ブラッククローバー 第2話「少年の誓い」【感想コラム】

とってもいいところで終わってしまった第1話。待ちわびたとっても熱い第2話の登場です。『アイドルタイムプリパラ』『ブラッククローバー』と放送が続くので、筆者的にはかなり濃くて嬉しい一時間です。


Contents

1 見逃しにも優しい ブラッククローバー  の“あらすじ”2 幼き日の2人3 過去にも、ユノは助けられていた4 諦めないのがオレの魔法だ!!!!5 そして2人は魔法帝を目指すため、競い合う
■見逃しにも優しい ブラッククローバー  の“あらすじ”

冒頭は長いあらすじです。前回を見逃した方でもご安心。あらすじ~OPだけでたっぷり5分も使います。


夕方枠だからこその手法ですね。何クールあるのでしょうか?


ユノ「アスタはずっとそうだ。いつでもありえねーことをやってのける」


このセリフに前回の内容が詰まっています。


今回が初お披露目となるOP映像でも、アスタとユノが中心にいます。とってもカッコイイ、熱い王道モノに相応しいOPです。


まだ登場してない主要メンバー達も拝めますよ。


ちなみに、ニコニコチャンネルでの配信もあるので、本当に見逃した方はこちらでチェックです。


■幼き日の2人

――10年前。


OPの後は前回さらっと流されたアスタとユノの過去に、切り込んでいきます。


この頃の2人はとっても仲良しでした。


ユノは泣き虫で、アスタは今と変わらずシスターが大好き。事あるごとに結婚を申し込んでは、フラレています。


シスターはこの頃からシスターなのですが、一体何歳――おっと、この話題は危険ですね。


クローバー王国が平和なのは魔法帝のおかげ!

魔法帝は国王の次に偉いお方!!


ここも、前回詳しく触れなかった箇所です。シスターが昔話を読み聞かせながら、魔法帝について教えてくれます。それを聞いたアスタは、超強くてかっこいい魔法帝に憧れます。


「魔法帝になれば、みんなをもっと幸せにできるだろ」

「クソボロの教会をもっと大きく出来る」


アスタはただ強くなりたいだけではなく、仲間たちのことを想う心優しい少年です。それはそれとしてシスターに告白し、やっぱり玉砕。


なんだかシスターがヒロインみたいですが、違いますよ。


このアニメのヒロインは、今後登場する女の子なんです。


■過去にも、ユノは助けられていた

ある日。お使いを頼まれたユノは、暴漢に絡まれペンダントを盗られてしまいます。


そこに駆けつけたのは、アスタさん。


大人を相手に、何度殴られても諦めず挑みかかります。そのしつこさに、暴漢はペンダントを諦めます。


そう、アスタは昔から他者が無理だと思うことを諦めずに行い、ありえないことを起こしていくユノのヒーローでした。


■諦めないのがオレの魔法だ!!!!

そして現代――。


前回、ユノは盗賊を名乗る男に襲われていました。アスタは彼の鎖魔法を漆黒の剣で切り裂き、無効化します。


「魔力がなくてもオレは魔法帝になるアアアア!」

「諦めないのがオレの魔法だ!!!!」


鍛えた身体に、魔力をかき消す剣。その相性は抜群で、盗賊の男を見事に撃破。


■そして2人は魔法帝を目指すため、競い合う

みんなを護るため。

貧しくても、魔法帝になれるのだと証明するため。


魔法帝を目指すようになったアスタは、ユノに強い影響を与えました。ユノが泣き虫を卒業したのも、同じく魔法帝を目指すようになったのも、そんな強くてカッコいいアスタの姿を見たからでした。


「また助けられちまった。この借りは必ず返す」

「オレに希望をくれたのはお前だ」


ユノはそう言いつつも、今ではライバルなので、信頼しつつも馴れ合うことはせず。


代わりに、ユノとアスタは改めて宣言します。


「「どっちが魔法帝になるか――勝負だ!!!」」


 


とっても熱いブラッククローバー第2話でした。


実はここまでが原作の1話です。かなり尺を取って、丁寧に補完しながら描いてくれています。


その分進むのが遅く感じるかもしれませんが、恐らく2クール以上はあるのでしょう。キャラクターが揃ってから、一気に面白くなっていくはずです。


・熱い

・王道

・素晴らしい友情

・アスタさんがかっこいい


このあたりがポイントです。


ジャンプ作品らしく、「友情」「努力」「勝利」がきちんと描かれているのも好感触です。


次回もとっても楽しみですね。


ブラッククローバー 第1話「アスタとユノ」【感想コラム】

2017.10.06

(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ