いつまでもラブラブ!マンネリを吹き飛ばすデートテク3つ

いつまでもラブラブ!マンネリを吹き飛ばすデートテク3つ

恋のマンネリは平和な関係の証拠。とはいえ刺激がないと女らしく振る舞う気力も下がるし、油断させすぎは浮気の種になることも。マンネリを放置しておくと思わぬ落とし穴にハマるかも。


いつものデートにさりげなく取り入れられる、マンネリ防止テクニックとは?


 


緊張感を投入



マンネリな状況を打開しようとして、いきなり連絡を絶ったり、ほかの男友達と遊んでいるのを見せつけるなど、極端な刺激を与えるのはNG。


マンネリは彼にとっては居心地のいいぬるま湯状態です。強すぎる刺激はかえって浮気の引き金になったり、最悪別れにつながることも。居心地のいいぬるま湯からいきなり熱湯に移動したい人はいません。程よい刺激を与えるならいつものデートが休日なら平日夜にしたり、まったりデートが多いならドレスアップを要する場所へ出かけるなど「シチュエーションを変える」のがおススメです。


カジュアルな休日ファッションと違うきりっとしたオフィススタイルで会ってみたり、ちょっといいレストランに行ってみるなど、少しの緊張感が必要なデートをしましょう。彼に「まだ自分の知らない顔がある」と感じさせて。


 


他の男の視線を意識する



デートで着る服のチョイスが彼の好みや、ラクな服優先になっていませんか?マンネリ時は「結構イイ女なんだよな」と彼にあなたを見直させるのが大事。そして、自分の彼女に向けられる他の男の視線には超敏感な男性も多いもの。彼の好みより、世間一般の男性にモテることを優先した服を着て下さい。


スタイルの参考にするのは女性誌の「モテファッション」ではなく「男性向けファッション雑誌」!ページに華を添える女子モデルが誌面で着ている服は、その読者層から見た「いい女像」に近く、流行に走りすぎず、さりげなく色っぽいスタイルが多いはず。本当のモテ服は男性誌の中にあります。


 


はにかみが大事


いつも自然体な女は男心をくすぐる


付き合いが長くなればまっ先に失われるのが「恥じらい」。何もかも開けっぴろげな女は、一緒にいてラクかもしれませんが、異性として魅力的とは言えません。「相手が恥ずかしがってるのを見て自分まで照れくさくなってきた」なんて経験はありませんか? あのくすぐったい感じこそ、恋のスパイス。時々投入すれば、マンネリ自体をよせつけないはず。


恥ずかしがる内容なんてぶっちゃけなんでもいいんです。「何か食べてる時に目があった」「アクセサリーが可愛いってほめられた」「歩いていたら手が触れ合った」などのシーンで可愛らしくはにかんでみましょう。演技でOKです。付き合いたてのような、彼も忘れかけてたキュンとくる感じを思い出させることができるはず!


マンネリに有効なのは、心変わりを疑われるような大きな変化より「あれ?こんな子だったっけ?」と思うような小さな変化を感じさせること。「まだ自分の知らない彼女がいる」と思わせることが大事です。マイナーチェンジを繰り返し、いつも新鮮な関係でいましょう。(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ