メンヘラ男子、メンヘラ女子にならないための3つのヒント

メンヘラ男子、メンヘラ女子にならないための3つのヒント

最近メンヘラ男子、メンヘラ女子という言葉が一般的になってきています。あまり良い表現だとは個人的には思いません。


一方で、恋愛をする対象として距離を置かれてしまうため、そういったことにならないためのヒントを今回はお伝えします。



 


ヒント1:自分の話をする前に3回自問自答する


メンヘラ男子、メンヘラ女子の特徴として、「とにかく自分の話ばかりが長く、聞いてくれないと感じるととたんに凹む」というものがあります。。。


本人は気づかずに好きな人に自分自身のストーリーやエピソードを知ってほしいという欲求に基づいて行動しています。


一方で、相手の許容量はお構いなく、自分の感じたままに話をしてしまうことが問題につながります。どんなに好きになっても、始まりは他人であることを忘れないようにしましょう。


一方的な会話を続けては恋がすぐ終わってしまいます。自分の話をする前に、相手に負荷がかかっていないか自問自答してみましょう。


 


ヒント2:思い通りの恋などないと悟る


恋に過剰な期待があるのもメンヘラ男子、メンヘラ女子の特徴です。思い通りに恋をコントロールすることなどできないということをそろそろ悟るようにしましょう。


恋人にも生活があり、時間があり、それぞれの人生があります。一緒にその人生の時間の一部を共有することはあっても、支配したり依存したりすることは長くはできません。


すぐに相手の反応が思い通りでないと凹んでしまうメンヘラ男子、メンヘラ女子にならないよう、厳しい視点も恋愛に対する考え方に含めておきましょう。


 


ヒント3:人の振り見て我が振り直せ


メンヘラ男子、メンヘラ女子というのは、実は「相手がされて嫌だろうな、、、うざいだろうな」という行動を知らず知らずに積み重ねてしまいます。


恋の話に花を咲かせるときに、そのように自分が感じないかを考えるようにしてみましょう。そうすれば、あなた自身がメンヘラ行動を取らずに済むようになってきます。


 


おわりに


ネット上の記事でも叩かれているメンヘラ男子、メンヘラ女子。。。ちょっとした工夫と相手への尊重で回避できることも多いので今回のヒントを参考にしてみてください。


お坊さん  恋愛コーチ さとちゃん 合掌


 


(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/愛カツライター)


カテゴリ