別れないカップルの特徴は、デートも愛情表現も“いい塩梅”

別れないカップルの特徴は、デートも愛情表現も“いい塩梅”

お互いに愛情を目一杯表現しあう恋愛って、ドラマチックですよね。毎回のデートにサプライズを用意して、お金も時間もたっぷりとかけて。そういう恋愛に憧れることもあります。


しかし、毎度毎度のデートでいちいちそんなことばかりしていると、すぐに天井が見えてしまうものです。言ってしまえば交際する上でのデートって、カップルにとっては当然の行動です。


その当然のデートを、毎回大きく脚色していれば、いつかは疲れきってしまうことは間違いありません。


愛情表現が過剰なカップルほどさっさと脱落する


皆さんの周囲にもいませんか?お互いに「大好き」アピールが激しくて、見ているこっちが恥ずかしくなるような男女。こういうカップルって、交際初期はものすごく気持ちが盛り上がるんでしょうね。


だけど長続きなんか、まあしません。気持ちも体も、毎度ワクワクなんかできやしませんし、人は恋愛だけやってれば生きていけるわけでもありません。実際、こういうカップルに限って、さっさと破局してしまうものです。


人は刺激に慣れる動物ですから、デートの度に色んな趣向を用意していても、「もっと! もっと!」となっていきます。ところが発想にもかけるお金にも限界はありますから、やがてマンネリを感じるデートしか提案できなくなって、別れの気配が漂ってきます。


キラキラしたカップルって鮮度が高そうですが、傷みも早い傾向が多く見て取れます。


 


結局のところ長続きするのは、背伸びをしないカップルだ!


では、交際が長続きする男女って、どんな特徴があるのでしょうか。大前提として、お互いを愛して信頼する気持ちは欠かせませんが、それだけではあんまり意味がありません。


重要なのは、交際のペースですね。無理をせず、突飛なデートプランに流されず、そこそこの関係を維持する。自分たちが世界に1ペアだけの特別なカップルという驕りも持たず、ただただ出来ることだけを相手にしてあげる。その繰り返しは確かに大きな輝きは見せないかもしれませんが、交際後の極端なギャップもまた、ありません。


日々の何気ない時間を共有することに喜びを感じたり、そんなにお金もかからないデートでも十分満足できたり。こういうカップルは強いです。


無理にお互いに着飾ることもせず、贅沢は本当にたまにする程度。そんな、いい塩梅で交際できる男女は、筆者の周囲を見渡してみてもそんなに多くありません。


しかし、該当するカップルはたしかに短期間で別れることもなく、何年も関係を継続しています。


 


おわりに


大人の男女は、それぞれに異なる時間を過ごしていても、それが当然と割り切れるものです。仕事や、恋人の介在しないプライベートな時間をしっかりと尊重しあえる。そんなカップルこそ、結局長続きする関係なのです。


会えない時間にいくら寂しいからと言って、絶えず電話やLINEで動静を把握しあうようなカップルなんて、疲れるだけです。束縛しあうような男女って、それだけでエネルギーをお互い無駄に消費しています。そんな状況がその先何年も続くはずがないのです。(松本ミゾレ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ