男を惚れさせるほめ方

男を惚れさせるほめ方

男の人は褒めて貰いたい生き物です。でもいろんなことを見つけてほめてあげても、うれしそうじゃなかったり、納得いかない顔をしたり。 男の人が自分のことを好きになってくれるような、 効果的なほめ方、教えて!


今回はそんな疑問にお答えします。



◆相手の「大切にしていること」を褒める


男が女から褒められてうれしい瞬間とは、ずばり、「自分が本当に大切にしていること」を褒められたときです。 一方、肩書きや、収入や、地位をほめられても、もちろん普通にはうれしいけれど、相手の女性に惚れるところまでにはいかないのです。


それよりも、仕事だったり、趣味のサーフィンだったり、家族だったり、親友だったり、休日のボランティア活動だったり。 そういう、「男が“魂”を燃やしているもの」を、会話の中で敏感に察知してうまくほめてあげると、オトコゴコロの中に、「分かってもらえている」という安心感がめばえ、「この人とずっと一緒にいたい」という気持ちにつながるのです。


 


◆1時間くらい話してから褒めるべし


女性としては、やっぱり収入とか肩書きとか気になるもの。しかも、会話の最初のうちは、その人の内面なんてわからない。でも、簡単に「すごいですね」って言いたくなるところをぐっと我慢して、1時間ぐらいいろいろと話す中で、その人が本当に大切にしてることが分かってから、褒めるのが得策です。


 


◆「そういうのって素敵だと思います」と伝える


好意をうまく伝える上級テクニックとしては、「●●さんって、○○のことを本当に大事に思ってるんですね、そういうのって素敵だと思います」と言ったあとに、「そういう人って、私好きだな」とサラリと一歩踏み込む、これは効きます。


もちろん、合コンとかで初めて会った日にいきなりここまでやるのは考えものだけど、2,3回目のデートでこれをやったらとてもいい雰囲気になると思います。もちろん、無理矢理なにかを見つけてほめるのではなくて、会話の中で彼の意外な一面が見えたらそこに素直に反応して、褒めてあげましょう。


 


◆声を褒める


「笑ったときの声が素敵ですね」「声が低くてかっこいいですね。よく言われません?」と分かりやすくほめてあげると、ふたりの距離がぐっと縮まります。「そうかな?」って照れたり、ちょっとうっとりした表情をしたらこっちのものです。声はもともと「心」にすごく近いパーツなので、そこを認められると男はぐっと緊張をほどき、リラックスした気持ちになるのです。


 


◆草食男子は「褒める」よりも「安心させる」


草食系男子は、過去に恋愛に傷ついて臆病になっている人たち。だから、あまりガツガツしたところを見せずに、「●●くんって、ほのぼのとしてなんか落ち着くね」とか「このままぼーっといつまでも一緒にいれそうな雰囲気があるよね」といった風に言ってあげれば、「この人は裏切らない、絶対にいなくならないんだな」って安心して、自然と相手から心を開いてきてくれるはずです。


 


◆最後に…


「男の人は、お母さんみたいに、『えらいね、すごいね』って言ってればそれで満足なんでしょ?」と思う女性もいます。 あなたはどうですか?


知り合って最初のころならまだしも、「かわいいね」「素敵だね」ってずっと言われてたら、「この人、本当に私のこと分かってるの!?」って不安になりますよね。それと同じです。


とくに、男の人は、ステイタスが高い人であればあるほど、それ目当てに近寄ってくる女の人にウンザリしています。 他の女の子がスタートダッシュをかけてほめまくる中、あなただけは、きちんと話を聞きながら機会をうかがって、その人が本当に大切にしている「魂」の部分がわかってから、そこをタイミングよくほめてあげてくださいね。


Praise his soul

~男は魂を称賛してくれた女性に自分の魂を預ける。


 


潮凪洋介



カテゴリ