第1弾は“赤”じゃなかった!スタバのレッドカップ20年分を総おさらい♩


毎年クリスマスの時期が近づくとスタバに登場するレッドカップ

「あのカップを見ると年末が近づいてきたのを実感する」というスタバファンも少なくないのでは?

そんなレッドカップこと“holiday cups”を初めてスタバが取り入れたのは、1997年

セルフィーをSNSに投稿することが一般的ではなかった当時のカップは、今やほとんど目にすることができないレア物です。

第一弾となったholiday cupsは、意外にもおなじみのレッドカラーではなく、マゼンタ色!

しかも、ブルー、グリーン、バイオレットの色違いがあったといいます。

そんなこんなで最初の登場から20年を経た全レッドカップを年代順にチェックしちゃいましょう!

覚えてる?10年以上前のレッドカップたち

1997年ー1999年

実際にレッドカップに赤が使われるようになったのは1999年。

雪の結晶などの絵柄があしらわれた、いかにもホリデーシーズンらしいキュートなデザインとなっています。

2000年ー2002年

2000年は、ほっこり和めるやさしい色柄。2001年は長いリボンをあしらった柄以外にスタンプ柄もありました。

2003年ー2005年

2003年と2005年は、シックなレッドカラーとスノーフレークの柄がロマンティックな雰囲気を醸し出しています。

2006年ー2008年

2008年はニット柄のベースにトナカイや鳥を描いた、温かみのあるデザイン。

シンプルすぎると話題になった年も…!

2009年ー2011年

2010年と2011年のカップは他の年と比べてかなりモダンな印象です。

2012年ー2014年

2011年はスノーマンが大胆に描かれたデザイン。2012年はコーヒーの実や花があしらわれた大人可愛い仕上がりでした。

2015年-2017年

2015年のレッドカップは、あまりにシンプルなことで話題を呼んだ一作。

2016年は初の試みとして、世界の様々な国のスタバユーザーによって描かれた、10種類のデザインを採用しました。

そんな昨年に続いて今年のカップも、クリスマスらしい賑やかでワクワク感が高まるデザインです。

今年も残すところ2か月足らず。レッドカップに入ったコーヒーを手に、一年をゆっくりと振り返ってみるのもいいかもしれません♩

Starbucks
https://news.starbucks.com/


カテゴリ