素肌を活かすメイクテクで透明肌へ!

素肌を活かすメイクテクで透明肌へ!

色白に見せたいからといって、顔中ファンデーションを塗ってしまうと凹凸の無いのっぺり顔や、厚化粧に見えてしまい透明感というよりは残念な顔ができてしまいます。


透明感を出しつつも色白に、肌をキレイに見せるには全体的にファンデーションを塗るよりは、ポイントを押さえてカバーしつつ素肌感を出した方がよりキレイに見せることができます。



 


ファンデーションは気になる所だけ



下地である程度補正した肌に、全体的にファンデーションを塗ってしまうよりも、顔の中心に薄く塗ったあとは気になる所だけコンシーラーで消すようにしましょう。


顔の中心はファンデーション。そして気になる所はひとつ暗めの色のコンシーラーを使うとシミや赤味をうまく隠す事ができますが、ニキビの炎症が酷いときはファンデーションもコンシーラーもおすすめできません。


隠せば隠すほど炎症を悪化させてしまい、跡に残る可能性が高くなってしまいます。


 


コンシーラーのポイント


コンシーラーでシミやニキビなどだけ、ピンポイントで塗ってぼかした後にまぶたの下から小鼻の横までファンデーションを塗って指先で外側に馴染ませていきます。


その時に指先で伸ばしたり叩き込んだりした後、鏡でいろんな角度から不自然になっていないかチェックしていきます。


もちろんパフでもいいのですが、最後は指先の方が体温でなじみやすくなるので不器用な人は汚れてしまいますが指先で叩くようにぼかしながら馴染ませていきましょう。


 


仕上げはフェイスパウダーで



その後全体的にフェイスパウダーをブラシで重ねて、最後にパール感のあるパウダーをTゾーンに軽くなじませます。


フェイスパウダーをつけた後のベタつきがまだ気になるようであれば、軽くティッシュオフするとより密着してくれますよ。


 


おわりに


無理に全体にファンデーションをつけるよりも、部分だけ付けていくようにする方が肌にも断然おすすめです。


素肌を見せることで、素肌を美しくしていく事ができるので肌にも嬉しい循環ができてきますよ!(只野あさみ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ