ブーメラン」 『Mフェア』でマイブーム紹介

 人気グループ・King & Princeが、15日放送のフジテレビ系『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演し、2ndアルバム『L&』(9月2日発売)収録の新曲を披露するほか、マイブームを紹介する。【動画】乃木坂46がミニ丈衣装!ザ・TKサウンドでも話題 キンプリは新アルバムの中から、メンバーの永瀬廉主演映画『弱虫ペダル』の主題歌「Key of Heart」を披露。切なさとさわやかでキュンとくるポップなメロディーに、元気が沸いてくるようなポジティブな歌詞を乗せて歌う。自転車をこいでいるような独特でキャッチーな振り付けにも注目だ。 トークでは、MCの仲間由紀恵から「今アナタがハマっている一人○○」を聞かれたキンプリは、それぞれ「え?」と驚くような不思議な話を始める。天然発言が多い平野紫耀マイブームは「一人ブーメラン」だといい、家で黙々とブーメランを投げてはキャッチする動きを繰り返しているという。本人は「無心な気持ちになることができる」というが、MCの軽部真一アナは珍回答に驚く。 出演はほかに、平原綾香、藍井エイル、乃木坂46が登場。平原の名曲「Jupiter」を、本人と藍井、乃木坂46の生田絵梨花の3人で歌い、美しいハーモニーを繰り広げる。 藍井はニューシングル「I will…」を熱唱。乃木坂46は、秋元康作詞、小室哲哉作曲でこれまで築いてきた清楚なイメージを一新したことで大きな話題を呼んでいる新曲「Route 246」を披露する。 平原はミャンマーの地上波チャンネルMNTVのドラマ『The House with Dreams』の主題歌として作詞・作曲した楽曲の日本語バージョンで、俳優の森崎ウィンとのデュエットでも話題となった楽曲「MOSHIMO」を、番組ではソロで歌い上げる。

ORICON NEWS
カテゴリ