知らず知らずに言ってない?男性が傷つく『かきくけこ』って?

知らず知らずに言ってない?男性が傷つく『かきくけこ』って?

『男心は意外と繊細』だという話を聞いたことがありませんか?


女性がほんの冗談や何気なく放った一言で、傷付いてしまう男性は決して少なくないのです。

一度傷付いた男性の心は中々元には戻らず、時には別れに繋がってしまうことも……。

そんなことにならないように、男性に対して決して言ってはいけない、

彼らのプライドを傷付ける『かきくけこ』をご紹介します。



 


1.『か』っこ悪い


男性というのは女性には常に「かっこいい」と思ってもらいたいと考えている、

プライドの高い生き物です。

その為、冗談であったとしても、女性からの「かっこ悪い」という言葉には傷付いてしまうのです。


 


2.『き』もい


軽い気持ちの「キモい」が口癖のようになってしまっている女性は少なくありませんが、

そう言われた男性は真剣に受け止めてしまいます。

さらに、上品な印象の言葉ではないので、自ら禁止してしまいましょう。


 


3.『く』さい


年齢を重ねるに連れて、男性は自分の匂いに敏感になっていくものです。

「汗臭い」や「晩御飯のニンニクが臭い」などの意味であったとしても、

面と向かって指摘しないようにしましょう。


 


4.『け』ち


『ケチ』という言葉は男としてのプライドを傷付けます。

例えデートがキッチリ割り勘だったとしても、

プレゼントの値段がガッカリするようなものだったとしても、

その言葉は使わない方が無難です。


 


5.『こ』どもっぽい


行動に関しては『子供っぽい』ことは褒め言葉だと捉えられる場合もありますが、

考え方に関してはそうはなりません。

特に、年下の男性の場合はそう言われて自信をなくしてしまうこともあるでしょう。


 


おわりに


いかがでしたでしょうか。

案外、気にせず使ってしまっていた言葉もあったのではないでしょうか。

男性の気持ちを思い遣って、より良い関係を築いていきましょう。(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ