地獄少女 宵伽 第12話「回顧録~はぐれ稲荷~」(最終回)【感想コラム】

地獄少女 宵伽 第12話「回顧録~はぐれ稲荷~」(最終回)【感想コラム】

ついに第4期も最終回。1~3期はそれぞれ全26話あったため、1クールだと寂しく感じてしまいます。


でも、既にBDの上下巻が発売しています。すぐに揃えられるのも、短いクールの利点でしょうか。これを購入すれば、放送が終わっても繰り返し楽しめますね。


Contents

1 痛い子のお話2 こっくりさんのおかげで変わることが出来ました3 呪いはエスカレートしていき……4 取り返しのつかないことまで
■痛い子のお話

というわけで今回の冒頭は、「一本ずつ引け! 占ってやる!」とお店の割り箸を勝手に使うきくりのシーン。


全ての割り箸には「し」が書かれていて、「3人とも死ぬのだー!」とはしゃぐきくりを、痛い子扱いするみんな。


宵伽では、きくりが一番目立ってますね。そんな“痛い子”に関するエピソードがはじまります。


今回のメインとなる人物は、稲生楓。ゆずきと同じ学校に通う中学生です。



小学生の頃の彼女は、目立たない空気のような存在でした。しかし、中学に入ってからはこっくりさんをやり始め、目立つようになりました。


自分には“稲荷のゴンさん”が憑いている――と信じていて、周りから“こっくりちゃん”と呼ばれています。


なるほど、痛い子というわけですね。


けれど、ただの妄想癖や中二病では終わらないのがこのアニメです。


ちなみに、骨女たちいつものメンバーは、教師として学校に入ってます。いつもながら、彼らはどうやって潜入しているのでしょうか。


■こっくりさんのおかげで変わることが出来ました

画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 /スカパーウェルシンク・アニプレックス


探しモノの場所を言い当て、「ゴンさんはなんでもお見通しなの」と言う楓。


みんなからバカにされているのかと思いきや、“当たると評判”で、結構頼られてもいるようです。


ちなみに、放送中のTwitterでは、『HUNTERXHUNTER』の話題がちらほら……。ゴンさんと聞いて、そちらを思い浮かべた方が多いみたいです。


ついには、逆恨みで生活指導の先生を呪ってほしい、などと言い出す人まで。


「でも私呪いなんて」

「できないの?」


ゴンさんのおかげで空気ではなくなった彼女には、断ることなど出来ません。


試しに呪ってみたら、本当に先生が階段から落ちて怪我をしました。


その一件から、ますます彼女の噂が校内に広まっていきます。人を怪我させてしまったけれど、依頼人からお礼を言われれば、


「私にはゴンさんがついていますから」


とまた次も引き受けてしまう楓。もちろん無償です。こっくりさんをしていない時の彼女の周りには、人がいるように見えません。


結局、友達らしい友達はいないようです。


■呪いはエスカレートしていき……

ついには殺しの依頼まで引き受けることに。


近くに住む大学生にストーカーされている――と、その女生徒は言います。楓は基本、気の強いような娘ではありません。もちろん断ることなど出来ません。


地獄少女という本当の呪いを知るゆずきは、楓を止めようとします。しかし、楓はみんなに頼られているからと、昔の自分に戻ることを拒否。


とはいえ、本当にゴンさんがいるわけではありません。


今までのことは、偶然が重なっただけ。


いくら呪おうが、人を殺すことまでは出来ません。


依頼人の女生徒は、楓がなかなか呪いに成功しないので、毎日のように突っかかってきます。


「もういい! あんたに頼ったのが間違いだったわ」


度重なる失敗の後に、インチキ扱いされはじめる楓。失敗が広まったら、また空気になってしまう。楓は夜な夜な神社を訪れ、呪いを行います。


完全に努力の方向が間違っています。


毎晩呪いを行う行動力があるのなら、もっと別の努力だって出来るはずなのに。そうすれば本当の友達だって出来るはずなのに……。


自分には力がある。そう思い込んでしまっている彼女には、他の選択肢が見えないようです。


■取り返しのつかないことまで

地獄少女 宵伽 第12話「回顧録~はぐれ稲荷~」(最終回)【感想コラム】画像引用元:©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会 /スカパーウェルシンク・アニプレックス


どうやっても呪い殺せないので、最後には地獄少女に手を出してしまいます。


閻魔あいの語るルールを聞くこともなく、藁人形を受け取った途端に使ってしまう楓。


大学生は地獄に流されますが、それは不幸のはじまりでした。


依頼人曰く、実はストーカーなどではなく、ただキモかっただけとのこと。


ろくに調べず考えもせず、安易に依頼を受け無実の人を死なせてしまったのです。しかも、他の生徒たちはそれをなんとも思わず、また次も呪いを依頼しようとします。


もちろん、地獄少女が使えるのは1回だけ。


きっとこの後、楓は切り捨てられまた空気になるのでしょう。後先考えずに行動をした結果、何も報われず、ただ自分の死後が地獄行きになっただけ。


ラストに相応しいバッドエンドでした。


 


というわけで第4期が終わってしまいましたが、後半は回想録なんですよね。新規シーンがあるとはいえ、メインは1~3期のエピソードです。完全新作は前半の6話のみ。第3期の放送が2008~2009年だったので、新作がつくられたということ自体が、嬉しいことではありますが……。


短い分、BDは買いやすいです。続きを望む方は、ぜひ買って作品を応援しましょう♪


地獄少女 宵伽 感想コラムのまとめ

2017.08.23

(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ