たるんだお腹、壁チョン体操で引きしめる

たるんだお腹、壁チョン体操で引きしめる



夏に引きしめたお腹。
食べものの誘惑が多い秋にもこのままキープしたい!
そんなときにぴったりなのが、楽しくお腹を引きしめられる運動です。
壁にチョンチョン、でおなかもシュッ
私が足を骨折をして、空手ができなかったときのこと。
「運動不足でお腹が出てきちゃって...」と同じ道場の後輩に相談したところ、「下腹部にききますよ」と教えてくれたのが "壁チョン体操"。

1. 壁に背中とおしりをつけてまっすぐ立つ
2. 小さいホールドアップの体勢で、軽く両手を曲げて肩の高さにあげる
3. 上半身を右方向にひねって、壁に両手を軽くチョン、とつける。このとき、おしりは壁につけたまま、上半身だけひねるようにする
4. 上半身をもとの位置に戻し、今度は左側にチョン
5. 左右を1セットとして、15回以上くりかえす

ポイントは、下半身は動かさないようにして、必ず両手を壁につけること。お腹に力を入れたままひねると効果がアップします。
さらに引きしめたい場合は、壁から3〜5センチほど離れた場所からひねると、より横腹にききます。
私が教えてもらったときは楽しいだけで、はっきり言ってそんなに鍛えている感じはしなかったのですが、意外にもきいていたようで翌日に横腹が軽い筋肉痛になりました。
壁チョン体操は壁さえあればできるので、オフィスでも自分の部屋でも気軽にトライできるのがメリット。
楽しく続けられるから、秋も太らずスタイルをキープできそうです。
イラスト/ニシクボサユリ
こちらも読まれています
・仲里依紗みたいな背中を目指すなら、3分間だけグーンと伸ばす
・サッと拭くだけ。顔、洗わなくてもいい
・脱・いちご鼻。黒ずみ毛穴の正しいケア方法って? #sponsored


カテゴリ