泣かされる前に押さえておきたい!ネット恋愛で泣かされないコツ

泣かされる前に押さえておきたい!ネット恋愛で泣かされないコツ

「出会いがない!」と嘆く人も多い中、SNSをはじめとするネットで知り合って付き合い始めるカップルも増えています。


行動範囲の枠を超えて、気の合う人と知り合うことができるのがネット恋愛のいいところ。


でも、日常生活でまったくかかわらない人との恋愛は、距離の詰め方を間違うと泣かされることも。トラブルを避けるにはどうすればいい?



 


ガンガン距離を詰めてくる男はダメ


SNSをはじめネットでは普段の生活圏では出会えない人とも簡単に仲良くなれますが、恋愛に関しては「しょっぱなからガンガン距離を詰めてくる男はパスする」というのが泣かされないコツです。


かっこよさげなアイコンの人にフォローされた!→自分もフォローを返す→すぐさまDMが来てデートに誘われる……よくあるケースですが、ぱっと食いつくのはちょっと待って。


現実世界でもあって顔を見て自己を開示しても親しくならない人・親しくなれない人がいますよね。


それだけにSNSだけの繋がりで親しくなるのは難しいこと。そして、少しのやり取りだけで親しくなった錯覚を持つのは危険なことだと思います。


ガンガン距離を詰めてこれるのも、遊びの女子を探していたり、自分の周囲とつながりのない子なら安心して遊べるという計算のせいかもしれませんよ。


 



 


色恋なしで観察する期間を作ろう


ではどんなネットの出会いならいいのか?という話ですが「色恋なしで観察する期間が持てた人」です。


出す情報・隠す情報を自在にコントロールできるのがネットの出会い。


下心なしに接する期間を持って、素のテンションを見極めるのが大事です。恋愛対象として意識されていないけど、気は合いそう……こんな状態からなら大きな失敗はないといえます。


いきなり恋愛モード丸出しでガンガン来られるより、純粋に人としての興味をもって接するほうが結果的にうまくいくというのは普通の恋愛と同じです。


 


個人情報の扱いを見極めよ



少し仲良くなったら注意して見てほしいのが、彼の「個人情報の扱い方」です。学校や会社での狭いコミュニティ間でだけフォローしあっているからと、公開設定のSNSになんでもアップしていませんか?


「自分の投稿は自分のフォロワーしか見ない」なんて思っている危機感の足りない男子と付き合うとひやひやする目に合うものです。


SNOWで加工しているからと彼女の顔写真や、指輪や時計など、頻繁に身に着けるものの画像を平気でアップしてしまう男性も少なくありません。


でも、こんな些細なことから個人を特定されてしまうことも多いんです。彼の他愛ないおのろけで、彼女であるあなたが危険にさらされるなんてばかばかしいこと。


付き合う前に、彼がSNSとどんな向き合い方をしているか確認したほうがよいでしょう。


 


おわりに


ネットの出会いも出会いは出会い!なのですが、リアルな出会いよりも見せる情報を選別できたり、距離を詰めるのが簡単なのが怖いところでもあります。


スピーディに進みやすい恋ほど相手をよく見るようにしたいものですね。


 


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ