地獄少女 宵伽 第1話「見えない聞こえない」【感想レビュー】

地獄少女 宵伽 第1話「見えない聞こえない」【感想レビュー】

『地獄少女』シリーズ待望の最新作・第4期 宵伽(よいのとぎ)がついに始まりました。


最近では『Re:ゼロから始める異世界生活』『サクラクエスト』『有頂天家族2』といったアニメに出演した能登麻美子さん。そんな彼女が演じる閻魔あいというキャラクター。そしてダークな作風。この2つが魅力的な作品です。


でもこれ、8年ぶりの新作なんですよね。


『地獄少女』?なにそれ? というアニメファンもたくさんいるのでしょうか。そういう方も、この機会に『地獄少女』にハマってもらえればいいなぁ……。


とまあ前置きはここまでにして……。宵伽のレビューをすることになりましたので、はじめていきたいと思います。


■地獄にもスマホの波が押し寄せている?

地獄少女とは、午前零時にだけアクセス出来るサイト「地獄通信」に、恨み相手の名前を書くと出現する女の子。

基本的に、毎回ことなるサブ主人公的なキャラクターが登場し、彼(彼女)を中心に話が進んでいきます。


今回のテーマは、“イジメ”です。


――晴らせぬ恨み、晴らします。


1~3期を観ていた方にはお馴染みのナレーションからスタート。


4期最初の依頼人となるのは、真山静香という少女です。彼女は授業中、LINEによるイジメを受けていました。


少しぽっちゃりな体型なので「ガス丸」と言われ、延々続くLINE上の罵倒。クラスメートを地獄に流そうと「地獄通信」にアクセスするも、1人しか対象にできないと知り悩みます。


さすがに8年もたっているだけあって、最新作では「地獄通信」もスマホに対応。そういえば、映画『リング』の貞子もビデオからネットへと移行していましたよね。ホラー界もIT業界の進歩には対応せざるをえないようです。


■ようやく出来た友達

地獄少女である閻魔あいの仲間達は、教師や用務員として学校に潜入し、依頼人を観察します。これは毎度お決まりのやり方です。


どうやらイジメは1ヶ月ほど前から続いている様子。教師も、スマホいじりを静香にだけ注意し、まわりはくすくす笑うという。早くも暗い雰囲気。


そんなある日、静香はクラスメートの湯浅麻子から声をかけられ、一緒にお昼を食べることに。


麻子「(LINEを)見なきゃいーじゃん」

静香「気になるから」

麻子「1人じゃ寂しい? だったら、私が友達になってやる」


麻子は、口と態度は少し悪いのですが、根はいい人みたいで。


静香は、ようやく出来た友達との会話やLINEを楽しみはじめます。


■一転、裏切りあう

画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス


貯めるから辛くなる――麻子はそう言うと、気持ちを吐き出す場としてLINEのグループを用意します。そこにはもうひとり、麻子の友人らしい人もいました。

そこでクラスメートたちの悪口を語り、日頃のうっぷんを晴らす静香。しかし、ある朝登校すると、LINEの内容がクラスメートに広まっていました。


麻子がそんなことをするわけがない。


そう思った静香は他クラスに居るもうひとりのメンバーを訪ねます。しかし、彼女は静香のことを知らないようでした。


信じていたのに騙された。


ショックを受けた静香は、閻魔あいから地獄に流すための藁人形を受け取ります。


静香「騙されてた。許せない」


あい「あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を、解けばいい。糸を解けば、私と正式に契約を交わしたことになる。恨みの相手は、速やかに地獄に流されるわ」


あい「ただし、恨みを晴らしたらあなた自身にも代償を支払ってもらう。人を呪わば穴二つ。契約を交わしたら、あなたの魂も地獄に落ちる」


あい「死んだ後の話だけど」


あい「あなたの魂は永遠に痛みを味わいながら、彷徨うことになるわ」


■真相は……

そして、麻子を問い詰めます。


過去に、麻子は廊下で静香にぶつかっていました。


ぶつけられた側なのに、クラスメート相手にすぐ謝る静香。


そんな彼女のことが気に食わなくて、悪口を言い始めた。けれどここまで大事になるとは思わなかった。


そう弁解する麻子を、容赦なく地獄に流す静香。


地獄に流された麻子はスマホに変えられ、重いからデータを軽くしよう!ということで、データに置き換えられた臓器を削られていき……。


ターゲットを毎回コントみたいに追い詰めるのは、このアニメのお約束。ユーモアあふれる絵に、わりと酷い仕打ち。なかなかブラックです。


ところが、LINEの情報を流した人物は別にいました。静香が訪ねたのは、名字の同じ別人だったのです。そのことに気がつかない静香と、黒幕なのになんのバツもない真犯人。


イジメのきっかけを作ったとは言え、最後は勘違いで地獄に送られてしまった麻子。


このモヤモヤするオチもまた、『地獄少女』の魅力の一つ。


地獄少女 宵伽 第1話「見えない聞こえない」【感想レビュー】画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 ©地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス


■地獄少女 宵伽 は「正しい事」を肯定するストーリーではない

晴らせぬ恨み、晴らします――とはいうものの、地獄少女は正義の味方ではありません。


勘違いだろうが、逆恨みだろうが、報復だろうが、依頼されれば相手を地獄に流す。


そして、後悔しようが満足しようが関係なく、たった1人を流しただけで自分の地獄行きも決定する。


なかなか非合理的で、ブラックなシステムです。


今回、静香の様子を観察するシーンで、「あれでいいの?」と閻魔あいに問いかける謎の人物がいました。もしかすると、第4期では「地獄通信」の問題性に突っ込んでいくのかもしれません。


ということは、欠点をつくために今後もどんどん酷いオチが待っているのかも?


この第4期からでも、十分入っていけると思いますので、初見さんもぜひ観てみてください。


『惡の華』青春の葛藤を斬新な映像表現で描く意欲作





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ