ラブライブ!サンシャイン!! (2期) 第5話感想ーこの世界に“偶然”は無い【感想コラム】

TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』第5話「犬を拾う。」。


善子と梨子の二人にスポットが当てられた今回。

善子&梨子のカップリングが大好きなファンの方々はかなり喜ばれたのではないでしょうか。


さて、今回は、きっと以降の回の展開に直結していくであろうフレーズが、善子&梨子の会話の中に散りばめられていましたね。


そんな第5話、まずは振り返っていきましょう。


Contents

1 ラブライブ!サンシャイン!! (2期)第5話「犬を拾う。」ふりかえり1.1 犬を拾う。1.2 犬を預かる。1.3 (飼い主の)元へ還るもの。1.4 犬と再会2 ラブライブ!サンシャイン‼︎(2期)5話 感想2.1 ―この世界に偶然ってないのかもって思ったの。2.2 ―「最後の」
■ラブライブ!サンシャイン!! (2期)第5話「犬を拾う。」ふりかえり

ラブライブ!サンシャイン!! (2期) 第5話感想ーこの世界に“偶然”は無い【感想コラム】画像引用元:©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! /満を持して再登場!あげつち商店街の「上土朝日稲荷神社」!


犬を拾う。
大雨の日、善子は犬を拾います。

風で傘が煽られて…のシーンでは、「善子」と「ヨハネ」がコロコロと変わる様子がとても可愛らしかったですね。


(それにしても、おそらくあの場所は沼津駅北口の「プラサヴェルデ」前…。善子の家は南口の「ナティ沼津」なので、意外と距離があるんじゃ……?と思いました。)


犬を預かる。
しかし、残念ながら善子の家は「ペット禁止」。

ということで、犬が大嫌いな梨子に白羽の矢が立つわけなのですが……。


5話冒頭では“しいたけ”をやはり怖がっていた梨子が、善子から預かった犬を可愛がっていましたね!

(でもおもちゃは小屋の中に入れるだけなんだ)


(飼い主の)元へ還るもの。
せっかく慣れた梨子ですが、犬の飼い主が見つかります。

イマイチ調子が出ない善子と梨子。グラウンドに「絵」を描いていたり……。



果南「ただ私は後悔しないようにするだけ。これが最後のラブライブだしね。」


果南「ダイヤと鞠莉と3人でここで曲作って、その思いが繋がって、偶然が重なってここまで来たんだもん。やりきったって思いたい。」



犬と再会
ラブライブ!サンシャイン!! (2期) 第5話感想ーこの世界に“偶然”は無い【感想コラム】画像引用元:©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


犬との突然の別れに、やはりまだ納得のいかない様子のお二人。犬の飼い主がいる家へ行ってみることに。


ですが、残念ながら犬と直接触れ合うことは出来ず……といった展開は、作中のBGMと相まって少し物寂し気な雰囲気でしたね。


そして運命、偶然について話すシーン



梨子「でも見てくれた。見えない力はあると思う。善子ちゃんの中だけじゃなく、どんな人にも。」

梨子「だから信じている限り、きっとその力は働いてると思うよ。」



では、もはやアイドルアニメを見ていることを忘れてしまいます。

(EDの二人も、とっても可愛かったですね!)


■ラブライブ!サンシャイン‼︎(2期)5話 感想

ラブライブ!サンシャイン!! (2期) 第5話感想ーこの世界に“偶然”は無い【感想コラム】画像引用元:©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


―この世界に偶然ってないのかもって思ったの。
本編では、果南のこんなセリフが。



ダイヤと鞠莉と三人でここで曲作って、その思いがつながってここまで来たんだもん。やり切ったって思いたい。



そしてその後の梨子の言葉。



もしかして、この世界に偶然はないのかもって思えたの。


いろんな人が色んな想いを抱いてその思いが見えない力になって引き寄せられて、運命のように出会う。全てに意味がある。見えないだけで、きっと…。



運命論については、やはりそれぞれの価値観によって考え方は様々だと思いますが、梨子ちゃんの考え方は本人も言っていたようにとても素敵で、且つ意外と当てはまっているのでは?と思いますよね。


例えばアニメファンの、沼津への聖地巡礼での出会いも、もしかしたら見えない糸で元から繋がっていたのかもしれません。


千歌は作中で、果南の言葉を受けて



偶然が重なってここまで来た…



と言っていましたが、

確かに、いまAqoursのメンバーのことを考えると

『自分たちに何かしらの負い目?があって』

『何か行動したいと思っていた。でも動くための一歩が踏み出せなかった。』


実は、九人のこの『共通した思い』がAqoursを生み出したのかもしれないな、と思えませんか?


梨子の言葉



『だから信じている限り、きっとその(見えない)力は働いてると思う。』



この言葉は、これからのAqours…二期のラストにつながってきそうですね。


―「最後の」
サラッと過ぎてしまいましたが、今回、ある“言葉”がついに登場しましたね。



果南『ただ私は後悔しないようにするだけ。これが最後のラブライブだしね。』



それは“最後の”という言葉。


これからは『統廃合阻止』『ラブライブ』に加えて『終わり』についてストーリー中でも触れて行くことになるでしょう。

前作のTVアニメ『ラブライブ!』でも、“終わり”というワードにとても感傷的になる方々が続出していた時期ですよね。


ですが、μ’sの言っていたように『限りある時間の中で精一杯輝くのがスクールアイドル』。


彼女たちのこれからに注目したいですね。


奇跡を信じて頑張れAqours!!


ラブライブ!サンシャイン!! (2期) 第5話感想ーこの世界に“偶然”は無い【感想コラム】画像引用元:©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


ラブライブ!サンシャイン!! 2期 感想コラムのまとめ

2017.11.03

(あにぶ編集部/竹取の翁)
カテゴリ