足、脇、……気になるニオイを防ぐ方法

足、脇、……気になるニオイを防ぐ方法

たくさん汗をかくこの時期、気になるのが自分の体臭。「もしかして私、今ニオってる……?」と、せっかくのデートも集中できないなんてこと、ありませんか?


そんなことにならないよう、嫌な汗臭さを軽減する方法をご紹介します。



汗を放置すると嫌なニオイに


汗そのものは無臭。いわゆる汗臭いニオイは、汗が雑菌と混じったり皮脂が酸化すると発生します。つまり、汗と皮脂を放置することで、『汗臭いニオイ』が発生してしまうのです。


汗臭くならないために、基本のニオイ対策を行いましょう。


汗のニオイ対策の基本


汗臭くならない


汗をかいたらこまめに拭き取るのは鉄則。


インナーは綿など吸水性、通気性に優れたものを着用し、服もできれば綿や麻素材で、風通しのよいゆったりとした服を着るようにします。


トップスなら身ごろがゆったりしたもの、ベルスリーブやドルマンスリーブ、ボトムスはマキシスカートやフレアースカートがおすすめ。


腋毛があると雑菌が繁殖しやすくなりニオイの原因になるので、できるだけ腋毛は処理しましょう。


デオドランドアイテムを活用


もちろん、デオドランドケアアイテムを使用することでもニオイ対策になります。


脇汗などにはデオドラントスプレータイプが手軽ですが、効果はロールオンタイプやスティックタイプのもののほうが高い傾向にあります。


足のニオイが気になる場合は、足専用のデオドランドクリームもありますよ。


体臭が軽減するサプリなどもあるので、どうしてもニオイが気になる人は試してみると良いかもしれません。


皮脂腺の多い部分を優しく洗う


お風呂ではしっかり体を洗って、ゆっくりお風呂に浸かりましょう。特に皮脂腺が多い頭皮、背中、小鼻・眉、乳腺部分は念入りに洗って。


しかし、ゴシゴシ洗いすぎると皮脂を必要以上に落としてしまい逆に皮脂が過剰に分泌されてしまうので、泡立てた石鹸で手で撫でるように洗う程度でOK。


足指、爪もよく洗い、靴はローテ


足指と爪を洗う


足もしっかりと洗うこと。足の指の間や爪は垢やゴミが溜まりやすいので、気を付けましょう。爪の間は爪ブラシを使って洗うのがおすすめ。お風呂あがりに足指の間の水気を拭き取るのも忘れずに。


パンプスを履く場合などは、素足ではなくできれば汗を吸うフットカバー、もしくは中敷きを使いましょう。


靴は連続して履くと雑菌が繁殖しやすくなるので、1日履いたら2日ほど休ませてローテーションさせ、靴の内部を乾燥させましょう。


ビタミンC、ビタミンEを摂る


抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む野菜や果物は、皮脂が酸化するのを防ぎ嫌なニオイを抑えてくれます。


逆に動物性たんぱく質の豊富な肉、卵、ニオイの強いネギやニンニクは嫌なニオイを強くしてしまいます。


なるべく野菜中心の食生活にし、ヘルシーにニオイ対策をしましょう。


わきが等が心配な場合は専門医へ


あまりにも汗の量が多い場合、ニオイが軽減されない場合は、多汗症やわきがの可能性も考えられます。日常生活に支障が出るようなら、専門のクリニックで受診し医師の診断を受けてみることをおすすめします。(東雲ほたる/ライター)


(愛カツ編集部)


 


(参考文献 女のキレイ基本講座/成美堂出版編集部)

(参考文献 365日のスキンケア/慶田朋子著)


カテゴリ