アイドルマスター SideM 第1話 「理由(ワケ)あって、アイドル!」【感想コラム】

アイドルマスター SideM 第1話 「理由(ワケ)あって、アイドル!」【感想コラム】

【聖地も紹介】男だけど、理由(ワケ)あって。「アイドルマスター SideM」1話感想



こんにちは。今回から、TVアニメ「アイドルマスター SideM」の感想を担当させて頂く、MoAと申します。


最近、ふと思うんです。「新しいジャンル」開拓したいなー。と、そこで目を付けたのが「アイドルマスター SideM」です。


今や当たり前のように観ている「アイドル系」アニメ。思い返すとそのキッカケは、2011年に放送されたTVアニメ「THE IDOLM@STER」(アイドルマスター)でした。


当時は「アイドルはちょっと」なんて、格好つけていた私ですが、いざ観てみると大ハマり。


振り返ってみると後のMyアニメ史に大きな影響を与えてくれた作品です。そんな新しいキッカケをくれた「アイマス」シリーズから、今までとは異なる作品が放送されました。


それが「アイドルマスター SideM」です。歌って踊る、メインキャラは男のみ。


「アイマス」じゃなければ観る事のなかった「女性向け」なんて言われているジャンルです。ですが、「アイマスなら、またキッカケをくれる」そんな確信をした私はこの作品を観て、新たなジャンルを開拓できるのか感想を綴らせて頂きます。


また、この作品の聖地、門前仲町は僕の地元です。今回も散歩がてら聖地を巡って来ましたので是非巡礼されるファンの方も参考にしてみてください。


Contents

1 アイドルマスター SideM 第1話 「理由(ワケ)あって、アイドル!」1.1 弁護士からアイドルになる「理由(ワケ)」とは!?1.2 共通した目標1.3 チーム結成そしてEDへ2 アイドルマスター SideM の感想・考察2.1 王道で爽やかな1話2.2 それぞれの「理由(ワケ)」とは3 アイドルマスター SideM の聖地も紹介!3.1 バンダイナムコスタジオ3.2 門前仲町駅3.3 隅田川大橋
■アイドルマスター SideM 第1話 「理由(ワケ)あって、アイドル!」





あらすじ


弁護士の仕事に行き詰まりを感じていた天道輝は、酔った勢いでアイドルになる契約を交わしてしまう。身に覚えのない契約書と名刺の住所を頼りに315プロダクションを訪れた天道。

そこで新人アイドルとして同じくスカウトされた元外科医・桜庭薫と元パイロット・柏木翼に出会う。

アイドルになるつもりはなかった天道だが、プロデューサーの提案で、桜庭、柏木とともにライブハウスへと赴くことに。そこでアイドルグループ・Jupiterのライブを目の当たりにした天道は、あることに気づく・・・。


公式サイトより引用



弁護士からアイドルになる「理由(ワケ)」とは!?
画像引用元:© BNEI/PROJECT SideM


第1話はフリーの弁護士を営む「天道輝」目線で話が進みます。


酔った勢いでアイドルを承諾してしまった輝は事務所に乗り込み、「プロデューサー」と呼ばれる男に出会います。


自分をスカウトした理由を問うも納得いかず、弁護士流に契約の異議を唱えます。


「そもそも弁護士とアイドルは全然関係ないでしょ」と疑問を投げる輝にプロデューサーは「人を笑顔にしたい。その想いは弁護士もアイドルも同じだと思います」こう答えます。


この言葉に輝は自分の「願い」を思い出し、心が揺らぎます。


そして、プロデューサーに961プロ脱退後も人気を誇る「Jupiter」のライブに連れられ、その会場に溢れる「笑顔」から、アイドルになる「理由(ワケ)」を見出し、28歳新人アイドルとして再び315プロを訪れます。


共通した目標
315プロ新人アイドルは輝だけではありません。


クールで、輝とは馬の合わない「桜庭薫」と、温厚で朗らかな性格の「柏木翼」の2人です。


いまいち噛み合わない3人(主に輝と薫)ですが、3人に対し、全員でダンスを合わせてくるように命じられます。


3人での自主練を提案する輝と翼ですが、薫のつんけんした態度にギクシャクとした雰囲気になります。


ですが、3人とも同じ目標を持った者同士、いいチームになれると確信する輝は諦めませんでした。


そんな中、プロデューサーから、薫が1人で自主練をしていること聞いた輝は薫の元に駆け付けます。


最初は逃げようとする薫ですが、輝と翼の3人で課題を乗り越えたいという熱意に、遂に観念します。


チーム結成そしてEDへ
練習の結果無事にレッスンもオーケーをもらい、いい雰囲気になったところでプロデューサーから、この3人でチームを結成すると発表が!


その名は「DRAMATIC STARS」です。突然の発表に驚く3人ですがそこに315プロ社長が登場。


よく聞くあの声に、顔が出なくてもとんでもない存在感を放つその男に呆気をとられEDを迎えます。


EDでは続々アイドルをスカウトしていく様子がダイジェストで映し出されていきます。


その中には「Jupiter」の姿も。(先日放送された前日譚、「THE IDOLM@STER Prologue SideM -Episode of Jupiter」に繋がります。)


そして、全員集合して第1話は幕を閉じます。


■アイドルマスター SideM の感想・考察

王道で爽やかな1話
第1話ということで「出会い」や「結束」が描かれた内容でした。


シンプルで王道な展開でしたが、僕のようにどんな作品かわからない者にもわかりやすく、輝のように弁護士からアイドルという一見ぶっ飛んだ展開でも、その「願い」や「理由(ワケ)」が伝わり、納得して観る事ができました。


物語に薫と翼が加わってからも、「熱血の赤」、「クールな青」、「おっとりした緑」のようにそれぞれのキャラが立っていて、ストーリー、キャラ共に馴染みやすいストーリーでした。


それぞれの「理由(ワケ)」とは
シンプルな1話でしたが最後には怒涛の新キャララッシュ! 社長を始め、なかなか癖のありそうなキャラが一斉に揃いました。


今後はそれぞれのキャラにスポットを当てた内容になっていくんだと思います。今回登場した薫と翼についても、アイドルを目指す「理由(ワケ)」が説明されていません。


特殊な経歴を持つキャラが多く、それぞれのキャラの「理由(ワケ)」やアイドルになる決心をするまでの物語、多くのキャラが登場するだけあり、僕たちにも共感できる想いを持つキャラも登場してくるのではないかと思います。


そんな人間ドラマもこの作品の見所になっていくのではないでしょうか。


■アイドルマスター SideM の聖地も紹介!

今回の舞台、315プロが置かれる場所は東京都江東区「門前仲町」という場所で間違いないでしょう。


見慣れた場所が続々と登場し、確信を持ったのですが何故この街が選ばれたのでしょう?その理由(ワケ)も考えてみました。


バンダイナムコスタジオ

門前仲町駅から徒歩で10分ほどの場所にある「バンダイナムコスタジオ」さんです。TVアニメ「アイドルマスター」でも制作会社さんの近くがモチーフになったという話を聞いたことがあるので、今回も会社近くの門前仲町が舞台になったのではないでしょうか?


こちらの建物、本編ではレッスンをしていた建物にも似ていますね。


門前仲町駅

輝が契約書を見て慌てて事務所に駆け付ける際に映った場所です。再現率高めです。


隅田川大橋


  プロデューサーが歩いていた橋と、薫が自主練をしていた場所です。


隅田川大橋はドラマでもよく使用される、永代橋と清洲橋の間に位置する橋です。清洲橋方向を見れば、ライトアップされた清洲橋とスカイツリーの美しい眺めが堪能できます。


屋形船なんかも停泊している穴場スポットです。ここを使うなんてわかっていらっしゃる。


ちなみに、この橋を人形町方向にまっすぐ進めば秋葉原です。意外と近いんです。


以上が今回の聖地紹介です。


PVを観ると今後も門前仲町の街並みが登場するようなので、ドンドン紹介させて頂きます。よろしくお願いします。(MoA)


ただの男の娘じゃない!?アイドルマスターsideM「 秋月涼 」の過去にせまる!

2017.02.23

(あにぶ編集部/MoA)
カテゴリ