ドキドキが止まらない! 肉食男子の「キスドン」って?

ドキドキが止まらない! 肉食男子の「キスドン」って?

とある映画で「壁ドン」が一時期話題になりました。

女性特有のちょっぴりMな願望を爽やかに抑えた、

壁際へ追い込んでからのキスにキュンキュンした女性も多いのではないでしょうか。


実は最近、その壁ドンが進化しているとの情報を仕入れました。

なんとその進化版はTHE肉食系男子が使う手だそうで、「キスドン」と言うそうです。


一体、キスドンとはどんなものでしょうか。

また、肉食系男子はどういったタイミングでするのを狙っているのでしょうか……。



壁へ追い込んで、唇をふさいじゃう


壁ドンは、皆さんご存知の通り壁際に追い込んで手をドン……と壁に付くというスタイルですよね。

好きな男性からされたら、キュンとくること間違いなしの壁ドンですが、

キスドンはどういったスタイルなのかと思い、自称肉食系男子お二人にお話しを伺ってきました。


「キスドンは、壁に女の子を追い込んでキスしちゃう感じですよ。

手をつく壁ドンだけで我慢したりワンクッションを置いてあげたりするのではなくて、

壁際に追い込んでいきなりキスです。


女の子って、キスしたくても自分から出来ない子がほとんどじゃないですか。

だから、キスしたそうな顔をしていたり素振りを見たら、もう迷わずキスドンしちゃいますね。」

(20代男性・スポーツインストラクター)


ちょっと強引に言い寄られてみたい! という願望を叶える壁ドンと違って、

ちょっとどころかかなり強引にグイグイ来てほしいという女性には嬉しいかもしれないですね!


スペックがある程度必要? なキスドン……


自分から恋愛にガツガツいけない女性だと、

壁ドンやキスドンで心とカラダの距離を一気に埋めて欲しくなるときもあります。


でも壁ドンよりもキスドンの方が、する側の男性のスペックが重要で、

成功するかどうかが大きく左右されるとの意見も届きました。


「俺も、マンガみたいなキスドンやってみたいと思っているんですけど……

顔、そんなにイケてないし、したら女性にキレられそうで中々実行に移せないです。


自分では結構肉食系だと思ってるんですけどね。

それでもキスドンしちゃってからの失敗が怖いです。」

(20代男性・自動車販売業)


確かに、ブサメンからいきなりキスドンなんかされたら、

ドキドキどころか悲しくて泣きたくなっちゃうかもしれませんよね。


壁ドンもキスドンも、ある程度の顔面スペックをお持ちの男性に限る! といいたいところですよね。


トキメキとキケンは隣り合わせ!


気になるキスドン、いかがでしたか?


されてみたいと思う方、絶対されたくなんかないという方……いらっしゃると思います。

ドキドキしてトキメくのと、危険な思いをするのは紙一重。

どうせ迫られるならイケメンに……というのが、女の本音でしょうかね。

イケメン男子にぜひ、立ちあがってもらいたいものです。(きえお/ライター)


(愛カツ編集部)


(男性2人にメールにてお伺いしました)


Photo by Christiaan Botha


カテゴリ