年下彼氏との上手な付き合い方 ある程度の覚悟も必要?

年下彼氏との上手な付き合い方 ある程度の覚悟も必要?

【恋愛コラム/モデルプレス】年齢差のあるカップルと言うのは最近では珍しくありませんが、とくに女性が年上で彼氏が年下というカップルもだんだん増えているようです。今まで年下と付き合ったことがないと、どのように接するべきか悩んでしまうこともあるはず。そこで今回は、年下彼氏との上手な付き合い方をご紹介します。

♥彼氏と同年代になったつもりになる

やはりカップル間で年齢差があると、話が合わない、感覚が合わないといった障害も生まれます。

それがお互いの壁になってしまうと、溝が深まって信頼関係を築けなくなってしまうかもしれません。

そうならないようにするためには、彼氏と同じ年下の年代になったつもりになり色々な情報を取り入れてみましょう。

彼氏の世代で流行っている物や注目されているものなど、知っているだけでも話の幅は大きく変わります。

そんな風に年下に合わせようとしてくれる彼女を見て、可愛いなと感じてくれることもあるのです。

♥お互いに合わせようとし過ぎない

年齢による溝が出来やすいからと言って、無理に合わせようとし過ぎるのもあまり良い傾向ではないでしょう。

その年齢にはその年齢の良さがあり、それを認めてこそ付き合っている意味が生まれてきます。

年下に合わせて身体を動かしたら怪我をした、年上に合わせてレストランを予約したら散財した。

こういう事を続けてしまうと、どちらかの負担になってしまうので長続きしません。

好きな相手に合わせたい気持ちはわかりますが、お互いに理解し合うことをまずは大切にしてください。

♥年下や年上を言い訳にしない

仕事でも付き合いでも「年下だからできなくても仕方ない」「年下だから分からない」など、年下を言い訳にしてしまう人は少なくありません。

また「年上だからすごい」「年上だから何でも出来る」という勘違いをする人も少なからずいるものです。

しかし、カップルは基本的に同じ目線になることが大切なので、年下や年上を言い訳にする場面が増えると良いことはありません。

年下だからできないでしょと女性が諦めることで男性のプライドは傷つきますし、年上だからできて当たり前でしょと言われたらプレッシャーになるはず。

一人の人間として付き合えば、そういう考えになることはないはずなので言い訳に年下や年上を使うことはやめましょう。

♥彼氏の友人関係には理解を示す

年上の彼女がいるからと言って、今までの友人関係を変える男性はなかなかいないでしょう。

彼女と一緒にいる時は、普段よりも少し背伸びしてしまうこともあるので同世代の友人と遊ぶことで自分らしさを保っている男性もいます。

もちろんそんな背伸びをさせないような関係になるのが一番ですが、男性にもプライドがありますし付き合い始めは格好つけたいものです。

だからデートが減っても友だちと遊ぶことを制限したり嫌な顔をしたりせず、快く送り出してあげることで彼氏も喜んでくれるはず。

しかし全く嫉妬する素振りを見せないのも彼氏の不安を煽るので、たまにはワガママを言うことも忘れずに。

♥年下だからこそ甘える

彼氏には甘えたいとか頼りたいと思っている女性は少なくないはず。

しかし、年下彼氏だと素直に甘えていいのかわからず、つい我慢してしまうこともあるでしょう。

しかし、それこそが彼氏のプライドを傷付ける原因になり不安にさせるきっかけになってしまうのです。

年下彼氏にこそ甘えて他の男性には見せない部分を見せると、きっと喜んでくれるはず。

そして彼氏も甘えやすくなるので、お互いの距離を縮めるためにもあえて甘えてみてください。

いかがでしたか?

年下彼氏と上手に付き合うためには、年齢を意識しすぎないことが大切です。

しかし、年上らしさやそれを活かしたギャップなども見せられると、彼氏を虜にさせることができるでしょう。

初めのうちは探り探りで良いので、年下彼氏と付き合う楽しさや喜びを見つけてみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ