妹さえいればいい。 感想コラムのまとめ

妹さえいればいい。 感想コラムのまとめ

妹さえいれば

人生は常に最高なのに、

なぜ俺には妹がいないのか……



2017年の秋アニメの「 妹さえいればいい。」。このアニメの原作は、「僕は友達が少ない」シリーズでお馴染みの平坂読先生が執筆されているライトノベル作品です。現在はガガガ文庫より単行本第8巻まで刊行されていて、アニメと同じ豪華声優陣が声を務めるドラマCD付きの特装版もある人気作になっています。そんな人気文庫からアニメ化された「 妹さえいればいい。」は、今話題になっているアニメです。



妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、 天才作家にして変態の可児那由多、 女子大生の白川京、 イラストレーターのぷりけつ、 鬼畜税理士の大野アシュリーなど、 個性豊かな人物たちが集まっている。


それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたりゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり といった、賑やかな日常を送る伊月たち。 


そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、 ある大きな秘密があって―。


楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!


妹さえいればいい。公式サイトから引用



累計100万部も突破し、最も勢いのライトノベル作品の一つである「 妹さえいればいい。」ですが、毎週放送後にあにぶライターの哲太さんが感想コラムを公開しています。





Contents

1 妹さえいればいい。 第1話 「料理上手の弟と全裸の美少女と気の合う友達さえいればいい。」【感想コラム】2 妹さえいればいい。 第2話 「奇跡さえ起きればいい。」【感想コラム】3 妹さえいればいい。 第3話「取材でさえあればいい。」【感想コラム】
妹さえいればいい。 第1話 「料理上手の弟と全裸の美少女と気の合う友達さえいればいい。」【感想コラム】


ある意味、衝撃的なシーンから始まった第1話。wラノベ小説家であり、本作品の主人公「羽島伊月」が創った『鮮紅の魔狩人(せんこうのイェーガー)(仮)』は、超偏見的趣向で固められた狂気的妹作品でして。


アニメの冒頭で描かれたその描写はぶっ飛んでいて、その、えー、何ていうか……、GOODでした。w


続きを読む


妹さえいればいい。 第2話 「奇跡さえ起きればいい。」【感想コラム】


伊月の家の前で、今日訪れた理由説明の練習をする京。素直に入ればいいのに意地を張ってしまう姿がなんとも可愛らしい♬


そこに那由多が合流し、いざに部屋に入ると裸で鏡の前で自身の創ったキャラになりきる伊月の姿がありました。w


続きを読む


妹さえいればいい。 第3話「取材でさえあればいい。」【感想コラム】


タイトルの通り、作家の伊月が取材と評して遠方へと赴く姿が描かれていて、地方の名産品が登場したシーンでは思わずお腹が「グゥ〜」となってしまいそうに!(←表現ふるい?)


「作家としては当然の行動!」みたいなことを伊月は言っていましたが、たぶん違いますよねw。笑いと青春がつまった本作品を、この場をお借りして早速振り返っていきたいと思います♬


続きを読む



毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!
「 妹さえいればいい 。」の上映会に最速行ってきましたよ!上映会レポ!

2017.09.08
週刊!アニメ感想コラム・感想レビューインデックス

2016.12.09

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ