クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」【感想コラム】

クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」【感想コラム】

前回衝撃的なラストを迎えた『クジラの子らは砂上に歌う』の三節が始まりました。


どうやら前回のラストは夢落ちでもなんでもなく、さらなる悲劇の始まりでしかなかったようです。


Contents

1 クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」1.1 大虐殺2 深まる謎3 クジラの子らは砂上に歌う 第三節 のまとめ
■クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」

画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会


第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」あらすじ



突如として襲来した“帝国”の感情無き兵士“アパトイア”たちに翻弄され、次々と倒れゆく泥クジラの住人たち。オウニ率いる“体内モグラ”や自警団の面々は、サイミアを使って反撃を開始する(公式サイトより引用



大虐殺
クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」【感想コラム】画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会


3節を迎え、ついに今作の本領が垣間見えた。そんなお話でした。


サミの死は始まりでしかなく、大人子供関係なく、首長までもが殺され、清々しいまでの虐殺。


「ファレナの罪人」として殺されるだけのクジラの住民たち。


サミの死を受け入れられないチャクロ。


仲間の死を目の当たりにし、外の世界に失望するオウニ。


敵の総指揮官の妹と判明したリコス。


絶望的な状況に追い込まれますが、なんと、本番は7日後。


今回はリコスの船の回収が目的らしく、敵からすれば今回は序の口と言うことになります。


■深まる謎

クジラの子らは砂上に歌う 第三節 「こんな世界は、もうどうでもいい」【感想コラム】画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会


今回の話で、ますます謎が深まってきました。


特に、リコスの国の目的、沈黙する長老会。


これらに対して、残された泥クジラの住人たちはどうするのか。


リーダーには誰が? オウニはなにを目指すのか。 泥クジラにサンプルとして兄に見捨てられたリコス。そして、大きな悲しみを背負ったチャクロ。


これから泥クジラの住人は戦うのか。それとも、ただやられるだけなのか。


泥クジラの住人たちは、選択が迫られたのではないでしょうか?


■クジラの子らは砂上に歌う 第三節 のまとめ

予想以上にグロく、ショッキングなお話でしたが、これは始まりに過ぎないという、絶望的な展開。


感情のない殺しに特化した敵も続々登場し、泥クジラの住人、そしてリコスはどう抗っていくかのか。


そして、再スタートを余儀なくされた泥クジラの住人たちの人間関係、張り巡らされた謎がどう繋がっていくのか、今後も楽しみです。(MoA)


クジラの子らは砂上に歌う 第二節 「鯨(ファレナ)の罪人たち」【感想コラム】

2017.10.17

(あにぶ編集部/MoA)
カテゴリ