片思い、期間が長すぎるとダメな理由

片思い、期間が長すぎるとダメな理由

あなたは今、片思いをしていますか?しているとしたら、同じ人をどのくらいの期間好きでいますか?


実は片思いには「成就しやすい期間」というのがあって、この期間を超えてしまうと叶いづらくなってしまうみたいなんです。


恋愛は戦略が大事!ということで今回は片思いの期間についてまとめてみました。



 


長すぎると叶いづらい理由



ではまず、なぜ片思いの期間が長すぎると叶いづらくなってしまうのかについて解説していきます。


片思いの期間が長いということは、相手と知り合ってからの期間が長いということ。単純にその期間の間に、仲良くなりすぎてしまうのが問題なんです。


完全に友達としてしか見られなくなってしまってからでは、そこから恋愛対象としてみてもらうまでのハードルが一気に高くなりますよね。


なので、まだ自分のことを知りつくされている状態ではない段階でアプローチをして恋愛対象として見てもらうということが大切になるのです。


 


もちろん、短すぎてもダメ!


とはいっても、さすがに知り合ってから1週間、1ヶ月の間でアプローチするのはなかなかお勧めしません。そこまで短期間だとほぼほぼ一目ぼれと同じですし、相手もまだこちらのことをよく知らない状態です。


知り合って短期間で急にアプローチされたらなんだか積極的過ぎるというか、チャラいという印象を与えかねません。


それにその状態でたまたま両思いになれたとしても、後から「思っていた感じと違った」とか「考え方が合わない」というような後悔につながってしまいがちです。


 


ベストな期間は2~3ヶ月


では片思いが成就しやすい期間というのがどのくらいかというと、大体2~3ヶ月くらいだそうです。


確かに2、3ヶ月交流していれば相手のこともなんとなくわかってきますし、かといってお互いを知り尽くしたわけではないので完全に恋愛対象外になっているとも考えにくいですし、なんとなく納得感がありますよね。


「鉄は熱いうちに打て」とも言いますし、時間をかけて相手の意識が冷め切ってしまわないうちにアプローチをすることが片思いの成功率を上げるコツみたいです。


もちろん、相手によって変わる



ただし注意していただきたいのは、このベストな期間というのは相手の状況によっても多少変わってきます。


例えば片思いの相手が出会ってからずっと彼女がいる、なんていった場合は下手にアプローチをしても逆効果です。そういう場合は長期間待つことも必要です。


相手の状況も加味した上で作戦を立てられるとよさそうですね!


(愛カツ編集部)


カテゴリ