ドキドキの初デート。楽しく過ごすためのコミュニケーション術とは?

ドキドキの初デート。楽しく過ごすためのコミュニケーション術とは?

気になる人との初デート。人見知りとコミュ障を気にして、どう過ごしたらいいのか。自信が持てない女性はいませんか?

少しでも楽しくデートができれば、二回目もあるでしょうし、ふたりの関係も深まるはず。


でも、デートの経験はもう何年も前のことだし、一体どうやってデートをしたらいいのかわからない。

今回はそんな女性に向けて、楽しくデートを過ごすための会話術をまとめてみました。



 


リアクションを上手に取る


まず気にかけたいのが、リアクションの仕方です。たとえば、彼が仕事の話をしてくれているとして、「へー」「そうなんだ」「ふーん」といった薄いリアクションでは、デートが盛り下がるのも当然ですよね。


特に初デートは、お互いに相手のことがまだよくわからない状態だと思います。そのため、そうしたリアクションでは、相手は気を遣ってしまい、反応に困ってしまうでしょう。


デートに限らず、会話で大事なのは、なるべくポジティブな話を持ち出すことです。

仕事の話をするなら、「今日ね、実はこんな仕事を任されて……」といった嬉しい成果や、いい仕事ができたことを話題にできると、相手も話を聞いていて楽しく感じられるはず。


関係が深まってくれば、仕事の悩みや愚痴を打ち明けてもいいと思いますが――。デートの雰囲気は、話す話題で決まりやすいです。

ネガティブな話題ならデートは盛り下がり、ポジティブな話題ならデートは盛り上がるので注意しましょう。


 


共通点を探りながら相手を認める


デート中、お互いに「自分が相手にどう思われているのか」、気になることがあると思います。「こんなことを言ったらヘンに思われないかな……」と、言うのを躊躇ってしまうこともあるでしょう。

こうした雰囲気時に気に掛けたいことが、「彼の凄さを認めてあげること」です。


たとえば「○○さんは優しいですね」といった、彼の性格を褒める発言から、「○○さんはすごいなあ。私なら、挫折しちゃいそうだ」と、彼の仕事ぶりを認める発言とか。

こうした言葉が聞けれると、人は嬉しくなり、同時に相手に心を許すからです。また、相手への興味を寄せるきっかけにもなるはず。


ただし、話の合わせすぎは注意しましょう。なんでもかんでも褒めればいいというものではありません。「私も仕事で○○しているんですけど」と、相手との共通点を探るように話ができれば、会話は自然と弾みやすいと思います。


 


笑顔と相槌でコミュニケーションを円滑にする


基本的なことですが、積極的に笑顔を見せたり、相手と目を合わせて頷くといった、コミュニケーションを前向きに取ることも、デートを盛り上げるポイントになります。


笑顔も、相手に心を許す大事な要素のひとつです。人は笑顔を向けられると、癒され、そして好意を抱きやすくなります。

コミュニケーションを取る際も、相手の目を見て話すことで、相手の気持ちを受け止めていることがわかり、会話に信ぴょう性が増します。


デート中は恥ずかしくて、つい顔が強張ったり、目が合わせられないことも多いと思いますが。自分の意思表示のためにも、ぜひ意識して行ってみてください。


 


おわりに


人見知り、コミュ障でデートの自信がない。そんな女性もぜひ前向きに実践して、楽しいデートにしてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ