人気

新着

城田優『キンキーブーツ』開幕で胸中「もちろん毎公演、心は春馬と共に」

城田優『キンキーブーツ』開幕で胸中「もちろん毎公演、心は春馬と共に」

 俳優の城田優が1日、自身のインスタグラムを更新。ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』で、自身が担当するローラ役への思いをつづった。【写真】城田優『キンキーブーツ』開幕を報告「もちろん毎公演、心は春馬と共に」 城田は役衣装に扮した状態で、小池徹平との2ショット写真を添えて「無事に初日の幕が開きました。かつてないほどにとてつもなく緊張しましたが、お客様の大きな温かい拍手に、本当に助けられました。心から、ありがとうございました。そして、ずっと支え続けてくれた良き理解者の徹平をはじめ、最高に素敵な出演者とスタッフ、オーケストラの皆様にも心から感謝」とつづった。 続けて「まだまだ未熟なローラですが、最終日まで日々成長していけるよう、一生懸命演じます。そして、明日からも最高の作品をお届けし続けられるよう、カンパニー一同心を一つに頑張ります。もちろん毎公演、心は春馬と共に。大千秋楽まで、どうぞよろしくお願いいたします!!」と呼びかけた。

ORICON NEWS
森脇健児「今回はジャニーズ軍団が強かった」  『オールスター感謝祭』ミニマラソンで敗れる

森脇健児「今回はジャニーズ軍団が強かった」 『オールスター感謝祭』ミニマラソンで敗れる

 お笑い芸人・森脇健児(55)が1日、TBS系で生中継された『オールスター感謝祭'22秋』恒例の「ミニマラソン」に出場。優勝を狙ったが、前半で脱落して敗れた。【写真】『オールスター感謝祭』名物! 黄色の001番ゼッケン写真を披露した森脇健児 7 MEN 侍/ジャニーズJr.の菅田琳寧が優勝し、ジャニーズ事務所勢ではKAT-TUNの上田竜也以来の快挙。女子ハーフマラソン&1万メートル日本記録保持者の新谷仁美の追撃を振り切った。さらに、IMPACTorsの椿泰我が3位、影山拓也が4位に入った。 日々トレーニングに励む森脇は、自身のYouTubeチャンネルで「オールスター感謝祭を見ながら森脇を応援する生配信」も行う体制で臨んだが、かなわなかった。 この結果を受けて更新した自身のツイッターでは「今回はジャニーズ軍団が強かったです、鍛えて練習してこのミニマラソンに挑んでる身体つきは真剣勝負です」と勝者をたたえた。 さらに「新谷さんも本気走りで相当、2番は悔しかったみたいです」と裏側を明かし、「半年に一度のオリンピック、苦しくてキツいけれどやっぱりオールスター感謝祭は好きで好きでしょうがない」とつづった。

ORICON NEWS
GENERATIONS「24時間テレビ」を発表 白濱亜嵐「頑張るしかないという気持ちです」

GENERATIONS「24時間テレビ」を発表 白濱亜嵐「頑張るしかないという気持ちです」

 ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBE(白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、関口メンディーー、中務裕太)が1日、都内で「GENERATIONS緊急記者会見」を行った。【写真】デビュー8年で初めて揃いの衣装を着用したGENERATIONS メンバーは重大発表をかけて「運試し」を実施。11本のテープから1人1本、計7本をカットし、1本あるはずれを引かなければ、風船は割れずに、無事に幕を下ろして発表ができるというシステムとなった。 小森、白濱、中務、数原、片寄、佐野は順調にクリア。最後のメンディーーは「改名して運気が良くなってる」と自信を見せて挑戦したが、失敗して目の前の風船が爆発した。発表できないかと思われたが、形式上のテープカットを行い、『GENERATIONS 24時間テレビ24時間いろんなライブできるかなぁ?』(12月3日後9:00~4日後9:00)の開催を発表した。 開催決定について白濱は「昔から『GENERATIONSで24時間テレビやりたいね』と言っていたことが、叶った今、少し恐怖を感じています。でも、頑張るしかないという気持ちです」と意気込んだ。 同番組は、GENERATIONSのメンバーが10周年の節目を迎えるタイミングで史上最大のチャレンジに立ち向かう特別番組。メンバー7人が24時間寝ることなく、さまざまなシチュエーションでの生ライブをノンストップで挑戦する。 会見の様子は、ABEMAのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』内で生放送された。

ORICON NEWS
乃木坂46梅澤美波『THE TIME,』レギュラー2年目突入「月曜の朝から全国の皆様へ笑顔を」

乃木坂46梅澤美波『THE TIME,』レギュラー2年目突入「月曜の朝から全国の皆様へ笑顔を」

 安住紳一郎アナが総合司会を務めるTBSの朝の情報番組『THE TIME,』(月~金 前5:20)と、杉山真也アナが担当する『THE TIME’』(月~金 前4:30)では、10月3日の放送で1周年を迎える。『THE TIME,』で最新のエンタメ情報が集まる「TIMEスタンド」の月曜日は、レギュラー2年目となる乃木坂46・梅澤美波が担当する。【写真】オーストラリアで撮影!無邪気な笑顔を見せる梅澤美波 梅澤は「番組開始時から一緒に番組を盛り上げられる場所にいられること、とてもうれしく思っています。憂うつに感じてしまいがちな月曜の朝から全国の皆様へ笑顔を、そんな想いを心に挑んでいますが、共演者の皆様やスタッフの皆様から笑顔をもらっている自分がいます。そのパワーをテレビの前の皆様へと届けられるよう、ここから先の2年目も楽しく務めさせていただきます!」とのコメントを寄せている。 「TIMEスタンド」火曜レギュラーには、新たに日向坂46の松田好花が登場。木曜レギュラーの櫻坂46・松田里奈は水曜日にもレギュラー出演することが決まり、2曜日を担当する。金曜日は宇賀神メグアナが引き続き担当する。

ORICON NEWS
島崎遥香“やりたい彼女”役で新境地 “フェロモン彼氏”渡邊圭祐とラブストーリー

島崎遥香“やりたい彼女”役で新境地 “フェロモン彼氏”渡邊圭祐とラブストーリー

 島崎遥香が、TBSの深夜ドラマ『私のシてくれないフェロモン彼氏』(11月15日スタート、毎週火曜 深0:58)で“TBSドラマ初主演”を飾ることが、発表された。相手役は渡邊圭祐が務める。【写真】“最高にカッコ悪くて最高にキュートな主人公”を演じる島崎遥香 島崎演じる30歳の黎は、新卒で入社した不動産会社を辞め、一念発起し、友人と「アートのサブスク会社」を起業。訪れたコワーキングオフィスで出会った年下のイケメンフリーカメラマン・有馬柊人と付き合うことになった。「“新しい仕事”に飛び込んだら、“新しい恋”も降ってきた!」と舞い上がるものの……付き合って2カ月経っても、柊人はセックスどころかキスもしてくれない。「一見誘っているような態度なのに、一体なぜ? なぜシてくれないんだ!」と恋愛パニックに陥りながらも、大好きな柊人との“その日”を目指して奮闘していく。 渡邊が演じる25歳の柊人は、一見軽やかな余裕のあるモテ男だが、欲や執着がなく、「好きな人とはキスやセックスするより楽しいことっていっぱいあると思うんですよね」と性欲に関しても“凪”なイマドキ新人類男子だ。そのため、黎を「なぜ付き合ってるのにシてくれないんだ!?」という混乱状態へと突き落としていくことに。しかし、そんな“フェロモン彼氏”にも、黎には見せない一面があるようだ。柊人は一体どういう男なのか? 物語が進むにつれて解き明かされていくのも見どころのひとつとなっている。<島崎遥香>今回お話をいただいてふと振り返ってみたら、恋愛ドラマって今までちゃんとやってこなかったなーと思いました。もちろん、年下男子に恋をするなんて年相応の役も。今まではちょっと生意気な役が多かったので、年下男子に翻弄される役を私が演じることへの驚きや、新しい自分に出会えそうなうれしさとか…いろんな感情が湧きました!今回のドラマは、普通のドラマとは違い“カメラ目線での台詞”や“心の声”がとても多く描かれています。カメラ目線で表現をするのはアイドル時代以来で、ちょっぴり恥ずかしさと懐かしさがありました(笑)。私自身、出来上がりが楽しみで仕方がないです! 愛ってなんだろうって、答えがありそうでないような…そんなテーマを“可愛くポップ”に楽しめる大人の青春ドラマになっているのではないかなーと思っています。ぜひ、皆さんご覧ください!<渡邊圭祐>シてくれないフェロモン彼氏の渡邊です。台本を読んだときに、女性にしか書けない物語なのではないかと思ってしまうくらいに、知らない世界のお話でした。女性は共感しながら観ていただけるのではないかとやんわり思っております。逆に男性はそういうふうに思っているんだと、新しい発見がある物語になっているのかなと。イケメンの烙印を背負った柊人の思いを、優しく見届けていただけたらと思います。

ORICON NEWS
TKO木下隆行&MC有村昆、“兄貴”原田龍二に感謝「ありがたい話です」「ついていきます」

TKO木下隆行&MC有村昆、“兄貴”原田龍二に感謝「ありがたい話です」「ついていきます」

 俳優の原田龍二(51)、お笑いコンビ・TKOの木下隆行(50)が30日、都内で行われた映画『虎の流儀』シリーズ2作品の公開初日舞台あいさつに登壇した。MCは有村昆(46)が務めた。【集合カット】“ヤンキーポーズ”を披露した原田龍二、森脇英理子ら 「まさか僕が、こういった場所で今立ててることが奇跡だと思っています」と率直な気持ちを伝えた木下は「僕がいろいろありまして、そんな中、すぐLINEをくれました。龍二さんが。YouTubeのコラボもありましたし映画も出てみないかと言うお話がありまして。ありがたい話です。そんな人生だとは思ってなかったので、感謝しかないですね」と語った。 原田が「元々、連ドラで共演したんですけど、そのときも一緒にお風呂入っているんだよね!」と思い出を振り返ると、木下は「その時から“ずぶ濡れの関係”なんですよ」と話し、「今回も大きなシーンがありますんで楽しみにしてください」とアピールした。 続けて有村も「僕は司会をさせていただいているのも原田さんのお声がけです」と打ち明け「兄貴、ついていきますという感じです」と改めて感謝を伝えた。 有村は、昨年5月に不倫報道があり、木下も2020年3月にペットボトル投げ騒動をめぐり元所属事務所を退所している。同シリーズでは、常に全力で、義理人情を重んじ、ひたすらに厄介ごとに耐えていく堅物で昭和な男だが、一度怒りが沸点に達すると、“虎”のごとく暴れまわる自らを裸俳優と呼ぶ原田が演じる主人公・車田清(くるまだ・きよし)が全国を旅して人助けしていくもの。 シリーズ1作目にあたる映画『虎の流儀 ~旅の始まりは尾張 東海死闘編~』では、名古屋・岐阜を舞台に、東京からの地方進出を目論むヤクザ一家との衝突に、地元のヤクザ達が巻き込まれていくというストーリー。全国を行脚する令和の“虎“誕生のきっかけとなる物語となっている。 シリーズ2作目となる映画『虎の流儀 ~激突!燃える嵐の関門編~』では、北九州・下関を舞台に、海の埋め立てによる空港建設をめぐり、地元の漁師や代議士ら一般人(カタギ)も巻き込んだ紛争に立ち向かう物語。終盤のカーアクションも大きな見どころとなっている。 同イベントには、脇知弘(41)、森脇英理子(40)、はいだしょうこ(43)、辻裕之監督(59)も登壇した。

ORICON NEWS
カテゴリ