グルテンフリー!北米発スーパーフード『コーヒーフラワー』

グルテンフリー!北米発スーパーフード『コーヒーフラワー』

今年注目したいスーパーフード『コーヒーフラワー』。


今までに大ヒットしたスーパーフードは主にアフリカや南米産のものが主でしたが、このコーヒーフラワーは北米・カナダ発のスーパーフードなんです。



 


北米発のコーヒーフラワーとは


今年注目したいスーパーフード『コーヒーフラワー』。今までに大ヒットしたスーパーフードは主にアフリカや南米産のものが主でしたが、このコーヒーフラワーは北米・カナダ発のスーパーフードなんです。


コーヒーフラワーはコーヒーチェリーから作られます。普段私たちが飲んでいるコーヒーは、コーヒーチェリーから取り出した種の部分を焙煎したもの。

コーヒー豆を取り出したコーヒーチェリーはそのまま廃棄されていました。


しかし、このコーヒーチェリーには高い栄養価があることが分かり、これを粉末状に加工したものがカナダのバンクーバーで販売されるようになったのです。


 


豊富な栄養素&グルテンフリー


コーヒーフラワーには、ほうれんそう約3倍の鉄分、全粒粉の5倍の食物繊維、バナナの2倍のカリウム、ザクロより38%多い抗酸化物質などを含んでいます。


豊富に含まれる抗酸化物質でアンチエイジング、カリウムや食物繊維は浮腫みや便秘の解消、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるなど、ダイエットに嬉しい効果もたくさん。

鉄分も豊富で、貧血になりやすい女性には嬉しいですね。


そしてなにより、コーヒーフラワーはグルテンフリー!グルテンフリーダイエット中でも、コーヒーフラワーで手作りしたお菓子なら食べられるんです!


 


レストランなどでも採用


コーヒーフラワーは薄いコーヒー色で、フルーティーな香りがします。カフェインも含まれていますが、ごく微量なので妊娠中の方やカフェインに敏感な体質でなければ特に問題はないでしょう。


すでに北米の一流レストランではコーヒーフラワーを使ったメニューが採用されており、マフィンやクッキーなどのお菓子の他、ピザ生地にも使われているそうです。


日本ではまだまだ知名度の低いコーヒーフラワーですが、一部ではコーヒーフラワーを使ったスイーツを食べられるお店もあります。

日本のベーグル専門店『BAGEL&BAGEL』では、コーヒーフラワーとチョコチップをベーグルに練りこんだコーヒーフラワーチョコというベーグルがあります。



おわりに


まだコーヒーフラワーそのものを日本で取り扱っているお店はかなり少ないようで、現状で手に入れるには海外通販になるでしょう。

しかし、これから流行しそうなスーパーフードですから、1、2年の間には、専門店のベーグルのように、コーヒーフラワーを使ったメニューを出すお店が増えるかもしれません。


 


(東雲ほたる/ライター)


カテゴリ