気になる彼に会いたいと思わせるモテLINE術

気になる彼に会いたいと思わせるモテLINE術

例え自分から好きになった人でも、いい感じになってきたら最終的には相手から告白をさせたり、向こうからデートを誘わせたりするのが上手い子っていますよね。


そういうモテる子は、コミュニケーション力も見事なものなので、LINEのやり取りでも相手をドキドキさせるのが上手だったりします。


気になる彼といい感じになってきた時も、自分から積極的に誘わなくても、彼から「会いたい」と思わせたり。


今回は、気になる彼の気持ちをググッと惹き付けられるようなLINEのモテテクをご紹介したいと思います。



 


送る時間を考える



恋愛におけるタイミングはとてもとても大切。仕事の種類にもよりますが、大体電車の中とか移動中にスマホを見る人が多いですよね。


なので、彼の仕事終わりの時間帯や、金曜日のお昼とか夕方くらいに「お疲れさま!」みたいなLINEを送ると「この後空いてたらご飯でもどう?」「今晩飲みに行かない?」という、彼も自然に誘いやすい流れを作ることが出来ます。


 


アイコン&スタンプ


実はアイコンとスタンプも大事な要素の1つなのです。


モテる子って、セルフブランディングが上手なので、LINEのアイコンもキメすぎず、主張しすぎず、でも自分の良さを見せることが出来る写真をセレクトしています。


横顔とか、うつむき顔とか、カメラを構えていたりとか。あと、スタンプもコテコテでキラキラしたような可愛いやつものではなくて、ゆるいタッチのものだったり、ちょっとキモかわいかったり、彼に「何これ!笑」と言わせるような絶妙なセンスのスタンプをセレクトしています。


やり取りしていくなかで、自然と彼の中で愛おしさが生まれていくことも。


 


素直な気持ちを伝える



直接伝えるのは恥ずかしいけど、LINEなら言える!みたいな内容ってありますよね。


やり取りが盛り上がってきたら「話してたら○○くんに会いたくなっちゃった!」とか、「今○○っていく映画を観てたら、○○くんのこと思い出したからLINEしてみた」とか。


あと、会った後すぐに「今日はすごく楽しかったよ〜ありがとね!またご飯行こうね!」など、思ったことや感じたことをすぐに伝えやすいのもLINEの良さです。


そして、ちょっと照れくさいことを送ったあとに、ゆるいスタンプを送って和ませたりするギャップもモテテクの1つ!


 


想像力をかきたてる


気になる彼とはなるべく頻繁にやり取りをしていたい・・・!という気持ちがあるかもしれませんが、LINEのやり取りだけで満足させてしまわないように、時々会話を終わらせることも必要だったりします。


「じゃあこれは長くなりそうだから、今度会った時に話すね!」とか、彼が気になるような、アクションを起こしたくなるようなワードを取り入れるのも良いかもしれません。


(愛カツ編集部)


カテゴリ