十二大戦 感想コラムのまとめ

十二大戦 感想コラムのまとめ

千支の名を宿し、


十二人の猛き戦士たち


今、殺し合いが始まる ー



『化物語』シリーズの西尾維新先生と、『荒川アンダー ザ ブリッジ』の中村光先生という強力タッグで話題沸騰の『 十二大戦 』 。


あにぶでも毎週放送後に『 十二大戦 』感想コラムを公開しています。『 十二大戦 』のコラムを担当するのは、あにぶライターの哲太さんです。





Contents

1 十二大戦 第1話「猪も七代目には豚になる」【感想コラム】2 十二大戦 第2話「鶏鳴狗盗」【感想コラム】3 十二大戦 第3話 「牛刀をもって鶏を裂く」【感想コラム】4 十二大戦 第4話「敵もさる者、ひっかく者」【感想コラム】
十二大戦 第1話「猪も七代目には豚になる」【感想コラム】


ついに始まりました!『化物語』シリーズの西尾維新先生と、『荒川アンダー ザ ブリッジ』の中村光先生という強力タッグで話題沸騰中の『 十二大戦 』 。


各話のあらすじを交えつつ、感想を放送後に随時お届けさせていただければと思いますので、どうかお付き合いのほどを宜しくお願い致します。


続きを読む


十二大戦 第2話「鶏鳴狗盗」【感想コラム】


早速本編のあらすじ……の前に、まずは今回から放送となりましたOPとEDについてふれさせていただければと思います。


公式PVを通じて少し知っていたのですが、どちらも本当にカッコよかった!!


続きを読む


十二大戦 第3話 「牛刀をもって鶏を裂く」【感想コラム】


幼いころから虐待を受けて育ったという庭取。その後「丹羽(にわ)家」に養女として引き取られ、戦士の技術を叩き込まれた彼女だからこそ、怒突を騙すしたたかさを有していたのですね。


「最強の戦士だって、今日は調子が悪いかもしれないし、最弱の戦士だって、今日はラッキーデーかもしれない」という彼女のセリフが、とても印象的でした


続きを読む


十二大戦 第4話「敵もさる者、ひっかく者」【感想コラム】


今回は、三人(匹?)の猿の老師のもと、砂粒が鍛錬を積むシーンから始まりました。戦士たちの生い立ちから話が進むのは前話通りなんですが、お猿、めっちゃ喋っていましたことにちょっとビックリ……。w


また、そこでわかった砂粒の戦闘能力、あらゆる物質を自在に(さんたい?)に変えられることはかなり強力ですね。


続きを読む



毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!
週刊!アニメ感想コラム・感想レビューインデックス

2016.12.09

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ