本気で早く彼氏を作りたい!と思った時に注意したいこと

本気で早く彼氏を作りたい!と思った時に注意したいこと

最近は、20~30代の男女の5人に1人はマッチングアプリを活用しているそうですが、実際に恋人同士として付き合えているのかは微妙なところ。


筆者の後輩の20代女性も、pairsを使って男性とマッチングするところまでは行ったのですが、結局交際にはいたりませんでした。「やっぱり合コンとか、ちゃんと会えるイベントのほうがいい」なんてことも言ったりして……。


じゃあ、真剣交際が叶う出会いとはいったいどういうものなんでしょうか?



 


顔・プロフィールがわかることが大前提


マッチングアプリを使って出会い、初対面したときに「失敗した!」と感じる一番の理由は『顔』でしょう。写真と実物が違う、想像していた以上に背が低かった、顔がデカくてスタイルが悪い、ファッションセンスが壊滅的……などなど。失敗談は尽きません。


恋愛で大切なのは「中身」ですが、出会いで大切なのはやっぱり「見た目」。外見が生理的にムリであれば、中身がどれほど良くても手は繋げないでしょうし、キスもできないはず。


そのため、相手の顔や服装、体型がわかる出会い方が理想的です。合コンや街コン、人の紹介など、リアルな対面が可能な出会い方が良いのではないでしょうか?


出会い系アプリを活用するとしても、一度プライベートな雰囲気での全身写真をもらったほうが良いかもしれません。


 


「とりあえず」で探さない


本気で彼氏を作りたいなら、「とりあえず行ってみる」「とりあえずマッチングしてみる」は非効率的。恋活で手当たり次第に出会いを求めることは、決して悪くはありませんが、それは目的が明確で出会いの母数を増やすために限り有効だと思ってください。


どんな男性を求めるのかをまずハッキリさせて、そういうタイプがいそうな場所に足を運ぶことが大事です。共通の趣味を持つ人がいいのか、とにかく高収入男性がいいのか、結婚を前提に付き合ってくれる人がいいのか……どういう男性を求めるのかを自分の中で明らかにしましょう。


それが見えてこないうちは、何でどう出会ったとしても真剣交際には繋がりにくいといえます。


 


合コンに行きまくるのもアリだけど……


合コンは街コンに比べて参加人数が限定される上、友達の友達、親しい同僚の仕事仲間など、そもそも何かしらの繋がりがある男女が集まるため、お付き合いに繋がりやすい出会い方です。


でも、それだけに、あまり親しくない知人に誘われる合コンは、ただの飲み会になる可能性が高く、新しい恋を求めるには効率が悪いかもしれません。


理由としては、自分のことを詳しく知らない知人から合コンに誘われる場合、メンバーが足りなくて人数合わせに使われたり、自分の好みに全然合わないメンズが来る合コンに参加することになったりするからです。


親しい友人が幹事を務めるなら、自分の好みもわかっていて「好きそうな男子が来ると思うから参加して」という誘い方をしてくれるでしょうが、あまり親しくない人はそのあたりの好みを知らないので、見当違いの合コンに誘ってくるはず。


彼氏を作りたいから合コンに行きまくるぞ! というのも、やり方としてはアリですし、恋の成就率も高くはなりますが、「どういう合コンに参加するか」は吟味したほうが良いでしょう。


 


さいごに


出会いを求める場合、「いつまでに」彼氏を作りたいかを、明確に決めることも大事かもしれません。リミットがハッキリしていれば、そこから逆算して計画が立てられますし、自分の中で進捗も把握しやすいですから。


ダラダラと「とりあえず今週末は合コン行ってみるか」とか「全然いい人いないかもー(どういう男性が彼氏候補かわからず……)」などが、出会いを探す上で非効率的で恋にも繋がらないやり方。


目的意識を持って行動するなら、きっと素敵な男性と出会えるはずです。(沙木貴咲/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ