『ラブライブ!サンシャイン!!』と『沼津』と『こいのぼり』【5月4日・5日「第33回 沼津こいのぼりフェスティバル」レポート】

『ラブライブ!サンシャイン!!』と『沼津』と『こいのぼり』【5月4日・5日「第33回 沼津こいのぼりフェスティバル」レポート】

5月4,5日、静岡県沼津市の市街地を流れる「狩野川」沿いにて『沼津こいのぼりフェスティバル』が開かれました。


9匹の「『ラブライブ!サンシャイン!!』こいのぼり」を含め、計300匹もの“こいのぼり”が五月の心地良い風に吹かれ、青空を優雅に泳いでいた「こいフェス」。


そんな「こいフェス」をレポートしていこうと思いますよ~!


「沼津こいのぼりフェスティバル」レポート

緑豊かな都市「沼津市」。そんな沼津市のシンボル的存在「狩野川」河川敷で「沼津こいのぼりフェスティバル」は開かれていました。





川沿いをぶらぶらと歩いていると………?





発見!


「ラブライブ!サンシャイン!!」鯉のぼりです。














鯉のぼりを目にした地元の方の反応が見たく、30分ほど辺りを観察していたのですが……


(おそらく沼津市に住んでいるであろう)姉妹二人が



妹「よ〜しこ〜♪♪♪」


姉「よはねだよ〜!!」



…と。


思わず笑顔になってしまいました。


今を輝く、9匹のこいのぼり。


気持ちよさそうに泳いでいました。


他の鯉のぼりも見てみましょう。











屋根の上(近年ではベランダ…のほうが多いかもしれませんが)で泳ぐ鯉のぼりも良いですが、


狩野“川”を泳いでいるかのような“狩野川こいのぼり”はまた違った風情を感じることが出来、見ものでした。


また更に沼津駅方向に歩いていると…………


“鯉のぼり”ではありませんが、これまた見慣れた“のぼり”が。





「ラブライブ!サンシャイン!!」でもおなじみ、静岡県のソウルフード「のっぽ」パンが販売されていました。


随分とたくさん仕入れていたようで……どれくらい売れるのだろうかと夕方に改めて見に行ってみると、全部“売り切れ”の様子。


確かに、会場を歩いていると、親子でのっぽを…兄弟でのっぽを(半分ずつ)…などなど、静岡県民の生活と“のっぽ”の関係の深さを感じさせられるシーンが多く見られました。


アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」では、花丸ちゃんがもぐもぐと食べてるシーンがとても可愛らしいですが…意外と、一本食べただけでお腹いっぱいになっちゃいます。





近くで開催されていた、ライオンズクラブ創立100周年記念『沼津5LCフェスタ』もちゃっかり楽しんでいたり…………。


(次は6種類全部の富士山餃子を制覇するぞ!)


強く、たくましく…美しく輝け!『沼津っ子』と『Aqours』よ!

“こいのぼり”が何故“鯉”なのか。


諸説ありますが、一説には、


鯉の生命力の強さから「どんな環境でもたくましく成長して、立派に育つように」という願いが込められていると言われています。


Aqours、キャストさんを含め18人が、これから、辛く,苦しい事に直面するときもあるでしょう。


“美しく”輝け


こう書きましたが、私は、“最終的には”美しく輝いてほしい、こう思っています。


人生、そう上手くは行かないもので、時には騙されてしまったり、泥まみれになったり…でも挫けずに、強く,たくましく生きる。


そんな“泥臭さ”が人生というものを、狩野川を華やかに泳ぐ“鯉のぼり”のようにしてくれるのではないでしょうか。


“こいのぼり”にレールはありません。


「こうすれば成功する」レールもなければ「こうしたら必ず失敗する」レールもありません。


だからこそ、


『Aqours』らしい“これから”を。


『沼津っ子』それぞれが、それぞれの夢を抱きながら、将来を。


それぞれが願い、その信念を持って、いつかは美しく泳ぎ、輝いてほしいですね。





【Aqours Next Step! Project特別企画】Message from Numazu 第1章〈ヌマヅの声 From沼津市役所〉「人が輝く躍動のまち、沼津―。」

2017.04.02

ラブライブ!サンシャイン!! の 聖地 沼津市 からのメッセージを伝えたい企画[メセヌマ]





(あにぶ編集部/竹取の翁)
関連リンク
カテゴリ