スポーツアニメに登場する左利きキャラクター! 左利きはとっても有利!?

スポーツアニメに登場する左利きキャラクター! 左利きはとっても有利!?

『ダイヤのA』『おおきく振りかぶって』『ハイキュー!!』から左利きキャラクターをご紹介。
左利きは不便だから矯正した、された。という話をしばしば耳にします。けれど、スポーツの世界ではかなりのアドバンテージなのです。そしてそれは、スポーツアニメの世界でも同様で……。


というわけで、今回はスポーツアニメに登場する左利きのキャラクターを紹介しようと思います。少し変わった視点からアニメを見てみるのも、たまにはいいものです。


■沢村栄純



寺嶋裕二先生の描く、「週刊少年マガジン」にて連載中の野球漫画・及びアニメ『ダイヤのA』の主人公です。


明るい性格とチームを引っ張るムードメーカー的存在でもある投手にして、左投げ左打ちです。肩関節と手首の柔らかさによる、タイミングの取りづらいクセ球を投げます。


すごいのは、作者である寺嶋裕二先生も左利きの投手として野球をしていたということ。だからこそリアルなキャラクターが描けるのかもしれません。


■沖一利(おきかずとし)


ひぐちアサ先生原作・「月刊アフタヌーン」にて連載中の野球漫画・及びアニメ『おおきく振りかぶって』に登場するキャラクターです。


またまた野球アニメです。彼は、主人公たちの所属する西浦高校のメンバーであり、西浦唯一のサウスポーとされている一塁手 兼・投手。


気が弱く投手経験もあるという主人公・三橋との共通点を持ち、三橋の良き理解者でもある重要なキャラクターです。


野球において、左利きの投手は慣れている打者が少ないため非情に有利です。そんなわけで、野球アニメにはしばしば実力のある左利きキャラクターが登場するのです。


■牛島若利

ハイキュー 牛島若利
左利きが有利なのは野球だけじゃない!


週刊少年ジャンプにて連載中の、古舘春一先生の描く高校バレーボールの物語『ハイキュー!!』に登場する人物です。


白鳥沢学園の3年で、ポジションはウイングスパイカー。身長は189.5です。


大砲のような威力を持つスパイクを持ち、世界ユースにも選ばれているというかなりの実力者です。


ただでさえ凄いのに、そこに対処の難しい左利きという要素が加わり、独特の回転が成されたスパイクは作中トップレベルの攻撃力を持っています。


アニメ第3期にて主人公達の前に立ちはだかり、左利きの脅威をこれでもかというほど魅せてくれた、左利き界のエースでもあります。


左利きキャラクター推しなら、ぜひともおさえておきたい人物です。



その他、『黒子のバスケ』緑間真太郎、『テニスの王子様』手塚国光・不二裕太 他多数(テニプリは左利きが多いのです)など、左利きのキャラクターには独特なプレイスタイルをする者や、天才タイプのキャラクターが多いです。


スポーツアニメを見る時は、ぜひ”左利き”要素にも注目してみてください。


週マガ系の スポーツアニメ でスポーツの秋を楽しもう





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ