知らないうちに意中のカレに嫌われてしまうNGワード

自分の意識しないところで、知らないうちに彼から反感を買うようだと、実る恋も実りません。悪口に限らず、さりげない言葉の中にも地雷は潜んでいるもの。今回は恋のイメージアップ「攻め」フレーズではなく、減点を防ぐ「守り」のための要注意フレーズをお伝えします。



1・あの人なんか苦手


男の友情は女が思うより堅くて強いもの。彼の友達を否定するような口ぶりを耳にすると、彼自身が否定されたように聞こえます。そもそも、男が彼女を友達にあまり紹介しないのは、友達に気を遣わせたくなかったり、デートの時と同じテンションで彼女に接するのはムリだから、ということが多いのです。それだけに、友達に紹介するのは彼があなたを本命視しているときだけ。


彼友の前では彼がそっけなく感じたり、彼があなたを「落として」笑いを取ることもあるかもしれません。だからと言って、彼の友だちについて、グチを言うと、本命どころか圏外へ転落もありえるので気をつけましょう。


 


2・◯◯のプレゼント、いいなあ


おねだりの代表的NGがこちら。言われた彼は「気付かなくて、あげられなくてごめんね」なんて100%思いません。「だから何?」とイラッとされるだけ。素直に、欲しいとアピールするべきです。


おねだりなんて苦手、と思うかもしれませんが、うまく甘えないと、甘え上手な女に彼をさらわれてしまいますよ。


 


3・(その状況)大丈夫?


「体調」ではなく「彼の状況」に対する「大丈夫?」は地雷度高し。デートで「(高そうなお店だけど)大丈夫?」ドライブで「(合流で車来てるけど見えてるのかなあ)大丈夫?」


気遣っているつもりでも、この不安が含まれる「大丈夫?」にカチンと来る男はとても多いです。オシャレな店に連れて行ってあげた気持ちや、運転への自信や、楽しく過ごすためのおしゃべりなど、自分の精一杯の気遣いが無駄になったように感じるのです。「あなたにはこんな事無理でしょ?」と見下されているようにも受け取られてしまいますよ。


4・高っ


楽器やPC、自転車のパーツ、フィギュアなど女子が理解しにくいものにお金をかける男は少なくありません。ただ「高いなあ」という感想のつもりでも「結婚してるわけでもないのに、お前に関係ないよね?」と内心で反発されるだけ。


「『高い』と驚かれる」=「値段ほどの価値がない」と男は解釈してしまいます。男のこだわり、コレクター欲は理解しづらい部分もありますが、「何その値段!」と内心驚いても、その気持ちを口には出さずに「普段がんばって働いてるもんね」とスルーするのが賢い対応です。


 


5・どうしてLINE返してくれないの?


男はさほどLINEでのやりとりを重要視しません。コミュニケーションツールではなく連絡ツールだからです。さらに「どうして○○なの?」というフレーズを聞くと、男の脳は「責められてる!」と瞬間で反応します。


責められてる→このままじゃ争いモードになる→でも女子を泣かせてはダメ→つまり自分が折れるしかない→負けるのはイヤだ!こんな計算が瞬時になされ、彼は「聞きたくないモード」に入り、耳をふさいでしまいます。


忙しい彼に「トイレに行った時に返せるでしょ」と言うのもNG。トイレに行かなければ大変なことになりますが、LINEは返さなくても大丈夫ですよね。LINEを義務にさせるよりは、彼が返したくなるような可愛い・面白い文を書くほうが賢明です。あなたは、返事をくれない理由を知りたいのではなく、返信が欲しいんですよね? ならば、素直に「短くてもいいから返ってくると嬉しいんだ」と言うほうが何倍も可愛いはず。


 


何となく言ってしまいがちなフレーズの中にこそ地雷は潜んでいます。言った瞬間に、男を不機嫌にする上記のセリフ、彼とお付き合いを続けたいのなら、封印したほうがいいでしょう。


(中野亜希/ライター)


カテゴリ