女友達から彼女に昇格!彼のときめきスイッチ押す5つのテク

女友達から彼女に昇格!彼のときめきスイッチ押す5つのテク

意中の彼とはいつまでもただの友達。女として見てくれてる様子は全くナシ。深夜送ってくれようともしないし、一円単位までキッチリ割り勘。ちょっと悲しくなってしまうことがありますよね。


これは「女として見てくれてたらこうしてくれるはず」という女性側の思い込みや、彼の性格などもあるかもしれませんが、「どう考えても女として見られていない・・・」と感じてしまうことはあるものです。


今回はただの女友達から、彼のときめく本命彼女に昇格するテクニックを5つ紹介します。彼のタイプの女性じゃないんだ・・・と嘆く前に、ぜひ試してみて下さい!



①○○クンみたいな男いない、と言って褒める


ただの女友達であるあなたを女性として意識させるには、「○○クンみたいな男の人、他にいないよね」と言って、彼のオンリーワンの魅力や強みを褒めることです。褒める箇所は多い方がいいです。


すると、その他大勢の女友達がいる中で「この子の発言が気になる」と思われる存在になります。一度そのように思われると、あなたともっと話したい気持ちから、二人だけの食事や飲みなどに誘った場合OKしてもらいやすくなります。そして、どんどん距離を縮めることが可能になるのです。


男性は多かれ少なかれ、いくつになっても「何者かになりたい願望」を持っていることがよくあります。そのため、いい意味で「人とは違う自分」「人がやらないことをやれる自分」を評価されたいと思っています。


「○○クンみたいな男いない。だって・・・じゃない?」。こんな風に説明も付け加え、彼を、占い師に言ってほしいことを言ってもらった!みたいな気分にさせましょう。他の女友達と差をつけることができますよ。


②もし私たちが付き合ってたら、と仮定の話をしてみる


本カノになるためにもしもの話をする


彼の脳内にあなたと付き合うことをイメージさせるには、「もし私たちが付き合ってたら・・・」という仮定の話を彼に振ってみることです。


彼は一瞬、あなたが自分と付き合うことを「想定の範囲内」にしてくれていることにドキリとするでしょう。本当に付き合うことを検討してくれるかもしれません。


ここでは、冗談や軽いノリで話すのがコツです。たとえば、こんな場面でこんな風に言ってみるのです。


二人で何か(お会計の計算など)を間違えた時:

「もし私たちがカップルだったらとんでもないバカップルになるね」


二人の会話がどこかかみ合ってなかった時:

「もし○○クンと付き合ってたら夫婦漫才できちゃうね」


彼は「あはは」と言いながら、内心男として見られていることを喜んでいる可能性があります。あなたと付き合うことを、冗談でカモフラージュしながら、彼に想像させてみましょう。


③理想の男性としてその男性の特徴を挙げる


彼のいる前で恋バナをする機会があったら、理想の男性として彼の特徴を挙げてみましょう。彼は、「それって俺当てはまってるじゃん」と思い、恋の予感にときめく可能性があります。


男性は脈なし女子へのアプローチを避けがちです。男のプライドから、恋愛で恥をかきたくない気持ちがあるのです。彼と友達として腐れ縁状態になっている場合は特に、「この子が俺を男として見ているはずないよな」と感じていて、脈なしだと思われていることがよくあるのです。


そこで、この子のストライクゾーンに入っているんだ、と気づかせる必要があります。


例えば、「○○が趣味の人(=彼)がタイプ」とか「○○が得意な人(=彼)と付き合いたい!」なんて言ってみましょう。


この時彼に「それって俺だよね?(笑)」と言われたら、彼の方もまんざらではないと受け取って大丈夫です。もし、この女に好かれたくない、と思っていたら、これ以上その話が広がらないように、真顔でスルーするはずです。


理想の男性としてその男性の特徴を挙げ、アプローチOKのサインを発信しましょう。


④彼の夢を誰よりも応援する


彼の夢を応援しよう


女友達の中で最も男性に重宝されるのは、自分の夢を誰よりも応援してくれる子です。彼に好かれたければ、彼の夢を全力で応援する姿勢を見せましょう。


夢や目標を持っている人は、その進捗や現状打破の方法についてアウトプットする相手を必要とします。そのパートナーになれる女性こそ、彼のそばに置いてもらえる女性なのです。


夢を応援するとは、たとえば、彼の仕事の話を真剣に聞くなどです。また、資格やスキルなどを取得するための彼の習い事にも関心を持つことです。積極的に「最近○○(英会話など)どう?」と聞いてあげましょう。


彼には大勢の女友達がいて、自分なんてそのうちの一人、と感じるかもしれません。しかし、人間は大人になってくると「自分にとってプラスになる人だけをそばに置きたい」と思うようになるものです。つまり、彼にとってプラスになる人こそ、本命彼女の座を獲得できるのです。


彼の夢を応援し、人生を充実させるためのパートナーとして協力し合いましょう。


⑤彼の両親を褒めて結婚を連想させる


数いる彼の女友達の中で特別な存在になりたければ、彼の両親を褒めましょう。すると、彼は恋愛を通り越して「この子とは結婚してもいいかな」と思ってくれる場合があります。


人は誰でも自分の家族褒められると嬉しいはずです。また、家族を大切にしてくれそうな人と結婚したいはずです。そのため、小手先のテクニックで女子力アピールなどするよりも、長い目で見てそばに置きたい、と思わせることができるのです。


彼の両親を褒める時、できる限り彼の価値観に寄り添ったコメントをすることが重要です。たとえば、起業に関心のある彼なら「さすが、お父さんの一流の経営(ビジネス)センスを受け継いでいるのね」という感じです。芸術家肌の彼なら、「○○くんのお母さんもすごいオシャレだし感性鋭そうだよね」なんて言ってみましょう。


彼の遺伝子のルーツである彼の両親を褒めるという行為で、ただの女友達から結婚前提彼女に飛び級しちゃいましょう。


おわりに


いかがでしたでしょうか。彼があなたを女として見ていないように感じられても、ちょっとしたきっかけで女性として意識させることができるのです。


イベントの多い季節に向けて、長期間友達のカレを落とす作戦を練ってみてください!(ちりゅうすずか/ライター)愛カツ編集部


カテゴリ