知っておきたい男女の違い④男性は狩猟脳、女性は採集脳。恋愛のすれ違いを生む原因

知っておきたい男女の違い④男性は狩猟脳、女性は採集脳。恋愛のすれ違いを生む原因

男性には狩りをする「狩猟脳」、女性は家を守り安全に過ごす「採集脳」が備わっています。歴史の名残とも言える脳の違いが、恋愛に大きな影響を与えています。

今回は男女の恋愛についての、さまざまなすれ違いをこの脳の観点からお伝えします。


◯歴史が育んできた、男性と女性の脳の違い



人間の歴史を紐解くと、男性と女性では明確に仕事の役割分担がなされていました。

男性は狩りに行って食糧を調達する「狩猟」の役割。女性は一族や集落の人との調和をはかりながら、木の実を採集したり、子供を育てたりする「採集」の役割。


いっぽう、今の日本では、男女平等・夫婦共働きが主流ですから「男性が稼ぎ、女性が家を守る」という家庭は大きく減っており、「男性も女性も等しく働き、家事もお互いで分担する」そのような形が増えていますね。


しかし、いくら男女平等、と言っても生物的に男性と女性は全く違うもの。特にその脳には過去の名残が色濃く、男性の脳には、獲物を捕えるという本能がなおも強く受け継がれているのです。


男性によく見られる、困った恋愛行動は、この狩猟本能が引き起こしていると言えます。


◯簡単に手に入らない女性を追いたがる男性


追いたがる男性


男性の狩猟本能は、攻略するのが難しい相手を目にすると燃え上がります。簡単に倒せる(手に入る)相手は眼中にはないのです。このように、手に入れるのが難しい相手を苦労の末に手に入れたとき、男性の心は満たされます。


「この人を自分のものにしたい!」という独占欲や支配欲も、男性の方がはるかに強いと言われています。


一般的に女性にとっては、「追いかけるより追いかけられるほうが、いい恋愛」と言われるのも、この狩猟本能が理由と言えるでしょう。男性は追いかける生き物で、追いかけているときに一番喜びを感じ、生き生きとした魅力を発するのですから。


もっとも、追いかけ続けてばかりだと、男性も疲れてしまいます。安らぎも男性には必要なのです。このように男性とは面倒くさい生き物ですが、追いかけさせるのと、安らぎを与えるバランス。恋愛が上手な女性はそのバランスを取るのが得意なのですね。


◯釣った魚には餌をやらない男性


釣った魚には餌をやらない


女性からの恋愛相談で、「付き合う前まではあんなに私のことを好きだと言って、一生懸命尽くしてくれたのに、付き合ってから態度が急に変わってしまった」という悩みをよくいただきます。


この「釣った魚には餌をやらない」のも男性の狩猟本能によるものと言えるでしょう。相手を手に入れる、付き合うまでは必死に戦略を考え、自分の魅力を見せつけて、何としてでも自分のものにしようとします。


でも、そういう男性は、一度付き合い始めてしまうと、相手の女性を「過去の戦果」として認識し、急に興味を失ってしまうのです。そして、すぐに次の獲物を狙いに行きたくなってしまうのです。男性の中では、付き合い始めた瞬間から、自らの狩猟本能と、目の前にいる彼女を大事にする気持ち、そのせめぎあいが始まっているのです。


いっぽう、女性は調和や安定を大事にする傾向がありますから、この人、と決めた男性とは安定した関係を築きたいと考えます。


お互いの気持ちがすれ違い始めたり、お互いの愛情の量が釣り合わなくなったりするのも、この脳の違いが原因の一つと言えます。


◯複数の女性に目が行ってしまう男性


複数の女性に目が行く男性


最後に、気が多い男性についてお話します。たいていの男性は狩猟本能を持っているからと言って、実際は複数の女性に同時に向かおうとはしないでしょう。本能だけで社会では生きられないですし、恋愛は付き合い始めた後こそ大事なのですから。


でも、一部の狩猟本能が強すぎる男性は、複数の女性に目が行ってしまうもの。


昔に会食した、某企業のギラギラしたやり手社長の台詞が印象的でした。

「人生とは無限にあるステージを攻略するテレビゲームのようなもの。単調だけれど、どんどん難しくなるステージをクリアし続ける。そこに生きがいを感じられるかが成功の秘訣」と目を輝かせて言っていました。同時に女性関係も派手だったのですが。


男性の中には、このように仕事や恋愛を狩猟そのものと考えている人がいます。

仕事をクリアし続けることは大いに結構ですが、女性に対しても同じような考えを持ってしまうと、それは困りものです。


*


今回は、男性の狩猟脳がどのように恋愛に影響しているか、そして男女のすれ違いを生んでいるかをご説明しました。挙げた例に思い当たることがある方も多いのではないでしょうか。

大なり小なり男性には狩人の名残があるものなのです。また最後に、女性にも狩猟脳の性質を持つ人もおり、必ずしも男性だけの特徴ではないことをお伝えしておきます。

(恋愛結婚学研究所長・新上幸二)


(愛カツ編集部)


カテゴリ