ラブひな は今見ても色あせない!ちょっとアレな魅力がいっぱいだ!!

ラブひな は今見ても色あせない!ちょっとアレな魅力がいっぱいだ!!

ラブコメのアニメにも見えて、ハーレムのアニメにも見える ラブひな ですが、やはり今見ても面白いですね。アニメも話の流れは原作と変わりませんが、話によってはアニメオリジナルの回もありアニメでしか見れないキャラもいるので、原作を知っている自分でも楽しめる部分は多かったです。


テレビ放送が終わった後に発売されたOVAの可奈子編でも、アニメオリジナルの演出があるので、自分としては漫画でも面白かった可奈子編はアニメでも楽しむことができました。


Contents

1 ラブひな とはどんなアニメなのか?2 ラブひな のストーリー3 ラブひなの見どころやアニメの良さ
■ラブひな とはどんなアニメなのか?


製作会社はXEBECでアニメも原作に忠実な内容ですが、アニメにしか出てこないオリジナルキャラも登場して後半では原作に追いついてしまったためにオリジナルストーリーとなっています。


本編は全24話ですがOVAでは25話がありアニメとしては完結編となるラブひな Againも発表されています。2000年12月25日正午よりクリスマススペシャルがテレビ東京系列のみで放送されて、さらに2001年4月2日には春スペシャルがテレビ東京で放送されました。


テレビアニメは2000年4月19日から9月27日にテレビ東京系列と岐阜放送で放送されて、毎週水曜日の22時28分から22時54分という時間帯での放送でしたのでアニメを流すには少し珍しい時間帯に放送されたアニメになりますね。


■ラブひな のストーリー


アニメも原作と比べて大まかなストーリーはほとんど変わりません。


主役は幼い頃に女の子と交わした約束を果たそうと、東京大学の入学を目指す浦島景太郎で、いきなり女子寮の管理人になってしまい、そこから女子寮の住民と共に生活していくという話になっています。見る人によってはラブコメのドタバタアニメに見えるかもしれませんが、後半になるにつれて主人公がひなた荘の女の子と仲良くなっていくのでハーレムアニメに見えてくるかも知れません。


主人公が馬鹿な事をして、ヒロインや他の女子によく殴られたり蹴られたりするのも原作通りですね。ただ、全員に殴られるのではなく、景太郎に殴ってツッコミをいれるのは成瀬川と素子とカオラの時が多いですね。成瀬川と素子の場合は殴る時に理由がありますが、カオラだけは理由もなく楽しんで殴るシーンが多いです。


対照的にしのぶとキツネは、意外にもそういう事をするシーンはほとんどありません。途中から成瀬川の憧れだった瀬田が登場しますが、その瀬田の娘のサラも結構、いたずらをするように景太郎を殴るシーンが多いです。見る人によっては少しSMチックな部分が強いアニメにも見えるかもしれません。


話が進むにつれて景太郎はひなた荘の女子と仲良くなっていき、特にヒロインの成瀬川とは恋人のような関係になっていきますが、それと同時に勉強の甲斐もあって念願だった東大の合格も見えてきます。坂田健太朗というお金持ちのアニメオリジナルキャラの出番が多いのもアニメの特徴ですね。景太郎の成瀬川を巡る恋のライバルという形ででてきます。


原作で出番が少なかった白井や灰谷も出てきますが、やはりアニメでも存在感が薄い感じが強いので、こういう部分はアニメでも原作に忠実ですね。


■ラブひなの見どころやアニメの良さ


原作とそこまでストーリーは変わらないので、漫画を見た人にはそこまで新鮮味はないかもしれませんが、アニメならではオリジナルの話も多いので、そういう所は漫画を読んだ人でも楽しめます。


しのぶの離婚話やサラの実家での暗い過去を匂わせる場面などは、逆に原作にはない暗い雰囲気もありましたね。


普段はドタバタなラブコメですが、たまにそういうシーンがラブひなで見れるのもアニメならではの見どころなのかもしれません。


話によってメインの女の子が違うので、やはり自分の好きな子の話を見てる時がラブひなが好きな人にとっては楽しいかもしれません。自分は素子が好きでしたので、やはり素子の出番が多い話が特に良かったですね。


なぜかアニメでは素子は同じ高校の女子に人気があり、追っかけみたいな子が数人登場するのが面白かったです。アニメオリジナルのお嬢様の服を着て景太郎と外に出た時に、なぜか景太郎と素子で服を交換するシーンはかなり笑ってしまいました。


OVAの25話も素子の話が中心でしたので、とても嬉しかったですね。


景太郎の妹が出てくる可奈子編はテレビでは放送しなかったですがOVAで発売されたのも本当によかったです。可奈子も自分としてはとても好きなキャラでアニメでもブラコン設定は変わらずに彼女の得意な変装をアニメで見れた時にはとても満足ができました。


可奈子編は全部で3話だけですので、原作に比べて少し話が短いような気がしましたが、こちらも原作とは少し違う展開で話が進んでいくので楽しめました。


OVAのオープニングやエンディングにも、かなり力を入れていて、特にエンディングは3種類あるのが良かったですね。エンディングの方は歌詞は全部同じですが、曲がそれぞれ違うのがとてもいい。


こんな「ラブひな」、一度是非視聴みて下さい。



タイトル
ラブひな/ ラブひな Again

監督
赤松健/岩崎良明

放送期間

2000年4月19日から9月27日 毎週水曜日の22時28分から22時54分(ラブひな)



主な声優
うえだゆうじ 堀江由衣 置鮎龍太郎

製作会社
XEBEC

その他の情報
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/lovehina/

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ