人気

新着

A.B.C-Z・河合郁人、“似てる”を売りに芸人たちと真っ向勝負 “じゃない方ジャニーズ”の気概

A.B.C-Z・河合郁人、“似てる”を売りに芸人たちと真っ向勝負 “じゃない方ジャニーズ”の気概

 ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、A.B.C-Zの河合郁人がバラエティ番組で引っ張りだこだ。きっかけは身内だからこそ“合法”といえる「ジャニーズものまね」。5月に放送された『ものまねグランプリ 次世代ものまね芸人No.1決定戦&歌ものまねNo.1決定戦スペシャル』(日本テレビ系)では、嵐の松本潤や木村拓哉らの「細かすぎるモノマネ」を披露し、初出場ながら準優勝に輝いた。また、以前から自らアピールし続けていたフットボールアワー・後藤輝基に“似てる”ネタも浸透しはじめ、先日放送された『たとえるバラエティ クイズ!鼻からスイカ』(日本テレビ系列)では、ついに後藤と並んでのダブルMCを務めるに至った。今、“異色のジャニーズ”河合郁人に注目が集まる理由とは?【写真】超かわいいワンちゃんを抱くのは…河合? 後藤? どーっちだ!?■しゃべりとダンスの得意分野を活かし、ジャニーズものまねでブレイク 河合は現在32歳、ジャニーズ事務所入所は1999年、12歳のときだ。ジャニーズでは“中堅”ともいえる立ち位置で、当初はカッコいい路線で行くつもりだったらしいが、滝沢秀明に「お前は違う」と言われて路線変更。そんな河合のブレイクのきっかけを作った「ジャニーズものまね」は、自身“ジャニーズ1のジャニヲタ”と称するだけあり、リスペクトにあふれている。先の『ものまねグランプリ』決勝で披露したネタは、『「Love so sweet」の時の嵐・松本潤のダンス』、『「Sexy Summerに雪が降る」の時のSexy Zone 菊池風磨のフリーダンス』、『「TIME ZONE」のイントロでギターをひく岡本健一』、『歌は木村拓哉、踊りは松本潤で嵐の「WISH」』、『KinKi Kids「Anniversary」の堂本剛と堂本光一の歌い方の違い』、『ドラムを叩きながら自己紹介するTOKIO 松岡昌宏』といった具合で、小ネタながら非常にマニアックかつ、「確かにやってそう…」と思わせるものまねだった。 そして何より自分自身これまでしっかり鍛えられただけあり、その踊りや歌も本人並み(本人以上?)にキレキレだからこそ、ものまねされる側のファンからも批判されず、むしろ称賛されるという好展開になっている。 また、もうひとつ自らのウリとしてきた“フットボールアワー・後藤輝基似”も、今年の頭には後藤の冠番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、後藤と同じ衣装を着て登場するところまできた。“フット後藤を画像修正アプリで加工してみた”的な絶妙なイケメンぶりと、例のキレッキレダンスが相まって不思議な笑いを誘い、前述の特番『たとえるバラエティ クイズ!鼻からスイカ』では、ついに後藤とともにMCを務めることになったのである。 特番とはいえ、MCタレントと並んでアイドルがMCに抜擢されることはそう多くはない。同じジャニーズ事務所には、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に出演する関ジャニ∞・村上信五がいる。当初はマツコデラックスとのタッグに「マツコの人気に乗っかった?」との声も一部にはあったようだが、今では村上も“バラエティ班”としての地位を確立し、番組は村上の出世作となったといっていい。 河合も同じように、後藤の番組内で「お笑い界の河合郁人、後藤輝基」「ジャニーズ界の後藤輝基、河合郁人」として互いに“似てる”をアピールし、それぞれに知名度を高めてワンステップ上に行くという“良い関係”になりそうである。■ライバルはアイドルにあらず? 芸人たちと真っ向勝負「若手芸人と同じ熱量」 河合の特長は、ジャニーズのアイドルでありながら若手芸人顔負けの“ガツガツ感”。ここ最近のリモート収録が多いバラエティ番組の中でも、『有田プレビュールーム』や『プレバト!』(ともにTBS系)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)など、多くの大物芸人がMCを務める番組に多数出演している。 特に『ダウンタウンDX』特別編で「(同期の)キスマイよりも(さらば青春の光の)森田(哲矢)さんがライバル!」と発言すると、陣内智則は「芸人じゃないのに、ここまでの気持ちで(バラエティ番組に)来てるって……」と驚き、霜降り明星・せいやは「正直やめてほしいですね。こんな喋られたら。若手芸人と同じ熱量ですよ」と警戒、もはや両者は「心は芸人」の河合を同業者=芸人のライバルとして意識しているかのようであった。 また、『鼻からスイカ』では後藤に時計をもらったエピソードを披露し、『プレバト!』に出演した際は、キスマイの横尾渉が「河合は浜田さんにハマっている」と発言するなど、大物(先輩?)芸人からも可愛がられている様子がうかがわれる。 河合の“前へ前へ”と出ていく姿勢は、芸人でいえばどこかマイペースな第7世代の芸人ではなく、むしろパンサー・尾形貴弘のような少し前の“THE・若手芸人”のようで、時代錯誤といえなくもないが、逆に新鮮で気持ちがいいと感じる視聴者もいるだろう。■いわゆる王道のジャニーズ系“じゃない方”だからこその強み、積み重ねた実績が開花 ジャニーズ事務所といえば男性アイドルの王道であり、女性ファンからの熱い視線を浴びることが仕事だ。しかしA.B.C-Zは、実力は認められていたものの、一般層に及ぶほど黄色い声援が送られていたとはいえない。『SASUKE』(TBS系)や『アウトデラックス』(フジテレビ系)でブレイクした塚田僚一のバラエティ対応力を筆頭に、歌唱力、ダンススキル、演技力、MC力など、メンバーそれぞれが実力を兼ね揃えたグループでありながら、あまり日の目を見ていない感がある。 しかし河合の真の姿は、2013年から続く舞台『ABC座』の座長を続ける実力、ライブやステージで見せるアクロバットや高いダンススキル、歌唱力などを併せ持った“完璧なエンターテイナー”なのである。 とはいえ、同時に“三の線”をはずさない河合郁人には、“笑い”でも徹底的にファンを楽しませたいというエンターテイナーとしての矜持があるのだろう。同期のKis‐My‐Ft2やSexy Zoneなどの華々しいデビューや記録の陰で、「あまり売れていないジャニーズ」と揶揄されることも多かったA.B.C-Z。地に足を付けて積み重ねた努力の裏で、虎視眈々と狙い続けたはずのブレイクが、河合の存在によって、まさに目前に迫っているのかもしれない。

ORICON NEWS
“シンデレラガール”関水渚『キワドい2人-K2-』出演 山田涼介&田中圭コンビと絡む謎の女性

“シンデレラガール”関水渚『キワドい2人-K2-』出演 山田涼介&田中圭コンビと絡む謎の女性

 女優の関水渚が、9月スタートのTBS系連続ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(毎週金曜 後10:00)に出演することがわかった。山田涼介演じる主人公の神崎隆一と、田中圭演じる神埼とバディを組む黒木賢司の凸凹刑事コンビの事件捜査に深く関わる謎の女役に起用。山田、田中とともに初共演となる関水は「優しくリードしてくださるので、いつも心強くて…私も頑張らなきゃと思わせていただいています」と信頼を寄せている。【場面カット】山田涼介&田中圭の”父親”を演じる椎名桔平 同ドラマは第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大氏による刑事小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』が原作。人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一と超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司がバディを組み、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む痛快刑事ドラマ。性格も価値観も捜査方針も正反対の2人の“キワドい”秘密とは、実は幼少期から全く別の人生を歩んできた異母兄弟だったということ。時にぶつかりながらも池袋の街を守るために事件捜査に繰り出す神崎と黒木は、難事件の解決を通して、強固な絆を築いていけるのか…。 2019年に公開された映画『町田くんの世界』で、1000人を越えるオーディションのなかからヒロインに抜てきされ、映画初主演作で女優デビューした関水は、演技未経験にも関わらず、フレッシュで瑞々しい演技が評価され、第62回ブルーリボン賞新人賞や第93回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞。その後も、『カイジ ファイナルゲーム』や現在公開中の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』などに出演する“シンデレラガール”だ。 関水が今作で演じるのは、黒木が通う池袋のガールズバーで働く謎の女。神崎の初出勤日に黒木と誘拐事件に巻き込まれるが、その事件には裏があり…。その後、神崎と黒木の事件捜査に深く関係していくという役どころとなる。果たして、彼女の正体は? そして神崎と黒木の事件捜査に一体どんな関わり方をするのか? 今後の活躍が期待される若手女優のフレッシュな演技に注目だ。■関水渚コメント今回演じるのは“謎の女”です! 現場は、とても楽しく撮影しています。山田涼介さん、田中圭さんとは初共演ですが、優しくリードしてくださるので、いつも心強くて・・・私も頑張らなきゃと思わせていただいています。第1話で私は誘拐事件に巻き込まれてしまいますが……なぜ誘拐事件に巻き込まれたのか。その意外な理由に注目してほしいですね。伏線がたくさんちりばめられていて、最初から最後まで見ていただいたら、皆さんスッキリしていただけると思います。家族の愛を感じられるストーリーにもなっていますので、ぜひお楽しみに!

ORICON NEWS
吉田沙保里、結婚の登坂選手を祝福「絵莉、おめでとう」「3150」

吉田沙保里、結婚の登坂選手を祝福「絵莉、おめでとう」「3150」

 元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(37)が5日、自身のツイッターを更新。同日、総合格闘技の倉本一真選手(34)との結婚を発表した、後輩で2016年のリオデジャネイロ五輪・女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手(26)を祝福した。【写真】「絵莉、おめでとう」「3150」登坂選手を祝福した吉田沙保里 吉田は登坂選手のツイートを添え「絵莉、おめでとう◆◆◆」(◆=ハートマーク)と祝福。続けて「3150」(最高)とつづった。 同日、登坂選手は倉本選手との2ショットを添えて、直筆文で「この度、私、登坂絵莉は、かねてよりお付き合いしていた元レスリング選手で総合格闘技の倉本一真さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と発表。 倉本選手も自身のツイッターで「本日2020年8月5日、登坂絵莉さんと入籍致しました。気を引き締め より一層精進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します」と呼びかけた。

ORICON NEWS
King & Prince・永瀬廉『A-Studio+』出演 MCの藤ヶ谷太輔は玉森裕太のVTR登場に驚き

King & Prince・永瀬廉『A-Studio+』出演 MCの藤ヶ谷太輔は玉森裕太のVTR登場に驚き

 人気グループ・King & Princeの永瀬廉が、7日放送のTBS系バラエティー番組『A-Studio+』(毎週金曜 後11:00)に出演。同グループメンバーのゲスト出演は、昨年秋に出演した平野紫耀に続いて2人目で、MCのKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔藤が同じジャニーズ事務所所属のゲストを迎えるのは、今回が初めてとなる。【写真9枚】映画で永瀬廉と共演…振り幅がすごすぎる橋本環奈 笑福亭鶴瓶と藤ヶ谷は、永瀬をゲストに迎えるにあたり、今回も極秘取材を敢行。鶴瓶、は永瀬が少年時代を過ごした大阪へ赴き、永瀬が通っていた中学校の恩師と当時の同級生たちを取材すると、永瀬と恩師の絆が明らかに。出会った当初はその先生に対し、やや反発心もあったという永瀬だが、今では先生と生徒という関係を超え、親友のような間柄になったという。 藤ヶ谷は同じ事務所に所属しているものの、これまで永瀬と話す機会がほとんどなく、お互いのことはよく知らないと告白。そこで、永瀬の素顔を探るべく、永瀬が通っている大学の友人を取材。スタジオでその取材VTRを見た永瀬は、あまりにも予期せぬ人物たちの登場に驚き。果たして友人たちから明かされる永瀬のプライベートの姿とは。 さらに鶴瓶は永瀬が先輩として慕い、頻繁に自宅へ訪れているという同じ事務所の先輩グループ、Kis-My-Ft2・玉森裕太にも極秘取材。これには永瀬以上に、藤ヶ谷が驚き。玉森と永瀬の仲を知っていた藤ヶ谷は、玉森から永瀬のことを聞き出そうと試みたが、はぐらかされてしまったと明かし「鶴瓶さんから、取材を受ける約束をしていたからなのか・・・」とくやしがる。

ORICON NEWS
坂口拓&山崎賢人『キングダム』アクションシーンは“1分間ルールなし”

坂口拓&山崎賢人『キングダム』アクションシーンは“1分間ルールなし”

 俳優の坂口拓と山崎賢人が5日、都内で行われた侍映画『狂武蔵』(21日公開)の完成披露無観客イベントに出演した。昨年公開された『キングダム』(2019年)では、信と左慈を演じた2人。そのクライマックスで見せたアクションシーンを振り返り、お互いの信頼感も語り合った。【動画】坂口拓&山崎賢人『キングダム』アクションシーンは“1分間ルールなし” 坂口は「1分間なんですが『キングダム』で(アクションシーンを)ルールなしにやったときに、まっすぐな賢人を見た。それがうれしかったんです」と、ひたむきに向き合ってきた山崎の姿勢を称賛。 山崎も「『キングダム』の1分間の立ち回りで『たくさん斬りに来ていいよ』と言ってくださったんで、それで“戦う”ということを感じられるようになりました。男として大切なことを教えていただきました」と坂口との出会いに感謝した。 本作は、映画『GANTZ』シリーズや『キングダム』のアクション監督を務めた下村勇二氏がメガホンをとり、77分ワンシーン・ワンカットで撮影。武蔵・坂口が、道場破りをした吉岡道場の一門に奇襲にあい、400人との死闘を繰り広げるアクション映画。坂口は「本気でかかってこい! 手を抜いたら殺す!」と共演者に圧をかけ、リアルな緊張感の中、撮影が行われた。 9年前に撮影が行われたものの、そのときはお蔵入りとなってしまい、下村監督や坂口らが再び立ち上がり、昨年に追撮。坂口は「相手を傷つけないのが僕のアクション道なんですが、全員むちゃくちゃに飛び込んできたので、開始5分で指が折れてました。中盤で助骨を折って、撮影後には奥歯が4本砕けました」と壮絶な撮影を明かすも「強くなれたので良い思い出です」と笑いながら振り返っていた。

ORICON NEWS
リオ五輪金メダリストの女子レスリング登坂絵莉、結婚発表 お相手は総合格闘技の倉本一真選手

リオ五輪金メダリストの女子レスリング登坂絵莉、結婚発表 お相手は総合格闘技の倉本一真選手

 2016年のリオデジャネイロ五輪・女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手(26)が5日、自身のツイッターを更新し、総合格闘技の倉本一真選手(34)と結婚したことを発表した。【写真】倉本一真選手との2ショットで結婚報告した登坂絵莉選手 登坂選手は倉本選手との2ショットを添えて、直筆文で「この度、私、登坂絵莉は、かねてよりお付き合いしていた元レスリング選手で総合格闘技の倉本一真さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」と報告。 「リオオリンピック後、怪我でなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた時、良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生も共にしていきたいと思うようになりました」と結婚に至った思いを伝えた。 自身の選手生活について「私自身は、目標としていた東京五輪出場は叶わずもうー度4年後を目指すと決心することはまだできておりません」と明かし、「まずは、怪我を治すことを最優先にトレーニングを続けながら、今後のこともしっかり考えていきたいと思っております」とつづった。 最後に「まだまだ未熱な二人ではありますが、これからもお互いに高め合いながら、日々精進していきたいと思っております」と決意を新たにした。 倉本選手も自身のツイッターで「本日2020年8月5日、登坂絵莉さんと入籍致しました。気を引き締め より一層精進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します」と報告した。 登坂選手は1993年8月30日生まれ、富山県出身。小学3年生からレスリングを始め、レスリングの名門である至学館高校、至学館大学に進学。2016年リオ五輪の48キロ級で金メダルを獲得し、同年に県民栄誉賞、紫綬褒章を受章。2019年12月の全日本選手権の準決勝で破れたため、東京五輪の代表選考から落選していた。 倉本選手は1986年10月29日生まれ、滋賀県出身。グレコローマンレスリングで活躍し、2012年から3年連続で全日本選手権を制し、2013年には世界選手権にも出場。2017年にプロ修斗デビューを果たした。

ORICON NEWS
カテゴリ