山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 西田敏行の“お悩み相談”動画公開

山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 西田敏行の“お悩み相談”動画公開

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(23日公開)の動画が14日、ORICON NEWSに到着した。西田敏行演じる「ナミヤ雑貨店」の店主・浪矢雄治が、子どもたちによるからかい半分の悩み相談にも的確に答える姿を収めている。



【映像】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』本編映像



 同作は、『余命1ヶ月の花嫁』『PとJK』の廣木隆一監督がメガホンをとり、東野圭吾氏の小説を実写化。現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店「ナミヤ雑貨店」を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描く。



 「ナミヤ雑貨店」には、人生についての真剣な悩みから、中にはからかい半分のものまで、毎日さまざまな悩みが届く。公開された動画は、小学生から「テストでいつも100点とるにはどうしたらいいですか?」と相談された浪矢が、「先生に頼んで、あなたについてのテストをしてもらって下さい。自分に関する問題なら、あなたの答えは全て正しい。だから100点満点のはずです」と回答し、困らせてやろうと企んでいた小学生までもが「さすがじゃん!!」と感心してしまう、ユーモラスなシーンが収められている。



 「ナミヤ雑貨店」のモットーは、どんな悩みにも真剣に悩み、かならず答えること。それがたとえ子どもの遊びだとわかっていても、「手紙にしたためられた人の心の声は決して無視してはいけない」という浪矢の信念がある。さらには、「相談者たちは、“こうした方がいい”と自分なりの答えを決めている上で、わしに相談してるんじゃ」と手紙の文字面だけでなく、悩める相談者たちの心の機微まで理解した上で返事を書いている。



 こうして生まれた相談者と「ナミヤ雑貨店」との絆は、後に大きな奇蹟を生み出すことに。かつて浪矢に悩みを持ちかけた子どもたちが大きくなり、その悩みもからかい半分のものから人生の悩みになったとき、気休めに書いた悩み相談の手紙が、32年後の主人公・敦也(山田)たちのもとへと届くのだ。



 ちなみに、どんな悩みにも答える浪矢役の西田にも、実は一つの悩みがあるという。「自分にないものを持っている役者さんはうらやましいし、悔しいなといまだに思うんです。役者を続けていく限りずっとそう思うんでしょうけど、『どうにかこういう気持ちを抑えられないでしょうか?』と亡くなった三國(連太郎)さんに聞いてみたいな(笑)」と告白した。

カテゴリ