なぜブスほど出会いがないというのか?

なぜブスほど出会いがないというのか?

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。


「出会いがない」「いい男がいない」というご相談は多いです。かつて、私もそう思っておりました。彼氏ができる気配もなくクリスマス会が毎年女子会だった時代に、非モテの女同士で「出会いがないよね」「いい男がいないよね」といいあっておりました。


今はなぜ自分に出会いがなかったかよくわかります。ブスだったからです。女というよりニーズがない人間のメスだったからです。しかし、私は自分がブスだということに気が付きませんでした。



ブスの視線でみた世界はこうです。


雑誌のメイクのお悩み解決特集を見てビフォーアフターのメイクの違いが分からなかったです。眉毛の形なんて気にしません。眉毛があるかないかぐらいのレベルなら分かりますが、色形を変えて印象を変えるというレベルになると目が慣れていないので違いに気が付けない。


「対して違わないのによくそんな細かいことを気にしているな」と思っておりました。


ちょっとルーズな崩したヘアと寝癖の違いが分かりません。


素肌っぽく見えるナチュラルメイクと素肌の違いも分かりません。だから素肌で会社にいっておりました。髪の毛は自然乾燥です。


世間でいう「ナチュラルな女性」に自分も含まれると思っておりました。


服装は年間360日はデニムとスニーカーです。のちに毛玉が付いていて捨てた服がたくさんあるのですが、それでも自分は「清潔感」があると思っていました。風呂に入って清潔な服を着ていれば清潔だから清潔感があるだろうと思っているのです。


多分、すね毛も伸びていたでしょう。顔の産毛だって20代は剃ったことがないからモサモサだったでしょう。


そんなイタイ私にやんわりと注意をしてくれる方もおりました。


「お化粧したらきれいだと思うよ」


これって今思えば「化粧しろ」遠回しに指摘してくださったのですよね。しかしブスは化粧をすると顔立ちが変わって見えるということが分かっていないので、「キレイ」といわれているし褒められていると勘違いしておりました。「そう、ありがとう」と呑気に御礼を言っていたかも。


それ以外にも「スカート履いたら似合うよ」「髪型変えたら」などありがたい指摘は今思えばあったのですが何一つ気づけませんでした。


ブスにブスとは誰も注意しないのです。だから


「私は普通なのになんか出会いがないな」


と思っておりました。モテないのではなく出会いがないと。


数年後に、普通の人よりだいぶ遅れてストッキングを履くようになったりキチンとお化粧をして家を出るようになりました。昔は家を出る30分前に起きていたのを1時間半前に起きるようにしました。


昔はそうやって身だしなみに気を使う女性を「媚びている」と思っていたのですがやってみてから「これって努力だ」とやっと気が付きました。


努力している女性の方が愛されるのは当たり前なのですが、昔の私は「人を外見で選んではいけない」「ありのままの私を丸ごと受け入れてくれる男性がいい」という思いがあったのです。努力不足で化粧をしていない手抜き女が手抜きの口実に飛びついただけなのですが。


ブスはブスって気が付いていません。教えてくれる人が身近にいてもなかなかピンと来ないかもしれない。なにより自分がブスと認めるのは大変勇気がいりました(笑)(菊乃/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ