一緒にいて楽しいと思ってもらえる女性になるための3つの方法

一緒にいて楽しいと思ってもらえる女性になるための3つの方法

好きな人に「この子と一緒にいると楽しい」と思ってもらうことができれば、2人の距離がグッと近づきます。今回は、一緒にいて楽しい女性になるための方法を3つ紹介します。好きな人のハートを射止めたいなら、2人で一緒にいる時間に目を向けてみましょう!



表情にバリエーションを持たせる


表情にバリエーション


笑顔の多い女性は男性から好印象を持たれやすいもの。笑顔以外にも、悲しい表情や困った表情などを加えれば、表情の変化で好きな人を楽しませることができます。


「いろんな表情を見せてくれる女性と一緒にいるのは楽しい!それだけで好印象なので、女性として意識してしまいます」(27歳/アパレルショップ店員)


いつも笑顔の女性を見ると、「本心では何を考えているかわからない」と感じる男性もいるようです。笑顔以外のさまざまな表情も表すことで、気落ちを素直に表現できる人として好きな人に良い印象を残すことができるでしょう。


話し上手&聞き上手で会話のバランスを取る


会話を楽しめるかどうかは、一緒にいたいと思う気持ちに影響する要素のひとつ。好きな人にいつまでも話していたい=一緒にいたいと思ってもらうためには、話し上手と聞き上手の両方を意識することが大切です。


「こちらに話を振ってくれつつ僕の話にもきちんと耳を傾けてくれる女性なら、自然と一緒にいたい気持ちが湧いてきます」(30歳/介護福祉士)


ポイントとなるのは、どちらかに偏りすぎないことです。話してばっかりだと必死な感じが伝わってしまい、相槌を打っているだけでは会話に面白味が出にくいでしょう。基本的には彼の話を聞くスタイルを大事に、彼の話の中から気になる部分があればそこを質問してみて会話を広げるなど、バランスのとれた会話のテクニックで好きな人と楽しい時間を過ごしてみませんか?


居心地の良い雰囲気づくりを心がける


居心地の良い雰囲気づくり


男性は女性と一緒にいるときの雰囲気に注目します。居心地の良さが感じられる女性となら、もっと一緒にいたい気分になるでしょう。


「今の彼女と初めてデートしたときに、無言の時間が全く苦にならなかったことを覚えています。女性は無言になると焦って話し始めたりすることが多いと思っていたので、とても新鮮に感じました。」(30歳/出版会社勤務)


居心地の良さが交際を決めるきっかけとなることもあるようです。2人で過ごしているとき、無言でも気まずくなくお互いに無理をしなくてもいい雰囲気が、好きな人に居心地の良い印象を与え、一緒にいて楽しいと思うことにつながります。デートのときの雰囲気づくりに目を向けるだけで、好きな人からの印象が変わるかもしれませんよ。


おわりに


紹介した3つの方法に共通しているのは、好きな人を楽しませたいと想う心です。あなた自身が一緒にいる時間を楽しむことも大切。好きな人と一緒にいると何かと緊張してしまいそうですが、肩の力を抜いて向き合いましょう。片思いを次のステップへ進めるための方法として活用してくださいね。


(愛カツ編集部)


カテゴリ