「かまってちゃん」に対する男子のホンネとは?

「かまってちゃん」に対する男子のホンネとは?

淋しいとすぐ彼氏に「わたしのことをかまってよ」と言う彼女のことを、彼はホンネではどう思っているのかについて、今回は一緒に見ていきたいと思います。



 


■ラブラブなときはなにをやっても許される


淋しいからといって即、彼氏にLINEしまくるとか、彼が仕事で忙しくしているにもかかわらず、「今夜も会いたい、明日も会いたい」と言ってくる彼女に対して、彼は「いい彼女じゃん!」と、内心ほくそ笑んでいる……ラブラブなときは、おおむねどのカップルの彼氏も、こういうものだろうと思います。そしてそういうときって「かまってちゃんのわたしに対する彼氏のホンネ」なんて、あまり気にならないでしょう。ようするにふたりとも周りが見えていないから。


やがて彼が「こんなに彼女とラブラブしていたのでは、仕事に支障をきたす」とか「友だち付き合いに支障をきたす」と、はたと気づいてからが問題なのでは?

はたと気づいてしまった(というか、我に返ってしまった)彼は、かまってちゃんである彼女のことを、ホンネではどう思っているのか?


 


■2パターンあると思います


おれのことを頼りにしてくれるかわいい彼女だ、おれは彼女の期待に応えるべく心のでっかい男にならないといけない、たとえばこう考える彼氏だっているでしょう。


反対に、「かまって、かまってって、おれだって仕事で忙しいんだよ、いい加減、精神的に自立してくれないかなあ、でないと別れてやろうか」と思う彼氏だっているでしょう。


遊びで彼女とつきあっている男子は、おおむね前者ではないかと思います。遊びの恋って、「相手が『ほしいと思っているもの』を提供する」だけで続くし、そういうことを熟知しているのが遊び人です。だから「かまってあげるだけで、おれに身も心もハダカにして差し出してくれるかまってちゃんの彼女のことは、単純にかまってあげるといい」としか思っていない、ということです。


**


反対に、彼女とマジメに交際して、なんなら将来、彼女と結婚したいと思っている彼氏は、あるていどかまってあげると、あとは「精神的にもっとオトナになりなさい」と思うでしょうね。お互いに、あるていどは精神的に自立していないと結婚生活はうまくいかない、というのが、おおむね一般的な見方だからです。


 


■わんこやにゃんこの法則と同じことでしょう


つまり、「かまってちゃん女子」は、男子にうまく遊ばれる危険性をはらんでいる、ということです。なぜ遊ばれるのかといえば、当然、ある種の男子からすれば、非常に遊びやすい女子だからですが、さらに言えば、「かまって、かまって」と寄ってこられることに、男としてさほど本当の愛情を感じないからでしょう。あるいは、男が一般的にほしいのは、「かまって、かまって」という、ある種の少女性ではなく、やはり母性的なるもの(安定感のある愛情)だからでしょう。


ごく簡単に言うなら、彼にかまってもらうのとおなじくらい、彼のことをかまってあげる、というのが理想的では? わんこやにゃんこと、彼氏・彼女を同一視していいのかどうか知りませんが、わんこやにゃんこも、かまってあげるのと、かまわれるのと、どっちもないと、いいわんこ・にゃんこにならないでしょ? それと同じことでしょう。(ひとみしょう/文筆家)


(愛カツ編集部)


 


カテゴリ