『AnimeJapan 2017』2日目全力レポート!…2017年公開のアニメ・ゲームを追ってきたぞ!!!

『AnimeJapan 2017』2日目全力レポート!…2017年公開のアニメ・ゲームを追ってきたぞ!!!

アニメの祭典AnimeJapan 2017もついに二日目、最終日。本日は出展ブースを中心にAnimeJapan 2017を振り返っていきたいと思います。


バンプレストブース

一番くじでおなじみのバンプレスト。


その「一番くじ」の景品、クレーンゲームの景品等が展示されていましたので、見てきました。








電撃G’sで出ていた私服シリーズですね。


G’sで見たときには、まさかあの絵がフィギュアになるなんて思いもしませんでしたが…本当にすごい完成度。











クオリティ高い…。可愛い…。


こちら、ラブライブ!サンシャイン!!メモリアルバスタオルvol1。





面白い発想ですね。

















一番くじって、一回引くと何回も引きたくなっちゃいますよね。


ブースを見て、改めて分かりました。


こんなにクオリティ高いのに、引きたくならないわけないですね、うん。


(お買い物は計画立てて…)


bonesブース

アニメ制作でおなじみのbones。


Fateの展示がメインで、展示も行っていました。








ヒロアカも発見。





TOHO animationブース




4月5日から放送開始のサクラクエスト。



『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSの“お仕事シリーズ第3弾”『サクラクエスト』。

バブル期にムーブメントを起こすのも今や昔、すっかり廃れてしまった“ミニ独立国”の再興のため、ひょんなことから国王(観光大使)に就任してしまった主人公たち女子5人の1年間の奮闘を描いていきます。

キャラクター原案は『薔薇のマリア』『結城友奈は勇者である』など数々の人気作品を手掛けるイラストレーターBUNBUNが務め

キャラクターデザインは『TARI TARI』『SHIROBAKO』などの関口可奈味が担当、そのキャラクター達をP.A.WORKSが瑞々しく躍動的に描いていきます。 平凡で、どこにでもいる、普通で等身大の女子たちが、 観光協会のお仕事を通じて成長し、変化していく1年間の物語が、始まります。


(サクラクエスト公式HPより)









ヒロアカ








音泉ブース

声優(アニメ)ラジオでおなじみ音泉。





2017年春の新番組を公開していました。





筆者的には


ラジオでエロマンガSENSATION!


ひなこのーと ラジオひととせ


冴えないラジオの育てかた♭


辺りをチェック予定でしょうか。


いくつでも構いませんが、「これだけは絶対聞くぞ!」ってラジオを決めておくと、1週間にハリが出ていいですよね!


BanG Dreamブース

絶賛放送中のアニメ「BanG Dream」ブース。


パネル(多い!)








言わずもがなですが、このパネルに書いてある「BanG Dream! ガールズバンドパーティー!」は先日リリースされたばかりのスマートフォンゲーム。


リリース直後からたくさんのダウンロードが。


今までの音ゲーの良いところを取り入れつつ、最新の技術も用いられているために、めちゃくちゃ面白いゲームになってます。


(あえて詳しいことは書きません。是非皆さんもインストールしてみてくださいね…。)


登場人物たちが使っている楽器の展示。








CDと衣装の展示





筆者は残念ながら参加することが出来なかったのですが、バンドリブースでは、キャストの皆さんによるステージも行われていました。


また、来月4月30日に横浜アリーナにて開催予定の「ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブ in横浜アリーナ」にもライブ参戦が決定。


このライブでは他にも、ラブライブ!サンシャイン!!、けものフレンズ、ミルキィホームズなどなど、超超ビッグタイトルのキャストさんによるライブも!


ちょうどイベントをやっているときで、違うステージへの移動のときにバンドリのイベントを見てみ……ようと思ったのですが、あまりにも人が多くて見ることは出来ず…。


ワーナー ブラザース ジャパンブース

4月放送開始のアニメ「覆面系ノイズ」。


ダンまち外伝の「ソードオラトリア」





カードキャプターさくら








Cygamesブース




続いてはCygamesブース。


GRANBLUE FANTASYと進撃のバハムートはもちろん大人気ですが…





筆者的には「Cygames=ウマ娘プリティーダービー」。





昨年のウマ娘ステージに参加しましたからね。一年越しの再会です。


25日のステージではウマ娘の新情報も発表されたようで。(記事挿入)


最近はいろいろなものを擬人化にした作品が見られますが、ウマ(しかも実在するやつ)を擬人化…というアイデアはかなり秀逸ですよね!


「ウマ娘」の名前を出すと吹き出す輩がいますが、そんな方には是非公式HPのウマ娘PVをご覧いただくことをおすすめします。


貴方も馬主(ファン)になれるはず。


そういえば、Cygamesブースの裏側にらくがきコーナーなるものがあったのですが。





よーく見てみると…………





ウマ娘を好きになれば、乗馬もできるようになるかも…!!!


ウマ娘 公式サイト(リンク)





ADKブース




反射で見えづらくなってしまっていますが、右の看板は徒然チルドレンですね。


原作は、恋愛モノのはずなのにギャグ要素もある。


一度読んだら止まらなくなる系の作品です。








KING BLADEブース

アニメオタクなら誰もが知っているであろう、通称“キンブレ”のブース。





普通のキンブレだけではなく、アニメのライブなどで販売されているサイリウムが集結。


ものすごく懐かしい。


こう見るとファイナルライブのサイリウムってやっぱり光ってる。





こちらが、スマホで色の設定ができると話題のKING BLADE x10iii。


色の設定が簡単にできます。


さらに、自分で設定した色のセットをQRコードにして、他の人と共有ができるんですよね。


フィギュアだけじゃなくてサイリウムも日々進化してる…!!


ニジゲンノモリブース

2017年7月15日、兵庫県淡路島公園内にオープンする「日本最大級の自然体験型アニメパーク」、その名も「ニジゲンノモリ」。


東京ドーム約28個分を誇る広さの公園内に、豊かな自然と、日本の漫画・ゲームコンテンツの世界感を、最新テクノロジーにより見事に融合させた新アトラクションがオープンする、とのこと。


アニメ×自然…新しい発想の「ニジゲンノモリ(リンク)」からは目が離せない!





舞台めぐりブース

ガルパンの聖地、大洗市やラブライブ!サンシャイン!!の聖地、静岡県沼津市など、様々な「アニメの聖地」をより楽しく行えるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」のブース。


ブースでは、ガルパンの物販の他、「舞台めぐり」に関する展示がなされていた。





ちなみに筆者は、去年、この「舞台めぐり」を使って沼津市巡りをして参りました。


「舞台めぐり」を使ってみた!!みたいな特集記事を上げるのも面白そうだなぁ…と思いつつ。


まだ使ったことのない方は是非インストールの上、使ってみてください。


「舞台めぐり」のキャンペーンを制覇するためだけに行ったつもりが、いつの間にか“舞台”以外の色々なところに行ってしまっているアナタがいるかも…?


アニメコラボレーション10選


アニメと異業種による魅力あるコラボレーションの実績を、紹介する企画です。

本年度は2016年に展開されたコラボレーション事例の中から、特に注目度の高かった10選を選出。

実際に関わった方たちのコメントとともに実例を紹介し、新たなアニメビジネスの可能性や道標を示す展示企画です。


(AnimeJapan2017公式HPより)



ラブライブ!サンシャイン!!×沼津市
ラブライブ!サンシャイン!!の舞台、静岡県沼津市。


…というわけで、沼津市でのコラボの取り組みが展示されていた…のですが。


なんと、ブースには。




THE バス。


なんと、AnimeJapan2017の会場、東京ビッグサイトに、沼津からはるばる「伊豆箱根バス」のラッピングバスが登場!?


しばらく見ていると……


ちなみに後ろは、





また、「みんなでつくる沼津フォトマッププロジェクト」というコーナーもあった。


ファンから集めた沼津市の写真が貼り付けてある。


このような展示も。




バスを見守っている9人(視線の先にバスが。)





このサイン、すごく久しぶりに見た気がする…


バスの中では、実際に伊豆箱根バスのラッピングバス車内で流れている、Aqours声優さんによる車内放送が流れていたそうです。


俺の妹がこんなに可愛い訳がない×総務省






18歳選挙権を知るためにはいいアイデアですね!


トムス・エンタテインメントブース

2017年夏放送開始予定のアニメ「潔癖男子!青山くん」


2017年7月放送スタートの「ナナマルサンバツ」。


今春放送予定の「笑ゥせぇるすまんNEW」。


“ブラック版ドラえもん”と言われるほどの「ブラックっぷり」を放つ「笑ゥせぇるすまん」。


しかし、ホラーというわけではなく…ブラックなユーモアに虜にされたお父さんお母さんも少なくないのでは。


トムス・エンタテインメントの年表。


1964年ビッグXに始まり…


甘々と稲妻…





ポニーキャニオンブース

小林さんちのメイドラゴン。





サインもありますね。


取材担当者より

皆さん、二日間お疲れ様でした。


本日は長距離夜行バスの車内からお送りします。


AnimeJapan2日間の総括感想は明日掲載のまとめ記事に回すとして。


2日目、皆さんいかがでしたか?


今日は取材するステージも昨日より少なく、何とか予定していた展示ブースの全てに行くことができました。


また、昨日よりかたくさんの方とお話する機会もあり、とても充実した一日となりました。


「あぁ…雨か…」と少々ローテンションで東京ビッグサイトについた筆者でしたが、帰路についた今、思い返してみると、雨であんなに朝テンション低かったのに、AnimeJapan取材してるうちにテンションがハイになっていたなぁ・・・(笑)としみじみと感じます。


AnimeJapan 2017最終日、お疲れ様でした!


『AnimeJapan 2017』アニメジャパン1日目全力レポート!!!ごちうさに青ガルにポッピンQ…アニメを堪能しまくるぞい!





(あにぶ編集部/竹取の翁)
カテゴリ