人気

新着

『青葉家のテーブル』トクマルシューゴによる劇中歌「このままじゃ」MV解禁

『青葉家のテーブル』トクマルシューゴによる劇中歌「このままじゃ」MV解禁

 シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽香)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家と、周りの人々の特別なひと夏を描く映画『青葉家のテーブル』(6月18日公開)。本日、劇中歌「このままじゃ」のミュージックビデオ(MV)が完成し、「北欧、暮らしの道具店」のYouTubeチャンネルにアップされた。【動画】劇中歌「このままじゃ」/Chocolate Sleepover 夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来きたことから始まる物語。優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした"有名人"。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があった…。 ほかに、リクの同級生・中田まどか(鎌田らい樹)と大工原ヒロ(大友一生)。優子と同じ美大予備校に通う与田あかね(上原実矩)、瀬尾雄大(細田佳央太)、美大予備校の講師(芦川誠)、知世が営む満福の従業員・紺介(中野周平)、ヒロの父親であり住職の史郎(片桐仁)などが登場する。 春子や知世ら親世代と、リクや優子ら子ども世代をつなぐ重要な役割を果たすのが、音楽。バンド「Chocolate Sleepover」(チョコレート スリープオーバー)が唄う「このままじゃ」を含む劇中歌は、映画『 PARKS パークス』の音楽監修や無印良品のCM音楽制作をはじめとした数多くの作品に関わり、“鬼才”とも称されるトクマルシューゴが書き下ろした。 「このままじゃ」は劇中でリクたちのバンドメンバーがカバーする物語のキーとなる一曲であり、「歌詞もメロディーも全てが絶妙です! トクマルさんの才能が爆発しています」と、松本壮史監督も太鼓判を押す。  松本監督の監修で編集された映画本編の映像を使ったMVは、食卓で始まり食卓で終わる。タイトルさながら青葉家がテーブルを囲み、おいしそうな料理が次々に登場。前半の若者パートでは優子の恋と友情の始まり、バンド仲間との制作活動など、「こんな青春が欲しかった!」と思わず叫んでしまいそうなほど、キラキラとした日々が映し出される。後半の大人パートでは疎遠になっていた春子と知世の間にある少しの嫉妬と、変わらない友情を感じさせる。 映像には、主要キャストが出演する初公開シーンも多数含まれている。松本監督の瑞々しく美しい映像をトクマルシューゴの夏の夕暮れのような爽やかで懐かしい楽曲が包み込み、映画への期待感が高まるMVとなっている。 劇中歌「このままじゃ」についてトクマルシューゴは次のようにコメントしている。 「映画に登場するバンド、" Chocolate Sleepover "の2曲を作らせてもらいました。『このままじゃ』は音楽打ち合わせの直後にその勢いで作り始めて、2日目に録音して、3日目に提出して、4日目には採用されていたので、その時に録音した素材がそのまま使われてます。正直いつか自分もバンドでやりたい、と思うくらい2曲ともかなり気に入っています。ドラムは藤村頼正(ex.シャムキャッツ)が叩いています。『青葉家のテーブル』の世界と現実世界の日常がクロスしていくように感じてもらえたらうれしく思います」 映画は、「フィットする暮らし、つくろう。」をテーマに、北欧を中心としたさまざまな国の雑貨を販売しながら、料理のレシピやインテリア紹介など、日々の暮らしに寄り添ったコンテンツ(Web記事、動画、音声)を発信するECメディア「北欧、暮らしの道具店」のYouTube公式チャンネルで2018年4月より配信され、600万回以上再生されたオリジナル動画(短編ドラマ)を長編映画化。短編ドラマから手掛ける松本監督は、サニーデイ・サービスやカネコアヤノのMVを手がけ、昨年の東京国際映画祭にて公式上映された長編監督作品1作目の映画『サマーフィルムにのって』の公開も控えている。

ORICON NEWS
乃木坂46岩本蓮加、強さと可憐さを表現した“圧巻”グラビア

乃木坂46岩本蓮加、強さと可憐さを表現した“圧巻”グラビア

 人気アイドルグループ・乃木坂46の岩本蓮加が、23日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』Vol.304(ワニブックス)の裏表紙に登場。透き通るような美肌を披露し、強さと可憐さを美しく表現した。【裏表紙】キャミから肩&デコルテちらり…透明感あふれる岩本蓮加 同号は最新シングル「ごめんねFingers crossed」をリリースした乃木坂46を大特集。田村真佑と早川聖来が表紙を飾り、寺田蘭世も1年6ヶ月ぶりに登場、それぞれに魅力を発揮している。 その特集を締めくくるのが岩本。11ページにわたるグラビアは、まさに“圧巻”と表現しても過言ではないクオリティーで、付録の両面ポスターでも堪能することができる(もう1面は田村&早川)。 また、同時発売の特別版表紙&裏表紙は、グループからの卒業を発表しているNMB48の白間美瑠が飾った。

ORICON NEWS
乃木坂46 新アプリ『乃木坂的フラクタル』 ゲーム内画面を一部先行公開

乃木坂46 新アプリ『乃木坂的フラクタル』 ゲーム内画面を一部先行公開

 アイドルグループ・乃木坂46の新たな公式ゲームアプリ『乃木坂的フラクタル』の事前登録がスタートし、開発中のゲーム内画面が一部先行公開された。【ゲーム写真】衣装セレクトや「制服のマネキン」ライブシーンも 本作は「キミだけの乃木坂46をプロデュース」をコンセプトにしたスマートフォン向けのゲームアプリ。ユーザーは乃木坂46のプロデューサーとなってメンバーの成長を応援できる。 最大の特徴は、センターにしたいメンバーを自由に選べる「プロデュース(ライブ)」。自分で選んだメンバーを最大6人まで自由に編成でき、推しメンをセンターに指定したり、フォーメーションも思いのまま。ダンスは振付師が新たに6人編成のダンスを完全監修した。 メンバーはそればれの特徴を忠実に再現し、3Dキャラクター化。衣装も過去から現在まで、歴代のさまざまなスタイルが用意されている。入手したスタイルをメンバーに着せたり、メンバーごとに違うスタイルを着せてみたりと自由にカスタマイズでき、自分が思い描く理想の乃木坂46のライブを創造することができる。 さらに、完全撮り下ろしの写真、映像、ボイスを1000点以上収録。メンバーとの親密度が上がると能力が上昇するだけでなく、報酬として『乃木フラ』でしか見ることができない特別な写真や映像、ボイスなどの限定コンテンツを獲得できる。入手したコンテンツはメンバーとの思い出画面でアーカイブされ、いつでもどこでも楽しむことができる。 本作はプレイしていない間でもプロデュースが進み、メンバーが成長していくオートバトルシステムを採用している。

ORICON NEWS
乃木坂46“まゆせーら”田村真佑&早川聖来、オトナの黒ドレスまとう 『アップトゥボーイ』初表紙

乃木坂46“まゆせーら”田村真佑&早川聖来、オトナの黒ドレスまとう 『アップトゥボーイ』初表紙

 人気アイドルグループ・乃木坂46の田村真佑と早川聖来が、23日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』Vol.304通常版(ワニブックス)の表紙に登場。最新シングル「ごめんねFingers crossed」のミュージックビデオの世界観を彷彿とさせる、フィフティーズの雰囲気あふれる衣装で、ショートパンツから輝くような美脚を披露した。【表紙】ぎゅっと寄り添い白い美脚を披露した“まゆせーら 4期生推しにはおなじみの“まゆせーら”コンビは、大の仲良しながら意外にも2人でのグラビア撮影は今回が初めて。ともに新曲で選抜入りを果たした2人は、プールサイドではしゃぐ姿や、ロカビリーファッションのスタイリッシュな雰囲気、そして最後はオトナなブラックコーデと、さまざまな魅力を発揮した。 この夏、2年ぶりの全国ツアー開催が決定した乃木坂46。“まゆせーらの夏を忘れない”、その言葉通りに、彼女たちにとっても、そしてファンである読者にとっても、今年は忘れられない夏となる、そんな予感がする20ページの巻頭グラビアが完成した。 同号にはそのほか、2期生の寺田蘭世、3期生の岩本蓮加、伊藤理々杏も登場。さらに、グループ卒業後は女優として活動中の井上小百合が、富田望生連載「女優撮」にゲストとして“凱旋”する。 また、今号の特別版表紙&裏表紙は、グループからの卒業を発表しているNMB48の白間美瑠が飾った。

ORICON NEWS
NMB48白間美瑠、卒業目前グラビアで魅せる圧倒的な新境地

NMB48白間美瑠、卒業目前グラビアで魅せる圧倒的な新境地

 アイドルグループ・NMB48の白間美瑠が、23日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』Vol.304特別版(ワニブックス)の表紙に登場。グループのエースでありグラビア女王として活躍してきた集大成として、圧倒的な新境地を魅せた。【写真】”120点”の美尻を公開!フレッシュな笑顔も見せた白間美瑠 1期生としてグループを長年リードしてきた白間は、キュートなルックスとバツグンのスタイルを生かし、グラビアでも多くのファンを魅了してきた。16日発売のシングル「シダレヤナギ」でグループを卒業する(卒業コンサートは緊急事態宣言を受けて延期)。 アイドルとしてラストとなる同誌グラビアは、和室でしっとり濡れ肌を見せた表紙カットの世界観をたっぷり表現。さらに裏表紙をドアップカットで飾るなど、さまざまな魅力を発揮した。 同号の通常版の表紙を飾ったのは、乃木坂46の“まゆせーら”コンビこと田村真佑&早川聖来。

ORICON NEWS
堀未央奈、新人漫画家役で『あのキス』最終回にサプライズ出演 “やばみざわ”が衝撃行動

堀未央奈、新人漫画家役で『あのキス』最終回にサプライズ出演 “やばみざわ”が衝撃行動

 俳優の松坂桃李が主演する4月期テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。18日放送の最終回に元乃木坂46のメンバーで女優の堀未央奈がサプライズ出演することになった。【写真】“やばみざわモード”になり、堀未央奈の頬に手を当てる三浦翔平 壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)は、ある日大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会いお近づきになり、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)だった。 半信半疑のまま始まった桃地とおじさん(=オジ巴・実は田中マサオという人物)の生活は、いつの間にか巴の元夫で編集者の高見沢春斗(三浦翔平)をも巻き込み、思いもよらぬ展開に。 最終回のとあるシーン。『週刊少年マキシマム』が手掛ける新人漫画家として登場する堀。“とある発言”に、若かりし頃の巴の面影を重ねてしまった高見沢は「やばみざわモード」が発動。衝撃行動に出ることになる。 ヒロインの巴を彷彿(ほうふつ)とさせるような“芯の強さ”を持った女性を、という思いから、番組プロデューサーがオファーして実現した今回のサプライズ出演。『あのキス』では、“フラダンスのシーン”がお気に入りだそうで「何回見ても笑ってしまう」という。共演した三浦についても「ドラマで見ていた三浦翔平さんの豊かな表情を、至近距離で見させていただけて楽しかったです」と振り返った。■堀未央奈コメント とてもすてきな世界観の面白い作品で、いち視聴者として楽しんでいたので、出演が決まったときはとてもうれしかったです。私も自分の意見をはっきり言う性格なので、今回のキャラクターとリンクしていたらいいなと思っています。 『あのときキスしておけば』でお気に入りなのは、フラダンスのシーン。何回見ても笑えます(笑)! 今回も三浦翔平さんの豊かな表情を、至近距離で見させていただけて楽しかったです。 すてきなドラマの最終回に出させていただきます。ヒロイン巴さんとも少し重なるような、芯の強い新人漫画家もぜひ楽しんでいただきたいです。

ORICON NEWS
カテゴリ