間違いメイクしてない? オバ顔を作る落とし穴

間違いメイクしてない? オバ顔を作る落とし穴

女性にとってメイクは重要ですが、誰もがつねにファッション誌を眺めて、メイク術を試行錯誤しているわけではありません。


ファンデーションを塗って、眉とアイラインを描いたらオッケー! という女性もいるでしょうし、作業工程が何段階もある、丁寧な化粧をする女性もいるでしょう。


もし、あまりメイクにこだわりがないほうだとか、忙しさからメイクに時間が掛けられないといった状態にあるなら、ちょっと気を付けたほうが良いといえます。知らないうちに、「オバ顔」を作っているかもしれませんよ。



 


○ブルー系のアイシャドウ


パッと見てインパクトはあるものの、「キレイ」「オシャレ」という印象がなかなか持てないのが、ブルーやパープルのアイシャドウ。


プロのメイクアップアーティストでなければ上手に扱えない色合い、と思ったほうが良いでしょう。上級者向けの色ですし、口紅や洋服とのコーディネートも簡単ではありません。


ですので、安易にブルー系のアイシャドウを使うと、周囲からは野暮ったい印象を持たれてしまいます。


昭和の時代のスナックのママみたいな、妙な場末感をかもし出すか、とんがったモード系を狙って大失敗! という雰囲気を漂わせて、男性からの好感度も下がる可能性が……。使いこなせる自信がなければ、手を出さないほうが賢明でしょう。


 


○過剰なアイメイク


ほとんどの人は、他人と話す時に相手の目を見ます。凝視するまでいかなくとも、適度に視線を合わせることで誠実さや信頼を示すことになるでしょう。


また、オバサンっぽいイメージを作る要因はさまざまありますが、目元のしわ、たるみ、くぼみが大きな影響を与えます。


有名モデルやアーティスト、女優が、20代の頃は結構こってりアイメイクをしていたのに、三十路を越えてすっきりとしたナチュラルメイクに変わったという例は多々あります。


それは、年齢に合わせたメイクに変えるためで、やっぱり年を重ねれば化粧のノリがだいぶ違ってくるのです。


目の周りの皮膚は頬や額などに比べると薄く、しわやたるみができやすいので、アラサーを迎えたならアイメイクを変えることは必須でしょう。


黒で目尻にラインを引くとか、涙袋にパール系のシャドウを乗せすぎると、出勤時はまだ良くても、退勤時にはみっともなくにじんだり、ぼてっとした印象を作っていたりするはず。


目元のメイクはとても大事ですが、それは厚塗り、上乗せしすぎることはありません。必要なことだけを丁寧にするべきでしょう。


 


○厚ぼったいファンデーション


肌が白く、きめが細やかであれば、それだけでキレイというイメージを作れるものです。けれどそれは、ひたすら毛穴を隠して上塗りすることではありません。


また、昔からオバサンメイクの象徴というと、厚塗りファンデーション。つついたらヒビが入りそうだとか、表情がぎこちないなんて表現をされるものです。


今どきは、ファンデーションもパウダー、リキッドと選べますし、仕上げのフェイスパウダーをはたくのも常識といえます。


丁寧にメイクをしようとするほど、たくさん肌に乗せがちになりますが、上手に「引き算」をして、厚ぼったさが出ないようにしましょう。


 


○おわりに


……筆者の知り合いにも、まだ20代前半なのに暗闇でお化粧したのかな? と思えるほど、壁みたいな頬をした女子がいます。本人は丁寧にメイクしているつもりかもしれませんが、やみくもに上乗せするのは、かえってオバ顔を作ってしまうでしょう。


 


 


Photo by, 菲爾Phil


(沙木貴咲/ライター)


カテゴリ