いるところには残ってる!結婚向きのいい男と出会える場所

いるところには残ってる!結婚向きのいい男と出会える場所


出会いの数だけ恋愛の可能性が広がるのは学生の頃の話。だんだんと「いい男だと思ったら既婚者だった」パターンが増えてきます。


この先、出会うのは既婚者か売れ残りだけ?と諦めるのはまだ早い!まじめでそこそこ稼ぎがあって、結婚向きの男は、いるところにはまだまだいます!


職場


結婚向きの男性がいる場所とは


「一見いい男なのに結婚していない男性=よく見ればヘンな男」とは限りません。


男性にスマートさを求める人には向きませんが、「激務すぎて遊びにいく気力がない」「食事も牛丼チェーンやラーメン屋などの女性が来なそうな店にしか行かない」など、恋人募集中の女子と生活圏が重ならないせいで女っ気のない人もいます。


何が何でも彼女を作ろう!的な積極性には欠けるものの、付き合ってみれば真面目で浮気もせず、意外に好条件です。そんな男性を探すなら、やはり職場。「社内恋愛はちょっと」と、身近な男性を敬遠してきた人も社内に目を向けてみましょう。


あなたがなぜか社内の男を敬遠していたのと同じように、「社内の女は気が強い」「口が軽かったら困る」などの理由で社内の女子をスルーしてきた男性がいるはず。仕事命になりがちな男性は、恋愛したくても「仕事が忙しくて、ドタキャンしてしまうかもしれないから社外の女子は誘いにくい」などの理由で合コンや紹介などのチャンスをつかめないと言うこともあるんです。


彼らも「自分の仕事に理解のある人と付き合いたい」と思っているはず。好みのタイプを見つけたらまずはアイコンタクトや、仕事にかこつけた雑談などで、人目につかないようにこっそりアクションをしてみましょう。相手の身元が確かで仕事っぷりも把握できるのは社内恋愛ならでは。アプリでの出会いやスペックでバッサリ切られがちな婚活に疲れた女子にもチャンスが多いはずですよ!


趣味の場


結婚向きの男性はどこにいる?


合コンのような、ガツガツした出会いの場が苦手な男たちも狙い目です。恋愛や結婚そのものに消極的なのではなく、「自然な出会いにこだわりがち」「恋愛ありきの出会いの場は嫌い」という人たちです。


押しの弱さのせいで売れ残ってきた彼らは「こんな年まで独身なんて何かあるのでは?」というフィルターを外せば意外なほど高スペックであることも。そんな彼らの本命になるための出会いをするなら、共通の「趣味の場」に出かけることがおススメです。


趣味を起点に人とつながれる男性なら、長らく彼女がいなくても、性格に難がある確率も少ないもの。そして、趣味の場での出会いは気の合う人が探しやすいうえ、恋愛にたいしての下心が見えにくく、ちょっと自意識過剰な彼らにも「自然な出会い」として受け入れられやすいのがいいところ。


共通の趣味を切り口にすればそこで出会った女性にも「がっついてる女」というイメージを持たないので、素直に恋愛に発展しやすいんです。ただし、男性が多そうだからと全く興味の持てない趣味に手を出すのはボロが出やすく、「男漁りにきてる!」とアレルギー反応を起こされることがあります。場を楽しんでいるキラキラオーラをだすためにも、本当に興味を持てる趣味の場に顔を出しましょう。


目につくところの男だけ見ていると、気に入るのは既婚者だけということになりがち。出会いにくいところにいる男にも目を向けることで、誰から見てもステキ!というわけではないけれど、自分の好みにはピッタリ、そんなニッチなモテ男に会えるかもしれません。(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ