境界のRINNE 第3シリーズ 感想レビューのまとめ

境界のRINNE 第3シリーズ 感想レビューのまとめ

境界のRINNE 第3シリーズの放送がついに始まりました。2期は桜がりんねへの思いを自覚し始めたくらいのところで終わりを迎えましたが、この2人の恋模様は今後どうなっていくのでしょうか?






 


境界のRINNE 第3シリーズ 第1話「ゴールドライセンス」【感想レビュー】


第3シリーズは、いきなりりんねとその父親・鯖人のバトルから始まります。第1シリーズの頃から鯖人に迷惑をかけられてきたりんねが「覚悟しろ、親父!」と怒りの声をぶつけるも、鯖人は「その程度じゃまだまだだね」と余裕の表情。


りんねの「俺こそがふさわしい!」という言葉から鯖人がまた何かたくらんでいるのではないかと思いますが、この段階ではまだよくわかりません。


続きを読む


境界のRINNE 第3シリーズ 第2話「呪われたエース/私を描いて」【感想レビュー】


陸上部の速田(はやた)は、1年生ながら短距離部門のエース。しかしこのところ調子が悪く、しょっちゅう練習中足がもつれて転んでしまっています。(明らかに足がもつれた転び方ではないですが、これはご愛敬としておきましょう)


現場をたまたま見ていた桜は、速田の脚を白い手が掴んでいることに気付きました。


続きを読む



毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!
(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ