第2シリーズも楽しみ!棋士の雰囲気を味わえる「 3月のライオン 」

第2シリーズも楽しみ!棋士の雰囲気を味わえる「 3月のライオン 」

「 3月のライオン 」は、ハチミツとクローバーなどのマンガ家、羽海野チカ先生による将棋を題材とした作品です。


監修は棋士の先崎学九段です。羽生世代と呼ばれることがある棋士の一人です。


Contents

1 「 3月のライオン 」という世界での将棋とは2 「 3月のライオン 」の主人公とヒロインたち3 「 3月のライオン 」の気になる第2シリーズの情報など
■「 3月のライオン 」という世界での将棋とは

2017年現在、棋士のタイトル戦は8つあります。


竜王戦、名人戦、王位戦、王座戦、棋王戦、王将戦、棋聖戦、そして叡王戦です。


叡王戦というのは、2017年の第3期よりタイトル戦となりました。他のタイトル戦とは違い新聞社ではなく、ドワンゴ主催だったりします。


「3月のライオン」の中でのタイトル戦は7つあり、名人戦と王将戦以外は架空の名称になっています。

獅子王戦、名人戦、棋匠戦、棋竜戦、王将戦、棋神戦、聖龍戦です。


作中のタイトル戦の中でも獅子王戦は別格な感じで描かれているように思います。


現実と同じく、四段に昇段することで「棋士」と呼ばれるようになり、プロとして認められることになります。





■「 3月のライオン 」の主人公とヒロインたち

主人公の桐山零(きりやま れい)は、「3月のライオン」では中学生で史上5人目となるプロ棋士になった人物です。

棋風はオールラウンダーで、指し手に縛られない万能なタイプです。


素直で真面目な性格なのですが、元々内向的だったところに加えて、心に傷(闇)を抱えており、高校でもあまり馴染むことが出来ず孤立しています。


声は河西健吾(かわにし けんご)さんで、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの三日月・オーガスなどを演じられています。


本作ではヒロインは三姉妹です。


川本あかりは、川本家の長女で亡くなった母親の代わりを自ら努めています。週に二回ほど伯母が経営するお店で働いており、そのお店を利用する棋士たちのアイドルだったりします。


茅野愛衣(かやの あい)さんの優しく朗らかなお姉さんボイスがぴったりです。


次女の川本ひなたは、まだ小さな妹の面倒を見たり、祖父の和菓子屋や家事も手伝ったりと、とても心優しい少女です。ムードメーカーでもあり、桐山零くんの悩みを吹っ飛ばす明るさと芯の強さを持ち合わせています。


ほわほわ~としていてでも真っ直ぐな声がまさにひなちゃんらしいボイスで花澤香菜(はなざわ かな)さんが演じられています。


三女の川本モモは、無邪気な性格の園児です。芸術的なセンス(?)を匂わせるような新作和菓子の提案をしたりするとても見ていて楽しい女の子です。


久野美咲(くの みさき)さんのイノセントな幼女といったすっごく可愛らしいボイスで演じられています。


画像引用元:©羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会 ©羽海野チカ・白泉社


■「 3月のライオン 」の気になる第2シリーズの情報など

オープニングテーマはYUKIさんの「フラッグを立てろ」、エンディングテーマはBrian the Sunさんの「カフネ」です。


またBUMP OF CHICKENさんの楽曲が使われるのか、個人的に期待しています。


2017年10月14日よりNHK総合テレビにて、毎週土曜日の23:00~23:25です。全22回の放送になるようです。


アニメーションの制作は、「物語」シリーズや「魔法少女まどか☆マギカ」を手がける株式会社シャフトです。

監督も同じく新房昭之さんです。


原作コミックは2017年9月29日に13巻が発売されます。おでかけエコバッグ付きの特装版もあるそうです。


おさらい読本として、第1弾初級編と第2弾中級編が出ていますので、第2シリーズが始まるまでの余暇として楽しむのもいいかもしれません。


ニコニコチャンネルで第1話は無料で視聴できたりするので、気になっている方はぜひご視聴下さい。


『しおんの王』華麗なる女流棋士たちの真剣勝負





(あにぶ編集部/犬童 ヌル)
カテゴリ