ダイエッター必見! ダイエット中におすすめのコンビニ食とは…?

ダイエッター必見! ダイエット中におすすめのコンビニ食とは…?

時間がないときや、疲れているときは、ぱっと買って、さっと食べられるコンビニ食が便利。


しかし、「コンビニ食=太る」というイメージがあるため、ダイエッターにとっては悩ましいところですよね。


そこで今回は、ダイエット中でも安心できるコンビニ食をご紹介していきたいと思います!



 


■サラダチキン


ハンバーグやコールスローなどの冷蔵食品と並んで陳列されていることが多い「サラダチキン」。高たんぱくなのに低カロリーで、ダイエッターにおすすめの食材です。


コンビニによって味付けがあるので、多少は異なりますが、そのカロリーは、100gあたり約100kcal程度。サラダなどと合わせて食べれば満足感も高いですよ!


 


■おでん


おでんは、具材を選ぶことで、ダイエット中にも安心して食べることができます。カロリーの低いものや、高たんぱく、低脂肪なものを選びましょう。ちなみに、おでんの汁が好きという方は要注意。塩分が高いので、具だけにするほうが賢そうです。


大根……12kcal

こんにゃく……7kcal

糸こんにゃく(しらたき)……6kcal

たまご……約83kcal

※セブン-イレブンHP掲載カロリー


 


■枝豆


枝豆といえば、お酒のおつまみのようなイメージがありますが、ダイエッターにもおすすめ。


低カロリーというだけでなく、たんぱく質、ビタミンB1、カリウム、食物繊維などが含まれており、ダイエット中に不足しがちな栄養素の補給も期待できます。


冷凍の枝豆も売られているので、小腹がすいたときの非常食として、買い置きしておいても便利ですよ。


 


■もずく


惣菜エリアで迷っているなら、もずくがおすすめです。ぬるぬるしたもずくには、腸の調子を整えるのにとても優秀な水溶性食物繊維が多く含まれています。


ダイエット中は食物繊維が十分にとれず、便秘気味になることもあるので、もずくを取り入れてみてはいかがでしょう?


また、もずくには、血糖値の上昇を抑える効果もあります。仕方なくコンビニ食を利用するときは、帰りが夜遅いという方も多いはず。そんなときは、血糖値が上がりにくいもずくを選んで脂肪の蓄積を防いでみてくださいね!


 


■冷凍果物


 


ダイエット中のおやつには、ベリーやマンゴー、いちごなど、冷凍フルーツがおすすめ。


急速冷凍されていれば、鮮度が劣化することなく食べられるうえに、ビタミンやカロテン、眼精疲労に効くアントシアニンなどが含まれていることも! おいしく栄養補給したいときにはぜひ取り入れてみましょう!


 


■おわりに


しっかり選べば、お手軽なコンビニ食も、ダイエットに貢献してくれる力強い味方になってくれます。ダイエット中のみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!(富永ゆう/ライター)


(愛カツ編集部)


 


参照:【専門家が監修】もずくの成分「フコイダン」の健康効果に注目 | 美肌レシピ


カテゴリ