「会いたい」と言ってくるけど、会おうとしない男性の心理とは?

「会いたい」と言ってくるけど、会おうとしない男性の心理とは?

出会いの場から知り合った男性から、「会いたい」という誘いが来ることってないでしょうか。お互いに両思いなら、会う約束も即決になるのでしょうが――。


どちらか一方に気がないとなると、社交辞令の「会いたい」となってしまったり、「会いたい」詐欺でやり取りは続いても、結局いつまで経っても会えない状態になってしまうことも。


今回は、そうした「会いたい」と言ってくるのに、なかなか会おうとしない男性の心理を考えてみました。



ほかに気になる人ができた


ほかに気になる人ができた場合、そっちの連絡につきっきりになってしまうものです。でも、あなたと連絡を取り合っているということは、その恋が実るのにちょっと難しさを感じているか。

あるいは、あなたとは友達として仲良くしたいと思っているのかもしれません。


もし、キープとして扱われている感じがするのなら、「会わない」選択肢もアリですし、あなたのほうからもアプローチを頑張ってみる手もありますね。

友達として仲良くしたいと思っている場合も、気が合いそうなら積極的にやり取りをしてみては?


「会いたい」というからには、少なからずあなたに興味がある証拠です。出会いを求めていれば、ほかに気になる人ができることは往々にしてあるもの。

恋は競争です。気になる人ができたら、口説き落とされるのを待っているのではなく、あなたからも積極的にアプローチできるといいですね。


気が合いそうか迷っている


やり取りをしているけど、どうにも相手への興味が薄かったり、気が合う確信が持てなかったりすると――「会いたい」と言いつつも、いわゆる「会いたい」詐欺になってしまうことがあるように思います。

思うような出会いがないと、せっかくやり取りしているわけだし、「もう一度会ってみるのも……」と相手は考えているのかも?


出会いの場で知り合ったときのふたりの関係によりますが――。彼があなたとの関係に確信が持てないのなら、思い切って会ってみるのも手でしょう。

あなたも彼に少なからず気が合うのなら、食事をして気兼ねなく話をしてみるのもいいのでは?


そこで合わないとわかれば、次の出会いにも進みやすいですよね。

知り合った人と、すべての恋がうまくいくとは限りません。出会いがあったら、相手との関係が進展ができそうか。積極的に行動に移すことが、着実にいい出会いを見つけるヒントになるはずです。


どこか煮え切らない状態に悩んでいる


相手から「会いたい」と言ってくるのに、なかなか会おうとしないのは、おそらくこの2パターンが考えられそうです。すべての恋が、男性からのアプローチで進んでいくとは限りません。

それとなく自分から「誰か最近、気になる人できましたか?」と、聞いてみてもいいでしょうし。他愛もない話から、楽しくやり取りを弾ませるのもいいのでは。


相手への関係が見込めないのであれば、辛いところですが、早々に気持ちを切り替えて、ほかに出会いを求めることも大事になってきそうです。

会わない状態が続くのは、どこか煮え切らない状態が続いているからだと思います。


自分から相手を楽しませたり、やり取りを弾ませる努力もしてみて。それはふたりきりでご飯やデートに行った場合も同様です。

そうした意識があるかないかで、お互いの会いたい気持ちが大いに変わってくるでしょうからね。(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ