モテ女子になるために知っておこう!男子のわかりやすいホンネ3つ

モテ女子になるために知っておこう!男子のわかりやすいホンネ3つ

モテ女子になるために女子力を磨きたいけど、どういう女性が男性に好まれるのか良く分からない……

そんな恋愛経験の少ない女性のために、男子の本音を3つご紹介します!



1・ボディタッチされると惚れる


ボディタッチされると惚れる


実は男性ってすごく単純な生き物。

特に恋愛経験の浅い男性は、女性が近くにいるというだけでも意識をします。

軽く女性に触られたりしただけでも、「あ、この子いいな……」と好きになってしまうこともあります。


女性からすればただのスキンシップのつもりでも、

「もしかしてこの子俺の事好きなのでは?」と勘違いをしてしまうのです。

この性質を良く知る女性は、

気になる男性にわざとボディタッチを行い、気を引くというテクニックを使うこともあります。


2・女性は女性らしくいてほしい


男女平等が叫ばれている世の中ですが、男性はやっぱり「女性らしい女性」が好きなのは変わりません。

では具体的にどういう女性が女性らしいのでしょうか。好みによって多少差はありますが、

大和撫子(?)のように、気配りができて大人しい女性や、

料理や掃除など家事が得意で家庭的な人などが該当します。


逆にNGなのは、言葉遣いが汚い人だったり、行動がオッサン臭かったりする人です。

また、ファッション、メイク、髪型など「見た目」に気を使っていないと、

女性としての魅力が足りないと思われてしまいます。


3・甘えて欲しいが面倒くさいのは嫌


面倒くさいのは嫌


男性には、女性に頼られたいという願望があります。

ただ男性にもできること・できないことがもちろんあります。

甘え上手な女性はその点を理解した上で、上手に男性を持ち上げるわけです。

経済力のある人にはご飯を奢ってもらい、筋力自慢の男性には重い荷物を運んでもらうなど、

男性の事情に合わせて頼ることがポイント。


しかし、気を付けないといけないのは、甘えすぎてワガママを言わないこと。

男性はワガママな女性は嫌いなので、面倒くさそうな顔をされたら要注意です。

相手を見て、適度に甘えるのが大事ですね。


おわりに


男性のホンネ、少しは理解できたでしょうか。

男性心理を計算した上で行動することができれば、モテ女子になることは実はかんたん。

ただし、それを男性に悟られないようにしましょう。

計算高い女性だと認識されてしまうと逆効果です。

男性が喜ぶこと・嫌がることを理解して色々と気を使うことができれば、

きっと魅力的な女性になれます。


(愛カツ編集部)


カテゴリ